メロンの味 下

melon no aji

メロンの味 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神229
  • 萌×255
  • 萌26
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
40
得点
1448
評価数
317
平均
4.6 / 5
神率
72.2%
著者
絵津鼓 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813033011

あらすじ

ふたりで一緒のベッドに寝ることも日常の一部になった中城と木内。
だが、まだ木内には中城に言わないでいることがあった。
そんな中、木内の部屋探しは難航。
「ずっとウチに居れば?」
中城はそう言いたくても言えなかった。
木内が本音を出せるような相手には自分はなれていないと感じたから…

表題作メロンの味 下

木内昌汰,30歳,中城の家の居候
中城親,25歳.ライブハウスで働く青年

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数40

じんわり

レビュー上位にいたので、手に取ってみました。
電子で買いましたが、紙で持っていたいぐらい気に入ったので、今度買ってきます。

うまく生きていくことができなくて沈んでいる大人2人が、静かに寄り添って、お互いを癒していく姿に、胸がじんわり暖かくなりました。

ちょっと感情が昂っているので、自分語りきつめです。すみません。

私自身も精神的に参って、ただ寝転がって泣くことしかできない日々を過ごしたことがあって、その時周りからの優しさからくる「元気出して」の言葉に苦しんだことがあり…。

唯一救われた存在が、何も言わず抱きしめていてくれたり、休んでな〜とだけ言ってくれたりした人だったので、ナカジョーに救われた木内に共感が止まらず、これを書いている今も涙が止まりません。

本当に、2人が出会ってくれて良かった。心からそう思います。

表現については、とにかく演出がお上手としか言えません。
語りすぎるような言葉もなく、ゆったりほのぼのした雰囲気のように見えて、不穏な何かがずっと潜んでいる感覚が癖になりました。知りたいような、知って傷つきたくないような。

確かに、ちょっと読み続けるのが辛いシーンもありました。
(ちょっとメンタルが揺れている方は避けた方がいいかも)
ですが、最後の過不足ない言葉と、とびきりの優しい表情で語られる2人の姿を見たときに、読み切って良かったと心が満たされました。

この作品に出会えて良かったです。ありがとうございました。

18

最高過ぎて。

『メロンの味』の下巻。
続きものなので上巻が未読だと理解できません。上巻から読まれることをお勧めします。

「メロン」にちなんでなのか、表紙の表紙の色が緑なんですね。でも、色合いがちょっと違うんです。それぞれ、二人のイメージなのか、はたまたほかの意味があるのか…。


下巻に入り、今巻で木内くんの抱えるものがメインに描かれています。

しぐさとか、表情とか。
そういったものの描き方がとにかく秀逸です。こっそり闇の中で涙を流したり、明るくはしゃいだと思ったらしんみりしたり。そういう姿を見ることで、読者もまた、彼らに感情移入してしまうっていうのかな。木内くんが、辞めていたタバコを吸い始めるシーンがあります。「歌」に対して、彼はきっぱりと決別したのかな。そんな風に読み取れました。

そして、上巻から巻かれていた伏線が少しずつ回収されていき、木内くんの過去や胸に秘めている想いが見えてきます。

木内くんにしろ中城くんにしろ、胸にぽっかりと穴が開いていて、それを埋める術がなかった。胸にあいた空洞を抱えて生きてきた彼らは出会い、そしてその穴を埋める存在になっていく。

でも、すごく良いなと思ったのは、なし崩し的に恋人にならないところ。
自分の空洞は、自分で埋めるしかない。
穴を埋めるために、自分の足で立つしかない。

そして穴を埋めた、その暁には―。

温かな涙が流れてしまう、そんなストーリーでした。

絵津鼓さんが書いていらっしゃいますが、絵柄がかなり変わりました。前の絵柄も好きでしたが、新しい絵柄が今作品のストーリーにぴったりな感じ。

私のつたないレビューではこの作品の素晴らしさが伝えられないのがもどかしい。
多くの方に読んでいただきたいと思う、素晴らしい作品でした。

14

さりげない見せ方が上手すぎる

木内さんのある言葉に涙が出ました。
ページ捲ってすぐに目に入って来たので
見せ方が上手いなと思いました。

劇的な何かがあるわけじゃないのにすごく心の中に入ってくるお話しでした。
ゆっくりとふたりの距離が縮まって。
励ますのではなくなにも言わずともそばにいてくれることが一番嬉しいってなんか分かるなぁって思いました。

描き下ろしは急激に世界が変わっていてびっくりです!
微笑ましい。
もっとラブラブになってからのふたりも読みたいなぁ。

11

また絵津鼓先生が好きになりました。

上巻を読んだあと、なかなか下巻を読めないでいました。内容は知っていたのですが、メンタルやられそうで、怖くって。もちろんハッピーエンドなんですけど。

ようやく決意して読んで、先生のあとがきを目にした時、涙が溢れました。この本には先生の全てが詰まっていたんだと。

何かを作り出す辛さと苦しさと怖さと、自分の限界とピークを知ってしまった時、諦められたら楽なのに何かせずにはいられない。忘れたくても印税で暮らしてる以上、目を逸らす事は出来ない。

先生がこの本を出すまでに、沢山の想いがあったんだろうなぁ。ファンとしては、出版に対しただただ感謝するしかないのですが。この気持ちが先生に伝わったら嬉しいな。

さて、肝心のストーリーですが(笑)
結局メロンの味の謎は、ラストまでよく分かりませんでしたー!(笑)メロンの味=嘘、偽り、偽物、だけど美味しいし、いい香りだし、好きって事かな。それはきっと2人の曖昧な関係に似ているのでしょうね。

ただラストで木内さん(攻)が中城くん(受)にプロポーズするシーンは、とっても素敵でした。この日に言おうって決めてたんだろうなぁというのが垣間見れて嬉しい気持ちに。未来が描けるって凄い事なんですね。ささやかな2人の幸せがずっと続く事を願います。

10

個人的には突き刺さった作品

上巻を読んだ時点で「あれ?もしや⋯」とは思っていた。下巻では全て分かるのだけれど。何に対してなのか、何をなのか分からないけど、どうしようもなく「許されたい」といつも思っていた「あの時」が強く蘇って悲しい様な懐かしい様な今も日常の様な、そんな自分には何か突き刺さって来る絵津鼓先生の新作でした。作画を変えられたとの事で落ち着いた雰囲気に以前とはまた違った魅力が感じられましたし、個人的には好きです。カバーもシックな人物画でとても素敵。描き下ろしには自分も救済されたかの様な安堵を勝手に感じて涙が出てしまいました。

9

メロンの味とは

久しぶりの絵津鼓先生の新刊です。
まず本の装丁が神。
一目で今までの作品と違うなって思わされたし
油絵っぽいキャンパス地の様な紙で素敵過ぎて
デザインが出た時から紙で絶対お迎えしなきゃと思っていました。
中身もいつもの感じとは違い重かったです。
絵も変えたと先生がインタビューで言っていましたが
作画がさらに上手く洗練された感じがあります。
上下巻読んですごく読み応えあり。。
なんですかこの素晴らしいご本は。
友達でもない知り合いからの恋人未満ですよ。
同居人恋人未満。
関係性のわからない関係萌え、、
今回は攻め×攻めぽいカップルと
ありましたが
ありがとうございます。
先生のお話のいつものかわいい受けより
断然刺さりました。
ちゃら遊び人風ノンケ30歳×ゲイの影のある感じの25歳
読んでるとどちらが影があるのかってすぐ
わかるのですがしんどいお話で
静かなお話ですが生き辛い2人が出会って
救われるお話で本当によかったです。
やっぱりね木内は死んでしまいたい人だったんだよね涙
それが書き下ろしではあああああ。
よかった。。
陳腐な所が微塵もなく過剰にドラマチックでもなく
なんだろうこのセンスは。すごいなあ。。
圧倒的にお気に入り作品です。
「メロンの味」ってタイトルもセンスありすぎ。
大好きです。


7

流れる空気感がいい

とくに情報もなく読みました。絵津鼓先生の可愛いキラキラしたストーリーかなと勝手な先入観があったのが、いい意味で裏切られて良かったです。
そう言えば、表紙のカラーも落ち着いていて、他の作品とは違いますね。
私も仕事でちょっと落ちて鬱っぽくなった時期があります。誰でもそんな時はあると思うし、だからと言ってそれを特別にし過ぎるのもおかしいと思う。2人が話す会話の受け答え、空気感が妙にしっくりきて、するする読めました。いい意味で裏切られてびっくりしたけど、作品全体として神ですね!

7

最高でした

時間をかけて築いたり、わかりあったり、すぐに答えの出ないような人との関係性や内面を描かれるのが上手な作家さんだなぁといつも拝読しています。
以前より骨太で色気のある絵柄に変えられてとても好印象でした。


上巻で秘密を抱えてるのは明らかだった木内。
どこかしら不安定な感じなのはそういう性格だからだとか、軽薄だとか、あまり深く関わるべきじゃないのかもと中城も思っていたのかもしれません。
下巻で木内がうつ病で苦しんでいる事が明かされました。
木内の言動が気にかかりつつも、そこは触れるべきところじゃないと同居人としての距離を中城が保ってきたことが、とても重要だったことに改めて気付かされました。
病気だし辛いなら治さなきゃいけない、と身近な人がいつも余裕なく接してきたらどう思うだろうと想像したりしました。
死にたくて涙を流す木内を見るのは辛かった。
何をするでもなく普通に生活してただ側にいてくれること、君と一緒にいたいと言ってくれること、それが一番「楽」できっと、その「楽でいられる」ことこそが大切だったのだろうと感じました。
相手を大切な存在だと自覚してしまえば愛情が育まれるのは当然で、同情や気遣いじゃなく惹かれ合う二人を感じました。

愛されるべき人に愛されなかったという中城、彼も木内の持つ優しさに救われていたのだろうと思います。
お互いの苦しみを知ってるからこそ、そこに執拗に触れることなく心ごと抱きしめて温め合える二人は、まさしく素晴らしいパートナーだなぁと思いました。

描き下ろしで、二人ならどんな形でもやっていけるから結婚しよう、という木内の言葉にキュンとして、微笑み合う二人に幸せを分けてもらった気持ちになりました。
家族になった二人のその後のお話も読んでみたいです。

昔大切な人から、うつ病を患っていた、と聞いた時の事を思い出しながら読みました。
とても心に残る作品でした。

6

あえて描き切らないところがすきです


みなさんも言ってる通り、セリフなどの文字がない、描写だけのシーンが多いので故に、読み手に物語を想像させるような余白があってエモさが引き立つ作品でした
.
あと、下の方にページ数が書かれていて漫画ってあんまない、、ってか見たことなかったので新鮮。



タイトルになっている『メロンの味』ってどういう意味なのか考えたんだけど、木内が中城と喫茶店にいったとき中城のメロンソーダをみながら『メロンソーダのメロン味って実際のメロンと違うのに、偽物なのに、みんなに受け入れられていて羨ましい』というシーンがあります。
.
当時天才だといわれ、でもバンドを起動に乗せられず、今では精神的に外に出られない時もある木内にとって偽物のメロンなのにそれがわかった上でみんなに受け入れているのが羨ましいのかな、
.
この作品は全体を通して穏やかなシーンが多いんですが、物語の中で、暮らしているうちに中城は木内が鬱の傾向があることを知ります。
.
木内は『死にたい』といっても、止めることができない中城が好きなんだろうなって思いました。自分のエゴを相手に押し付けないというか。。死にたいって、言える相手がいるのすごいし、それくらい中城のこと信頼してるんだとも..自分にとっては愛の告白よりすごい。

上巻73pの木内の言葉で『自分で自分のこと大事にしていたら大事にしてくれる人と絶対出会えるから!!』というシーンあるんですけど、この言葉、大きいコマじゃないけどホロリしちゃうくらい好きです。これは中城にいったようでいつも木内自身が自分に言い聞かせてる言葉だと思いました。その大事にしてくれる相手っていうのが木内にとって中城で中城にとって木内だったらいいな〜〜、、
.
私的に思うことは、鬱で外に出られなくて働いてないけどお金はある木内も、親に援助されながらフリーターしていた中城も、特別ではないし普通だと思う。シンプルに自分が後悔しない道を歩めばいいな〜と
.
.


この作品は、漫画らしい起承転結や関係が進展するような事件などは目立って無いと思います。でも、だからこそリアルで現代社会を移しているようにも感じます押し付けがましく無いというか、あえて描き切らないところがすきです。
絵津鼓先生はじめましての漫画だったのでまた読みたいと思います!

6

もとめていた大人の恋愛

なんだこの読後感…この満足感、じわりと心に響く、こういうお話が読みたかった。
お互いがお互いを慰め合い、ゆっくりと近づいていく恋愛。全体的に映画のような空気が漂っていて、それでいて妙に現実味を帯びています。不穏を抱えながらも、優しくあろうと踠きながら生きていく。二人が幸せになってほしいです。

作者様の今までの絵柄や雰囲気とはやや違う感じですが、私は今の方が好きです。本当に素敵なお話だったな…。これから何度でも読み返したい。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う