偽物アルファは執事アルファに溺愛される

nisemono alpha wa shitsuji alpha ni dekiaisareru

偽物アルファは執事アルファに溺愛される
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
85
評価数
24
平均
3.7 / 5
神率
12.5%
著者
四ノ宮慶 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784576212074

あらすじ

大人気のアルファ作家・多賀谷は実はオメガ。来る者はやり捨てのクズだ。多賀谷を更生させるために家政婦兼、執事のアルファ・實森がきて!?

表題作偽物アルファは執事アルファに溺愛される

實森侑一郎 ,アルファの編集者兼マネージャー
多賀谷虹 ,ウェブ作家 ,アルファと偽るオメガ

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数7

一味違ったオメガバース

担当編集兼マネージャーでアルファの實森×人気作家で偽アルファの多賀谷。多賀谷は軽薄な印象だったけど生い立ちや振る舞いの理由を知ると切なくなった。1人で頑張ってきたんよね。アルファでありながら抑制処置をしている實森が担当になり同居すると、多賀谷の焦りや嫉妬、困惑する様に胸が痛くなった。惹かれてても素直になれないのも仕方ないと思う。實森も彼なりの理由があって想いが通じるまではもどかしかった。親の呪縛に雁字搦めだった多賀谷だけど實森に出会えて良かったし逆に實森を救ったのが多賀谷っていう縁も素敵だった。2人ならもっと自由に生きていけると思う。一味違ったオメガバースで面白かった。奈良先生のイラストがまた美しくて見惚れました。

2

キャラ良し、ストーリー良し、挿絵良し。

作家買い。
作家買いですが、奈良さんが挿絵を描かれていると知って発売日を心待ちにしていました。四ノ宮さんの新刊はタイトルからも推測できるようにオメガバースもの。四ノ宮作品でオメガバものってお初じゃないかな?と思いつつ手に取りました。







主人公はアルファの作家、多賀谷。出版する作品はどれも人気が高いうえに美しい美貌を持つアルファということでメディアへの露出も多い。そして、その人気の高さゆえか。遊び人でもある。しかも相手は後腐れがないという理由でベータ限定。

時々痴情絡みの問題を起こし、それを所属している事務所がもみ消してきた過去がある。そんな多賀谷に手を焼いた事務所と、デビュー以来世話になっている出版社(この二つは同グループ)が手を組み派遣してきたのが、同じアルファの性を持つ實森という男性だった。多賀谷の世話を始めた編集兼マネージャーをするという實森という男を疎んじ、何とか追い出したいと思う多賀谷だったが―?

というお話。

んー、これね、あらすじに多賀谷の秘密が書いてあるんですよね。
曰く、多賀谷はアルファではなくオメガである、という部分。オメガなのにそれを隠しアルファと偽っているのには理由があります。まず今作品のオメガは侮蔑される世界であること。子を成すためだけの、そんな存在。

でもそれだけに非ず。
彼の過酷な家庭環境にも起因しています。ここがきちんと描かれているので多賀谷という男性の複雑な内面に、読んでいて非常に共感してしまうというか。

そして凄くお上手だなと思ったのが文章の構成でしょうか。
過去だったり、多賀谷視点だったりあるいは實森の感情だったり。行きつ戻りつするのですが、それがごちゃごちゃにならず、むしろ多角面からの描写が入ることで彼らの内面がきちんと理解できる。

大きなキーとなるオメガバースという性も素晴らしかった。
多賀谷はオメガであることを隠すためにありとあらゆる手を打っています。
そして實森もまた、アルファという性を疎んじ薬によってその性を制御した。
けれど、彼らは出会い、そしてお互いのフェロモンに中てられてしまう。「運命の番」という言葉は何となく陳腐な感じがしてあまり好きではないのですが、彼らは出会うべくして出会い、そして恋に堕ちたんだなあ、とめちゃめちゃ萌えてしまった。オメガバもので、それ故に結ばれた感のある二人ですが、けれど彼らは「オメガバース」という性を超えて結ばれた。素晴らしいです。

實森という男性は背も高くイケメンで、これぞアルファという容貌をしていますが、その見た目に反して中身はオカンです。そのギャップにまたしてやられました。けれど、その素質を、多賀谷のために使う。彼を支えるために。はじめは作家・多賀谷の才能に惚れこんでサポートしていたはずが、いつの間にか恋しちゃってる。少しずつ心惹かれていく過程がまた可愛いです。

そしてそんな二人の魅力をきっちり描き切っているのが奈良さん。
今回も素晴らしい挿絵でした。カッコいいし、なのに可愛い、ってこれどういうこと?
そして濡れ場は果てしなくエロくて綺麗でした。奈良さんの挿絵で、萌え度は確実に上がりました。

7

対極の2人に見えましたが

今回は出版社の編集者兼マネージャーと
素行のよくない小説家のお話です。 

バース性を偽る受様が
バース性を抑制する攻様の番となるまで。

男女の性別に加えて発見された第二の性・バース性は
アルファ、オメガ、ベータという3つの性の総称です。

アルファは知性や肉体、容姿等あらゆる面で
優れた遺伝子を有する希少種であり
オメガは男女ともに妊娠出産が可能で、
定期的に発情期が訪れる超希少種です。

人口比が最も多い種のベータは
バース性の影響をほとんど受けません。

古くはアルファを頂点とするヒエラルキーが形成され
オメガは差別や虐待、性的搾取の対象でした。

現代ではオメガの人権は保護されていますが
アルファ種の選民意識やオメガへの差別が
完全になくなったわけではなく、今も多くの人が
バース性に囚われて生きています。

受様は10代でデビューした若手作家ですが
人形のように整った容姿で数々の浮名を流し
欲求不満を解消するために手を出しては捨てるという
生活を送っています。

今日も嫌々ながら出演したテレビ番組の収録後、
目を付けた女性ADを控室に連れ込みますが
黒いスーツに白い手袋の見知らぬ長身の男性に
控室に乱入されて彼女を逃してしまいます。

その男性は今日付で
受様の担当編集兼マネージャーになったと
受様が専属契約を結ぶ出版社の名刺を差し出します。
この男性が今回の攻様です♪

背筋がシャンと伸びた佇まいの攻様はとても美しく、
間違いなくアルファだろうと思われ、
受様は不覚にも見とれてしまいますが

攻様は今日から受様宅に同居して
受様の生活のすべてを管理サポートすると続け
受様を驚愕させるのです。

受様は原作映画の公開時に
主演のオメガ女優と熱愛報道をされますが

結婚を意識した彼女が面倒で連絡を絶つと
女優の弁護士が受様のマネジメントプロダクションに
訴えてやると言ってきたそうで

今まで受様のスキャンダルの揉み消してきた
プロダクションもとうとう堪忍袋の緒が切れて
受様が更生しない限り契約更新しない方針を
固めたと言うのです。

契約破棄は出来ますが、その際には
今までの慰謝料などを一括正請求すると言われ
受様には選択の余地がありません。

果たして攻様の同居で受様は校正できるのか!?

四ノ宮先生の初オメガバースは
バース性を手放した攻様とバース性を偽る受様の
オメガバースになります♪

奈良先生とのタッグと言う事で
ワクワクMAXで手にした1冊でしたが
期待通りにとても面白かったです ヾ(≧▽≦)ノ

実は受様はアルファとして育てられたオメガなのです。

母はオメガで異国のアルファ実業家の愛人でしたが
受様がオメガと判って捨てられて心を病み
受様はアルファである事を求められ続けたのです。

受様にとって理想的なアルファでありながら
抑制処置を受けている攻様は信じられない存在であり
オメガとバレる危険性を抱える同居生活は
不自由な上にとても危険なものなのです。

一見相いれない精神たいなような2人なのですが
それぞれの過去が見えてくると出会うべくして
出会う2人だったと思えてくる展開で
受様が攻様の手を取るまでワクワク&ドキドキ
とても楽しく読ませて頂きました (^o^)/

攻様の執事ぶり、家政婦ぶりがとても板についていて
奈良先生のイラストの細かい描写が
物語世界に深みを与えていてとても良かったです♡

2

にゃんこの活躍はほどほど

表紙にも出てきてて子猫が可愛いのですが、二人がラブラブするときには部屋の外に出されるというちょっと不憫な役回りです。気を利かせて二人の仲を進展させるパイプ役になるというわけでなく普通の可愛い子猫です。

可愛いけれどどう触れて良いか分からない、ずっと一緒にいられないのなら名前すら付けない、という寂しい思考だった多賀谷が、實森がずっとそばにいるから一緒に育てようと思えるようになるというのが二人の恋愛と並行して素敵だなと思いました。多賀谷に表紙のようなやんちゃぶりを発揮する子猫が可愛かったです。

0

最初は微妙でしたが…

続編の「二人の偽物アルファは執事アルファに傅かれる」が発売されたので読んでみました。
四ノ宮慶先生の作品を読むのは、「龍神様と愛しのハニードロップ」「バンビは獅子に娶られる」を読んで以来となります。

最初はですね、多賀谷のキャラが好きになれずに微妙…と思いながら読みました。
でも實森のキャラは好きでした。ただアルファの抑制処置ってどんなことするの?って、最後まで疑問で引っかかってしまいました。

多賀谷のヒートに当てられて抑制処置したはずの實森がラットに陥ったのは、彼らが出会うべくして出会ったのだと読んでてワクワクしました。

特に多賀谷の生い立ちが気の毒だったのでバース性に振り回されて来た2人が、2人でいるからこそ幸せになれるんだろうなと思いました。

0

溺愛執事のお世話つき

初めましての作家さんです。
オメガバースものでかなり厳しい感じで…。
主人公、虹が何重苦か!なくらい苦しくて。

外国の名家のアルファの父と日本人オメガの母の間に生まれ、アルファとして育てられたものの十歳の時にオメガだとわかると、ゴミ以下だと母共々父に捨てられ…。

しかも心を病んだ母は虹をアルファだと思い込み厳しいアルファ教育を続けて。
虹のアルファなら、アルファらしくという呪縛が読んでいて苦しかったです。

しかも母が虹をアルファとして登録できてしまった?せいか、作家として世に出るのにもアルファとして売れてしまい…。オメガだと隠すのもアルファらしく振る舞うのも必死で。

創作と家の中でだけは自由だった虹。
そんな虹のデビュー前からファンであった担当編集兼マネージャーの實森。

實森も色々抱えてまして…。
實森のおかげで虹の生活がととのい健康になっていくのも、感情が表に出るようになったのも良かったです。
實森にどんな虹でも愛して受け入れてくれて欲しい!と思いながら読みました。

虹が初めての恋を自覚するところ!良いですよね!

虹のおかげで自分らしく生きてこれた實森と、その實森のおかげで人を愛すること、本当の自分を理解して愛してもらえること、全世界が敵だと思ってきたこれまでと変われたこと。

良かったね〜。本当に見栄っ張りの天の邪鬼なんだから。素直になった虹は本当に可愛いです。にゃんこも可愛がってあげてね。

結ばれてからをもっと読みたかったなあ。

0

バース性

奈良先生追っかけで購入(この表紙がめっちゃ好き、最高、神×10)。しっかりオメガバースで、巣作りもあって嬉しかったのですが、ヒートの時の乱れ方があまり得意ではなかったので萌にしました。つんつん&オメガバ好き好きさんにはよいのでは。本編280頁ほど+あとがき。

アルファで売れっ子小説家の多賀谷。特定の相手を作らず、βを食い散らかして性欲を発散させていて、なかなか自由奔放。業を煮やした出版社が送り込んできたのは「生活の全てをサポートさせていただきます」というイケメン編集者で・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
表紙のネコちゃん、受けのお仕事関係者少々ぐらいかな。

++攻め受けについて

攻めはスパダリイケメン、とにかく料理上手い!!!!!!最高!朝からだし巻き卵食べたい!その他、細やかに面倒見てくれて、あーお願い家に来てと強くお願いしたいタイプ。アルファなんだけど、事情あってアルファ性を捨てている状態の方です。生まれついた性に違和感というか馴染めないという設定がすごく良かったです。物言いが丁寧だしきっと物腰も穏やかだろうし設定だけは超好きなタイプ。彼の心情には沁みるものがあったのですが、なぜか受けに対する恋心部分には盛り上がりを感じられず、ちょっと残念。理由を自分で考えてみても何かっていうのが分からないので、説明できず申し訳ないです。

受けは事情あってアルファとしているけれども・・という方。人とはあまり深く関わらないし、アルファとしてこうあるべきと気持ち、考えなどを表情に出さないように鍛えられて育っています。親の考え方で人生を左右されるのはあってはならないと思うんです。だから攻めと出会って表情豊かになって・・というところはとても良かったです。ただヒートの時の乱れた物言いとかが好きじゃなく、うーん・・というとこでした。

攻め受けの設定、お話は好きだったんですけど、二人の恋心にちょっとシンクロしきれなかったからか、めっちゃ萌えるところまで行けなかった1冊でした。うーん。攻めは、へたれおかん方向にふっ切れていた方が自分としては好きなのかもしれません。挿絵はどれも神だったんだけどな。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う