お前みたいな男をしあわせにできるのは、俺しかいないんだから

しあわせにできる(12)

しあわせにできる(12)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
6
得点
59
評価数
15
平均
4.1 / 5
神率
73.3%
著者
谷崎泉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陸裕千景子 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
シリーズ
しあわせにできる
発売日
ISBN
9784576070605

あらすじ

本田の仲介によってかつての共同経営者・藪内と和解した久遠寺は、余命いくばくもない彼から会社を引き継ぐべく日芳退社を決意する。一緒に新しい会社で働こうという久遠寺の言葉に、本田の心は揺れる。想いが徐々に身の内から溢れ、言葉や態度に表れてゆくことへのおそれ、職場が離れすれ違いが増えていくことへの不安…。一方、久遠寺の退社を知った3課の面々は情報収集に躍起。東郷の意外な行き先も決まり、プロジェクト2課と合同の送別会へと話題は流れていく。少しずつ、それぞれの道が分かれていく仲間たち。久遠寺と本田もまた、二人で歩む人生を誓い合う──。書き下ろしは本田の早とちりも微笑ましい送別会幹事奮闘記。シリーズ最終巻!
(出版社より)

表題作しあわせにできる(12)

久遠寺皇(日芳→ロングランナー)
本田雪彦(日芳・建材部)

その他の収録作品

  • しあわせにできる23
  • しあわせにできる24
  • しあわせ三角また来て四角
  • あとがき

レビュー投稿数6

ここまでこられた

12巻にわたる長編『しあわせにできる』の、最終巻完結編。
二人の関係はもうずいぶん安定していて、
本田はちっともツンデレじゃなくなっていたが(笑)
前の巻が、久遠寺が本田に退職して一緒に仕事をして欲しいと告げたところまでで
というところで終わっていただけに、どうなる?と言う展開にドキドキしながら読んだ。

強姦から始まった二人の関係。
美形で優秀な商社マン・本田を襲ったのは、とんでもない男・久遠寺。
どうとんでもないかというと、恵まれた体と容姿のイケメン、
由緒正しくお金もある御曹司、
何でもできて情熱過多で超パワフルで、ちょっと趣味がベルサイユ。
そして、なにより性格なのか海外生活が長かったからなのか、日本語が通じない!(笑)
何を言おうがどこ吹く風。自分のやりたいようにことを進めてしまう。


ここまで辿り着くと、本田はツン多めのツンデレだったのが素直な恋する男になり
久遠寺もなんだか普通に思いやりもあるし、日本語も通じるいい男になっちゃって、
よかったね、と思う反面、読者としてはあのハチャメチャさ加減が懐かしく
ちょっとつまらないじゃん?と思わなくもないが(笑)
全12冊を通じて、読み応えのある飽きさせないシリーズだった。


各巻の最後に加えられた、脇役達の物語もすごく良かった。
私のお気に入りの映と森田の話、まゆりと堂島、
本田の両親の恋、十代の久遠寺などなど。
主人公二人だけの物語じゃなく、会社の面々も含めての群像劇の面白さもある。
しっとり切ない心理描写もあり、ほろりと人情話も、真摯なお仕事話もあり、
コミカルなドタバタあり、キラキラなセレブ話もあり……
盛りだくさんで、読んで損はない作品です。

最後に、ずっと思っていたことを言わせてね。
君たち、Hしてないで寝た方がいいよ、働き過ぎで過労死するよ〜っ!


評価はこの1冊単独と言うよりも、シリーズのおしまいを惜しみつつ祝福して。
面白かった!
未読の方は是非、幸せになれますよ。

5

感無量…。

とうとう、最終巻を迎えてしまいました。
惜しむ気持ちでいっぱいです。

前巻にて本田は口にしました。好きだ、と。
それに対して久遠寺の口からは、直接的な言葉はなく…少し不完全燃焼だったんです…が。
今回、一番ぐっときた場面はやっぱり、ここ。
「…雪彦」
「…ん?」
「愛してる」

やられた………。久遠寺め。

無理やり奪う形から始まった、二人の恋。
押せ押せの久遠寺に意地っ張り本田が織りなす、リーマンラブストーリー。
もう、最高としか言いようがありません。
どうしてもっと早く読まなかったんだ、と少し悔しい気持ち。
きっとこれから先、幾度となく読み返すでしょう。それぐらい、大好きになりました。

最後、本田のセリフ。
「お前みたいな男をしあわせにできるのは、俺しかいないんだから」
お、男前!
最後は本田にやーらーれーたぁぁぁぁ。

3

しあわせにできるのは、俺しかいない

しあわせにできる12作目。
最終巻です。

久遠寺が会社を辞めることが周知され、同様が走る3課。
そんな中で本田も自身の身の振り方について決断を下します。
「一緒に働けなくても、側にいる」そんな思いが本田を本当に強くしていますね。

「愛している」の言葉も聞け、1作目からの二人の長い歩みを思い出すと
良かったな~としみじみ感じてしまいます。
最初はどうなることかと思いましたが、最終的には甘~い素敵な作品でした。

そして3課のメンバーが送別会企画に一生懸命な姿も微笑ましかったです。
団結力がすごく、ちょっと暑苦しい面々だけど、いい味出してました。

1

とうとう最終巻

最初はほんわか(内容はスパダリ的な久遠寺に強姦紛いでやられちゃう雪彦ですけど)ハチャメチャコメディだと思ってました。

なのに読み進めるにつれて…
久遠寺の掴みどころのない強引さや、仕事に対する姿勢、謎多きバックボーンに惹かれていく雪彦。身体はガッツリハマってしまってるけど、それを認められない気持ち。

それを素直に認められてから、雪彦も変わっていくんですが、久遠寺も同じように変わっていく。
二人が二人でないとならない、そういう気持ちをお互いに理解していく。

久遠寺も最初はそんなには思い入れてなかったはずなのに、後半はもう、どんどん雪彦のことを離せなくなります。

時を経て、二人を取り巻く環境も変化していきます。ですが二人でいることを選択していく。
久遠寺は転勤を断ったために異動の措置を受けます。タイミングを同じくして昔の共同経営者から事業の譲渡を持ちかけられます。その経営者は過去に裏切られた相手でしたが、余命幾ばくもない状況を聞いて日芳を退職することを決意します。
雪彦も一緒にと言われますが、、、
まだその機ではないと断る決断をします。
それでも一緒に住んでて良かったと。

やっと久遠寺と離れられる!と引っ越した先に前乗りしていた久遠寺。強引に同居することになったのですが、今となっては良かったと言える雪彦。この二人は本当に幸せになってほしいと思うな。

「しあわせにできる」

この題名はてっきり、殿様!の久遠寺がそういうことを雪彦に言うんだと思ってましたが、最後の雪彦のセリフでした!

まだこの二人の物語はスペシャルや同人誌で続いていくようなので、そちらも読みたいと思いました。

0

「しあわせにできる」は、本田の台詞

人の話を聞かない、誰よりも態度が偉そうな人、久遠寺の攻めに本田は陥落。
本田は、自分の居場所を久遠寺の懐にあることを受け入れる。
そして、久遠寺にとって最善の進路を提案できる唯一の存在になっていく。

本田の仲介で、薮内と久遠寺が和解。
末期の病を抱える薮内の会社を引き継ぐ事になる。
久遠寺は、本田も誘うけれど、本田は、「今は無理」と保留。

建材3課だけが気づかない、本田と久遠寺の関係。他はうっすらと奇妙さに気づいている。
本田の家を会場にして行われる久遠寺の送別会で、完結。

意外なんだけど、「しあわせにできる」は、本田の台詞で、久遠寺の台詞じゃなかった。

1➡13巻➡12巻と、完結から読めば全てがわかる構成になっていなかったので、シリーズをきちんと順当に2345・・と読むことにしました。

0

終わらないのか?

一応の最終巻だと思って読み始めたので、久遠寺の出した決断に本田さんはどうするんだろうと思ってたのですが、とりあえずは残留なんですね。 正直一緒に付いていくだろうなと8割方想像してたのですが意外でした。 でもそれは本田さんの出した今現在の考えなので、まゆりの言うタイミングではなかったのでしょう。 という事はこのままスペシャル編へと続くのか? 答えが出ると思ってたので、なんだか肩透かしくらった気分です。 後はまた3課の送別会ですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う