東京-四季-上

Tokyo shiki

東京-四季-上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神61
  • 萌×221
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

94

レビュー数
6
得点
420
評価数
95
平均
4.5 / 5
神率
64.2%
著者
ハル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813032977

あらすじ

「家庭教師代はセックスでいいぜ」

浪人生の早乙女恭平が駅で会ったのは、
早乙女が落ちた大学にトップ合格した、
同じ高校の同級生だった神宮寺結人だ。
エリート揃いの厳しい家庭で優等生として育った恭平は、
大学受験失敗という初めての挫折に追いつめられていた。
そんな恭平に、神宮寺はセックスと家庭教師の取引を持ちかける。
神宮寺の嗜虐的な行為に、嫌だと思いつつのめり込む恭平。
そんな恭平に神宮寺もまた激しく執着して…

東京で生まれた、四つの季節のラブストーリー、
秋、冬、夏(前編)を収録

表題作東京-四季-上

神宮寺結人,19歳,大学生
早乙女恭平,19歳,大学生

同時収録作品東京 -四季- 夏 前編

八神龍之介,クリエイター
ゲイバーで知り合った男

その他の収録作品

  • unexpected(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき、人物設定

レビュー投稿数6

辛くなる

4月の〜のスピンオフ。やっぱり絵があまり好みでないですが、前作が面白かったので購入。読んでいて辛くなる系の本です。

メインはサイコな同級生×蓮のお兄さん。早乙女家では、元々は弟の方が優秀で、兄は心配の種だった、が。件の事件があってから、親の期待を一身に背負うことになった兄は、応えられず、浪人し、苦しんでいた。死のうとしていた。そんなときに再会したのが、サイコ。彼は、セックスと引き換えに、勉強を教えることを申し出て…。

選択肢が無くて、追い詰められて、みたいな本って、ギャグ要素がないとなかなか読んでいて辛いです。おそらくこの先に、救いはあるのでしょうが、好みが分かれる作品かと思います。

0

緊縛が…!

前作が良くて期待して読みました!
今回は、スピンオフです。前作のキャラがチラッと出てきます。
上巻では途中で終わる夏のキャラが、前作も結構出ていたので読んでみるのもオススメです。

秋冬が、同じキャラ同士の絡みですが緊縛エッチがエロい!エロくて良いですね!
ガッツリ緊縛なので、苦手な人もいるかもですが…。
でも恋人になる前に話が終わってしまったのが残念でした。続きが読みたいです。

夏は前編中編後編に分かれていて、上巻は前編のみなので上下巻揃えて読まれた方が良いと思います。

















紙本購入
修正は細い白短冊です。

7

秋冬の続きが読みたい

4月の東京は…に衝撃を受けてこちら楽しみにしていました。

表紙も惹かれましたし、帯の「これからもっとエロいことするのにキスが嫌とか笑わせる」に煽られました!!

結果、、、
すごい気になるところで終わっちゃう(涙)

キャラもいいしお話しもいいのですが
ここで終わりか感がすごいのです。

最後に収録されていたunexpectedでは
恭平の変化が少し描かれていました。
確実な「好き」に変わるまでを読みたいです。

まさか上巻の途中から別カプの話しになるとは…!
4月の東京は…のように1カプにつき2巻構成で読めればもっと面白いと思います。
感情移入するところまで行き着かなかった。
続きあるといいな。

8

執着サイコパス

前作、「4月の東京は」に衝撃を受け、スピンオフのこちらも手に取りました。

上巻では、神宮寺結人×早乙女恭平の話になる秋、冬と、八神龍之介×謎のスーツの男の話、夏の前編が収録されてます。

夏は下巻に続いているのでそちらでまとめてレビューしたいと思います。
夏の前編だけ読んでも訳が分からないので、夏も楽しむのでしたら下巻も一緒に購入した方がいいです。

受験に失敗し、浪人生の早乙女恭平。思うように成績が上がらず、追い詰められて線路に飛び込もうとするシーンから始まります。
それを止めたのは恭平が落ちた大学にトップ合格した神宮寺結人。
結人は恭平に無理矢理キスして、家庭教師する代わりにセックスさせろと迫ります。
恭平は勉強を教わる代わりに手酷く抱かれる事になります。

恭平の家庭が酷くて胸糞なんですよね、「4月の東京は」の時の仕打ちも一緒に思い出してイラッとしました。ここの兄弟が可哀想で…

道具のように役に立たないと見るやぽいっとする親を見ていると、手酷いことをするものの、実は高校生の頃から恭平に執着していて、やっと捕まえた、もう逃がさないとなっている結人は、いい人です。

死んでしまいたくなる程追い詰められていた恭平に、別の意味で生きる気力を与えたんですから。

エロシーンはかなり刺激的です。ドSが無理矢理みたいなシーンが多いです。
それでも、結人の執着っぷりが分かりますし、寝ている恭平にそっと触れて涙を拭うシーンなど、愛情が溢れているので、そんなに痛くはなかったです。

9

苦しむ者たちの、四季

ドラマティックな前作・「4月の東京は・・・」(上下巻)のスピンオフ作品。

上巻の初めは…蓮の兄・早乙女恭平のおはなし。
毒親の下、生きづらさを抱えて線路に飛び込もうとする刹那。
「サイコ」というあだ名の同級生に声をかけられる。

サイコ、こと新宮寺は天才。何故か恭平に執着し、成績が落ちている恭平の勉強を手伝う見返りにセックスを要求して、ここから2人の濃厚な関係が描かれるわけだけど。

神宮寺は高校生なのに身体中に大きなタトゥーが入ってて、彼のバックグラウンドはよくわからない。
恭平との半ば無理矢理な肉体関係が続くが。
BLだから。
男2人の刺激的なセックスシーンは大いに楽しむが。
何でこの2人がこうなる?の意味づけやら必然性やら、そんなものがいまいち腑に落ちない。
Hシーンが濃ければ読者は皆喜ぶと思っているのなら。
それは違うよ。と言っておく。
この2人の必然性は何だ?

続いて、八神さんのストーリーが始まる。
友人のゲイバーに営業妨害的な1人の男がいて、ママに相談される。
その男に興味を抱いた八神は、契約セフレとして抱くことにする…


神宮寺x恭平。
八神xリーマン。
上巻だけでは深いところまではまだわからない。下巻へ続く。

8

上巻だけでは評価は難しいかも

上下巻読んでからの感想になります。
上巻を読んだだけでは正直言って評価出来ませんでした。

こちらの「秋」「冬」編は「4月の東京は・・・」の受の蓮の兄の恭平のお話なんです。
大学受験を失敗しているので過去のお話なんだと思いますが、蓮は恭平の回想の中で名前しか登場してません。

親の期待に必死で応えてる恭平がとても痛々しくて、恭平に執着する高校の同級生である神宮寺結人が攻です。こちら恭平に勉強を教える代わりの対価がセックスなんです。
結人が恭平の寝顔を見ながらの一言にグッと来ました。上巻でこの二人のお話は終わってて、巻末の描き下ろし「unexpected」の中でちょっとだけ希望が見える点が良いですが、続きがとても気になりました。続編出して欲しいです。

そして「夏 前編」は「4月の東京は・・・」の蓮の友人である、八神のお話でした。ゲイバーのママに電話でお願いされて店に赴き、店で持て余していた客と関係を持った所で終わってました。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う