• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ラブインダルジュ

大我、ライフスタイル情報誌のライター
翔音、ボーイズタッチバー店員

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

客にお酒とスキンシップで癒しを提供するコンセプトバー、
「ボーイズタッチバー」。
失恋がきっかけでバーに訪れた翔音は
その後自身もバーテンダーとして働き始める。

内向的な性格もあり1ヶ月経っても指名ゼロで悩んでいたある日
店内で目立っていた超男前な客・大我からハグをお願いされる。
初指名に意気込むも緊張から触れ合えず逆にフォローされる始末…
何もできなかったのでお金は受け取れないと申し出ると
「じゃあこの後時間ある?」とアフターに誘われ、
店での禁止行為ではあるものの意を決して誘いに乗ることに。

ホテルに入り、店での失敗を挽回すべく
リードしようと大我を押し倒すが思わぬ反応で…?


爽やかスパダリ系ライター×愛に焦がれる健気な新人バーテンダー

「ボーイズタッチバー」で芽生える
官能的ヒーリングラブ

作品情報

作品名
ラブインダルジュ
著者
多摩緒べべ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
シリーズ
ラブクオリア
発売日
電子発売日
ISBN
9784801978249
4.4

(120)

(79)

萌々

(25)

(13)

中立

(2)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
11
得点
536
評価数
120
平均
4.4 / 5
神率
65.8%

レビュー投稿数11

このBARに行ってみたい

2人の関係はもちろんのこと、このBARが気になって仕方ありません。
お値段はいくらからでしょう?行ってみたいなぁ。

翔音くんって、なかなか不幸な体質ですね。今回はスピンオフ作品らしいんですけど、本作での彼の扱いにも気になります。
フェラをされるのも初めて、デートもしたことない、好きって言われたのも初めてって!
イケメンじゃないかもしれないけど、普通の男性でしょ?彼氏もいたのに、好きって言われたことないって、不幸体質過ぎます。
でも、自分が優人にしてもらったハグ(癒し)を他の人にも与えたいという優しい気持ち。
いい子だなと思います。

大我さんも、イケメンで何でもソツなくこなすから、他の人の期待に応えようとして、ストレスがかかっていたようですね。
イケメンにも悩みがあるのね。

今まで甘えたことがなかった彼には、甘やかしてくれる時間は大切なものだったんでしょう。

大我のコンプレックスが翔音にとっては魅力的に映る。愛されたことがない翔音を溢れんばかりに愛したい大我。2人はとても相性が良いようですね。
今まで欲しかったものを与えてくれる相手に出会えて良かったです。

9

読んで損なし、優しい世界観に包まれる!

疲れた現代人に沁み入るようなすごくいい話!すっごく癒された。何度も読み直したい。セリフとかモノローグとかが嘘っぽくなくて沁み入る、めちゃくちゃよかった。
攻めの大我がこの見た目で実はビジネス色男ってところがめちゃよかった、受けに甘える様子にキュンキュン。でエチになると雄み全開っていい所しかない!受けの翔音くんは愛されたことがない孤独な子で応援したくなる!幸せになれ!(泣)自分の弱いところを知っているから他人の弱さも推し量れるいい子!
ボーイズタッチバーが舞台となるとエチチな展開何だろうなあと思っていたらすっごく優しい世界観でめちゃ癒されました。エチチはエチチで愛がある感じかつエロくて最高でした。初めて読んだ先生だったけどすごくよかったです!

7

ドエロいのに癒し効果が半端ない‼︎

「indulge」とは「甘やかす」という言葉。正に、タイトル通り"愛で甘やかす"優しくて甘い物語でした!

前作「ラブクオリア」で寂しさの余り、優人に迫ってしまった不憫系当て馬(?)キャラの翔音君が主人公の今作。
前作でメインだった東&優人は良き友人・理解者として登場しますが、本作単体でも充分に楽しめます。

自尊心が低く、自分に魅力が無いと思い込む幸薄系青年の翔音。たった1人で良いから愛し、愛されたい…と愛に焦がれる青年です。
「愛されたい」と求めるだけでは無く、相手を思いやる気持ちも強くて、優しく包み込むようなバブみが高い受け様でした。

一方、爽やかなルックスと余裕のあるスマートな対応で、男女問わず「イケメン」認定されるスパダリwebライターの大我。ですが、本当は誰かに甘えたい気持ちがあって…

初めは取材対象として翔音に近づいた筈が、翔音の心地いい優しさへ触れる内に、癒されていく事に気づき……
190cm越えの大男が翔音を抱きしめて甘える姿にキュンとします♡スマートな対応とは裏腹に、沸々と湧き上がる翔音への独占欲にトキメキが止まらない…‼︎

大人で余裕のある対応とは真逆の、本能のまま貪るような激しいセックスが最高です……‼︎
大人しい顔してイキまくる隠れ淫乱な翔音もエロ可愛いく、そんな翔音に煽られてS気味にガツガツ責めまくる野生的な大我のギャップも堪りません…(拝)

両思いと分かり、幸せいっぱいの2人。ところが、大我のPC画面に映るweb記事には、自分の事が書かれていて…

まさか、ここに来てすれ違いが発生するとは……‼︎
完全に油断していたので、すれ違ってしまう2人の焦ったさに胸がギュッと苦しくなりました。
大人で余裕がある大我は何処へやら、必死の様子で翔音を口説く姿にドキドキしっぱなし‼︎

"人に求められたい"と思う翔音と"誰かに甘えたい"と思う大我。破れ鍋に綴じ蓋のような、お互いに癒しあうピッタリ嵌まった素敵なCPでした♡

▶︎Renta!/ぐしゃぐしゃ斜線

6

スピン元より好きかも!

「ラブクオリア」も凄く良かったんですが、キャラやストーリーはこちらの方が好みでした。
そして今回も多摩緒べべ先生の描かれる攻めの肉体美に目が釘付けでした。ご馳走様でした。ありがとうございます。www


今回は前作で気になってた翔音が主役という事で、どんなお相手が登場するのかと気になってたんです。そしたらですよ、どえらいイケメンが現れるじゃないですか!。キラキラしててモテモテで翔音大丈夫って心配になっちゃいました。

でも、この大我が凄く良い男でして、初めての指名にカチコチになった翔音にも凄く優しいんですよ。
あれよあれよと距離が近づく2人でしたが、翔音の自己肯定感の低さで肝心なところが噛み合ってない焦ったさが堪りませんでした。

でもそんな翔音だからこそ大我もありのままでいられて癒されたんでしょうね。
翔音の素直さと優しさに惹かれる気持ちが良く理解出来ました。


スピン元のCPの東と優人も登場して、大我と翔音がくっ付く後押しになってました。
前作CPよりは可愛らしいこちらの「ラブインダルジュ」CPの方が断然好みでした。

勿論大我の肉体美が素晴らしいのでエロも良かったですが、それだけじゃない魅力がこの作品にはありました。仕事に自信がついた翔音が悩める客を追いかけて行ったシーンも良かったし、肩肘張らずにありのままの自分でライターの仕事をするようになった大我が凄く素敵でした。

ちょっと1人になると男女問わず囲まれてモテモテの大我なのですが、翔音を見つけた途端に喜び全開なワンコな大我にノックアウトされること間違い無しです。

この2人でおかわり下さい!

5

スピンオフ

ラブクオリアのスピンオフになります。
前作の主役達も出ますし、前作の脇も出ていますので読んだ方が楽しめますが、(今作の受けが前作でフラレた後のお話)読んでいなくても大丈夫です。

今回、受けが凄く自信がないタイプというのもあり驚く箇所が多いです。それが、めっちゃ可愛くて応援したくなりました。
攻めは、外見と性格で悩んでいるタイプで受けに甘えるとこが可愛かったです。

エロとストーリーならストーリー重視タイプですが、エロがエロいです。激しめ。
エロエロ〜標準の間くらいかと思います。
なので、エロ重視の方もストーリー重視の方にもオススメです!

…一番面白かったのは、ドア壊すところのみんなの表情。BL漫画じゃない表情していて、めっちゃ笑います(笑)
















紙本購入
修正は白斜線沢山です。

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP