その目で語れ

sonome de katare

眼底的爱意

その目で語れ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
21
評価数
8
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862632203

あらすじ

同級生・土田を想っての決定的な現場を後輩・森野に見られた三条は、秘密を守る見返りに奉仕を要求される日々。土田への思いは本物だけど、森野の視線も無視できない・・・。そこに肝心の土田から爆弾発言!! 三条の恋の行方は!? 描き下ろしも収録。
(出版社より)

表題作その目で語れ

森野勝雪 経済学部大学生
三条 経済学部大学院生

同時収録作品キミに恋する甘い瞬間

富樫吉郎 受様の会社に派遣されてきたSE
安原真澄 おもちゃメーカー営業部のシステム管理

その他の収録作品

  • その目で語れ おまけ
  • キミに恋する甘い瞬間 おまけ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

心変わり

好きな作家さんなのですが、これはちょっと好みと合いませんでした。
表題作は大学生と院生の年下攻めのお話です。

主人公の三条は親友の土田が好き。叶わぬ恋心が後輩の森野にバレで、脅されて身体の関係を強要されます。
そこまでは、BLとしてはたま~に見かける展開なんですが、あっという間に土田から森野に心変わりしてしまっていて、結ばれてハッピーエンド。心変わりした理由がいまいちわからなかったです。
土田への思いは何だったのか…。
う~ん、どうにも納得できないお話でした。

後半はおもちゃ会社の社員と派遣SEのリーマンものです。
このお話は面白くないわけではなくカップリングもそこそこ好みだったんですが、「知り合いに頼って業界の下調べをした」と書かれていた割りにちょっとおかしな部分がチラホラあって、「んん?」って思う部分がありました^^;細かくってすみません。
それが気になってしまい、どうにもお話に集中できませんでした。

しかし、全体的に「なんでこの人に心惹かれたのか」という説得力がない急展開なお話が多かった気がします。

0

乙女な受け様

表題作は大学生x大学院生のお話。
受け様が想いを寄せている友人も絡んでくる三角関係モノ。
攻め様が受け様の弱みに付け込んで~という流れなんですが、途中でちゃんと受け様の友人も絡んでくるので、ちゃんとした三角関係のお話になってます。
攻め様が寡黙で眼鏡なんですが、なかなか眼鏡がキャラの性格と合ってたかなという気がします。
受け様はお人好しでヘタレ。攻め様に対してはちょっと強気な所もあります。
でも基本的には乙女かな~という気がしました。

同時収録作品はリーマンもの。
これは受け様がかなりヘタレで乙女です。
スーツ着てるんですが、外見が可愛い系なので、あまり社会人っぽく見えません(笑)。
攻め様は外見もカッコイイ系で大人っぽい。
外注のSEと、依頼主の会社の担当者という関係なんですが、普段の時と比べて、恋愛の話になると攻め様の態度がかなり強気になるのがちょっと「おっ?」という感じでギャップがありました。

二つのお話とも受け様視点で描かれていて、なかなか自分の気持ちが掴めない受け様が描かれているというのは共通してました。
ヘタレで乙女な受け様がお好きな方にはい続きいかなと思います。

0

全体的にキスからエロまでが急展開

古い少女漫画風に始まるだけに,エロシーンをくっつけただけに思えてしまうんですよね
また結構エロいことしてるのに絵柄に色気がないせいかエロを感じないです

土田→森野への心変わりのきっかけがよく分からなかったです
私はH時の眼鏡OFFは寧ろ良かったです
なんか眼鏡してる森野の外見ってどことなくアブない根暗オタクのストーカーに見えてしまってw

0

少女漫画的BL

好きになるキッカケや両思いになる瞬間に、明確な理由とストーリーがしっかりあります。ストーリー性のあるBL漫画が読みたい方にオススメです。
少女漫画的BLという印象でした。
がっつきがちの年下攻めと、急に素直になれない意地っぱり受けの組み合わせが今回多いです。
表題作の攻めの鬼畜と見せかけて、実は……というギャップがよかったです。

その目で語れ
経済学部学生・森野勝雪 メガネ健気一途年下攻め×経済学部大学院生・三条 意地っぱり受け
土田の事を好きで、密かに片思いをしている三条。
部室に土田が置いていったコートに欲情してオナニーの最中に、森野と出くわして見られてしまう。
壁際に追い込まれてフェラされて、今度は俺のをして下さいと言われて、何度も呼び出されるようになって。

鬼畜に見える攻めの意外な一途さに、驚かされます。
ずっと三条のことを好きで細かく見ていたので好みを知っていたり、無理矢理でもいいから関係を繋げていたかったって気持ちに絆されるものがありました。
クールそうにみえて、情熱的な年下攻めがよかったです。
メガネ攻めなら、Hの時にもメガネをしていて欲し続きいと個人的には強く思います!

キミに恋する甘い瞬間
SE・富樫吉郎 意地悪攻め×営業部代表・安原真澄 意地っぱり受け
営業部代表にされてPCがわからない安原はビビりながら、富樫との初対面を迎える。
挨拶で手を親しげに握られて、ドキドキしてしまう。

若いなー、やっちゃったなという年下故の暴走が可愛い攻めです。
安原とそれ以外の人の前での態度の違いがわかりにわかりすぎて、この馬鹿正直さがなんとも言えません。
スキンシップ過剰でわざと安原をドキドキさせたりと、小悪魔と言うか反応を楽しんでちょっと意地悪です。
告白して即H突入なのは、場所もオフィスだし、ちょっと早過ぎると思って若干冷めました。
もう少し焦らしを入れてくれた方が、満足出来た気がします。

H描写よりも、キスシーンが上手くてエロいなと感じました。
舌まで入れている感じが描写でよくわかるのと、受けが感じてからの顔や表情の変化が丁寧に描いてあるので、リアルに伝わってきて良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ