私立浪矢学園

私立浪矢学園
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1
平均
1 / 5
神率
0%
著者
利光メグミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ビブロス
レーベル
ビーボーイコミックス
発売日
価格
¥562(税抜)  
ISBN
9784835218205

あらすじ

その学園は、生徒全員"ご主人様×犬"の関係だった!?
そんな事も知らずに転校してきた鈴芽は、キュートなルックスゆえに"ご奉仕担当"としてケダモノ男子たちの餌食に!! そこへ幼なじみの黒沢が現れ、助けてくれるかと思いきや、とんでもない鬼畜男で♥

表題作私立浪矢学園

黒沢、高校生
大山鈴芽、転校生

同時収録作品Strange Laboratory

羽森、科学部部長
三桜藍流、部員で後輩

同時収録作品突撃!風紀委員♥

平ながれ、高校生
源かるた、風紀委員

同時収録作品大人的遊戯のススメ

正親、高校生
莉音、同級生

同時収録作品カフェZEROへようこそ!

その他の収録作品

  • 私立浪矢学園R ガチンコラブウォーズ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

BL文化の進歩を感じる

「少女漫画 目が大きい」で検索すると必ず出てくる漫画の1コマ、ご存知ですか?
顔がほぼ目で埋め尽くされている、あれです。

こちらの作品、受けがその状態でした。

ストーリーよりも目の顔面占有率が気になってしまいました。

と言ってもストーリーも今の巧みな心理描写で読ませるBLのような感じではなくて、どの話も俺様/王様攻めが優柔不断もしくは強気な受けを手練手管もしくは強引に懐柔して、流して流されて…というものでした。
「やおい」という言葉が世に出ていた頃、BLの世界を覗き見たことはなかったのですが、おそらくこれが「やおい」というものなのだろうな、と。

こういう「男同士でイチャイチャするだけ」の作品が出版されていた時期を経て、今の「同性愛」の問題にフォーカスを当てて考えさせられたり、感動させられる作品が生み出されている今があるんだなあ。
しみじみ文化の進歩ってすごいなと思えた作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ