愛しくて、憎い男……運命の出会いから数年。ずっと一緒にいたふたりだが!?

もう二度と離さない

もう二度と離さない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
74
評価数
22
平均
3.6 / 5
神率
31.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
価格
¥550(税抜)  
ISBN
9784062558945

あらすじ

日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき……!?
出版社より

表題作もう二度と離さない

佐伯渓舟(画家の父を持つ天才洋画家)
相良司(渓舟の恋人で助手)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

闇を抱えて

答姐にておすすめいただいた作品。
「予想外の展開」と聞いて構えていたにもかかわらず、まんまと意表を突かれてア〜ッという読後感。
最初の方の甘い雰囲気、病弱な司をとことん甘やかす、美形でセレブで優しい、パーフェクトな渓舟。
前半から種明かしのエピソードがチラホラ出てたんだけど、気付かなかった…。
中盤に、司が2人をつけ回すフリーライターの原に身に覚えのない事を言われたその瞬間!ビビビビッ‼︎
展開分かった〜…怖い〜!と衝撃受けた。
だけど、欲を言うなら。
最後にもう一回何かあるかな?と期待したけど、そこはすんなり進んじゃったので…でもこれは贅沢な要求です。
思ってもみない展開やその真相はミステリー的でもあり、その過去は恐ろしいホラーのようでもあり、抱えて生きるべき未来はスリラーのようでもある。凄まじい暴力や狂気の時間を経て、でもやはり最終的に恋愛。
恋の不条理、愛の不思議、哀しさが何故か漂っている。

0

とにかくすごい作品

洋画家の渓舟と助手兼恋人の司。
渓舟は体の弱い司にいつも優しく過保護なくらい大事に接します。

幸せな二人の現在から話が始まっていったので、渓舟の美貌と才能を目当てにした人達に邪魔されながらも切り抜けていく二人の物語かと思いきや・・・。

司の過去があまりにも酷く衝撃でした。
こんな展開を描く樹生さんってすごい。

司の過去だけを思うとあまりに酷く痛い内容なのですが、
渓舟に大事にされている現在の司を知っているからか読むことができました。
今の二人が幸せであることが何よりの救いです。

そして深刻な話だけど、プチトマトのくだりとイラストは可愛くて微笑んでしまいます。

1

余韻

この作品を読んだのは約二ヶ月前です、執着系としてどなたかが紹介されていたので、興味が湧きました。が、期待していたのと違うなと、読み終えた感想は微妙の一言に尽きました。
主人公は相楽司。身体が弱く、家族もいない彼は若き洋画家の佐伯桂舟に愛されて暮らしています。冒頭のサナトリウムでのシーンからトリックが仕掛けられているのです、催眠療法による記憶操作、本当の司はひ弱な青年ではなく、桂舟も全く違う顔を持った男だった。
何といいましょうか、消化不良気味に思ったのですよね。司を助けようと登場したホストの和弥もボコられてフェイドアウトなのが可哀想だったし、その後が都合よく治まり過ぎなような、釈然としない読後感だったのです。濃い展開の割にはセックス描写に欠けるのも、助平な私には不満でした。
そーれーなーのーにー、忘れられないのですよ。作品全体に漂う奇妙な雰囲気が日増しに色濃く迫ってくるのです。
私、霧笛丸(新人)は定期的に本を処分していて、この作品も一度はドナドナ箱に入れたのですが棚に戻しました。
奈良千春先生の表紙といい、後からじんわりと余韻を引く、不思議な魅力がある作品です。

2

どんでん返し

すごくおもしろかったです(*^^*)
最初はふつうのカップルの話やんって思って読んでたんですけど、そこからのどんでん返しにびっくりしました。

まさかこんな重い過去が隠されていたなんてなぁ…

昔の渓舟ばかやろうですね。司のこと好きなくせに素直にならないからこんなことになるんだよ!って憤りぱなし(`ε´)

まぁ後悔した分、司にずっと尽くしていた訳ですけど若い頃の行動でも許されることと許されないことがあるんだよなぁ、と真面目に考えてしまいました。

渓舟は司に許されたのでよかったですね。一見弱そうに見える司の強さが見えました。

2

予想外の展開

最初はすっかり出来上がっていて、お互いの信頼もあってと風に見えるカップルの渓舟〔攻〕と司〔受〕
この2人の恋人ライフに、色々女性が絡んできて邪魔したり当て馬が出てくるんだろうなーって感じで読んでたんですが、展開が進むにつれて……ええええええ!!!って今までの甘さが吹っ飛びました。
ともかく渓舟の司への過去の行いが酷過ぎる、酷いなんてもんじゃない。
悪友達と司を性的奴隷扱いで酷い事をやりまくり。
その結果、司は自分を強姦しようとした5人もの男を殺してしまった。

封じられていた過去を思い出す司。
けれどそれでも司は渓舟から離れないし、渓舟も司を離さない。
かなり痛い系な話です。

1

これわ・・

ちょっ・・えーーーΣ(゜ロ゜;)!!
な後半が怖いこの作品。
だけど、執着しちゃう攻が可愛いとか思っちゃうわたしってやっぱりちょっと病気なのではないかと思ってしまう。
思春期ってこんなもん?あれれ。

話の始まりは、何気ないゲイカップル。
仲もよく、お互いにはお互いしかいないという気持ちは揺るがない。
しかし、それは、忘れてしまった過去を受が思い出していない故のこと。
傷んだ心を癒すために忘れさせられた過去。
それが、ふとした再会から呼び起こされ~なお話。
ただ甘い話ばかりじゃない。
樹生さんでもこんなぬるい作品書くんだなと、一瞬でも思って申し訳ない。

隠された過去。
いまは相思相愛、ラブラブ。なんの問題もなくと思っていた二人
けれど、過去、受が攻に与えられた恐怖で支配する淫猥な好意の数々。
むりやりに押さえつけられ犯され続けた過去。
飛び火した相手との行為と、心が受け止められなかったトラウマと

ただ、そんな中でも、描かれた攻の気持ち。
どんなに執着した相手でもほかの仲間にも抱かせていたものを
この受だけは誰にも渡さず自分だけが支配し
自分の目のつくところに置いた。
自分のそばに置きたがる執着。
家族の前でも問答無用に犯し、家族をも黙らせてとか。
心に傷を負い、どーしようもなくなった受のために
更生して~のくだりには思わずキュンときた。
これまでやってきたことは無くならないにせよ
今、現実なエンドはすごくホッコリしました。
やんちゃな時代もあったとさ。そんなラストはすごくよかった。
まぁ、途中がグロいので苦手なかたは・・・苦手かも

1

どんでん返しに萌えられるかが鍵

前半はそれほど急展開はなく、この作者さんにしては普通すぎるかも?と思う展開が怪しくなるのは中盤。

途中催眠療法の話が出て来た辺りで、察しのいい人は話の行方が読めそうな展開に。
そして終盤信じていた攻めや自分の周りの人間の真実に気づく(思い出す)受け。
人間てこんなもんだよ、と思うか。
人間てそこまで変わるのか?と感心するか。
そんな酷い人間が幸せになったら駄目でしょ?と思うか。
受けを幸せと思うか、不幸と思うか。

これは読んだ人の受け止め方次第。
考え方ひとつ。
BLてファンタジーだから……というのが私の感想です。

普通の展開(カップル)でないという意味で「神」作品。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ