ノッチド・ラペルに浮気

ノッチド・ラペルに浮気
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832280311

あらすじ

洋服の販売員をしている奥田は、同じ店に勤める高岡と内緒でラブラブな仲。ところが、そんな2人の前に新人営業マンの藤井が現れて…!? 藤井に強引な愛の告白をされた奥田の心は揺れる。奥田の気持ちを疑う高岡と、執拗に迫る藤井、恋のトライアングルはどんな結末に…!?

表題作ノッチド・ラペルに浮気

高岡/藤井(同じブランドの販売員)
奥田(販売員)

同時収録作品せつない恋がしたい

久坂(同級生)、池上トオル(姉の同僚)
椎名まさき

同時収録作品隣の男

藤堂(3歳年下の隣に住む大学生)
斉藤

その他の収録作品

  • ピークド・ラペルの逆襲・1
  • ピークド・ラペルの逆襲・2

評価・レビューする

レビュー投稿数2

あっちにふらふら、こっちにふらふら

タイトル通り、浮気をテーマにしたお話です。
主人公があっちへふらふら、こっちへふらふらしているので、ネタとして浮気を許せる人むけかもしれません。
カップルは固定なので三角関係といってもドロドロしてなくてライトに楽しめます。

しかし、こういうお話の主人公はなぜいや、とかダメとかいいながら本気で抵抗していないように見えるのかしら?^^;
攻めの高岡も奥田が浮気してると知っていて、彼を罵りひどくする…というようなある意味BL的にはお約束なお話でした。
これはちょっと受けも攻めもどっちもな~・・・と思ってしまったために星3です。

短編集ですが、なぜか浮気を取り扱った内容のものが多いです。愛はきちんとありますが、浮気ものがダメな方にはオススメできないと思った一冊でした。

0

実は受けが逞しい

 『恋人はダブルのスーツ』の続編です。ライバルが現れて盛り上がって来ました!
 新人営業の藤井が高岡との関係を知って奥田に近づいてきます。この藤井がかなり強引です。奥田は自覚も警戒心もない誘い受けちゃんなので、高岡はいつも心配しているのですが、案の定駄目と言いながらも藤井にもキスを許し、あげくフェラまでされちゃって…。
 高岡みたいな強引で強気でちょっと怖い攻め相手に、気の弱そうな顔をした奥田が「キスはされちゃったけど」とか「ちょっとは感じちゃったけど」と困った顔はするものの悪びれている様子はなく、高岡には「ほっといたら浮気してやる」「怒ってもかまってくれ」と我儘で、執着攻めの高岡が完全に振り回されているのが楽しいです。
 藤井が2回とも止まってくれたから最後まではやらなかったけど、強引だったら「いやぁ」とか言いながらやってしまいそうな危うさが奥田にはあります。高岡はこれからも気が気ではないでしょうね^^;
 『スーツを脱いだ彼』に収録の「夜を待ってる」は藤井が主人公の続編です。

・『せつない恋がしたい』
 他に女がいるらしい年上の恋人と、自分に惚れているのがバレバレな同級生。会えない寂しさを紛らわそうと遊ぶつもりで寝たはずなのに…。
 同級生の久坂がカッコイイです!なんだろうワンコ攻めかな!?受けは表題作の奥田に似たタイプです。そういえばどちらもHのときに「いやぁ」っていいます。この台詞が出てくるとなんだか笑ってしまいます。ちと女々し過ぎると思います。

・『隣の男』
 引っ越し先のお隣の大学生の藤堂は、親切のツボを心得た男だった。その親切や笑顔に惚れた斉藤は…。
 ラストの種明かしが面白いです!斉藤自身も知らない己の姿。とんでもない好色ぶりを発揮していたらしいですよ( ´艸`)クフ

 笠間先生のお得意の執着攻め×魔性受け。受けが危ういので執着せざるを得ない関係。実は受けの方が逞しいってところが好きです。
 

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ