写真家との恋

写真家との恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
森本あき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
すがはら竜 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
レーベル
セシル文庫
発売日
ISBN
9784774721996

あらすじ

きれいな外見とは正反対に好戦的な卯月は、
世界的に有名な写真家の有川蓮と同棲して早5年。
だけど、恋人だ、なんて口が裂けてもいいたくない関係だ。
一年のうち十カ月近く海外を飛び回っている薄情な同居人。
でも心をふるわす写真を撮る。
どんな格好をしていてもカッコいいと思ってしまう自分が卯月は悔しくてしょうがない。
だから甘えたいのに、出てくるのは憎まれ口ばかりで!?
出版社より

表題作写真家との恋

海外を飛び回る世界的に有名な写真家・有川蓮
三十代向けのファション雑誌の編集者・渡辺卯月

その他の収録作品

  • 写真家への恋心

レビュー投稿数1

跳ねっ返りがふにゃんふにゃん

ベテラン作家様・森本あき先生の2008年作品。
私は初読みです。

本作は2部構成で、2人の出会いと本心を認めるまで5年もかかってしまった、という表題作と、その後もまだ続く一人相撲を描く「写真家への恋心」が収録されています。

「写真家との恋」
視点は一貫して主人公のファッション誌編集者・卯月。
冒頭は、校了明けで眠り込んでいた卯月が部屋の物音で目が覚める場面。泥棒かと足音を忍ばせて寝室を出ると、冷蔵庫を漁る人影が。
それは1年のほとんどを海外で飛び回り、連絡一つよこさない恋人の有川蓮で…
…そして卯月は蓮との出会いを回想する形で物語が展開します。

はじまりは5年前。卯月は元はミステリ誌編集志望なのでファッション誌の配属に納得できず、仕事に身が入っていない。
そんな時、世界的写真家・有川蓮との打ち合わせに同行させられたが、上の空を蓮に指摘され逆ギレ。それを蓮が面白がって卯月を担当に指名したのだった。
…という出会いからの恋人関係への移行なんだけど、初めてのアレコレなどは全く描写ナシ!
逆に自分は本当に蓮に愛されてる?分からなくていつも足掻いている子供っぽい自分…
意地っ張りで素直になれない自分を持て余してもがく。
…という卯月の内面描写は良かったと思うのですが。
いかんせん、エロシーンでの豹変が私の好みとズレてまして…


「写真家への恋心」
一度は素直になった卯月なんだけど…
この一編は卯月のモノローグで卯月の心の中のグルグルが延々と。
これ、卯月の中のハリネズミの側面と捨てられて鳴いている仔猫の側面、そのギャップ萌えが性癖の方ならズバッとハマると思う。
私は…そのギャップの描き方をエロの時にとっても可愛くなる、という手法で書かれた部分がどうも合わず。
とにかく、Hシーンになると卯月はふにゃんふにゃんになってしまう。喘ぎもオンナノコみたいで…

私は苦手でしたが、自萎他萌ですからそういうのが好きな方にはおすすめですよ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う