タンゴの男

tango no otoko

タンゴの男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
16
得点
69
評価数
24
平均
3.2 / 5
神率
29.2%
著者
崗田屋愉一(岡田屋鉄蔵) 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
崗田屋愉一(岡田屋鉄蔵) 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
宙出版
レーベル
メロメロコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784776794899

あらすじ

タンゴの男と呼ばれながら、本当の情熱を知らぬままに踊り続けてきたダンサー・アンジー。
ラテン人の母を持ちながら、祖父に引き取られ、今は日本人として暮らすヒロ。
アンジーは出逢いのひと目から沸き立つような欲望をヒロに感じる。男にはまるで興味のないヒロだったが、懐かしい故郷を感じさせるアンジーの包容力に、戸惑いながらも、いつしか心と体を開いてゆく・・・。
男が男を愛する時を情熱のタンゴに乗せて描いた、著者初めての作品集。描き下ろしも収録。
出版社より

表題作タンゴの男

タンゴダンサー アンジー (リバあり)
ラティーノと日本のハーフ ヒロ (リバあり)

その他の収録作品

  • それはタンゴ
  • 想いの届く日
  • ラ・ジュンバ
  • 孤独の歳月
  • Epilogo
  • Afterword

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

孤独と孤独

こちらでだけは消化不良だと思われるので、ぜひ「タンゴの男 the final」を…と思いましたが、そういえば「タンゴの男」は絶版になっているんでしたね。
finalは無印+αなので、finalだけで問題ありません。こちらだけでは踊るヒロ(表紙右)が見られないので、finalを出していただけたことに感謝。

今は一般紙で活躍されている作家さんです。商業漫画でデビューされた経緯も、finalの方に描かれています。この作品をBLジャンルで出版したのがすごい。正直BLかどうかは作家さん次第だと思うのですが、どうやら岡田屋先生もBLとはなんぞや…という状態で描かれていたようです。

0

でかい男とタンゴ

タンゴ タンゴ タンゴ  by 黒猫のタンゴ
たんご3兄弟もあったなあ。(団子や!!)
岡田屋鉄蔵先生です。
先生 タンゴ好きだったんですね。
もしかして おやりになっているのでしょうか??
くわしく描いてらっしゃるので 取材しに行ったのではないですか?
それっくらい 踊ってました。
私は タンゴなんかぜんぜん知らないので未知の世界でした。
ガチムチの男が踊ると 筋肉邪魔になりませんか??
それが気になったのですよ。
変なこだわりですみません。

0

好き

贅沢を言えば、ガッツリ、やられている坊主が見たかった。
もこデス(●'∀'●)ノ
読みたい!と手に入れてたのは大分前だったのですが、今頃になってようやく読ませていただきましたよ!
匂い立つフェロモン!なんなのこのおじさんww
愛を知らない男が40過ぎてようやく本当の愛を~なお話
恋に落ちるのは一瞬。それは誰にでも起こりえる瞬間。
ノンケだったはずの男が落ちていく様もオイシイ一作でありました。
女が好きで、まさか胸毛も筋肉も髭も~なオッサンにときめくはずが・・・
よもや性的興奮するはずが・・・そう思いながらも理性に抗えない
そんな描写もウマでした。

なによりも、この作品の好きなのは、
このオジサンの可愛さ!!
この色気はどこからくるのっ!
大人の男の色気というか、妖艶さというか、エロイ目、誘う顔。
それもそうなのですが、時々見せるまだ青年・・や、少年みたいな
カワイイ表情、仕草に思わずときめいてしまいました。
加えて、野獣だし( ´艸`)ムププ
わりとコアな作品かな~とは思うのですが、アダルトなお話が読みたい時には
良い作品かなと思うのでした。

3

ガチムチの無謀な適用

話の筋自体はいわゆるトラウマものだと思うんですが、まぁそんなに難しいというわけではないしシックでおしゃれだと思うのですが、割合なんでも読む自分が絵が一部一部受け付けない、というのかなんというのか。
特に女性陣。おっぱいだけやたらと肉感的で残りの部分がどうにも男に見えてしまう、というのが一番受け付けない・・・。
さらにこの女性陣の中でしょっちゅうアンジーといちゃついているベネの存在が自分には理解しがたかったのです。たぶん単なるパートナーなんだけど、アンジーがゲイだったらこういうタンゴで女性と踊ること自体うっとうしくなんないのかなぁとか思っちゃうわけですよ、まず?
しかもこの人がひどくゴツい(背中とか、男認定しかできない!)ので、この二人がホモのよーに見えてしまうのです。足までムキムキガチムチの女性はいやぁorz

とはいえすごくリアリティのある重い筋肉とチンポが躍動するエロシーンは確かにそそるので、エロ目のレーベルで男だけしかいないシブエロい世界を書くのならいいのかもしれない、麗人とか。

あ、サイトではこのウザったい長髪をボウズにされちゃったアンジーとか、老後の二人とか見ることできますね。どっちもセクシーでほんといいです。そう、男はいいんですよ男は!・・・一人の悪印象だけで2つも評価下げることになるとは

4

情熱と孤独の解放

表紙だけでこのインパクト。強烈です。
一体どんなガチムチ系かと構えたのですが、
読後は何だか魔法にかかったような気がしました。
情熱的な想いと繊細な心の機微の描き方が見事で、
ごつい2人がこの上なく愛おしく感じられてしまうのです。

セクシーでミステリアスなダンサーのアンジーが
孤独を抱えたヒロに見惚れ、慈愛と情熱をもって
口説いていく過程がひたすら優しく甘く染み入ります。
見事な筋肉を持つ黒髪髭面のアンジーを
妹分のベネは「ママみたいな存在」と言うのですが、
読んでいる内に本当にそう思えてしまうこの不思議。
彼の包容力と茶目っ気には男女問わず惹かれるのでしょう。

そんなアンジーよりさらに背が高く坊主頭のヒロが、
自分のつらかった過去を打ち明け涙して以降
どんどんと可愛くなっていくんですよ。
も、ガタイはいいし目付きもきついのに、照れたり
戸惑う姿はいじらしくてキュートなんだな。

躍動感あるダンスシーンはもっと見ていたい位格好良く、
肉感的なエッチシーンは心体共に溶け合う瞬間を
見事に表現しています。
アンジーの想いがヒロの心に触れ、やがて体でも感じる様になり
満ち足りるってこういう事なんだと感じ入ります。

冒頭登場するアンジーの理解者トニーノや靴職人のペペなど、
シニア世代のおやっさん達もとても魅力的。
続編の企画が流れてしまったとの事でとても残念です。
アンジーとヒロのダンスが見たかった。
きっと、とてもセクシーなタンゴを踊ってくれる事でしょう。

4

匂い立つSEXY~~~~!!!!

国語辞書には
セクシー(SEXY)
性的魅力のあるさま。性的なものを感じさせるさま

英和辞書には
1性的魅力(刺激)のある 色気のある,セクシーな
2性欲のある,セックス好きな  

もう、アンジーの存在自体がフェロモンでできてるのか!? 立っているだけで魅力あり、色気がある。そしてタンゴを踊る様は・・・・ これぞSEXY~~~~~!!!
なんだろな~~~、白黒の画から、色が出てくる感じ!そんな画力を出してくださっている岡田屋鉄蔵先生スゴイ!! 岡田屋先生初TRYなんですが、ガッツリやられましたvv
アンジーの匂い立つフェロモンンが!!う~~~ん ピンクのフェロモン???いや、そんな子供ではない!!どちらかというとパープル、時にシルクブラック、しなやかなベルベット素材のワインレッドも垣間見える大人の男の色ですvvvvv ここのところ、BL読み慣れすぎて、コレだ!!という本に出会ってなかったのですが、アンジーの毒牙に私がハマッタ!!! 人だからこそおきる、心の衝動に欲、そして性。 画がエロいんです。濃いんです!! でも、読めばピュアストーリーだと思います!今まで一度も心満たされるほど人を好きになったことの無いアンジーと、男を好きになったことの無いノーマルなヒロvv 心に素直になった二人の男の汚れの無いお話です。
 なによりも、アンジーが踊る様は必見!!!あの躍動感ある描写vv もう、ほんと目の前で生で見たいvvv そりゃ、あの姿見れば、相手が男だとか、ホモだとか自分はノーマルだとかそんなのどうでもよくなる!っていうか、考えたくても考えられなくなるってvvv  カッコイイーーーwwwwwwwww  画的にガチムチ系になるんでしょうが、ガチムチって筋肉強調させるのに、すこしふくよかに肉盛ってて、毛があって、どっちかっていうと、肉と肉とのぶつかり合い!みたいなリアルさがでるんですが、本作品のガチムチは太い筋肉に胸毛もあります。でも、全面にでるのは、
    やぱっりSEXYwwwwwwwww  この一言!!! に限ります。
もう、タンゴ習いたくなっちゃったvvv アンジーみたいなのいるかな!?
久々にテンション上げてくれた作品でした。
ちなみに、岡田屋鉄蔵先生のHPに Man Of tango のアンジーとヒロの老後番外編「SENIOR敬老DAY」(手書き)8ページと3ページ程のお礼コミックがWebコミックが読めますよ。コレも必見です!!

5

魂の解放に感動した作品

ワタクシが初めて肉体系にのめり込んだ初めてになった作品。
これで目覚めさせられましたデス!
肉体のぶつかり合いのエロティックさ。
それがタンゴという肉体を使った会話とも言える心も体も解放する踊りを通して、男を結び付ける。
濃い、熱い、ただそれだけなのに、色気がムンムンしているのです。
唯一女性キャラのベネの肉体でさえ、マッチョですw
そして坊主萌えという引き出しを開けてくれたのもこの作品。
柔道をやっていたというヒロのごっついはずの肉体も顔も、なぜだか可愛くて、、
ダンサーのアンジーは魔術師だと思いました。
ヒロという名前自体が”ステップ”という意味を持つ、そんな関連性も奥深いのです。
愛だの恋だの、そんな小難しいことは一切なく、互いの感性が惹かれあえば、それで成立する関係。
本能の命ずるまま感じればいい、それを伝えてくれたようです。

この本、実は続きがあったようですが、雑誌が無くなってしまった為にとん挫しております。
作者HPにて、その後の彼等、しぶ~いおっさん(爺?)になったラブラブな彼等を拝見することができますよ♪♪
ベネの子供たちが、ヒロとアンジーをパパと呼んでいた!
この3人の愛情&友情は続いたのですねv

3

ジャケ買い

絵が好みのタイプで思わずジャケ買い。
ガチムチ髭好きなので表紙に一目惚れ。
中身も絵が綺麗ですごく良かったのですが、
漫画というより動きのあるイラストとでも言ったほうがいいのかな?
外国の映画のシーンを見ている感覚に近いというか…。

Hは絵自体に色気はあるんですが、行為自体は格闘技の様w
綺麗な筋肉のレスラーが優雅に取っ組み合っている感じでした。

1

いろいろと濃いです

いろいろと濃い!
話の中心に据えられているタンゴからして濃い(そう感じるのは私だけ?)のに、メインの二人もまさにガチムチ&胸毛にヒゲ。苦手な方には、かなりきついですよね、ビジュアル的に。
それさえOKなら、なかなかシリアスでいいのではないでしょうか。

どっちもガタイがいいし、筋肉に胸毛。肉弾戦ですよ。でもすまた。
アンジーって、どっちでもいけるみたいですね。ヒロと初めて(と言っても、ヒロは寝てましたが)のときは、ネコだったようですが「次は俺の番」とか言ってましたよね。ってことは、攻めもいけるんですよね。
リバかぁ~。このふたりならいけます。

メインの二人とベネのキャラがいいんですが、脇のおじいちゃんたちがこれまたいい味出してるんです。
プロローグで、若き日のアンジーの情熱のなさを心配するノニーノ。いつかはいい恋人が出来ることを、心から願っているんです。
また、ダンスシューズを作っているぺぺ。彼には忘れられない恋人がいます。奔放な女性だったらしく、ぺぺが愛しているにもかかわらず、遊んで遊んで。挙げ句死んでいるのをぺぺが見つけて。でも、その彼女を未だに愛し続けていて。この恋がめっちゃ切なかったです。

絵柄はどう見ても万人受けはしなさそうです。でも、ガチムチとか胸毛とか許容範囲でしたら、読んでみても損はないかなと思います。ぜひ! とオススメするのは、ちょっと……です、絵的に。そこだけです。

4

求め、満たし、癒し、救う、それがタンゴ

萌萌。(MAX:萌萌萌:めちゃオススメ)
情熱を知らないダンサー・アンジー(髭&胸毛)と、ラテンの血を半分ひきながら日本人として暮らすヒロ(坊主)。

アンジーもヒロも筋肉ムキムキでまさしくガチでゲイ向きのマンガですが、決してそれだけでは終わらない話でした。
なんだろう…空気がとても優しい。
そしてタンゴという題材と異国情緒溢れる登場人物たちのおかげで、渋い外国映画を観ているような感覚です。

沢山の男に愛を与えてきながら与えるばかりで情熱を知らないアンジーは、タンゴの男と呼ばれながらも本当の自分のダンスを踊れない。
一途に相手を愛しても、そこには心から相手を求める熱がないからいつも長続きしない、そんな少し寂しい男。
そしてラテンの母と日本人の父を持つヒロ。
ハーフでありながら国粋主義の祖父と母を憎む祖母に育てられた彼もまた孤独な男です。
アンジーはヒロの目を「移民の目」と呼び、タンゴの魂を持つ男だと強く惹かれていきます。

タンゴは移民のダンス、強い郷愁と孤独が作り上げた渇望のパソ。
そんなタンゴをベースに描かれた二人の恋愛は、ドラマティックというよりはシンプルで、どちらかというと地味な温かさを感じました。
アンジーの情熱がノンケのヒロをひっぱり、優しい包容力でヒロの心を解放させる。そしてアンジーもまた満たされる。
心と体、その両方を与え合い感じ合う二人の様子は、ゲイの恋愛というよりも、独りでは生きられない人間の本質を垣間見たような気にさせられました。

冒頭で出てくる言葉に「求め、満たし、癒し、救う、それがタンゴ」とありますが、まさにその通りの話。
すべてに関して押し付けがましくなく、かえって話に奥行きを与えているのかも。

そしてそして、特に脇役が良かった!
マスター、靴職人、ヒロの上司(ちょっぴししかでてないけど)…オヤジに目がいって目がいって大変でした。
かっこいいオヤジ、渋いオヤジ…(涎)
この著者のシニアラブが読みたくてたまりません。
人生を背負った人物が描ける、そんな力量のある著者さんにしかシニアラブは描けねぇ!!(前のめり)と思い込んでいるのですが、そういう意味でもビジュアル的にも文句なしの作家さんと見込みました。
本気で描いてくんないかな…燻し銀のシニアラブは需要あると思います!ねっ?(誰に…)

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ