タイトロープ

tightrope

タイトロープ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神78
  • 萌×257
  • 萌54
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
41
得点
784
評価数
195
平均
4.1 / 5
神率
40%
著者
夏目イサク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥552(税抜)  
ISBN
9784403662324

あらすじ

直樹と龍之介は幼なじみ。龍之介が極道一家の跡取りだったり直樹に惚れていたりしつつもそれが当たり前の毎日を過ごしていた。だが高校卒業間際、龍之介が突然組を継がないと言い出し周囲は大騒ぎ。その理由というのが……? 大人気リーマンシリーズ番外篇「どうしようもないけれどリターンズ」も収録した、幼なじみ仁侠ラブ
出版社より

表題作タイトロープ

大原組の五代目、跡取り・大原龍之介(ヤクザ)
幼馴染・里谷直樹(定食屋の息子)

同時収録作品どうしようもないけれどリターンズ

黒川 彰浩(32)会社員・営業
島野 隼(26)社長ご子息・人事部

その他の収録作品

  • その後の龍之介妄想日記
  • カバー下四コマ漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数41

夏目さんはキメ台詞が神!

羊の知る限り夏目さん初のヤクザ設定ですが、そこは夏目さん。
「ダッシュ」とか「ノーカラー」とおんなじように、青春ラブコメとして素晴らしい出来です。


直樹君、受けですが、めっちゃ男前です。龍より喧嘩は強いし、動じないし、
離れられない自分たちに気づいて取る解決策は、「一蓮托生の杯」!
相当極道に向いていると思われます(笑)。

「俺はお前が何もんでも一緒におるぞ」と言い切る潔さ。
なかなか気持ちのいい受け君であります。

龍の方は、男っぽく、馬鹿がつくほどまっすぐで単純に、自分の気持ちは隠さないタイプ。夏目さんの攻めキャラってそういう魅力のある男が多いなぁ。
大きくてまっすぐ。
受け君はそういう攻め君を「コイツなんでこんなに粗雑で単純なんだよ」と思いつつ、最後の最後で、なんか人間の大きさでかなわない・・・ときゅんとしちゃう。みたいなね。

後半に入ってる、甘甘な合体話もよかったし、脇キャラでは直樹の叔父で大原組の若頭やってる橘が、けっこうまた単純キャラっぽくて、羊は好きでした。
オールバックにヤクザスーツが似合ってるし(笑)

おまけの「どうしようもないけれど」の後日談、島野のお父さん(つまりシマノ社長)に関係がばれちゃってどうしようの巻!も大好きです。
酔っぱらった島野が、(お父さんいるのに)黒川によじよじ匍匐前進して膝枕で寝ちゃうシーンとか。

なんというか、黒川みたいな男を選んだんだから、なにがあっても大丈夫!ってことで。

夏目さんはほんとに外れがないです。大好き。

3

ありがとう、関西弁!

生まれも育ちもどっぷり大阪なもので、
これはリアリティがより強くて、より萌えました…
ごちそうさまです!(笑)

お話はヤクザさんの跡取息子・龍之介とその幼馴染・直樹のお話です。

BL初心者なもので、ヤクザさんものは初めて読んだので、
重いとか軽いとかはわからないのですが、
テンポとか2人の距離とかが非常に心地よく、読みやすかったです。
主役以外の登場人物の温かさも魅力です。

龍之介の「直樹ー!好き好きーー!」が可愛い…
しかもそれが周知の事実っていう微笑ましさ…
母性くすぐられます…

個人的にはイサクさんの作品は一往に攻ラブなので、
今回の極道なのにワンコな龍之介がたまりませんでした…

もちろん受の直樹の美形さもイイ!です。
書き下ろしの妄想日記の時のスウィート直樹ったら!!!
やめてー!そんな顔で「寝られへん…」とか言わんといてーー!
と、萌えを通り越して悶えてしまいました。

「どうしようもないけれど」のその後も入っています。
いや、もうあなたたち夫婦ですやん!…と温かい目で見てしまいました!

3

一番好き

イサクさんは作家買いするくらいに大好きですが、その中でもタイトロープが一番好き
幼馴染みってだけで最高なのに、龍→→→直に見えて実は直も龍を心底大切に思ってるってのが幼馴染み設定をより深くしてると思います。
そしてそして自然に直樹をかっこいいと思えちゃう龍がすごくツボ
受けだってかっこよくあっていいじゃないって訳で…
むしろ龍がかわいくて直樹がかっこいい
攻め受けどちらも魅力ある作品だと思います

2

作家買いを検討中

今回初めてずっと気になっていた夏目イサクさんの本を手にとりました。

この方は萌えをわかってらっしゃる

今回は
『幼馴染みのヤクザの跡取り息子×クール系若干ツンデレ』
ヤクザモノは好きではないのですが、重い話でもなく、すんなり読めます。
少しギャグテイストなコミカルなお話ですが、シリアスシーンも重すぎない緊張感がドキドキさせられます!

ヤクザの跡取り息子の龍之介と近所に住む直樹は幼馴染みです。ゲイとかなんとかは置いておいて、昔から龍之介は直樹のことが大好きでアタック。直樹は気持ち悪がるでもなく流し、それでも二人は親友で今までやってきています。「直樹!好きや!」「ごめん」「直樹ぃ~~~」といった感じ。
今まで流してはいましたが、跡継ぎのことを真剣に考えることになり、二人の関係性も今まで通りとはいかなくなります。(一応ヤクザなので家との付き合いとか、結婚、跡取り息子のこととかそういう葛藤)このことがきっかけで二人の関係が進展するお話です。

よかったところはまず絵柄。
スッキリした線で、登場人物は皆綺麗な顔をしていますが、受けが女の子すぎることはない。また、私はガタイが良すぎる少しガチムチした絵柄(ユキムラさんとか(名指しすみません!)) も苦手なのですが、しっかり「男」を感じさせる骨格でありながら、攻めと受けに若干の体格差があって萌えます。万人受けする絵柄だと思います。
照れてる時の顔が個人的に最重要なのですが、エッチシーンでも少し恥ずかしそうにしてる受けの顔がたまらんくらいかわいいです(^o^)

私は「えっどこで好きだと自覚したの(笑)」っていう短絡的なお話より恋愛感にリアリティーを求めるタイプなので、重めなお話が好みです。この話はそんなに重くないどちらかといえばライトですが内容ペラッペラヤッてるだけではないです。お互いのことを思いやっているところに感情移入できてとてもよかったです。

エッチシーンに関してはネタバレですが二人はそういうことがお互い初めてですので、物語の終盤、二人が結ばれてから少しあります。ねっとりエロッエロ系ではありません。キュンッとなるような気恥ずかしい!萌える!ああん萌え!!!となるエッチシーンでした(笑)二人が言葉責めとかは全然ないです。二人が幸せに結ばれているのがやっぱり見ていてキュンとします(*´∇`*)

今読むものがない!でもBLが読みたい!という方には軽く手にとって萌えられるお話だと思いますので是非読んでみてください。気軽に「萌えええええええええ」な気分を味わえます♪

2

萌えすぎてニヤニヤ。頬が強張る。

↑この症状がでます。

攻めがヤクザ、主要登場人物は関西弁…と私の趣味ではない筈が…
イサクさんの描かれる男前ワンコ系攻めにハートを打ち抜かれました///
攻めだけでなく受けの子も性格が男前。
受けの属性はツンデレってことになるのかな?
でも攻めに不条理な仕打ちをするとかはなくツン成分は少なめ。
幼馴染とあって最初から仲が良く、読んでいて
「相思相愛だろ!!早く自覚しろ~!」
とヤキモキさせてくれます。
くっついた後は甘々。
Hシーンは少なめですが表情や台詞に攻めの子と一緒になって萌えました・・・(笑)

表題作の他にも別作品『どうしようもないけれど』の短編が入ってます。
読んでいないひとにも分かる内容でちゃんと萌えもありますが
もう出来上がってるカップルなので
そこに至るまでの過程を知ってから読むとなお楽しめる内容です。

2

でかわんこ×ご主人様な関係

「タイトロープ」
やくざの跡取り息子、龍之介。その幼なじみ、直樹。
龍之介は、ちっちゃな頃から直樹のことが好き好き大好き!
キスくらいなら、「まーしゃーないか。」で許してる直樹。
ちょっとつれない直樹だが、少しずつ…

好き好き、押せ押せの攻めに、無自覚な受けが少しずつ思いを自覚する…
って、設定が大好物です。
デカわんこな龍之介、直樹にすげなくされても、一途にもんもんとしてるところが、たまらん。龍之介にしっぽが見える。クールなご主人様、直樹に「待て」お預け状態な龍之介が可愛いです。さんざんお預けくらっても、あきらめないでご主人様のために、エンヤコラ。その思いが報われて、ようやくエチー!よかったねー。ながかったねー。
そして、気持ちを自覚した(てか、覚悟を決めた?)時の直樹にきゅーーん。さらに、後日談(「その後の龍之介妄想日記」)での、スウィーーーートな直樹に、きゅきゅーーん。あんな可愛い直樹を目の前にしたら、いくら忠犬だって、暴走するのは仕方ない。

「どうしようもないけれどリターンズ」
「どうしようもないけれど」1,2のその後の話ですね。
親父にばれたー!(黒川にとっては、会社の社長だし)
ほんとだったら、けっこう大変な場面だと思うんですが、
なんだかんだと理解ある親父さんで。
島野がよっぱらって(ねぼけて)親父さんの前で黒川に甘える(膝枕)ところが可愛い!(黒川焦る。親父はショック)
というか、今回の島野は、全体的に素直で従順でしたw黒川は相変わらず、男前!ツンデレ島野も酔っぱらうと、素直で可愛くなるのは、「どうしようもないけれど1(フラワーフライデー②)」で既出w

1

や~もうっ、なにこの可愛さ!

ワンコ×ツンデレ!
これぞ黄金比!って感じの組み合わせで、しかもイサクさん。
ハズレのはずがないじゃないか!

それにしても、直樹の素敵さったら、どうしましょう!
美人さんで男前、しかもツンデレなんて、これ以上の美味しい受けがあろうか、いやなかろう(反語)。

なにより、直樹は龍之介の転がし方が上手い!
そんで龍之介も、転がされ方が可愛い(笑)

凄く楽しくて、素敵で、ドキドキ読んだお話でしたが、私の一番のお気に入りのシーンは、「おれの妄想甘かった」です(笑)
なんでそこっ?って自分でも思うけど!

そして……。
来ました来ました~~~!
「どうしようもないけれど」の後日談!!!
大好きなシリーズだったので、この数ページだけでももう神です!
黒川も島野も好きすぎるっ!
大好きだぁ~~~!
ほかに感想の言いようもないくらい、大好きだ!
本当に好きな作品って、レビューできないんですね!

1

最強の幼馴染(色んな意味で)

最近夏目イサク先生を集めだしてるんですがこの話が一番大好きでした*^^*

攻めの「ヘタレ・ワンコ・健気」属性に引っかかって買うのを後回しにしてたんですが素晴らしかったです!!いやぁ、美味しかった!!
前に別作家さんで同じ属性の話が立て続けにダメだったので敬遠してたんですが、夏目イサク先生の話ってそこまでガッツリヘタレって出てこないですww
この話は直(受)に対しては好き過ぎて強く攻めれないとか嫌われたくないとかそうゆう想いがあるからこそのヘタレなのでか~な~り、美味しく頂けました*^^*
直の前だとデレデレなのに対し、他の人に関しては強気な態度☆★コレも私が好きなツボでした^^^^
で、直の方はというと男前でケンカが強く龍(攻)の操縦の仕方も上手い!!ツンデレ具合までもが最高でした!!
今までイイ幼馴染話を探してても中々コレってのが見付からなったんですが、やっと見付けました!!!
幼馴染ってのはお互いが近くに居過ぎていて、居て当たり前な存在になっているから「恋愛感情で好き」って気持ちを自覚しにくい立場にいる分、引っ付くまでの過程が醍醐味なのに中々私好みの話に出会えなかったんですよ。
でもこの話はめっちゃ私好みでした☆★
龍が最初に自覚して直を押して押してほだしまくるんですが中々落ちないww
このビターな直がすごいカッコイイ!!
勢いで流されるタイプじゃなくて、ちゃんと龍を留まらせる事が出来る!!
そしていざ落ちた後も、今まで幼馴染として一緒に過ごしてきたから抱き合うってのが気恥ずかしくて理由を求めるんですがコレがホント可愛い*^^*なんだこのツンデレwwww
このあまりに可愛いスウィート態度な直に理性持ってかれてガッツリいった後の反応もこれまた可愛いwwwwこの話の番外編他にも出てくれないかと本気で思っちゃいますwwwwホント大好き*^^*

そうなんだ!こんな幼馴染本が欲しかったんだ!!ありがとう夏目イサク先生!!!

1

笑えてちょっと切なさありのBL決定版

好き要素が有りすぎて、大好きな一冊です!

夏目さん作品は何作か読んでみましたが、個人的にはこれがダントツいい。
最初から最後までテンポがいいし、勢いでぐいぐい引き込まれノンストップで読みきれます。始まって数ページめの直が龍をどついたあたりで私はおちましたvv
お互いの存在を必要とする決定打となる設定もちゃんとある為、ライトなだけで終わらないのがいいんです。しっかり切なくもさせてくれます。

強い男前美人の受けに、受けのことが大事過ぎて逆らえない攻めなんて、、なんとも美味し過ぎます!!
自分に勝てるまで許さないという直が可愛いし、泣かせるのが怖くて勝てない龍も可愛い。
直のことが好きだから直の言うことは守るとハッキリ口にする龍のまっすぐさが好きだし、自分の言うことが全てになってはイカンと龍のために離れようとする直も好きだ。
そういうお互いを想う故のすれ違いの書き方が巧みなのです。

周りのキャラもいいし、これは続編を見てみたいかも。そしたら、いっそのこと直の実家は弟君についでもらって、直は大原組に入るとか、でも直がヤクザな世界に入るのは龍は嫌がるだろうなぁーとか妄想が広がります。。

本当に楽しい作品です。

1

素敵な幼なじみ

夏目イサク先生の漫画は、最初はお互い気に入らないか片方が拒否っててケンカしてるイメージが強かったけどこれは最初から仲良し!幼なじみ!こういう感じも大好きだ〜!

ヤクザゆえの葛藤とか事件とかでドキドキしつつ、全然怖くない(笑)あとがきにあった通りほのぼのヤクザ。安心して萌えれました。お互いがお互いにとって一番いい形を考えて、そのためには離れなきゃいけない…けど一緒にいたい…ほんと、愛だね。

妄想日記の直くん激萌え!ゲーム負けにくるとか…うおお!今まで読んだ夏目先生のキャラの中で直くん一番萌えかも。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ