飴色パラドックス

夏目イサクの代表シリーズ!

飴色パラドックス(1)
著者
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
レビュー数
119
得点
4181
評価数
944
平均
4.5 / 5
神率
61.5%
神数
581

読めばきっと誰もが幸せになれる、そんな作品

雑誌Dear+2010年1月号より連載が開始され、2012年6月号にて一旦最終回を迎えるも、読者からの熱烈なリクエストにより雑誌Chéri+ 2014年ハル号にて復活。2018年現在も連載が続いている、夏目イサク先生の超人気作品です。

このシリーズ最大の魅力は、週刊誌記者の尾上(おのえ)とカメラ担当の蕪木(かぶらぎ)が、生い立ちも性格も仕事の仕方も何もかも異なるライバル関係でありながら、お互いに少しずつ惹かれ合う過程がとても丁寧に描かれているところです。それは2人がつき合い始めてからも変わらず、いろいろなエピソードを通してそれぞれが互いに欠けている部分を補い合うようにしながら、ますます大切な存在となっていく様子がときに微笑ましく、ときにせつなく描かれています。

また主役2人のみならず、周囲を固める脇キャラにも魅力的な人物が多数登場しますので、それぞれの視点で読むとまた違った景色が見えてきます。
楽しいばかりではなく割り切れない現実も描かれながら、最後には絶対に笑顔で本を閉じることができて、読めばきっと誰もが幸せになれる、そんな作品です。

飴色パラドックス 1巻 お互いに混乱しながらも惹かれ合う様子にニヤニヤが止まらない

週刊誌記者の尾上が、以前からライバル視していたカメラ担当の蕪木と同じ張り込み班へ急遽異動となるところからお話が始まります。
スクープを取るという仕事のためであれば手段は選ばず、張り込みが不慣れな自分を見下して来る蕪木に対し当初はライバル心をむき出しに反発する尾上。
しかし渋々ながらも2人で協力してスクープを追ううちに、実は蕪木が口で言うほど冷淡ではなく、他人のスキャンダルを暴くという仕事に対しても本当は割り切れていないことに気づき、急速に惹かれていきます。
一方蕪木も、そんな尾上の様子に気づき始め…。

1巻は尾上と蕪木が付き合い始めるまでの、馴れ初めのお話になります。
尾上視点、蕪木視点、それぞれでお互いに混乱しながらも惹かれ合う様子がじっくり描かれていて、読んでいるとニヤニヤが止まらなくなります。
途中までは尾上がテンパってひとりでぐるぐると勝手に振り回されているのですが、最後の最後に振り回されているのも、いろいろと変化させられているのも結局は蕪木――というこの2人の基本的な関係性がすでにこの1巻で確立している点も、たいへん楽しい読みどころです。

 飴色パラドックス 2巻 蕪木が尾上を手放せなくなるお話

紆余曲折ありつつも、ようやく付き合い始めた尾上と蕪木。それなりにラブラブな日々を過ごしているさなか、街で偶然蕪木の妹・理子(のりこ)に声を掛けられます。どうやら兄妹には何か確執めいたものがあるらしく、蕪木は早々にその場を逃げ出しますが、尾上はそのまま理子につかまってしまい…。
ちょっと天然で自分自身のことはあまりよくわかっていないけれど、他人の痛みや傷には敏感で、その奥にある真実がちゃんと見えている――そんな尾上最大の能力と魅力が、この2巻で爆発しています。

この巻には〝ラストエピソード〟として前篇が雑誌掲載されるやいなや、読者が阿鼻叫喚となったお話も収録されているのですが、それも含めて2巻全体をまとめるとしたら、「蕪木が尾上を手放せなくなるお話」でしょうか。
尾上の魅力に惹かれながらも、いや惹かれているからこそ、自分の存在に不安を覚える蕪木。そんな蕪木の真意が読めず、不安にさいなまれる尾上。お互いがお互いを思い合うが故に生じるすれ違いによって、2人の関係がさらに強いものとなっていく過程が、ここでもまた丁寧に描かれています。

飴色パラドックス 3巻 尾上に対する愛情ゲージがさらに上がり、もはやダダ漏れな蕪木

尾上と蕪木が付き合い始めてまもなく1年、張り込み班に中途採用の新人・笠井(かさい)が配属されます。以前他誌で記者をしていた笠井は、研修のため蕪木とコンビを組むことに。何故か初対面の尾上をライバル視している笠井は、尾上に対し「蕪木さん もらいますね」と宣戦布告をしてきます。忙しさからなかなか蕪木に会えず、次々とスクープを上げる2人の姿に尾上はどんどん追いつめられて行きますが…。
他人の裏側を探ることが仕事のメインであるがために、どうしても荒みがちとなる職場において、ひとり異質を放つ尾上。やたら絡んできたり騙してきたりするような相手でも、いざというときは全て忘れて行動できる――本人は気づかずとも周囲の救いとなっているその魅力が、ここでも遺憾なく発揮されています。

そして、尾上に対する愛情ゲージがさらに上がり、もはやダダ漏れとなっている蕪木が、逆境にいる尾上のためにどう動くかも、重要な読みどころかつ萌えどころとなっています。

またこの巻には、雑誌Dear+150号記念に掲載された名作「駅前居酒屋PM8:00」(飴色パラドックス×どうしようもないけれどコラボまんが)も収録されています。

飴色パラドックス 4巻 いちばん切なくていちばん泣けるお話

笠井の研修から開放され、久しぶりに2人でスクープを追うことになった尾上と蕪木。素直に喜ぶ尾上に対し、前巻の件以来尾上に好意を持ち始め、どうやら2人の仲を疑っているらしい笠井の様子に、気が気でない蕪木。笠井の尾上への好意がさらに増すことを防ぐため、蕪木はとっさに「おれとこいつ付き合ってるから」と交際宣言をしてしまいます。ところがその様子を、2人がスクープを追うターゲットである俳優・印南(いなみ)に聴かれていて…。

飴パラ史上、現時点でいちばん切なくていちばん泣けるお話です。
なかなか正体のわからない印南に関して意見を対立させながらも、根っこのところでは常にお互いを思いやって行動している2人。この巻でも「尾上によってどんどん変化している蕪木」と「基本的には尾上が主、蕪木が従」という2人の関係性が、しっかり描かれています。
印南篇は、誰の視点で読むかによっても感想が変わってきます。細かいところにも注目しながら、いろんな視点で繰り返しじっくり読みたくなる、そんな一冊となっています。

なお、この4巻からカバーデザインが一新され、それに伴って既刊の1~3巻も新しいデザインへ変更となりました。

作品一覧

  • 絞り込み
発売日

指定なし

  • 指定なし
  • 2ヶ月前
  • 先月
  • 先週
  • 今週
  • 今月
  • 来月
  • 2ヶ月以上
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
飴色パラドックス(1)

飴色パラドックス(1) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

シリーズ:生徒会長に忠告

発売日:

価格:¥571(税抜)

神数
221
レビュー数
41
得点
1582

蕪木元治(25),カメラマン

尾上 聡,写真週間誌の記者

飴色パラドックス(2)

飴色パラドックス(2) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

シリーズ:生徒会長に忠告

発売日:

価格:¥600(税抜)

神数
136
レビュー数
32
得点
1048

蕪木 元治 (カメラマン)

尾上 聡(写真週間誌の記者)

飴色パラドックス(3)

飴色パラドックス(3) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

シリーズ:飴色パラドックス

発売日:

価格:¥600(税抜)

神数
146
レビュー数
24
得点
1011

蕪木 元治(カメラマン)

尾上 聡(写真週間誌の記者)

飴色パラドックス(4)

飴色パラドックス(4) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

シリーズ:飴色パラドックス

発売日:

価格:¥630(税抜)

神数
104
レビュー数
15
得点
673

蕪木 元治(週刊誌カメラマン)

尾上 聡(写真週刊誌記者)

閉じる

Candy Color Paradise

Candy Color Paradise 同人 コミック

夏目イサク 

サークル:チェケラ!<サークル>

シリーズ:飴色パラドックス

発売日:

神数
7
レビュー数
2
得点
69

蕪木元治、カメラマン、20代

尾上、写真週間誌の記者、20代

閉じる

飴色パラドックス(2)
飴色パラドックス Cheri+2017年1月号ふろく
PAGE TOP
  • 基本情報
  • 作品一覧