飴色パラドックス(5)

ameiro paradox

糖稀色相悖论

飴色パラドックス(5)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神44
  • 萌×239
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
403
評価数
92
平均
4.4 / 5
神率
47.8%
著者
夏目イサク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
飴色パラドックス
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784403666995

あらすじ

あいつと出会って、変わりたいと思ったんだ。

蕪木の高校時代の同級生・三条の出現で
ケンカップル・蕪木×尾上の仲に亀裂が生じ!?

恋も仕事もけっこう順調!な尾上(おのえ)と蕪木(かぶらぎ)。
そんなある日、蕪木の高校時代の友人で
ホテルチェーンの御曹司だという三条(さんじょう)と街で偶然出会う。

再会を喜ぶ三条に対し、蕪木はどこか気まずそう。
そんな二人を見た尾上は、
ただの友人以上のものを感じてしまい……!?

大人気ケンカップル、嵐の予感の第5巻!

表題作飴色パラドックス(5)

蕪木元治,28歳,週刊誌カメラマン
尾上 聡,28歳,写真週刊誌記者

その他の収録作品

  • 駅前デート
  • 運動会裏話(描き下ろし)
  • 本体表紙・表、裏

レビュー投稿数14

らぶらぶケンカップル♡

蕪木妹、新人・笠井、俳優・印南の次は…蕪木の高校時代の友人・三条の登場。

三条が蕪木を勧誘するのがしつこかった。
蕪木がキレさせたけど。

三条が尾上にいらんことを吹き込んで、蕪木へ不信感持たせた後、尾上が蕪木に話をしに行った時の話し合いがよかった。
お互いのことをわかってきて、信頼ができているなと。
それでもまだ知らないことや、話した方がいいことがあるのは当然なわけで。

素直に疑ってごめんと謝る尾上。
ふっと笑って「許してやる」
「なんでも話すよ お前が興味あんなら」
この「なんでも話すよ」が好き!
心開いてるわぁ。
お前は特別、と言ってあげているようなもんやもんね。

蕪木がドライで人に必要以上に深入りしないけど、尾上はまた三条の立場を考えて、相談に乗ってあげた方がいいと助言して蕪木が動くんですよね。
蕪木は尾上の言うことだから、聞いたんだし。
(これ、蕪木妹、笠井の時も同じようなパターンだった。でも少しずつ仲は深まっているからその都度いい話になっていると思う)

蕪木にとって、蕪木妹も三条も目を背けたい過去だったのに、いてくれて良かった存在にしてくれたの尾上はすごいですね。
編集長が言う尾上の良いところですね。

蕪木が尾上に惚れて、変わったのもわかる。
「すげーこと言った」
と認める蕪木がいい。
それに気づいていない尾上もまたいい。

で、三条のことはめでたく解決し、
運動会でのみのむし競争の尾上がツボって声出して笑ったwww

帰りの車内の会話も相変わらずの2人らしくて萌え〜。
三条にヤキモチをやく尾上に、雅やんは嫉妬する気持ちがわかったかと蕪木。
そこでやっとわかる尾上。
結局らぶらぶで…たいへんよろしゅうございました。

1巻からずっと(夏目先生の作風?)障害や蕪木の過去についての話でも、深刻になる手前で進むので、そこまでしんどくならずに読めるのがありがたい。
安心して読めるのが好みです。

今後も連載は続くようで、続刊が出るのがとても楽しみです!

0

キャラがどんどん増える

また新キャラ〜
蕪木の同級・三条が新登場です!
けっこうグイグイくるウザい系の男ですね。
無自覚だけど、蕪木のこと好きなんじゃないのかな?

今回、ちょっとだけ蕪木の過去が明らかになりました

居場所がなかった高校生の蕪木に居場所を与えたのは三条で、そんな三条に尾上はちょっとやきもち焼いたりします。
いつも雅やんに抱いてる蕪木の気持ちが、ちょっとだけ分かった尾上でした。

番外編は、花恋とのコラボ。
うーん、みんな顔が似てるなぁ^^;

0

安定の面白さと安心な2人

『飴色パラドックス(4)』の続編です。
夏目先生はどの作品も絵が綺麗で読みやすいですし、ストーリーも面白いです。

週刊誌カメラ担当 蕪木 元治と同期の週刊誌記者 尾上 聡のお話。

5巻では、蕪木くんの過去が少し覗けるエピソードになっています。
今作では、冒頭から蕪木くんの友達 三条くん登場します。
ある日、仕事の帰りに2人で歩いていると、蕪木くんが「元治」と声を掛けられます。
声がした方を見てみると、そこにはイケメンの男性が…。

三条くんはホテルを経営するヴァレリオグループ会長の孫で、東京で新事業を任さられています。
その新事業に、蕪木くんを誘うためノリちゃん(蕪木妹)に連絡先を聞いたのでした。
蕪木くんから転職の話を断られても諦めない三条くん。
とうとう尾上くんも巻き込みます。
三条くんの登場で、思い出したくない過去がよみがえる蕪木くんと蕪木くんの過去で不安になる尾上くん。
何だか険悪になりそう…と思ったら、そこは心配ないのです!
だって、天然で誠実な尾上くんが、いつだって蕪木くんの傍にいるんですから。
お互いを本当に信頼しているからこそ、恋人であり、仕事のパートナーでもいられるのです。

後半は、三条くんの会社の内部分裂による情報漏洩が判明しますが、蕪木くんと三条くんの友情を絡ませて、綺麗にまとめられております。
回想シーンで、蕪木くんの実家や高校時代が少し判明するのですが、ご実家は芦屋のお金持ちのようです(汗)
蕪木くんがご両親と不仲なのは、ノリちゃんの登場(2巻)で知っていたのですが、いつか蕪木くんとご両親が和解するエピソードがあるといいなと思いました。
それと、こんないい子に育てた尾上くんのご家族も見てみたい(笑)

Hシーンは少ないですが、蕪木くんが尾上くんを愛おしく思っていることが伝わります。
尾上と出会えたことで、楽しいと思える毎日
1巻から巻を増すごとに、蕪木くんの心と表情が豊かになっていることが感じられました。
そこで思い出すのが、2巻で編集長がカオリさんに言った言葉です。
「尾上はすごいんだよ いつだって期待に応えてくれるんだから」
その意味がわかる気がします!

すっかり私のテンプレになっていますが…
今作は、尾上くんの親友 雅やんの出番は少しだけありました(笑)
他にも、ノリちゃん、後輩の笠井くん、木内さんも登場しますよ。

描き下ろし『駅前デート』
『飴色パラドッグス』×『花恋つらね』
源介くんと惣ちゃんがファーストフードにいるところ(1巻参照)に居合わせた蕪木くんと尾上くん。
まさかの『花恋つらね』とのコラボ!すごく嬉しかったです。
まだ、お付き合いする前なので、惣ちゃんが初々しい(笑)

描きおろし『運動会裏話』
本編最終エピソードの裏話になります。
出版業界の健保組合運動会に木内さんが息子くんと出場するので、何故か一緒に参加することになった蕪木くんと尾上くんと笠井くん。
当日は、蕪木くんをストーカーした三条くんも合流しました。
裏話では、運動神経抜群の笠井くんを褒める尾上くんに嫉妬した蕪木くんが…。

今作も安定の面白さです。
お互いになくてはならない存在になっていて、より強い絆が感じられました。
6巻では、2人のラブラブ♡イチャイチャが見たいかな~。
三条くんがまた登場しそうな予感や笠井くんがワンチャンを狙っている感じもあり、まだまだ目が離せません(笑)
続編も楽しみにしています。

1

蕪過去編?

5巻は、カブの親友だったという、ホテルチェーンの御曹司が登場。
カブを引き抜きにかかります。

今気付いたんですが、カブとか尾上とか、この代表作にも歌舞伎を思わせるネーミングが。花恋で思いっきり歌舞伎役者同士ですが、元々お好きなのかな?カブの親友も三条だし。

ちょっとひねたカブと、まっすぐな尾上のキャラは健在。三条は親友だと思っていたのに、カブの方は都合の良いつるみ相手だった、と言って相手を怒らせる。
けれど、調べてみると三条は社内の内紛で孤立していて苦境に立たされている。それを知った尾上が奮闘し、カブと三条の信頼関係にも発展する、というストーリー。

三条は、当て馬としてはあまり二人の仲をかき回さなかったな。でもあっという間に読めてしまった。前回まで尾上に横恋慕する人物が現れていましたが、今回はカブの同期登場。次の展開はどうなる?

0

新キャラ登場です

蕪木と尾上の仲良しカップルに蕪木の高校時代の親友が現れて…というライバル出現っぽい展開でした。今のところ親友だった三条くんには二人の関係はバレておりませんし、三条くんの蕪木にたいする気持ちも親友をとられたくない!と言うことだけみたいですがなーんかまだこれからも掻き回してくれそうな予感ですね。
すでに安定期にはいっている二人なので特別ここが!と言う盛り上がりもなく、新キャラの三条くんが尾上と髪型とか表情とかとても似ているのでややこしいのが残念ですが高校時代の蕪木を知ることができたり、宣戦布告された三条くんにまで優しさを見せる尾上が見れたのでこれはこれで一層二人のことが愛しくなりました。

0

この安定感が大好き!

飴パラ5巻。すごーく楽しみにしていました。
新しい刺激とか、新たなジャンルとか、そういう新鮮なものも常に求めているけど、こういう安定したカップルによる安定した萌えもとーっても大切。
安心感やホーム感っていうのかな。
飽きない長寿番組観ながらおこたでぬくぬく〜ってな気分になれる良質なシリーズものって、私にとって本当に貴重なのです。

今回は蕪木の高校時代の友人三条が登場し、二人の間をチョロチョロと掻き回し。
そのあたり、前回の笠井と同じような役回りで、人を取り替えただけとも言えるのですが、むしろパターン化された安心感があって、私としては嬉しい。
お約束の流れかーらーのー、
蕪木×尾上のあたふたっぷりと喧嘩っぷりとイチャイチャっぷりが見たいんですもん。
2年のインターバルがあるからかな。飽きない。

今回は三条を通して、尾上と雅やんの仲にモヤモヤしている蕪木の気持ちが、尾上にも少しはわかったのではないでしょうか。
そう考えるとノンケカップルって、男にも女にも嫉妬したり疑惑を持ったり、警戒対象が広すぎて大変だなぁ。

脇役も増えてきてますます賑やかな飴パラワールド。
次巻も楽しみにしています。

3

じゃれまくり

5巻となりました。
現れたのは蕪木の元?親友三条。
蕪木の親友とか胡散臭くて、最初から甘酸っぱさは感じられなかったのですが。
考えられる展開の殆どは、尾上が先回りして直接蕪木に聞くという暴挙のおかげか白けることもなく。
ふたりの日常をずっと見ているような感じがしました。
その合間に三条の窮地に気づいたり、蕪木の背中を押してみたり。
蕪木の今と昔とのギャップに不安になったりしながらも、すぐ浮上しては、こっそり落ち込んでたりする蕪木までやる気にさせる。
何だかんだ言いながらも、三条の登場で今を見つめ直すことができたのか。
いろんなところに散りばめられた何気ない言葉が、尾上だったり蕪木だったりの一所懸命に生きてきた足跡が感じられたりもして。
最終的には甘酸っぱさを感じてしまう読後感となりました。

3

ライバル?登場

今回は順調に付き合ってる2人の間に蕪木の高校時代の同級生が現れて、尾上が嫉妬しちゃってます。

なんの心配も要らない筈なのに、三条の思わせ振りな表情と蕪木の居心地悪そうな感じに、流石の尾上も不安になったようです。

誤解を解いてみれば何のことも無く、尾上の言葉もあり三条の仕事のピンチを2人が救う形になります。

そして三条が尾上と蕪木の親友のNO1の座をかけて、宣戦布告してくるという勘違いに笑いました。

尾上と雅やんの関係に今まで嫉妬していた蕪木が、「いい気味だな」と拗ねる尾上に言った時の表情が最高でした。

1

二人の信頼関係の強さと、尾上の存在の大きさ

飴色パラドックスは1巻を見たときから、ずっと大好きな作品の一つだったのですが、とうとう5巻目まで来ましたね。
冒頭の二人のイチャイチャタイムとか、思わずニヤニヤしちゃいました(笑)

そして、巻を追うごとに強固になっていく二人の信頼関係もさることながら、今巻一番の見どころは、蕪木にとって尾上がいかに大事な存在であるかが語られている所かなと思います。
あと、何だかんだすっかり馴染んでいる笠井くんも思わず応援したくなるキャラになってきましたし、久しぶりの雅やん登場も嬉しかったです。

また今回新キャラとして、蕪木の高校時代の友人だった三条くんが登場します。
どうも、蕪木の情報を妹のノリちゃんから聞き出して会いに来たようですが、嬉しそうな三条くんとは裏腹に、蕪木はどこか気まずそうにしていました。
というのも高校卒業以来、彼に全く連絡していなかったみたいで・・・・・。

まあそんな感じの再会だった事や、全然連絡しなかった事への気まずさも手伝ってか、転職をすすめたり、何度も会いにやって来たりする三条くんに、蕪木は終始素っ気ない態度をとっていました。
まあ、後に尾上からも不純過ぎると言われるような動機で友人関係になったこと・両親との不和が最高潮だった高校時代の、どうにもならなかった苦々しい気持ちを思い出したくなかったということもあったようですが。

そして、蕪木が一向に自分の誘いに乗ろうとしない事や、今の友達であろう同僚の尾上と楽しそうにしている姿に業を煮やした三条くんが、直接尾上に接触したことで、一時的に二人の間の雲行きが怪しくなりかけてしまいます。
そして、尾上にまで色々言ってきた事を知って、かなり苛立ったらしい蕪木がハッキリと三条くんを拒絶してしまい、とうとう彼とも話が拗れることに。

その後、三条くんが載っていた記事が差し止めになってしまうのですが、気になった尾上が少々調べたところ、他社から同じ企画が発表されていた事が分かります。どうやら、若い三条くんを良く思っていない人達が情報を流したせいで、仕事が上手くいっていなかったみたいです。

そして何度も会いに来ていた理由が、助けを求めていたからだった事に気づいた尾上が後押しをした事で、蕪木は手を貸す事を決めます。
その後三条くんに会いに行って、情報漏洩犯の事を教えた後、きちんと二人で話もして、今まで連絡しなかった事を謝る事が出来ました。
確かに最初こそ、お互いの利害の一致から友達になったようですが、最終的にはお互いにそれだけではなかった事も分かったので、ある意味これも一つの友情の形なのかなと思いました。

そして肝心の尾上と蕪木ですが、本当に二人とも話をするようになったなーと思いました。
雲行きが怪しくなりかけた時でさえ、蕪木は面倒くさがらずに尾上と向き合おうとし、本当は話したくなかったであろう昔のことを話したり、その後の会話の時も、尾上になら何だって話してもいいと伝えたりしてましたし。
尾上の方も最初こそ不安になってしまったようですが、彼なりに色々考えて、昔はともかく今は自分の方が蕪木の事を知っているはずなのに、疑って悪かったときちんと謝っていたので、変に拗れることも無かったですしね。
本当に恋人らしくなったなぁと感慨深かったです。

そして尾上の言葉で、昔も決して悪いだけではなかったことに気づかされた蕪木が、「昔の自分にいつか毎日楽しいと思える日が来ることを教えたい」と思っているシーンが、個人的には一番好きです。
尾上は基本的に素直で分かりやすく、物事をポジティブに捉えることが多いですが、それこそが蕪木を救っている事や、そんな風に思わせてくれる尾上の事が大切で、そばにいたいと思っているのが伝わってきたのが、本当に良かったなと思いました。

そして、この後にあった運動会の話も、三条くんが尾上に親友の座をかけたライバル宣言をしたり、蕪木が雅やんに嫉妬していたように、今度は尾上が三条くんに嫉妬していたりと中々楽しめました。
あと尾上のみのむしとか、残された人たちの会話も地味にツボりましたけど(笑)

まだこれからも連載は続くようですが、これからも二人仲良くやっていってほしいなと思いました。

4

癒される

相変わらずなんだかんだでラブラブなお二人さんです。まず本を開けた瞬間に蕪木のイラストにキャーー(⸝⸝⸝°°⸝⸝⸝)となります笑
さて、今回は蕪木のお友達三条が登場!そして、オレの店で働けやと言ってきます。でも、久しぶりにいきなりやって来てそんなことを言ってくるのには何か理由があるようで、、?
尾上はやはり今回もかわいい!そして、真っ直ぐ!最終的には色々丸くおさまったものの、最初の三条と蕪木の関係は微妙で、もしかしたら尾上が居なかったら2人の関係はあまり良くなってなかったかもしれませんね!
最後に花恋つらねとのコラボのお話も入っていますよ〜!萌え萌えでした(๑♡ᴗ♡๑)

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う