飴色パラドックス(5)

ameiro paradox

糖稀色相悖论

飴色パラドックス(5)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×220
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

202

レビュー数
9
得点
187
評価数
43
平均
4.3 / 5
神率
44.2%
著者
夏目イサク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
飴色パラドックス
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784403666995

あらすじ

あいつと出会って、変わりたいと思ったんだ。

蕪木の高校時代の同級生・三条の出現で
ケンカップル・蕪木×尾上の仲に亀裂が生じ!?

恋も仕事もけっこう順調!な尾上(おのえ)と蕪木(かぶらぎ)。
そんなある日、蕪木の高校時代の友人で
ホテルチェーンの御曹司だという三条(さんじょう)と街で偶然出会う。

再会を喜ぶ三条に対し、蕪木はどこか気まずそう。
そんな二人を見た尾上は、
ただの友人以上のものを感じてしまい……!?

大人気ケンカップル、嵐の予感の第5巻!

表題作飴色パラドックス(5)

蕪木 元治(週刊誌カメラマン)
尾上 聡(写真週刊誌記者)

その他の収録作品

  • 駅前デート
  • 運動会裏話(描き下ろし)
  • 本体表紙・表、裏

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

この安定感が大好き!

飴パラ5巻。すごーく楽しみにしていました。
新しい刺激とか、新たなジャンルとか、そういう新鮮なものも常に求めているけど、こういう安定したカップルによる安定した萌えもとーっても大切。
安心感やホーム感っていうのかな。
飽きない長寿番組観ながらおこたでぬくぬく〜ってな気分になれる良質なシリーズものって、私にとって本当に貴重なのです。

今回は蕪木の高校時代の友人三条が登場し、二人の間をチョロチョロと掻き回し。
そのあたり、前回の笠井と同じような役回りで、人を取り替えただけとも言えるのですが、むしろパターン化された安心感があって、私としては嬉しい。
お約束の流れかーらーのー、
蕪木×尾上のあたふたっぷりと喧嘩っぷりとイチャイチャっぷりが見たいんですもん。
2年のインターバルがあるからかな。飽きない。

今回は三条を通して、尾上と雅やんの仲にモヤモヤしている蕪木の気持ちが、尾上にも少しはわかったのではないでしょうか。
そう考えるとノンケカップルって、男にも女にも嫉妬したり疑惑を持ったり、警戒対象が広すぎて大変だなぁ。

脇役も増えてきてますます賑やかな飴パラワールド。
次巻も楽しみにしています。

0

じゃれまくり

5巻となりました。
現れたのは蕪木の元?親友三条。
蕪木の親友とか胡散臭くて、最初から甘酸っぱさは感じられなかったのですが。
考えられる展開の殆どは、尾上が先回りして直接蕪木に聞くという暴挙のおかげか白けることもなく。
ふたりの日常をずっと見ているような感じがしました。
その合間に三条の窮地に気づいたり、蕪木の背中を押してみたり。
蕪木の今と昔とのギャップに不安になったりしながらも、すぐ浮上しては、こっそり落ち込んでたりする蕪木までやる気にさせる。
何だかんだ言いながらも、三条の登場で今を見つめ直すことができたのか。
いろんなところに散りばめられた何気ない言葉が、尾上だったり蕪木だったりの一所懸命に生きてきた足跡が感じられたりもして。
最終的には甘酸っぱさを感じてしまう読後感となりました。

1

ライバル?登場

今回は順調に付き合ってる2人の間に蕪木の高校時代の同級生が現れて、尾上が嫉妬しちゃってます。

なんの心配も要らない筈なのに、三条の思わせ振りな表情と蕪木の居心地悪そうな感じに、流石の尾上も不安になったようです。

誤解を解いてみれば何のことも無く、尾上の言葉もあり三条の仕事のピンチを2人が救う形になります。

そして三条が尾上と蕪木の親友のNO1の座をかけて、宣戦布告してくるという勘違いに笑いました。

尾上と雅やんの関係に今まで嫉妬していた蕪木が、「いい気味だな」と拗ねる尾上に言った時の表情が最高でした。

0

二人の信頼関係の強さと、尾上の存在の大きさ

飴色パラドックスは1巻を見たときから、ずっと大好きな作品の一つだったのですが、とうとう5巻目まで来ましたね。
冒頭の二人のイチャイチャタイムとか、思わずニヤニヤしちゃいました(笑)

そして、巻を追うごとに強固になっていく二人の信頼関係もさることながら、今巻一番の見どころは、蕪木にとって尾上がいかに大事な存在であるかが語られている所かなと思います。
あと、何だかんだすっかり馴染んでいる笠井くんも思わず応援したくなるキャラになってきましたし、久しぶりの雅やん登場も嬉しかったです。

また今回新キャラとして、蕪木の高校時代の友人だった三条くんが登場します。
どうも、蕪木の情報を妹のノリちゃんから聞き出して会いに来たようですが、嬉しそうな三条くんとは裏腹に、蕪木はどこか気まずそうにしていました。
というのも高校卒業以来、彼に全く連絡していなかったみたいで・・・・・。

まあそんな感じの再会だった事や、全然連絡しなかった事への気まずさも手伝ってか、転職をすすめたり、何度も会いにやって来たりする三条くんに、蕪木は終始素っ気ない態度をとっていました。
まあ、後に尾上からも不純過ぎると言われるような動機で友人関係になったこと・両親との不和が最高潮だった高校時代の、どうにもならなかった苦々しい気持ちを思い出したくなかったということもあったようですが。

そして、蕪木が一向に自分の誘いに乗ろうとしない事や、今の友達であろう同僚の尾上と楽しそうにしている姿に業を煮やした三条くんが、直接尾上に接触したことで、一時的に二人の間の雲行きが怪しくなりかけてしまいます。
そして、尾上にまで色々言ってきた事を知って、かなり苛立ったらしい蕪木がハッキリと三条くんを拒絶してしまい、とうとう彼とも話が拗れることに。

その後、三条くんが載っていた記事が差し止めになってしまうのですが、気になった尾上が少々調べたところ、他社から同じ企画が発表されていた事が分かります。どうやら、若い三条くんを良く思っていない人達が情報を流したせいで、仕事が上手くいっていなかったみたいです。

そして何度も会いに来ていた理由が、助けを求めていたからだった事に気づいた尾上が後押しをした事で、蕪木は手を貸す事を決めます。
その後三条くんに会いに行って、情報漏洩犯の事を教えた後、きちんと二人で話もして、今まで連絡しなかった事を謝る事が出来ました。
確かに最初こそ、お互いの利害の一致から友達になったようですが、最終的にはお互いにそれだけではなかった事も分かったので、ある意味これも一つの友情の形なのかなと思いました。

そして肝心の尾上と蕪木ですが、本当に二人とも話をするようになったなーと思いました。
雲行きが怪しくなりかけた時でさえ、蕪木は面倒くさがらずに尾上と向き合おうとし、本当は話したくなかったであろう昔のことを話したり、その後の会話の時も、尾上になら何だって話してもいいと伝えたりしてましたし。
尾上の方も最初こそ不安になってしまったようですが、彼なりに色々考えて、昔はともかく今は自分の方が蕪木の事を知っているはずなのに、疑って悪かったときちんと謝っていたので、変に拗れることも無かったですしね。
本当に恋人らしくなったなぁと感慨深かったです。

そして尾上の言葉で、昔も決して悪いだけではなかったことに気づかされた蕪木が、「昔の自分にいつか毎日楽しいと思える日が来ることを教えたい」と思っているシーンが、個人的には一番好きです。
尾上は基本的に素直で分かりやすく、物事をポジティブに捉えることが多いですが、それこそが蕪木を救っている事や、そんな風に思わせてくれる尾上の事が大切で、そばにいたいと思っているのが伝わってきたのが、本当に良かったなと思いました。

そして、この後にあった運動会の話も、三条くんが尾上に親友の座をかけたライバル宣言をしたり、蕪木が雅やんに嫉妬していたように、今度は尾上が三条くんに嫉妬していたりと中々楽しめました。
あと尾上のみのむしとか、残された人たちの会話も地味にツボりましたけど(笑)

まだこれからも連載は続くようですが、これからも二人仲良くやっていってほしいなと思いました。

1

癒される

相変わらずなんだかんだでラブラブなお二人さんです。まず本を開けた瞬間に蕪木のイラストにキャーー(⸝⸝⸝°°⸝⸝⸝)となります笑
さて、今回は蕪木のお友達三条が登場!そして、オレの店で働けやと言ってきます。でも、久しぶりにいきなりやって来てそんなことを言ってくるのには何か理由があるようで、、?
尾上はやはり今回もかわいい!そして、真っ直ぐ!最終的には色々丸くおさまったものの、最初の三条と蕪木の関係は微妙で、もしかしたら尾上が居なかったら2人の関係はあまり良くなってなかったかもしれませんね!
最後に花恋つらねとのコラボのお話も入っていますよ〜!萌え萌えでした(๑♡ᴗ♡๑)

0

いつも心を軽くしてくれる。カブにとって尾上は成長させてくれる最愛の人。

もうね、物語はどう終結させるつもりなのかは分からないけれど。ドラマ「相棒」とか、古くは「男はつらいよ!」(寅さん)シリーズみたいに。いついつまでも続いていて欲しい。一話完結で事件が解決するみたいに、一巻完結で一つの事件を完結させて、色んな側面を見せて欲しい。

私は「受け」の方に当て馬が出て来て、「攻め」にはギリギリして貰うっ‼︎てのが大好物なんだけど‼︎(そりゃもぅ力一杯宣言する‼︎) なのに、なのに、この度、カブに当て馬チックに過去を知る男、三条の登場です。すわ、元カレか⁈ と、ヤキモキする尾上。尾上と出逢う以前のカブを知る男。友人らしい友人の居なかったカブの最も近くに居たという男。思春期に家族とうまくいってなかったカブの思い出したくもなかったその時期。丸ごと忘れたかった黒歴史にしてしまっていた記憶。
唐突に現れたかに見える三条がカブに近づいて来た目的とは⁈ という、掴みはミステリー。
結局週刊誌らしく事件を追う2人でしたが、その事自体がカブを、三条を救う事になって行く。
そんな心ニクイ展開となっています。
ここでもやっぱり。尾上のピュアさ、素直な心に救われるんですよね。
「昔の自分に教えてやりたい。あと何年かすれば、毎日楽しいと思える日が来るってことを。」
カブにとって。尾上は心を軽くしてくれるだけでは無くて。癒してくれて、さらに成長させてもくれる、ただ一人の大切な人になっている。ひねて、ニヒルとも言う。どこか鬱屈しているカブをサラリと前へと進ませてくれる。カブが「毎日楽しい。」って、思えている。そんな幸せな事って‼︎
胸アツです。
尾上もいつも通り素直で可愛いんですが、カブの男前度も上がっていて。はぁ。もぅ、絵柄が美しくて、セクシー‼︎ カブのダダ漏れの色気が美しくて、もはや遣る瀬無いです‼︎

飴もよもや関係なくなってるし、ケンカップルでも無い、甘い甘い2人ですが。ずっとずっと見守り続けたいです。長寿連載でお願いしたい。
そろそろ同棲するかと思ってたけど、まだみたいですね。
あと、ひっさびさのマサやん登場、癒されました。尾上の大親友、マサやんに カブにはずっと嫉妬していて欲しいです。描き下ろしにて、笠井に嫉妬して暴走するカブもいい!

表紙裏、2人のネズミーランドデート仕様の着せ替えもラブリーでした♡

2

マサやんの店で飲んで尾上の惚気を聞きたい…

ああ…尾上って最強なんじゃないですかね!
なんてこちらを読むと、そんな考えに至るんですよ。

もう5巻。蕪木と尾上の2人も、めちゃくちゃカップル感が強まっていますよね~
冒頭では、ゆったりイチャイチャのお休みになるはずの2人。自宅でまったりいちゃつく2人を見ると、もうヤバい位にニヤケてしまう自分がいるわけです。

今までの飴パラも、うっかり外で読んじゃいけないと自戒する位に楽しんでしまいます。(飴パラは電子購入なのです)

さて、新キャラ登場ですね~
蕪木の高校生の時の友人、三条。
話す言葉に、いちいち意味深な事を感じてモヤモヤする尾上が可愛くウザい。

今回は、尾上のやきもちと蕪木の誠意がメインテーマと思いました。
蕪木自身は、尾上に対しては裏表なく付き合っていますが、三条の事はあまり語りたくない過去。

まあ、三条自身も蕪木と会うことで自信を取り戻したい気持ちが強かったのですね。
蕪木と三条の友人関係は打算的と、蕪木が捉えて後ろめたい。

ですが、冒頭で記した通りに尾上が最強。
尾上は、多面的な考えが出来る人。蕪木が、閉鎖的で辛く思う高校生時代さえ、尾上が考えると、一気に蕪木の悩みが夜明けになってしまう程の爽快感があったわけです。

蕪木と尾上は、どんどん互いを知りながら惹かれあう。2人で過ごす場面の素晴らしさよ…!
蕪木がほんとに尾上にメロメロ。だけど、尾上も蕪木の事は誰にも渡したくないと独占欲が有ったり。

読めば読むほど蕪木と尾上が好きになります。次は6巻。
まだまだ2人のイチャイチャを見ることが出来るのが、素直に嬉しいです。

2人の後輩の笠井くんが、蕪木は恐いけどまたまた尾上にときめいたりしていて。笠井くんも不憫だけど、彼が登場すると嬉しくなります。

笠井くんも幸せになるといいなぁ。
マサやんも相変わらずで何よりでした!

1

カブの色んな表情に萌えます!!

冒頭のイチャイチャでノックアウトされました…!!!
尾上!なんて色っぽくて可愛い表情してるんだ!!!
といういきなりキュンキュンからスタートして最高でした。
扉絵のクリームパン…こんな可愛い小道具でしたっけ?笑

帯の『亀裂』という言葉にビクビクしながら読み進めましたが、安心安全のハッピーエンドです。
何よりカブが成長したなぁとしみじみ思いました。
今までなら『何でもない』と、説明するのをサボったり面倒臭がっていたであろうことを、きちんと話して向き合います。誤解が生まれそうな場面でちゃんと話し合うし、思っていることを話すので、読んでいる方もフラストレーションが溜まらず読後感がとても爽やかです。
尾上のまっすぐさと、カブのぶっきらぼうな優しさと、相互関係がとても素敵でした。
そしてカブが本当に色んな表情をするようになりましたよね!
ぷっと吹き出したり、戸惑ったりびっくりしたりちょっと照れたり…尾上といることで、色んな温かい感情が生まれてきたんだなぁと、まるで気分は息子を見守るお母さんです笑
好きなだけではない、お互いのとても深い信頼関係が分かって、非常に満足な5巻でした♪

それにしてもイサク先生、どんどん絵が美しくなっていってるような…?!
昔から全然絵柄は変わらないのに(10年も経てば変わる人は誰か分からないくらい変わったりしますが)、無駄のない綺麗な線で、前よりお上手になってるような気がします。(勿論以前の絵も好きです!)
14話と16話の扉絵の尾上の体格とか、骨格はしっかりしてきちんと男性の体つきなんですよね。割りと肩幅もあるし、何というかバランスの良さを感じます。
上手く言えないんですけど、『お?』というか、はっと惹き付けられるコマが多かった気がしました。

花恋とのコラボもあり、幸せいっぱいでした!
これからも行く末を見守りたいです。


4

二人の信頼関係は何があっても揺るがない。

『飴色パラドックス』も5巻目。

いけすかないライバルだった二人が恋人同士になり、今では甘々な蜜月を過ごしている。そんな二人に今回降りかかる騒動、それは、

蕪木の高校時代の友人・三条の登場。

です。

今日も今日とてイチャイチャしてる最中に仕事の呼び出しを喰らった二人。一仕事終え帰る途中で、蕪木は声をかけられる。

その声の主が、三条でー。

高校卒業後、地元の人間とは連絡を絶っていた蕪木。そんな蕪木の元へ訪れた三条の思惑とは…?

と、ややシリアスな雰囲気でスタートします。

三条という男性の登場で描かれているのは、蕪木が頑なに話そうとしない、彼の過去や実家との確執。蕪木は、自分がいらない、と判断したのもはあっさり切り捨てる傾向がある男性ですが、「地元に関わるもの」は、彼にとって切り捨てたものなんですね。

その、蕪木が「切り捨てたもの」から、尾上との出会い、そして尾上の存在の大きさを上手に描いています。

尾上という存在を得たことで、蕪木が変わっていったのだと。
尾上と出会ったことで、蕪木が本来持っていた優しさが再び芽吹いてきたのだと。

その描き方が非常にお上手です。

序盤、尾上も勘違いしますが、

三条くんて蕪木の元カレ?
と匂わせますが、そういった展開ではないので安心してください。

むしろ、

元カレ?

と蕪木は嫌がりますが、三条という男性のビジュアルがイケてるので、攻め×攻めっぽくて妄想が捗りました⭐︎

三条の登場により、やや殺伐とした空気も流れますが、そこに尾上の天然ぶりが炸裂しほのぼのな雰囲気にまとまるのでハラハラすることなく読破しました。

そして、何があっても、二人の間には障害になり得ないのだと。そんな深い結びつきも感じ取ることのできる作品でもありました。

終盤に雑誌「Dear+」の200号を記念して寄稿されて「花恋つらね」とのコラボ作品が収録されています。

「花恋つらね」の二人に会えたのも嬉しかったですが、最後の蕪木の行動に爆笑しました。

もう一話、描き下ろしが収録されていますが、こちらも爆笑必至。甘々で優しい描き下ろしを、ぜひ堪能してください。

個人的には三条さんと笠井くんがくっつくと良いなぁ、なんて思いました。どっちが攻めで、どっちが受けやる?みたいなバトルを繰り広げて欲しいな。

あ、そうそう。
アニメイトさんの特典のリバーシブルカード。
本誌の扉絵の補足になっていて、すごく楽しめました。

これから買われる方には、是非ともゲットして欲しいなと思わせるナイスな特典でしたので、興味のある方は是非。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ