飴色パラドックス (6)

ameiro paradox

糖稀色相悖论

飴色パラドックス (6)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神55
  • 萌×224
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
409
評価数
93
平均
4.4 / 5
神率
59.1%
著者
夏目イサク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
飴色パラドックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667930

あらすじ

週刊誌記者の尾上と蕪木は相方で恋人同士。とうとう同居を本格的に考え始めた矢先、仕事を抱えすぎる蕪木を心配した尾上に対し蕪木が素っ気ない態度をとったことから、大喧嘩に発展し!?

表題作飴色パラドックス (6)

蕪木元治,27歳,週刊誌カメラマン
尾上聡,27歳,写真週刊誌記者

その他の収録作品

  • 膝枕の件 その後
  • あとがき

レビュー投稿数14

プラマイで言ったら断然プラスの2人♡

『飴色パラドックス(5)』の続編です。

週刊誌カメラ担当 蕪木 元治と同期の週刊誌記者 尾上 聡のお話。

蕪木くんの高校時代の友人 三条くんが登場した前作。
ヴァレリオグループ企業の新規事業に蕪木くんをヘッドハンティングするも断られ、諦められない三条くんは尾上くんをも巻き込みました。
過去を思い出したくない蕪木くんでしたが、尾上くんの後押しで三条くんと向き合います。
――お前といるだけでいろんな物が違って見えてくる
三条くんに反発する勢力の情報漏洩問題から尾上くんの可愛い嫉妬までいろいろありましたが、より強い絆と信頼で結ばれた蕪木くんと尾上くん。
今作は、その続きになります。

保留になっていた同居の話…そろそろ本格的に考えたい。
しかし、ただでさえ忙しい12月に社内ではインフルエンザが流行中。
病欠による各部門の人手不足からみんなが変則的に動くことに。
様々な案件に駆り出される蕪木くんと社内で紙面作りをする尾上くんはすれ違う日々を過ごしていました。
ようやく蕪木くんと会えた尾上くんですが、忙し過ぎて食事も睡眠も取っていない蕪木くんを心配します。
ところが、「こんな時は1人の方が楽だよ」と言われてしまい…。

待ちに待った待望の6巻は、期待通りの面白さと可愛さでした‼
前半は、4巻の描き下ろしで提案した「同居」の話が現実味を帯びていきます。
…が、最初は順調そうだったのにどんどん雲行きが怪しくなっていくのでハラハラしました。
落ち込み過ぎて別れ話もよぎる尾上くんに胸が締め付けられましたが、やっぱり心配無用でしたね(笑)

後半は、同居する物件を決めて引越しの準備を始めた2人。
ワクワクと楽しい日々も束の間…蕪木くんが「お試し期間」を設けたいと言い出します。
「同居のこと軽く考えすぎていたかな……と」
果たして、その言葉の意味とは?

「同居」をテーマに2人の性格や考え方がよくわかるストーリー展開になっている6巻。
対応や伝え方を間違えれば仲違いしてしまうも繊細な問題もどちらかが必ず解決しちゃうんです!
本当に相性ピッタリの2人なので読んでいて幸せな気持ちになりました。
とくに、後半の尾上くんが蕪木くんを実家に連れて行くエピソードは必見です。
ここからは、ネタバレなしでご覧ください。
尾上くんがこんなにいい子に育った理由がわかりますよ。

おすすめは、「良かった!」と言った尾上くんとお母様の笑顔がソックリなところです。
あぁ、顔も性格も親子だなとほっこりしちゃいました(笑)

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、レギュラー陣が勢ぞろいしていました。
尾上くんの親友 雅やん、キャバクラオーナー カオリさん、蕪木くんの妹 ノリちゃん、編集長、木内さん…スミさんはインフルエンザでお休みでした(笑)
個人的なイチオシは、このシリーズに欠かせない存在になった笠井くん!
まだまだ尾上くんに未練があるのに、すっかり尾上くんの恋愛相談相手になってしまいました。
いつの日か、笠井くんも素敵な人に出会えますように…。

Hシーンは…ありません(泣)
でも、不思議と物足りなくないんです。
きっと、セックスをする以上に2人が強く結ばれていると感じられるかな。

描き下ろし『膝枕の件その後』
drop.19とdrop.20の間にある1P漫画『翌朝』の続きです。

一生連載が続いて欲しいほど大好きなシリーズ♡
7巻からは、とうとう同居生活がスタートするのでとても楽しみです。
2人にはケンカとイチャイチャを繰り返しながら愛を育んで欲しいな♡
夏目イサク先生のあとがきもお見逃しなく!

ケンカップルがお好きな方はもちろん、ぜひ多くの方に読んでいただきたいシリーズです。

7

糖度アップ↑↑↑↑↑

読後
「尾上と蕪木は早く同棲してくれ…」
と思いました。
7巻もと〜〜っても面白かった。

実はめっちゃ同棲したい蕪木good。
うざいけどそれよりも楽しいことがあるからみたいな
セリフとっても素敵だと思いました。本当に素敵。

そして、ふたりのイチャラブをもっともっとみたいです。
攻めも受けもいい大人して(?)恥ずかしがる
ところがとても推せます。
正真正銘ケンカップルで、めっちゃ
ケンカするけど、双方の愛が確かなんですよね!!

もう今から7巻が楽しみでしょうがないです!

6

飴パラ史上、一番甘いかも?

作家買いです。連載10年。前巻から2年経っての待望の新刊。なのに全然衰えない、この面白さ。飴パラ大好きです。

そんな最新巻、実は飴パラ史上一番何も起きなくて、結果一番甘いのでは?と思ってしまいました(笑)

今回は同居する?しない?問題。

したいけど、忙しくて出来ない→蕪木働き過ぎ→尾上心配→言い合いによるすれ違い→…と、いつものような展開なのですが、蕪木が割と大人な対応で無事解決!一気に同居モードへ〜からの、引っ越し決定→尾上の電化製品処分→ちょっと待った!を急に言い出す蕪木→同居失敗するかもしれない→蕪木不安説?…となり、尾上くんの十八番。良かれと思って暴走スタート!急に自分の実家に連れて行く作戦に!

いやー、良かった。尾上実家編。尾上くんを育んだ家庭は、まさに『尾上ん家』だった。今回も暴走した尾上くんのスーパープレイで見事蕪木の不安も解消。次巻はいよいよ、同棲編スタート!だそうで、今から楽しみです。

ちなみに今回、なんと!セックスシーンありません!!(笑)身体の繋がりはないけど、心の繋がりは充分!!ただただ蕪木の尾上大好き感情に溢れた、あまーい一冊になっておりますので、是非♡

5

また喧嘩してるw

6巻は、同居に向けて動き出す2人のお話でしたが、いつものように喧嘩になってました。

あれだけ性格も考え方も違う2人が同居するんですから、衝突する事もあるんですが、蕪木は説明不足で誤解されそうなことを言い、尾上は早とちりして暴走するみたいなパターンでしたね。

蕪木は愛情表現を外にあまり出さないから分かりにくいですが、尾上の事を溺愛しているから心配しなくて大丈夫なんですが、ストレートに何でも外に出すタイプの尾上は分からないんですよね。

痴話げんかに巻き込まれる笠井が可哀想で笑ってしまいました。

尾上の家に行った時の話も、蕪木の事ばかりで家族に紹介することについてはあまり考えてなかった尾上と、色々察してヤキモキしていた尾上母の認識の違いが面白かったです。
結局不意打ちで恋人として紹介された蕪木が、色々考えてたのにあっさり受け入れて貰えて驚き、尾上は受け入れてもらえないとは考えてもいない反応で、この認識の差にも笑いました。尾上親子はそっくりだな、と。

もう盛大な惚気をずっと聞かされているような気持ちになりました。

個人的に一番好きだったシーンは、カオリさんのお店で蕪木が寝ぼけて素が出ちゃった所ですね。いっつもあんなイチャイチャしながら起こしてるの?壁になって毎日見たい!と思いました。

4

カブが尾上を好きすぎる

ずっと待ってました。飴パラ大好き。
カブが密かに尾上にベタ惚れなのと、尾上の真っ直ぐな性格がいい。正反対な2人だからこそ(特にカブは尾上の性格に助けられるところが多いから)ぴったりとハマるんだよね。
ケンカも多いけど、相手を認めているところがこの2人の魅力だな。
ナヨナヨとした受けが苦手なので尾上みたいな普通の男がBLしてるところもいい。
今回は同居についてのバタバタだったけど、カブが尾上大好きなのが丸わかりな6巻だった。
同居を進めたいのも悩むのも、みんな尾上が好きだから。
今回も笠井がいい仕事をしてくれていて、最初はなんて嫌なやつと思ってたのに大好きキャラになりました。2人が仲直りする影に笠井あり!ですね。
同居後の2人がどうなるのか。今から7巻が楽しみ。今度は2年空けずに出してほしい。
あ、出版業界の年末騒動とか知ることができて楽しかった。

3

わーい!ケンカップルだぁ!

ラブラブ比率も増えて来た二人ですが、きっちり?ケンカをして、雨降って地固まるケンカップル巻でした。
蕪木を大好きすぎる尾上が可愛い、心配し過ぎてウザがられるのカップル感あっていいですね!
そして同棲問題。そこで明かされていく、蕪木の真意に胸きゅん。
尾上のようなツンデレも大好物だけど、蕪木のようなクーデレはもっと大好き。ケンカップルも大好きなので、このカップル大好き過ぎます。

そして、蕪木の大きな愛情を思い知らされて終わるラスト。いつも色々教えてくれてありがとう、笠井くん。私は2021年に飴パラを読み始めたので1〜5巻を一気読み、少し間が空いて新刊6巻を読んだのですが、振り返ってみれば各巻の読後感が良いのもいいですね。続きが気になる〜と尾を引きすぎないので助かります。とは言え同棲編もめちゃくちゃ楽しみにしてます!

3

蕪木のおおきなおおきな愛

もう6巻はタイトル通りの感想です!
蕪木、外堀からじわじわと尾上を囲んで愛でてる感じがもうたまりません。ほんとに尾上のことが大好きなんだな、と。口下手で不安なことがあっても素直に口には出さない蕪木ですが、根本には尾上に対する愛がこれでもかと根付いてました。
しかもその事実を第三者の笠井目線から知るという、、、、なんとも甘い展開!

あと意外だったのは男性同士が付き合い、家族に話す、話さない問題まで深掘りされていたことですかね。飴色パラドックスシリーズ、割とライトに恋愛している2人のままいくのかと思ったんですが、しっかりとリアルな壁にぶつかっていました。けど重い題材でも深刻になりすぎないのは、圧倒的陽の尾上と夏目イサク先生の脚本のおかげでしょうか。

改めて、大好きな作品を見続けることが出来て幸せです!

0

続きが読めて嬉しい

前巻から二年経過してたと知り驚きました。そして一巻発売からは10年経っているのですね。

安定の喧嘩ップルですが、今作はとても二人の関係が甘かったように思いました。それにしても蕪木の一言にグルグル振り回される尾上が可愛くて見えてしょうがありませんでした。www

そんな尾上に相談されて蕪木の嫉妬を買ってしまうと怯える、マサやんとか笠井とか気の毒で笑えてしまいました。


同居に慎重になる蕪木の真意は尾上が想像していたのとかなり違っていました。
蕪木の尾上への深い思いを知って、とても萌えました。
7巻凄く待ち遠しいです。今度は二年も待たずに読めることを切に願います。

それにしても尾上両親は良い方達でした。あのお父さんなら本当の事を話しても、二人の関係を受け入れてくれると思います。

3

萌える痴話喧嘩

待っっってました!!紙に遅れること9日間、電子待ちでした。

大好きなカポー。
ケンカップルぶりが少しずつ変化してきているけど、そりゃそうですよね。付き合いが長くなってくると変わってきて当然だと思えてくる、その描き方もまた好きです。

一見キツい蕪木に負けず尾上がぎゃんぎゃん言い返すからケンカップルが成り立つのがいいんですよね。
蕪木がただの無愛想野郎ではなく実はやさしいのが…それを知って萌える尾上と同じ反応をいつもしてしまいますw

夏目先生の絵は明るくてかわいくて見ているだけで楽しくなります。そうそう!これこれ!と。特に先生作品の中ではいちばん好きな2人なので久しぶりだしうれしくて。

待ちに待った6巻は、新キャラや当て馬が登場することなく、終始同居を巡る痴話喧嘩でしたww

もちろん萌えもある。それがいい。
同居についての考え方の違いとか、売り言葉に買い言葉とか、行き違いあっての…その真意がわかった時は、ああ〜思い思われていたのか〜と舞い上がる尾上がおもしろくて。ごちそうさまでした(合掌)となりましたw

年末進行で仕事が忙しく、蕪木が心配でやいやい言ったりイライラしちゃう尾上。アレって蕪木になかなか会えなくていじけてますよねw 気持ちはわかるよ。

でも私は蕪木の方が共感できて。忙しい時はそっとしといてくれ〜とか、大変な時は1人の方が楽とか思っちゃう。特に疲れている時にやいやい言われると余計聞く耳が持てないというか。

こういうところで、2人の違いを表すのがよくわかっていいですよね。
お互い悪気はない。それに相手のことを思ってのことだし。

尾上はわかりやすくて、蕪木にぎゅ〜っとか、ちゅーするところがかわいい。
し、蕪木もそう思っていそうなところがいい。

蕪木は態度や言葉には出さないけど、尾上の想像以上に尾上のことを思っている(同居のお試し期間)とわかった時の尾上が照れながらの喜びようがとてもよく伝わる。それまでのぐるぐるを経てのことなので。

尾上からしたら、自分はこんなに思っているのに蕪木は〜!ってめんどくさいモードになりがちですもんね。
だから、ケンカしたら別れ話を切り出されるんじゃないかと1人で悶々としたり。
蕪木はそんなこと全く思っていないのに。

尾上母が2人のことを察して、蕪木が付き合いを認めたくだりもよかった。
尾上母があっさり喜んでくれて戸惑いながらも蕪木一安心。
蕪木が懸念していたことを知った尾上もうれしいし一安心。 

今回巻き込まれ役の笠井がGJでしたw

6巻は同居に至る前のアレコレ痴話喧嘩だったけど、夏目先生だし、この2人だし、ずっと楽しく萌えながら読みました。

次巻はとうとう同居するのね。
あとがきにあったように、これまた2人の価値観の違いでいろいろありそうです。 

2人がおじいちゃんになるまで続けて頂きたい作品です。よろしくお願いします!

1点欲を言えば、ずっと尾上目線だったので、少しは蕪木目線の所も見てみたかったです。
尾上はだいたい考えていることがわかるし、ぐるぐるするので。
蕪木は逆に言わないしよくわからないし。
今回はそんな2人のいざこざメインだからこういう構成になったのだと思いますが。 
蕪木が何を考えているか知りたいもので。

あと好きなとこ
・蕪木のLINEのアイコンが四星球なの、ドラゴンボールが好きなのね。悟空ファン?(四星球は悟空の育てのじっちゃんの形見)
・蕪木の顔が好き(特にジト目と口)
・眠っている蕪木の顔が美しい(特に横顔)
・蕪木がすげぇ優しくない?とジタバタする尾上
・エレベーター内でキスされて「…わー会社で襲われた〜」な蕪木
・カオリさんのお店で膝枕ごっこしていちゃつく2人
・(電子特典)尾上がマサやんの店に行くことを密かに防ごうとする蕪木

また長くなってしまった。すみません。これくらいにしときますw

2

波乱も可愛い!

新刊読むにあたり5巻を読み返し、可愛い可愛い可愛いな~って気持ちで今巻に突入したら、表紙もカラーイラストも素敵、同居妄想に舞い上がる尾上、自分からギュッてする尾上が可愛くって、飴パラ~~~って一緒に舞い上がったのに!!なかなか辛辣なぶつかり合いをし始めて面食らいました…カブ!!尾上!!そんな態度取らんでも!!!どっちの言い分も分かるけど!半泣き…

だけど、結局は蕪木の想いの深さを見せつけられただけだった!!!一緒にいてもしんどさ増すくらいなら…ってグルグルしてる尾上の悩みも吹き飛ぶ蕪木の想い!!さらっと言うけどカッコイイです!!

同居の話も進んで、ここでもまた蕪木の言葉にグルグルする尾上!!大好きだからこんだけグルグルすると思うといとおしさ倍増ですね!!付き合わされる雅やん、笠井は大変だけどw そして、ここでもまた尾上からのぎゅむ!!!これ、かわいいし、男前だしかわいいし…かわいいですね!!尾上は勝手なもだもだ突拍子もないこと考えてたりするけど(かわいい)ちゃんと蕪木のこと見て、蕪木のこと思って行動できるのカッコイイ!!男前な面も持ち合わせてるのすごく良い!!

結局はお互い大好きすぎるやん!!!ってヤバい事実をこれまで以上に感じられた巻でした!!

膝枕の描き下ろしエピも可愛いし、同棲したらこんなのをバンバン見せられちゃうんでしょうか…次巻もワクワク!!!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う