愛しあってる2人(新装版)

aishiatteru futari

愛しあってる2人(新装版)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862635853

あらすじ

高校教師をしている桐原は、成り行きで、ちょっとだけ愛に恵まれない美青年・呼春を自分のアパートで面倒みていた。体の関係はあるのに…少しも素直になれない二人は喧嘩ばかりの日々で……!? 表題作他、傑作・読み切り作品を同時収録したファン待望の新装版、いよいよ登場!!
出版社より

表題作愛しあってる2人(新装版)

高校教師
愛に恵まれない美青年

その他の収録作品

  • 許されない男
  • 正義の味方の恋の行方
  • 加奈子の話

評価・レビューする

レビュー投稿数3

話についていくのがやっと

【許されない男】これが一番印象に残った。
血まみれの死体と血飛沫を浴びた男のお話。愛し合っていたはずの二人がどこで擦れ違ったのか…。めちゃ重い読後感。

【愛し合っている2人】
毎日のように行われる学校の先生と居候男との喧嘩。喧嘩の原因は宗教にはまった幼馴染に居候男が色々貢いでしまっているから。ちなみに居候男のバッグボーンは過酷で親子心中で両親&兄を亡くしているし、先生にはサイコパスのような女生徒に粘着されているしで短編なのに、めちゃ重い設定が詰まってる…。
許されない男にも登場した訳あり顔の謎の男が出てくるんだけど、この人の正体が相変わらず全く解らない。いろんなものを詰め込み過ぎていて、それが回収されていないので消化不良感が大きい。

【正義の味方の恋の行方】
幼馴染もんなんだけど、その村出身の人々は特殊能力を持つ正義の使徒(スーパーマンみたいな)で、悪と戦う…みたいなノリでして、ついてくのがやっとでした。

【加奈子の話】
BLではなくNL話。
5歳の時に宇宙人に遭遇して以来、宇宙人と交信ができると主張する加奈子と幼馴染の男子高校生。
誰も加奈子の話は信じないが、彼だけは加奈子の宇宙人話を黙って聞いてやっているのは好きな加奈子を独占できるから。
でも実はあまり聞いておらず、適当に相槌を打つのみ…。

謎めいた話が多かったり、めちゃダーク設定を詰め込んだり、突拍子もない展開が多くてついていくのが精一杯でした。
頭が柔軟な人が読んだらもっと楽しめるのかしら…。

0

暗い雰囲気がなんとも好き

『アイツの大本命』のようなコミカルな作品とは180度ちがう、ちょっとダークで寂しい雰囲気のある作品ばかりでした。
いわゆるBLのセオリーにはまったくとらわれてない作品群で、非常に私好みでした。趣味はわかれるかもですが。

『許されない男』
いきなり死体と血まみれになって泣いてる男が…
愚かな男の愚かな行為を描いてました。
とりかえしがつかないことを突き付けられて終わる結末は、非常に切ない。

『愛しあってる2人』
この終わり方、めちゃくちゃ好きです。
「本当は好きなのにそれを相手には告げず、セフレの地位にいる」ってシチュエーションだけで萌えるよ。

『正義の味方の恋の行方』
トンチキ!だけど、話の軸はしっかりしてて面白かったです。
アイツの大本命へと繋がる作風の片鱗が見える…かも。

『加奈子の話』
男女カップルの話です。
でも話としてはこれが一番面白かったです。
加奈子の天然ぷりが笑えるんだけど、主人公の気持ちを考えると切なくてさ。
くるのかこないのか登場人物にも読み手にもわからないエックスデイに近づくごとに高まっていく緊張感が神でした。
ラストは余韻たっぷりです。

1

新装版

本当はもうお互い愛してしまってるのに、思ってても気づかなくて
他のことに捕らわれてケンカばかり。
身体の関係はあるものの…
で結局というお話。
短編いくつか~な話しですが、どれも直線的に好いた惚れただけではないかんじですね
個人的にはもっと甘くて楽しい嬉しそうな顔がみられたらもっと嬉しかったかな


最後の加奈子の話は男女もの
宇宙人の話をする幼なじみと~な流れで個人的には一番好きかも
ただ、最後が無償にせつなくて…
結局、結論としては宇宙人に…なのかな?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ