君のてのひらに

kimi no tenohira ni

君のてのひらに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥429(税抜)  ¥463(税込)
ISBN
9784094207941

あらすじ

相変わらず「なの・すたじお」でアルバイト中の希和は、中学時代付き合ったことのある森田則子に再会する。タレント志望の彼女は希和が自分にとって有力な人脈となり得るニケさんと親しい間柄だと知り希和を利用し…

表題作君のてのひらに

スタジオディレクター 黛薫(通称ニケ)
浪人生兼スタジオアルバイト 入江希和 18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

安定

『虹の入江』から数えてシリーズ3冊目です。
2作目の『あなたに届けたいもの』の半年後、『虹の入江』からは約1年後のお話です。
相変わらずほのぼの甘々とした雰囲気で、恋人になってからは1年経つのですが、まだまだピュアな雰囲気はそのままでした。
それも主人公2人の体の関係を仄めかす台詞はあるものの、具体的な描写が描かれていないからでしょうか。

今回は希和の元彼女が登場して、普段は大人なニケが内心穏やかでなくなります。
しかもこの彼女はある企みがあって、希和の元彼女という立場を利用しながら近づいてくるのですが…
BLにはよくあるのですが、この元彼女は余りいい性格はしてなくて、私は好きにはなれませんでした。
お人好しな希和は彼女の目論見を知りながらも彼女の好きにさせます。
希和のこういう所は余りに良い人過ぎて私の理解を超えるところではあります(笑)。
そんな希和をじっと見守って、もう限界という所で助け舟を出してくれるニケは相変わらず男前でカッコイイです。
もう充分本人達は甘々で、レトロ達親しい人達にもラブラブなのがダダ漏れなのですが、もっとイチャイチャしている2人を読ん続きでみたい、と思わず思ってしまった作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ