雪の日の贈り物

yuki no hi no okurimono

雪の日の贈り物
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥429(税抜)  ¥463(税込)
ISBN
9784094207958

あらすじ

レトロこと古井修は、病死した兄、創に代わってラジオ番組のDJをしている。寝たきりの母親の医療費を稼ぐためだ。その頃、スタジオで奇妙な怪奇現象が続出し始めた。幽霊体質(?)の希和は謎の解明に乗り出すが。

表題作雪の日の贈り物

スタジオディレクター 黛薫(通称ニケ)
浪人生兼スタジオアルバイト 入江希和

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ4冊目にして!

『虹の入江』から始まったこのシリーズ、4冊目です。
今回はこのシリーズの要とも言える存在、レトロにとっては大きな転機となる作品になりました。
この出来事がいつ起こるのか、1冊目を読んだ時から待っていたわけですが…転んでもタダでは起きない展開でなかなか楽しめました。
前作『君のてのひらに』からは時間的には半年後で、主人公の希和が大学1年生の冬、クリスマス前後のお話です。
クリスマス前ということで、主人公2人の雰囲気もそれっぽくなって、前作までには描かれてなかったラブラブなシーンが、シリーズ4冊目にして初登場です!(笑)。
この2人には、もうこういうシーンがなくてもいいとも思ってましたが、あればあったで相変わらずラブラブでキュンとしました。
希和はやっぱりいつまで経ってもおぼこくて可愛いし、まだ学生の希和を気遣うニケさんは大人でカッコイイです。

この巻ではレトロも沢山登場します。
兄と母親の件があるので、少しシリアス展開ですが、描写自体にはそれ程暗さは感じませんでした。
個人的にはもっとシリアスな展開でも良かったかなと思うのですが、作者さんは余り暗くならないように気を付けられたようです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ