高い志を持つ王太子×聡明な元側室+大国の王が織りなす国と恋を巡る物語

後宮を飛び出したとある側室の話

koukyu wo tobidashita toaru sokushitsu no hanashi

後宮を飛び出したとある側室の話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
28
評価数
11
平均
2.9 / 5
神率
18.2%
著者
はなのみやこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
香坂あきほ 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
Ruby collection
発売日
価格
¥1,400(税抜)  
ISBN
9784041077399

あらすじ

現代から転生した側室のリードは、国王に寵愛されるも馴染めずにいたが、王が新たな側室を迎えることを知り、出奔することに。しかし逃亡先の隣国で王太子・ラウルから「国を変える手伝いをして欲しい」と請われ…?

表題作後宮を飛び出したとある側室の話

ラウル、オルテンシアの王太子でアローロ王の甥
リード、前世の記憶を持つ青年でアローロ王の元側室

同時収録作品後宮を飛び出したとある側室の話

リケルメ、賢王と名高い大国アローロの王
リード、中位貴族の庶子ながら王に望まれた側室

その他の収録作品

  • 掌編
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

好きだなあ

香坂あきほ先生の挿絵が好きで購入。4センチはあろうかという厚さで持ち運べず、積み本と化していたのをようやく読めました。めっちゃ好きなキャラがいたので神に近い萌2。リケルメ大好き・・・。webで発表していたお話を加筆修正した本編2段組440Pほど+リケルメ視点の後日談23Pほど+香坂先生のラフ1P+あとがき。(以下長文ごめんなさい)

10歳でリケルメ王に出会い、13歳で後宮に入り、15歳から頻繁に床を共にしてきたリード。王には王妃もいればその他の側室もいれば後継ぎとなる立派な王子も王女もいるのですが、なぜかリケルメはリードをとっても愛しんでいます。なのに!!ある日、リード以外にはいない男の側室をリケルメ王が新たに迎えるということを聞かされ!!!そしていつもリードと一緒に出掛けてくれていた夏至祭を、今年はその新しい男性の側室と一緒に行くということになって!!!!少しずつ思うところがあったリードはその日後宮からいなくなり・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は山盛り。web小説の宿命か?しかも全員カタカナで「あんた誰」多し。
爵位呼び、ミドルネーム等がないだけまだましか。
アローロ国(攻めのリケルメの国)
マリアンヌ(王妃、ええ人)、マクシミリアン(王子、リードの4歳下)、その他側室、ルリ(侍女)
受けの父、義母、母:フレッド、ナタリー、セシリア(故人)

オルテンシア国(攻めのラウルの国)
攻めの父、母:リオネル、レオノーラ
フェルディナンド(攻めの兄、故人)、ナターリア、セドリック(フェルディナンドの妻子)
マルク(攻めの幼馴染、騎士団関係)、サビオラ(文官)、エンリケ(将軍)、ミレーヌ(エンリケ妹)

自由な人:フェリックス(大商人)、ジャスパー(医師)
まだ他にもいますが、活躍する方はほぼカバーしているはず。様々な人との様々なエピソードを最後のゴールに向けて積み上げていくという感じで、人が増えている印象です。

**好きだったキャラ

リケルメがすごく好きだったんです。逃げて行ったリードを秘密裡に探させて探させてようやく再会したと思ったら、むんずと腕をつかんで「帰るぞ」  きゃああ!!!!!
帰る帰る一緒に帰る!と私は叫んだのですが、リードは違う人生を選んじゃいました(ぐっすん)。

既に優しく素敵な王妃様も子供もいて、大国を治めていて、立派な立派な王様。国のことを考えると離婚なんて絶対できない状況の中、リードをとてつもなく愛していて、でも王妃にも他の側室にも気をくばり・・・ああツライ。リードもお利口さんなので、そんな無理言えないのは十分分かっていて、でもいつか王様の愛が無くなったらどうするのと密かに不安でいっぱいで、でも何も言えなくてぐるぐるしている素振りもできなくて・・ああ苦しい。

愛されている今の状態のままで消えたい!ええーい逃げちゃえ★と後宮を脱出してしまうのは分かります。うん、そういう時あるあるある、逃げてよし!とも思うのですが。

ホントにリケルメを愛していたなら、最後の最後までリケルメを愛して側にいて彼が離れて行っても愛されたことを誇りに残りの人生、別のことをして生きるというのもアリなんじゃないのと思ったりもします。人生、何歳になってもやり直し、方向転換はできると思いたいなと、最近思います。

リードが若かったのと、転生前の記憶(現代日本ぐらいに生きたときの記憶)で知識があってそれを活用したいという野心(男子ならではの向上心?)が、リケルメから離れる人生を選ばせたのかなあ・・・とちょっとしんみり。

ラウルも素直で一生懸命で可愛いですが、うーん、私個人は年上好きなのでリケルメに軍配でした。
リードは、お前ひとりだけだ、一緒に人生を歩むと言ってくれたラウルが良かったらしいですが、結婚が全てかよ!と思うと、ちょっと微妙な感じでした。

ということで全面的にリケルメ推しな一冊でした!
商業的にはもうちょっとぎゅっと詰めるのもありでは?と思うぐらい長いお話ですが、悩める年上の攻め(妻子持ち)が気になった方は、ゆっくりリード達の人生を楽しんでみてはどうでしょうか。

1

not for me

試し読みで気になったので購入。
読みやすい文章でした。
それ以外、ほめられることがありません。元はネット小説? だったんでしょうか? 試し読みはタブレットだったせいか、紙書籍で読むと、だらだら長い。話が飛ぶ。主人公は聡明? 小賢しいだけでは? 生まれ変わり設定も必要? ネット小説なら必須なのか? 舞台は大国だそうですが、王宮での言葉遣いに重々しさはなく世界観も薄っぺらい。気にならない人には平気かもしれませんが、自分は無理でした。

1

唯一の相手になりたい

今回は前世の記憶をもつ中位貴族の庶子と
大国の王を叔父にもつ王太子のお話です。

前世の記憶を持つ受様が
転生した世界でただ1人の相手をみつけるまで
と王視点での本編裏事情的番外編を収録。

受様は高名な学者であり
王都の大学で教鞭をとる中位貴族を父に
その教え子の下位貴族を母として
父の庶子として生まれます。

幼い頃から利発だったことから
5才の時に父に引き取られてますが

7才の時に義兄によって
突き落とされた池で溺れて肺炎となり
生死をさ迷った日々の中で
前世の記憶を夢に見ます。

受様は前世は日本の大学生で
欧州留学へ向かう飛行機が墜落し
亡くなっていたのです。

その記憶はしっかりと根付き
受様はより探求心が強めていきます。

父の自慢の聡明な息子となった受様は
父に連れられてあがった王宮で
偶然から賢王と名高いアローロ王の
目にとまり

13才で王の側室として入宮、
最高の学習環境を提供され
ますます知識を高めていきます。

王には何人もの側妃がいましたが
2年後には心身共に王のものとなった受様は
王の一番愛する美貌の寵姫となります。

受様は前世の記憶をも活かして
王に様々な助言をしますが

男である受様には子も産めず
王の愛だけにすがる日々に
徐々に不安を募らせます。

そんな中で王が受様以外に
新たに男の側室を迎えた事で
受様は後宮を出る事を決意、

王都で国王主催の祭りが開催された夜
1人秘かに出奔するのです。

それから2年後、
受様は隣国の王都の教会に住み込み
子供達に勉強を教える日々を
送っていました。

ある日、通りの片隅で
過呼吸で苦しむ少年を助けますが
少年を探していたらしい貴族に
難癖をつけられてしまいます。

しかしながらこの貴族こそが
今回の攻様なのです♪

受様は攻様の態度に深く傷きなからも
再び会うこともないだろうと
思っていたのですが

なんと攻様は
慈善事業に熱心な王太子であり
受様の世話になる教会を訪れたのです。

攻様は受様の教育活動への貢献を
高く評価していて先日受様が助けた
攻様の甥の家庭教師をして欲しいと
依頼されてしまいます。

最初は固辞した受様でしたが
態度を改め熱心に口説いてくる
攻様に次第に心を動かされて
王宮にあがる事になります。

王宮で受様を待ち受けるのは!?

日本の大学生だった前世の記憶を持つ
受様の波乱な人生を描いた
異世界輪廻転生ファンタジーです。

最近のラノベでよくみる
「転生したら〇〇でした」系のお話で
普通の大学生だった受様が
転生した中世の欧風王国で
前世の知識を活かして王や王太子を助け
彼らに愛される物語です。

前世の記憶がある受様は
王に愛される寵妃となりながらも
王の唯一になれない事を苦しみ
後宮から出奔します。

そして移り住んだ隣国で
前世と現世で学んだ知識を活かして
人々に学ぶことの喜びと知識の大切さを
広めていくのです。

そんな受様は王都でも評判な若者となり
王太子である攻様の目に留まります。

受様と攻様の出会いは最悪でしたが
受様を知っていくうちに
攻様は受様の見識の深さと
その美しさに心惹かれていくのです。

そして受様も攻様の側近となり
攻様の立場や過去、考えを知るうちに
彼への恋心を自覚していくのですが

次代の王となる攻様にとって自分が
唯一の相手にはなり得ない事から
彼の手を取る事を拒み続けます。

こんな2人がどうやったら
結ばれるのかとワクワクしながら
読ませて頂きました♪

アローロ王の受様への執着、
王妃や側室達の思い、
アローロ王太子の受様への慕情、
アローロ王と攻様の母の確執、
攻様と母とのすれ違い等

各キャラの立場や思いが
複雑に絡まり合って物語が進み
ハイペースで読めましたが

受様の思考が
あまりにも前世の記憶や知識に
引き摺られ過ぎに感じてしまい
すご~く気になりました (>_<) 

受様が日本人として学んだ
過去の歴史や現代の知識を
現世の歴史を狂わせない程度に
王に指南し人々に知らしめるのは
良いのですけど

学者の父や王の援助で身に着けた
知識だけでは受様の聡明さは
現わせなかったのでしょうか?

異世界トリップや転生ものの
醍醐味っていうか良さって

主人公が
今までの世界との違いに戸惑いながらも
今の世界にいかに存在意義を見出すのか
ってところだと思っている私には

受様にとっては
文明が進んだ現代が一番な世界で
前世の記憶や知識が絶対で
一夫一妻制度の日本人だったから

自分が相手の唯一にはなれない
王や王太子とは一緒にいられない

と何かと前世を基にする受様の言動が
引っかかったのですよね。

ワクワクと読み進められましたが
読了しても受様に同調できないので
モヤモヤ感が残ってしまった為
「中立」評価と迷いましたが

王との確執や側室設定での最初の恋が
王太子との恋へと流れる展開は
面白かったので「萌」評価にします。

今回は輪廻転生繋がりで
雨月夜道さん『千年恋空―ずっと好きな君へ―』
をご紹介作としますね。
過去はいつも未来への礎です。

4

主人公の数奇な運命に萌えるのです

Ruby collection創刊第一号となります。
ルビー文庫さんのホームページで、試し読みが160ページ公開されてるので、気になった方はチェックしてみて下さい。
ただし、気になる所でブチッと切られますけど。

で、こちら、タイトルや雰囲気からコミカル路線を想像していたら、どちらかと言うとしっとり系なのです。
真摯に生きる主人公が、過去と決別して幸せを手に入れるまでー。
そこに、作者さんの好きな設定をこれでもかとブチ込んである感じですかね。
Web発なので、この特有の雰囲気を苦手に感じる方もおられるとは思いますが、個人的には好みのお話でした。


内容ですが、国民思いの王太子・ラウル×聡明な青年・リード、ここにプラスして大国の王で側室だったリードに執着しているリケルメによる、国をも巻き込んだ恋になります。
前世の記憶を持つ聡明な少年・リード。
ひょんなキッカケから自国の王・リケルメに気に入られ、側室として召し上げられます。
優しく思いやりのあるリケルメのもとで、幸せな日々を過ごすものの、22才の時に後宮から出奔。
そして3年後ー。
逃亡先の隣国でつつましく暮らすリードですが、偶然出会った隣国の王太子から国を変える手伝いをして欲しいと請われー・・・と言うものです。

こちらですね、ちょっと設定がごちゃごちゃしてるんですよね。
リードですが、前世では現代日本の大学生です。
若くして亡くなった。
元々聡明な彼が、前世での知識も駆使してラウルの自国改革を手助けをすると言った感じでしょうか。

リードですが、周囲を魅了する美貌の持ち主で、知識も豊富、人々の為に尽くしと、もう非の打ち所が無い青年なのです。
ただですね、こうWeb発だとわりとありがちなのですが、主人公モテモテ状態と言いますか・・・。
周囲がやたらと彼の事を誉めまくり、何かと「彼はとてもデキる!!」的な描写が入るんですよね。
もう、リードが凄く頭が良くて知識が豊富で聡明なのは分かったよ!!
と、若干イライラする。
もちろん、私がヒネてるだけだとは思うのですけど。

と、ここらへんで引っ掛かりはするものの、ストーリー自体はとても好みでして。
後宮から出奔したリードですが、リケルメが嫌いだからでは無いのです。
逆に、とても愛していたから、他にも側室がたくさん居る彼の元で、待ち続けるのが耐えられなくなった・・・。
リケルメの愛にすがるあまり、歪んでいく自分に怖くなったんですね。

そして、全てを捨てて、新しい生活を始めたリードが出会ったラウル。
ちょい居丈高な所はあれど、志しの高い彼に惹かれて行きと言った感じで。

この三角関係の部分がかなり面白いのです。
リードの心情が深く掘り下げられていて。
出奔したリードですが、ラウルと出会い変化してゆく感情ー。
しっかり過去と決別する為、もう一度リケルメと会う決意をし・・・と言った感じで。
リケルメがこれまたいい男なんですよね。
再会した二人が語り合うシーンでは、もうめちゃくちゃ萌えるのです。
まだ、リードに対する強い想いを持ち続け、諦めきれないリケルメの言動なんかが萌え心を刺激して。

実の所、リケルメの存在感が強すぎて、攻めであるラウルの影が薄く感じちゃうんですけど。
私の中ではリケルメの方がメインで、その後のラウルとリードが結ばれるまでが、なんか印象が薄いんですけど。
あと、それぞれ王様(王太子)達が、一人の男を巡って争いと、こんな事に血道を上げてていいんかいとも思うんですけど。
こう、ちょっと都合良すぎな展開も多いですし。

まぁただ、それを差し引いても主人公3人の恋愛に萌えたのは確かでした。
なんか不思議な魅力で、どんどんページをめくらせてくれると言うか・・・。

作者さんの他のお話も読んでみたいと思わせてくれる作品でした。

7

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ