異世界の皇帝は神の愛し子に永久の愛を誓う

isekai no koutei wa kami no itoshigo ni towa no ai wo chikau

異世界の皇帝は神の愛し子に永久の愛を誓う
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
86
評価数
25
平均
3.5 / 5
神率
12%
著者
はなのみやこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
三廼 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784815532512

あらすじ

十一歳の優良はある晩、眩しい光を放つ川に呑み込まれ、目覚めると異世界の帝国アナトリアにいた。 保護してくれたのは五歳年上の少年――アナトリアの第二皇子エルトゥール。 優良は、数百年に一度現れ国に豊穣と安寧を与えるとともに皇帝の妃となる 『神の愛し子』だと巫女に宣言されたものの、特別な力などない。役立たずの愛し子と周囲から囁かれる優良を、 エルトゥールは「俺が妃にする」と守ってくれた。やがて五年の歳月が流れ…。

表題作異世界の皇帝は神の愛し子に永久の愛を誓う

エルトゥール,16歳~,アナトリア帝国第二皇子
宝生優良,11歳~,界渡りした日本人で「神の愛し子」

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数3

大切な人を守るために

今回は帝国の第二皇子と界渡りした日本人のお話です。

神の愛し子とされた受様が攻様と身も心も結ばれるまで。

受様は中学受験を控えて塾通いをしています。
今日は特別講座でいつもより遅い終塾でしたが
父母の迎えもなく、1人帰路につきます。

受様は子供のいない夫婦の養子で
その後に男子が生まれたために家族の予定は
弟を中心に回っていたのです。

養父母は受様と弟を区別することはなく
受様が養子であると知ったのも偶然でしたが
今の自分は恵まれていると言い聞かせても
埋めようのない心の孤独を感じていました。

三日月が輝く河川敷は不思議な美しさで
受様はふと

もしこのまま川に身を投げれば
両親は泣いてくれるだろうか。

と思うのです。

それでも気を取り直し、
再度川に目を向けた受様は何かに照らされたように
水面が光をお豚用に煌めき、受様をとらえるように
大きくしぶきをあげたのです!!

そして・・・

受様が温かいぬくもりに包まれて目覚めると
目の前には美しい少年の顔がありました。
受様より年上で彫りが深くエギソチックな容姿で
まるで王子様のような彼こそが今回の攻様です♪

攻様の言葉は受様が聞いたことがない言語ですが
不思議なことに理解できるばかりか
自分も同じ言葉を発することができたのです。

しかも受様の額にある四葉のような痣を見つけると
「神の愛し子の可能性がある」と言われ、
宮殿内の正殿へと連れていかれます。

果たして受様の身に何が起こったのか!?
そして攻様の口にした「神の愛し子」とは!?

見知らぬ世界で生きることとなった受様が
第二皇子である攻様の妃となったことから継承問題に
巻き込まれる異世界トリップファンタジーになります♪

攻様は現皇帝の第二皇子ですが
皇帝は外征を繰り返して多くの国を従えており
攻様の母は他国の血を寵妃の子です。

異界からきた人は何かしらの能力が発現することから
神の愛の子と呼ばれ、皇太子の妃から皇后となり
国の安寧と発展に貢献したとされています。

神殿の巫女は受様の中に神の力を感じ
受様が神の愛し子であると断言しますが
受様自身には何も感じられません。

また皇帝はいまだに皇太子を定めておらず
第一皇子を皇帝にしたいと望む皇妃と第一皇子は
受様が子の産めぬ男であることから
攻様は受様を妃とすべく名乗りをあげます。

帝国では婚姻は17歳にならないと結べず
受様は実質は婚約者として
攻様に守られて過ごすことになりますが

5年の間に帝国に馴染んだ受様は
次代の皇太子選びという後継者争いに
巻き込まれていくことになるのです。

攻様の母の死で攻様と疎遠になっている皇帝、
自分の産んだ第一皇子を皇帝にと暗躍する皇妃、
皇帝に寄り添う攻様の伯母である側女、
攻様の婚約者候補だった神殿の巫女、
皇妃の産んだ第三皇子等々

様々な人々の思惑と利権が絡み合い
2人がお互いの手を取り合うまでハラハラ&ドキドキ、
とても楽しく読ませて頂きました (^◇^)/

受様は周りに合わせて自分を抑えて生きてきますが
手を差し伸べられるのを待つのではなく
自分のできる精いっぱいで攻様に応えようとします。

そんな受様の姿が周りの人々の考えを変え、
未来を変えていく展開がとても良かったです♪

8

捨て子が異世界に転生して、伝説の神の愛し子になる話

異世界転生もの、
はなのみやこ先生は、書きなれているというのか、構成上手。
程よい長さの小説で、半日ほどで読了。
よくある設定の定番タイプなんですが、
登場人物の心情と事情など、それぞれ立場情のしがらみがあって
芯から悪党はいないけれど、悪事を企てる親族が居る、
恋敵もいたりで、飽きなかった。
ガーデニング好きにお勧め。

最期まで、異世界に行って神の愛し子になる優良の実の親については、不明です。
突然生まれて、人間界に捨てられたのかな?
ひょっとしたら、この物語には、続編が出るのかもしれない。
大きな山場がないように読後感じたので、萌2です。

3

前半は小学生

孤独を感じていた小学6年生の優良(ユラ・受)が異世界のアナトリア帝国に飛ばされ、「神の愛し子」だから皇子の后となれと言われる話です。

突然「神の愛し子」と言われても、そんな能力はないと困惑する優良と、偽物だと追及したり拒絶する他の皇子達。そこへ救いの手を差し出したのが第二皇子エルトゥール(攻)でした。

ストーリー前半は優良がエルトゥールを好きになってキスされるところまで、後半は5年経ち結婚前までの騒動になっています。

この前半の徐々に心を寄せていく二人が微笑ましく、「神の愛し子」らしくはなくとも宮殿に自分の居場所を作っていく優良が良かったです。が、優良は小学6年生。捨て子の養子だったとはいえ、言葉遣いも態度もできすぎで、子供らしさがあっても良かったんじゃないかなとは思いました。いきなり現代っ子が少年兵の訓練させられる過酷さなのだからもっと弱音を吐いても良いんだよと言いたくなりました。

それと個人的に惜しかったのは名前です。主役達でないとはいえ、周囲の方々が、サヤン、セレン、カナンと出てきて、それぞれ護衛、巫女、弟なんですが、似てて会話に出ても一瞬誰?となって気が散ってしまいました。兄弟がギョクハン、エルトゥールなのに何故にカナン?

文字をイメージでとらえているので、ただでさえカタカナは苦手なのに似た印象だと錯誤してしまいどうにも集中できず。序盤に王家4人のイラストが出てきて、これでイメージがつきやすい!と思ったのに、サヤンが出てきて脳ダウンしちゃいました…ふがいない頭で申し訳ありません。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う