• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作愛罪の代償

豊口笙,34歳,創業者の孫で上司の部長 
佐々谷夏生、26歳、部下の課長 

その他の収録作品

  • ラブレター
  • あとがき

あらすじ

佐々谷夏生は、交際していた女性・杏子を上司である豊口笙に奪われるが、それと引き換えのような形で出世する。しかし豊口は次第に夏生に執着するようになっていく。その裏にある豊口の想いとは…?
(出版社より)

作品情報

作品名
愛罪の代償
著者
水戸泉 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫black
発売日
ISBN
9784592850656
3.9

(45)

(20)

萌々

(9)

(11)

中立

(3)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
17
得点
172
評価数
45
平均
3.9 / 5
神率
44.4%

レビュー投稿数17

まさしく『愛罪の代償』!!

話が壮絶すぎてなかなかレビューできなかったんですが、今日頑張ります!
あらすじは他の方のレビューに載っているので、感想だけ。。

攻めの豊口の執着が凄まじいです。
受けの佐々谷を手に入れたい、どうしても手に入れられないならせめて佐々谷の遺伝子を持つ子供がほしい。
そこまでの執着ってちょっと他で見ないですよね。。

受けの佐々谷は抱かれてみて初めて、自分が豊口を好きだと気付く。
でもそれをなかなか言えなくて、やっと言葉にできたときにはもう豊口には届かない。信じてもらえない。

最後に豊口目線の『ラブレター』が収録されています。
豊口がこれほど病んでしまった経緯と、佐々谷との日々が描かれています。
本編とあわせて読む事で二人の気持ちのすれ違いの過程がよくわかります。

これほどまでにお互いを想い合っているのに、抱き合っているのに、心がすれ違って伝わらなくって・・・読者としてとても切なくて哀しい。。

前述のとおり、佐々谷の子供を孕ませるための攻め×受け×攻めの妻(受けの元カノ)の3Pがあります。といっても、攻めの妻は全く愛されていないので愛撫やキスをされず、出番まで部屋の隅でぼんやり待っているという扱いです。
こんなHシーンは初めてで衝撃を受けました。
他のHも濃厚で豊口の執着や佐々谷を抱ける喜びを感じとれます。

この二人の結末こそが、この愛の代償なのだな〜と思います。
お互いが病むほどに深い愛の完成形、鵺先生の美しいイラストとともに堪能して下さい。
ただ、壮絶なのでBL初心者の方にはあんまりお薦めできません〜〜><

7

交差する事のない道

…この2人、生涯すれ違い街道まっしぐらなんでしょうねー…(´Д`)

いやはー…攻め怖っ!!!
病みが受けに侵食しちゃいましたよ(汗)
私、基本的にHappy Endが好きなんですよね。。。
このタイプ苦手なんですよね…でもこの話は何故か嫌いじゃない(*´∀`*)

本編は佐々谷くんの一人称で進みます。
それゆえに彼の精神がだんだん壊れていくのがよく分かるんですよね。

ってかしょっぱなからはじけてますねw
豊口×佐々谷×杏子って…男女なサンドがBLで。

しかも↑の行為は豊口的にはとても大切な意味があったというね。
…どうせ自分から離れていく存在ならば「子供」という形で少しでも自分のもとに残したいという切実な…でも息子限定。
娘はいらんという。。。

なんつーか…ちょこーっとずれたらもっと違う関係にもなれたでしょうに…!

本編ラストで佐々谷くん壊れちゃってるけど、やっと想いが少しは通じたと思いきや…攻め視点の短編読んだら全く伝わってねぇーっガ━━((゜Д゜;))━━ン!!!

豊口さんの人生にも同情せざるをえないですが…それを大きく上回りまくって杏子が可哀想すぎるっ゜。(p>∧
狂気うずまく作品でしたー。

気になる点は、佐々谷くんは本当に壊れちゃったのか?ということ。
ラストで『狂ったふりをしていようと思う』って一文にΣ( ̄□ ̄;)となりました。
え…正気なのか壊れたのかどっちだ!?ってね。

もぉーすっごい黒花丸!!!
レーベルの名前どおり(汗)

5

どんなに思っても、近くにいても、交わることのない愛

衝撃でした!
水戸さんらしいドロドロ感。。。
そして普通の人なら引くであろうプレイw
女性絡みの3Pは賛否両論でしょうねーーー
でもそのシーンが薄れてしまうほど、その後の人の壊れる姿が印象的でした!

嫉妬によって壊れてしまうのに
攻め様には伝わらず・・・
私的に最後やっと伝わったのだと思ったら
そのあとの『ラブレター』(攻め様サイドのお話)で
結局行き違いの思いであって
どうしてこんなに壊れているんだ!と悲しくなりました;;

周りが見えていないほどに相手しか見ていないのに
どうしても伝わらない、交わらない。
自分の好きばっかりで相手の好きがわからないなんて・・・!

花丸文庫ブラックなのでほとんどえちしーんなのですが、
その中に人の弱いところがあり、
とても胸がいたかったです;;

4

話聞かないし 気持をうまく伝えられないし!!

水戸さんいっつもすごいの描くな~と感心しました
それにしても攻めは話聞かないし うまく気持を伝えられないし
気持を伝えるのあきらめちゃうしそれでも受けのこと好きだから、ものにはするし
dも受けは不安になっちゃうし 最終的に受けは精神的に壊れるし

こういう少しぶっとんだ話があってもいいんじゃないかと個人的に思いました

1

これはホラーですよ。奥さん。

読み始めてすぐに惹きこまれました。
「こういうのが読みたかったのよぉ~!!」って嬉しくて嬉しくて。
ほとんどホラーと云っていいほどの執着と、受け以外には何の興味もない受けが全ての完璧なのにそこだけ病んでる攻め。

まだ関係がない時点で、受けの元恋人で攻めの妻となった杏子を相手の肉体関係の相手として、お互いが媒体と見てるところとか、攻めなのに受けの子供が欲しい(男児限定(笑))とかの感情にキマシタ。

繫田への攻めの過去の執着とか、受けの子供が欲しいと思っていたのも繫田に捨てられたことのトラウマだったことが判るところは、私的には今の受け以外にもそうだったのかよ!と、残念な思いが・・・。
どちらかというと、受けの方が始めての執着で運命的な一途さで好きです。

設定とか病みっぷりは、もう『神』決定なのですが、攻めの過去の執着と最後までホラーだったことで『萌え2』にしました。
私個人的には、(架空設定です→)攻めが繫田と出会う前に佐々谷に会っていて(幼児期でもいい!)、実は繫田の方が身代わりであって欲しかった!
そして、心から安らげる無二のパートナーとして、ベタベタしてるのが読みたかったです。

でもこの手の設定はあまりないので、とても楽しめました。
限りなく『神』に近い『萌え2』ということで、次なるヤンデレ執着小説を探します(笑)

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP