純愛えろ期

junai eroki

純愛えろ期
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×241
  • 萌32
  • 中立8
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
34
得点
513
評価数
142
平均
3.8 / 5
神率
34.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784904468487

あらすじ

青春はエロ期、思春期、発情期‼︎

田舎の学校に通うDK6人がエロ方言でハゲむ暴走青春ラブ♡
天然ドS転校生x失恋ツンデレ眼鏡
幼なじみの恒ちゃんに、失恋したばかりの充。
傷心のまま、学校の書庫でオナニーしていたらアロハシャツ着た男が現れ、コクられサカられブッカケられて⁉︎
(出版社より)

表題作純愛えろ期

花江太郎 転校生
児島充 高校生

同時収録作品小さな町の恋のプロローグ

岸竜平 高校生
市ノ瀬恒 同級生

同時収録作品はじめてのともだち ACT.1

小川聡史 高校生
谷原瑛生 1年だぶっている高校生

その他の収録作品

  • 恋はデステニー ACT.1
  • 恋はデステニー ACT.2
  • 恋はデステニー ACT.3
  • はじめてのともだち ACT.2
  • 小さな町の恋のエピローグ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数34

はなこになっちゃって本当にいいの?

大好きな作品で何度も読み返してます。

恒ちゃんと岸カップルは二人ともすごく可愛い!
充が言う恒ちゃんは可愛いの顔だけで中身野獣ってのがツボでした。まさか岸がそっち希望だったなんて!岸がのんびり屋さんで恒は一人でやきもきしてますね。
岸が充に恒ちゃんのこと、とらんとってっていうのが激萌え~。

そして聡史とエーちゃんのカップル。エーちゃんは田舎に似つかわしくない美形なのにド天然で、ヤンチャで一番子供だった聡史とまさかの展開に。しかもそっち側!

そしてそして、やはり表紙の太郎と充のカップルがメインなんでしょうか。
太郎はむちゃくちゃです。憎めないんだけど。
初恋の花子だと言って充をやりたいほうだい。
でも恒をふっ切れたのは太郎のおかげなのか?
嫌がる受けに無理やり致す攻めは苦手なのですが、充は本気で嫌がってないのか?
イチャイチャも諦めの境地で受け入れてるのか。
これ以上充の私物を壊さないで!
太郎もめちゃくちゃなようで鋭いところを突いてきますしね。

チラッと他作品のカップルが出てましたね!

やっと続編を手に入れたのでその前に復習で読み返しました。やっぱりすごく面白いですね!

しかし仲良し幼なじみプラス太郎とえーちゃんがみんなくっついちゃって、すぐ致して田舎の男子高校生がこんなにエロのハードルが低いのか?性春だからか。

充だけが気がかりです。

0

お友達全員…

タイトル通り、えろ多い1冊。
高校男子の性欲ってこわいな。
でも確かに「好き」がHに直結しちゃってるんだけど、その「好き」は気恥ずかしくなるくらい幼い。一心に見つめて求める気持ち。嘘も遠慮も無い。
どこか地方の小さな町の高校で。
小学校からの幼馴染4人、3組の恋物語です。

「小さな町の恋のプロローグ」
岸x恒ちゃんCP編。
属性は、ヘタレ鈍感xショタっぽい誘い受け、となりますかね…両片想いの成就プラス可愛い男の子の恥じらいエロ。

「恋はデステニー」「発情えろ期」
転校生の花江太郎xみっちゃんCP編。
スーパー自分勝手xやられっぱなし可哀想受け、かな…本作ではこのCPがメインと考えていいと思いますが、攻めの太郎は全く充の話を聞かず、なぜか「はなこ」と呼んでやりたい放題。
充は元々恒ちゃんに片想いしてたから、失恋するわ犯られるわでな〜んか可哀想に思えるんだけど、勝手男・太郎のスーパーストレートかつ充だけ!という求め方が、段々良いものに見えてくるから不思議。

「はじめてのともだち」
さとちゃんxダブりのべっぴん・エーちゃんCP編。
色恋に遠い子xちょっとズレてる超絶美形の誘い受け。友達が欲しい気持ちがHになってしまう瑛生が残念な美形。なんだけど、さとちゃんはヤな所の全く無いいい子で、瑛生のさとちゃんを想って流す涙がこれまたキレイで、この2人にはキューンとします。

「小さな町の恋のエピローグ」
岸x恒ちゃんCPその後。
岸がガッツいてくれないので欲求不満&不安な恒ちゃん。
何で岸がガツガツこないのか。それは何と…
岸くんは「受け願望」があった!
これには驚いた。リバ展開があるって知りませんでしたので。私はリバ大好きなのでこの展開嬉しかったけど、ダメな人多そう。
でも私的には、やっぱりリバっていいよね。2人で行けるところまで手を繋いでいく感じがする。お互いの身体の秘密を感じあって共有しあって、恋の深淵に辿り着く感じ。

「カバー下/CHARACTERS」
作者様による、各登場人物解説。こちらによると、さとちゃんのCPもリバかも。期待期待。

0

顔射に目覚めました!オメデトウ!笑

彩景でりこ先生のエロが読みたくなり、また軽い作品が読みたかったので購入しました。タイトルからもいい感じのバカエロさが伺えて、読むのがとても楽しかったです。
しかし昔の作品だからでしょうか、彩景先生独特の男の子のタッチがあまり見られず、ぜんぜん絵の感じが今と違っています。ところどころ、今の絵柄に似たところもあるのですが、表紙でもわかる通り、全然違います。
でも、エロシーンのエロさ、精子の飛びっぷり、そしてあの泡泡な感じは現在と変わらずこだわられていたようです。特に、表題カプの太郎と充のエチシーンにはかなり萌えました。笑 普段はクールでツンデレな充が、エッチの時に太郎に身体を開発されて淫らなところを見せるのがたまらなく良いです。射精した時の涙や鼻水やよだれでダラダラになった緩んだ顔がたまらないです。そして、私は顔射の良さがそんなに今まで分からなかったのですが、彼らの顔射プレイを見て初めて、あっ、顔射...これは...ええなあ。...ええんちゃう?と口に出してしまうほどその良さに気づきました。顔射がこれほどにもエロいものだと初めて知りました。是非読んでない方はその良さを知るためにも読んでみてください。
他のカプもとても可愛いです。リバもあるので、苦手な人は注意ですが、私はおいしくいただきました。
みんな方言を喋ってるのも可愛いです。是非、続編を読んでみたいと思います!笑

2

明るい高校生3カップルの話。方言もあるよ!

高校生3カップルの話です。

同じ高校が舞台ですれちがったりどことなく関連があるカップルというレベルでなく、小学校からの友人4人+転校生+同級生で6人とも友達になりワイワイ一緒に遊んだり、それも楽しいけれど二人きりにもなりたいと拗ねたりという明るく可愛らしい話です。

メインでもある表紙の二人(表題作+「恋はデステニー」)がお気に入りなのですが、その導入として出来あがる二人(「小さな町の…」)になぜかあんまり興味を持てなかったのが自分的に残念でした。

あと太郎(表題作の攻め)にPSP壊されたりと被害に遭いまくる充(表題作の受け)が読んでいて気の毒ではあり、「お前のおらん人生歩みたい」にはすごーく納得して笑いました。

0

楽しい総ホモ

明るく楽しくエロエロな総ホモ漫画でした。

私は1回でお腹いっぱい…どころか食傷気味になり、何度も読みたくなる感じではなかったですが、面白かったです。

1

太郎だけが許せん。

 田舎の高校生4人組の青春物語。それぞれの相手とオムニバス構成になっています。

・『小さな町の恋のプロローグ』
「おっとり人の良い岸×実は肉食美少年の恒」カップル。美少年の恒ちゃんはもちろんだけど、岸が可愛いんだよぉぉぉ!!恒と上手く話せなくて(意識しすぎて)恒の意味深な視線にドギマギしたり、変なことを口走ってしまったり、布団をかぶって妄想するいじらしさがたまりませんヾ(≧∇≦)ノ"
 恒の気持ちにいち早く気づいて背中を押したみっちゃんだけど、自身も恒を好きだったなんて…泣ける。

・『恋はデステニー』ACT.1 / ACT.2 / ACT.3
 「恒に失恋したみっちゃん×強引転校生の太郎」カップル。みっちゃんの気持ちにまったく気づいていない恒は、岸とのあれこれをみっちゃんに相談して、友達の顔を続けるみっちゃんが切ないです。手のひらで間接キスとか、その手のひらで…とか。それなのにー。どうしてみっちゃんの相手が太郎なの?太郎いやだー!何がいやってほくろを鼻くそなんて言う子が大嫌いだ。ずうずしかったり乱暴だったり強引なのは許せても(嫌いだけど)、頭の中でデリカシーゼロの鼻くそ発言がずっと引っかかって無理だった。みっちゃんが幸せならいいけどさ、他カップルとの愛しさの落差が激しすぎたわ。

・『発情えろ期』
 聡史の話へのプロローグと、太郎×みっちゃんのトイレHのお話。
なんか太郎のHがAV男優みたい。エロけりゃいいってもんじゃないんだぜ。やっぱり太郎キライ。

 ・『はじめてのともだち』ACT.1 / ACT.2
 一番好きなカップル「残り者の聡史×ダブりのイケメン瑛生」のお話です。瑛生(えいちゃん)がかっこいいです!見た目はもちろん腕っぷしも強い、だけど浮世離れした不思議っぷりがいいの!あまりに唐突に聡史に迫ってきたのには驚いたけど、ゲイだったって思っていいんだよね?しかも受けだし(*゚∀゚*)イイネ!!
 モブみたいだった聡史が、えいちゃんといると健気で可愛いくて見直しちゃった。

・『小さな町の恋のエピローグ』
 リバ来たーーーーー!!そうかそうか、岸の戸惑いの原因はこれだったのか。中々興味深いリバでした。

1

リバもあり

3組のカップル全て個性的でいいですね。
でも特に好きなのはえいちゃんと聡史かなぁ。
えいちゃんがとにかくイケメン。なのに、おバカで残念な子なんですよ。事故でダブってるから歳も上なんだけど、なんか守ってあげなくちゃいけない雰囲気で。
それと、見た目は可愛くて草食系に見える恒ちゃんもタイプ!草食系に見えるけど実は肉食で、言葉が少なくてなかなか手を出してこないきっしーにガンガン行くとこがギャップがあって萌えます。でも、きっしーが充に恒ちゃんは譲れない!というところよかったですね

0

母に見つかって捨てられても…!

本当にキュンキュンでした!!!!!
ノーマルプレイでもエロ度は高めで私の大好きな汁がたくさん描かれていたのですが、母に見つかってまったときは本当にこの世の終わりを感じました⊂( ˆoˆ )⊃
その後捨てられても、懲りずに買い直しました。それほど素晴らしい作品です!!!
登場人物全員、アホで可愛くてほのぼのとした雰囲気もありますし、今どきの男子高生を描いているようでそこに方言が加わるという素晴しい組み合わせ。
素晴しい作品に出会えて幸せです(合掌)

1

たしかにえろ期

幼稚園からの幼なじみの4人に、転校生と高校の新しい仲間が加わって、その中で3組のCPができちゃってるって、どんだけの確率でゲイだらけなんでしょうか。乱暴に作品内容を箇条書きにすると、男子高校生、幼馴染、転校生、方言、田舎、リバ、メガネ図書委員、不良、ワンコ、エロホクロ、美形不思議ちゃん、襲い受け、童顔攻め。これでもかという青春の萌え要素満載で、満腹満足!だがしかし、この帯…表でも裏でも無理!レジに持っていけないから!

0

色々濃いなー(笑)

最初に読んだ「チョコストロベリーバニラ」は3Pが好きじゃなくて読むかスルーするか散々迷って結局読んだのですけど、こちらも自分的に地雷踏みそうな可能性が高くて読むかすごく迷いました。
でもやっぱり読んでしまった(笑)
そして面白かった。
でりこさん恐るべし。
次からはもう迷わずどんどん積極的に読んでいきたい。

それにしてもよくこんだけ詰め込んだなー!という詰め込みっぷりで軽く胸焼けしました(笑)
全員ホモになっちゃったよ…
しかも最後の最後にとんでもない美人の新キャラ(瑛生さん)出してくるし…!びっくりしたー。
でもってなんだこの瑛生さんのブッ飛んだキャラ設定、パーフェクト過ぎるでしょ。天使過ぎるでしょ。
友達が次々にくっついて一人残ってしまった聡史くんには女神様が微笑んだということで。聡史くん良かったね!!

逆にどこまでも可哀想なのがみっちゃん…不憫過ぎる…
6人のなかで一番私のタイプなのに…よりによって6人のなかで私的にもっともナシな太郎とくっつけられるなんて…
トイレの回はみっちゃんの替わりに私が泣きたい。
でも太郎の言うことはいつも正論で、みっちゃんみたいなタイプにはこれくらいド直球にガツガツ踏み込んでくるぐらいの奴がちょうどいいのかもな…みっちゃんに対して迷いのない一途さだし。

でも………
こんなガサツで俺様ですぐモノ壊すような男やっぱりイヤだー!!
「お前が立つんは下半身だけか!!(役には立たない)」by充
みっちゃんもっと言ってやれ…!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ