極道はスーツに二度愛される

gokudou wa suit ni nido aisareru

極道はスーツに二度愛される
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
71
評価数
19
平均
3.8 / 5
神率
42.1%
著者
中原一也 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
レーベル
アズ・ノベルズ
シリーズ
極道はスーツがお好き
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784781605197

あらすじ

仕事一筋の真面目な仕立て屋、榎田。彼の恋人は借金が縁で知り合ったヤクザの芦澤だ。そんなある日『テーラー・えのきだ』に桐野組長が・・・。芦澤を次期組長にしたい桐野から、芦澤の極道としての冷酷な一面を知らされる榎田・・・どんな姿を見ても彼を愛している、一緒にどこまでも堕ちていくと心に誓うのだが・・・。なんと突然の事故で、榎田は芦澤の存在を記憶の中から失ってしまう。罪深き緋焔の恋ふたたびv
(出版社より)

表題作極道はスーツに二度愛される

ヤクザの若頭 芦沢祐介
二代目テーラー 榎田弘哉

同時収録作品デッド・エンド

木崎直道 芦澤の側近
諏訪拓也 弁護士

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

極道スーツ、シリーズ第6作

シリーズも6作目となり、新しいアプローチで攻めてきます。
やっぱり、忙しい合間を縫って芦澤が会いに来て榎田をエロとろに抱く、だけではマンネリですからね!
さて、今回芦澤と榎田を襲う試練は…!
ズバリ「記憶喪失」なのですよ。
うーむ。私は個人的に記憶喪失展開は苦手で。なぜなら、この展開が来ると物語に逃げを感じるから。
しかし、さすがBLエンタメ王・中原一也先生は切り口が一味違う。
組の後継者としての芦澤が、男でありカタギの榎田と添い遂げると言い出し頭が痛い組長は、榎田の真面目さを逆手にとって、ヤクザ稼業がどんなに汚いか、芦澤の手がどれほど汚れているかを見せつけて身を引くように水を向けるのです。
榎田が贔屓にしている喫茶店の母子が、過去若き日の芦澤に追い込みをかけられていた…それを知って苦しむ榎田。
芦澤の顔が見たい、声が聞きたいと焦って運転していて事故に遭います。
そして、芦澤とヤクザ関連の事だけを忘れてしまう…内腿の龍すらも。
ですが躰は芦澤の熱さを覚えている…!
さすが男臭い帝王攻めを巧みに描く中原先生。芦澤が自分にとって何者なのか思い出せずとも抗い難く惹かれ、榎田は何度でも芦澤に恋をするのです。
タイトルの「二度愛される」がうまいですね…!一度は忘れても、榎田は芦澤を選んだ。そして思い出した榎田はより一層の覚悟を持って芦澤に添う事を選ぶのです。

「デッド・エンド」
木崎x諏訪。
前作に収録の「The watch dog 番犬」より短い構成ですが、非常に中身が濃い。
濃い、というより心配な展開になってきました。
相変わらず、木崎は諏訪は芦澤に未練がある、諏訪は木崎は榎田に惹かれている、という誤解をし続けています。しかし、読者的には完全に両片想いの2人。
でもこの2人には甘さも温もりもない。未来もない。
木崎は組長の孫娘から好かれていて、諏訪のお節介から正式にデートを重ねています。つまり、諏訪と寝ていることがバレたら命も危うい…
そんな時に組の下っ端から諏訪との関係で脅され、その男を殺してしまうのです…!
破滅へのカウントダウンなのか?
ここにきて、木崎x諏訪はただのスピンオフではなく、非常に重苦しい物語として立ち現れてきました。

(一点。芦澤の名前が誤植なんです。祐介なのに祐輔と表示されてる。残念至極。)

1

綿棒職人からグレードアップして尿道職人w

ヤクザの若頭・芹澤と、テーラーの榎田のシリーズも、もう6作目。
すでに二人の愛は揺るぎないものになっているし、榎田は腹くくって、芹澤に付いてくって決めているし、さて、次はどんな試練で二人を試すんだろう?とワクワクした作品。
題名の通り、榎田を白紙に戻して、もう一度芹澤を愛させる展開となりました。

記憶喪失モノですね♪
設定としてはベタな王道でありますが、榎田の覚悟が本物だということが解ることとなりました。
発端は、芹澤の組の親父(組長)・桐嶋がテーラーえのきだを訪れて、スーツを作りついでに、跡目を芹澤に継がせるつもりだから別れて欲しい、といった依頼だったのです。
当然、榎田はそれは拒否をするのですが、桐嶋は榎田にヤクザの仕事の汚い面を見せつけ、動揺を誘おうと狙うのです。
榎田の好きなコーヒーショップの病んでいる母親の過去が芹澤の過去とリンクして、思わぬ展開を見せます。
榎田が、交通事故に遭った時、ひょっとして桐嶋の差し金なんでは?と勘ぐりましたが、それはなかったようで。。。
しかし、芹澤に関することはすっかり記憶を失ってしまうという、それは二人にとっても試練だった思います。
その割に、意外とスムーズに進んでいったので、重さはありません。
色々な修羅場を芹澤と共に体験したことで、どんなにヤクザの汚い部分を見せられても、榎田の覚悟はやはり揺るぎないものだったのです。
それさえも、含めて、芹澤の総てを愛すると。
終わってみれば、あまあまのラブラブなのです♪、、、やっぱりww

今回は榎田のよきパートナー職人の大下さんが良く笑ってました!
「ほっほっほっほ、、、」思わず水戸黄門か~!!と(爆!)
エチは相変わらず濃いですw
今回は、桐嶋に脅されて不安に思っている時のエチは、異常に榎田が積極的で、エロ度がムンムンと、思わず読むのが恥ずかしくなるようなエロさでしたよーーー!!!
そして、そして、そして!
芹澤といえば、綿棒職人♪♪♪
いつも榎田の尿道をいじくって(大汗、、)
今回は専門道具を用意してましたから、直系5~6㎜って太くないかー!?
痛そうだけど、綿棒で散々訓練されてましたからねv
その後は、尿道にカテーテルですから、、尿道へのこだわりはハンパない芹澤ですv
乳首も頑張ってましたが、次回作は尿道と乳首と同時攻めにして欲しいですw

そしてーーー!!サイボーグ・木崎と、弁護士・諏訪のすれ違いラブが~!!!
またまた切ないんです(涙、)
木崎は組長の孫娘に好かれてましたよね、それでまだその孫娘とのデートが続いているんです。
でも、夜こっそり諏訪を訪れてはむさぼっている。
それをゆする組員が出てくるわけです。
諏訪を守る為に木崎が人を手にかけました。
悲しい、切ない、、
今回は諏訪の苦しみは描写されることはなく、木崎オンリーでしたが・・・
もうぼちぼち、この二人メインの一冊にして、何とかハッピーエンドにして欲しいです!
そろそろ、機は熟したと思うんです。

5

記憶喪失

帯『いやらしい躰に、してください』

既にラブラブカップルで出来上がっている芦澤〔攻〕と榎田〔受〕
しかしもうすっかり榎田は淫乱でマゾっけ有り有りですね。
芦澤にされる事ならもうどんなプレイでも受け入れるし、羞恥に襲われながらも快感におぼれてしまう。

そんな折に、榎田が交通事故にあって軽症ではあったのですが何故か、芦澤やヤクザ関係の事のみすっぽり記憶から抜けてしまいます。
ベタな記憶喪失ですがそれもまた一興。
事故に合う前に、組長にヤクザの汚くて残酷な部分を見せ付けられたからなのか、芦澤が贔屓にしている喫茶店の女性をかつて強引な取立てをしていたからか、ともかくその部分だけが記憶から抜けている。

記憶を取り戻してからの尿道責ですが、今回はまた凝ってますよ!芦澤さん!
ホントにこの人は榎田の尿道に何を入れるのかばっか考えてるんじゃなかろうか。
特製のプラチナ製のプジーで尿道拡張した後に、ジェルの入ったカテーテルを挿入。
ジェルを榎田の膀胱へと注ぎ込みます。
そしてそのジェルは何と、ゼリーの塊入りで尿道から排泄するたびにそれが刺激になるという……手の込んだ尿道責ですよー、道具責スキーとしてはこれは良い!たまらん!!

木崎×諏訪は、諏訪を狙っている男をついに木崎は手をかけて殺してしまいます。諏訪の為であれば殺人も厭わない。
木崎の諏訪への想いの深さにゾクリときました。

2

う~ん、ちょっと物足りない

このシリーズ、任侠らしい緊張感が私は気に入っているのですが、今回はそういう点では少し物足りなさを感じました。
主人公二人のカップルとしての関係はもう揺ぎ無いところまで来ているので、ラブラブなカップルものとしては楽しめましたが。
欲を言えば、芦沢さんの台詞がとても少ない気がしたので(エチシーンは饒舌なんですけど・・・)、もう少し芦澤さんにしゃべらせて欲しかったです。

任侠らしい点から言えば、木崎と諏訪の方が面白かったです。
木崎、サイボーグだったはずなのに、諏訪に関してはこの呼び名は返上しないといけないですね(笑)。
熱い、とても熱いです、木崎さん。
次の巻ではこの二人が主人公のようなので、そちらも楽しみです。

0

今回はあるあるネタでした

あらすじは公開されているので、それ以上のネタバレはなしでレビューします。
前回まではサスペンス調だったので、今回はどういう展開かな?と思いながら読み進めて、あ~、そうきたか~のBLあるある設定、ズバリ記憶喪失でした。

恋人であるヤクザ、芦澤のお仕事の暗い部分に悩む榎田さん。実際に目の当たりにする機会があって、交通事故をきっかけに芦澤に関する記憶だけなくしてしまいます。
ヤクザの仕事からは逃れられないわけで、この煩悶をどうやって解決するのかな?と思っていたら。うーむ、そうですか。
今回は王道BL設定で、それ以上のストーリーがあるわけではないので、今までに比べるとかなり物足りない読後感でした。
巻末の木崎×諏訪のショートストーリーがなければ、もう1つ評価が下がったと思います。

その分、Hでは榎田が乱れまくりでそこはよかったですが。。。
やっぱりシリーズものはなかなか大変ですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ