海賊王の求婚

kaizokuou no kyukon

海賊王の求婚
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
37
評価数
10
平均
3.8 / 5
神率
30%
著者
ゆりの菜櫻 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
兼守美行 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
レーベル
アズ・ノベルズ
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784781605647

あらすじ

エンダリア王国・第三王子のレンは、大変な美貌の持ち主でありながら勇敢な海軍提督でもあった。ある日のこと、政敵の左大臣の罠に嵌り孤島の城に幽閉されてしまうレン。…そこへ救出に現れたのは超男前の海賊王、ラァスだった。彼こそはレンが絶対討伐してやると言って憚らない宿敵。躰を貰う代わりに全力でお前を守る…と言うラァスとともに追われる身となったレンは…。華麗なるパイレーツロマンス★

表題作海賊王の求婚

ラァス 海賊王
レン エンダリア王国第三王子で海軍提督

レビュー投稿数4

求愛し続ける大型ワンコ×塩対応の美人強気受けによる夫婦漫才

攻め:「受けは俺の嫁だからな」
受け:「お前のもんになった記憶はないし、なるつもりもない!」
攻め:「おいおい あまり可愛い顔して怒るなよ、勃つだろ」
受け:「……怒!」
みたいなやり取りをしてるようなカプ、好きです。
ゆりの菜櫻先生の【国王陛下の麗しき花嫁】がまさにそういう二人で好きなんだけど、ふと思いついてこの作品も読んでみたら、まさに!!!!で楽しめました。

超絶美人な第三皇子レン(受け)に一目惚れした海賊王ラァス(攻め)。
海軍提督でもあるレンにとって、海の秩序を乱す海賊は宿敵でもあるので当然相手にしないんだけど、ラァスときたら「冷たくされるのもそそられる」とか言って求愛し続け、レンの神経を逆撫でしまくり。

「きさまの頭はどうなってる?」
「おまえのことでいっぱいになってるに決まっている」
とか
「そのだらしない下半身を握り潰されたいか?」
「潰されたくはないが、握っては欲しいかな」
みたいな、まるで夫婦漫才そのものやり取りがあちこちにあって楽しめました。

そして一見上手に見える攻めが、実は受けの尻に敷かれてる感、最高。

海賊船のお話ではあるけどスペクタクル感はさほどないので、壮大な冒険もの!みたいなところを求めて読むと、あれ??と肩透かしを食らうかもしれませんが、グイグイ迫って口説く大型ワンコVS塩対応の美人強気受けによる夫婦漫才みたいなやり取りをするカプを読みたい!というときにはぴったりだと思います。

そしてたくましく男前なラァスにまつわる哀しい過去と、海軍仕込みの気概溢れる受けの男前っぷりも良かったです。


1

海賊ファンタジー

どこかで聞いたことのあるような設定がチラホラ出てきますが、これはこれで面白いかと。
受けにベタ惚れな攻×無自覚ながら嫉妬しまくりな受。
または、弱さを見せたくない攻×その弱さごと受け止めたい男前な受ww
初夜からいきなり媚薬使うってどうよ!?とも思いましたが、初対面(正確には違うけど)でいきなり受けの乳首に気を取られて、剣を弾かれる間抜けな部分がある攻めも、アリかしら、なんて。
ストーリーは、ちょっと駆け足でポンポンと進んでいった感じはしました。
(薬草を取りに行くところも、一文で終わっちゃったし…)
1冊でまとめるには、設定を詰め込み過ぎた感じ?
でも、主要部分はある程度きちんと消化してたかと。

あと、今作で初めてしっかりと兼守先生のイラストを見たのですが、とにかく綺麗で(攻めは凛々しく、受けは麗しく)、ストーリーのビジュアル部分が補填されてて良かったです。

続編が発売されているようなので、早くそちらも読んでみたいと思います。
(そっちでは、受けがいない時の、頼り甲斐のあるカッコイイ攻めの姿が見れたらいいなぁ笑)

0

海賊ってかっこいいよね!が詰まったエンタメ作品。

読み放題に入っていたのでKindle版にて。
王道と言いますか。文章も読みやすく、さらっと無理なくそれなりに楽しめるエンタメ作品ではあるのですが、それ以上ではないな…というのが正直なところ。(ほかのレビュアー様もだいたい同様なことを書かれていますが)
どこかで見たような設定、どこかで見たような展開の寄せ集めなんですよね。まぁ作者様もその辺は分かった上で、設定とエピソードを詰め込んでスピーディーに展開させているのかな?と思いました。

気軽に読める娯楽作品としては良いのではないのかな?と思います。

0

悪くはなかったが、よくもない

表紙がきれいだったので手に取りました。
この先生を読むのは、初めてではないと思うんですが・・・・・こなれていて読みやすいし、ベテランなのか、展開にも心理描写にも無理がないし、悪くはなかったとおもいますが、それ以上でも、それ以下でもなかったのが残念というのでしょうか・・・・・
地の文で、中世イタリアっぽい世界観ぶちこわしのカタカナ言葉とは出てくると、こちらはドン引きなので、もったいなかったです。
イラストはきれいで、雰囲気もあって悪くなかったですが、そんなに好みではなかった。
ちゃんと描いてあるだけで、そんなに萌えは感じないというのか、わたしの好みとは合わなかったというのか・・・・・・
王道テンプレのありがちな話を、手堅くまとめた以上ではなかったというかんじでしょうか

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う