愛人教師

愛人教師
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
1
評価数
4
平均
1.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537128468

あらすじ

借金のカタに体を弄ばれることになってしまった三咲。
梶本は三咲の兄への復讐というが、そこにただならぬ感情があることを知る三咲。
しかし三咲が梶本に惹かれ始めた矢先、突然三咲の兄が借金を返済するとやってきて!?

表題作愛人教師

兄の同級生で金融業 梶山
友人の借金を背負った高校教師 笹塚三咲

その他の収録作品

  • 愛のかぶとまんまる劇場

評価・レビューする

レビュー投稿数4

兄が不憫。エロさもない。

(;´・ω・)ウーン・・・取り敢えず騙した友人に何らかのお咎めをっ!と思ってしまう。
うかうかサインなんてやらない方がいいねー。
マンションの更新の保証人になっただけのはずが、書類細工されて800万円の借金の連帯保証人にされちゃうなんてねー…恐ろしや。

そしてお兄ちゃん、普通に良い人でした。
梶山も三咲もお兄ちゃんに対してあんまり好ましくない感情を抱いてるけど、本当に普通に良い人でした!
だって梶山から「俺の性奴隷」だなんて言葉が飛び出しても弟のこと庇うし、借金ぽーんと返済してくれた上に「全部忘れてやり直せばいいから」「お金は無理に返さなくていいから」って無理やり非道なことをされて傷ついているであろう弟を気遣う態度。
…それなのに三咲ってば梶山のことばかり考えて、兄に対して(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…とした感情が現れてるんですよ。
ちょっとあんまりじゃないかと。

あと、1話めから「からだも心も離れられなくなるかも」という表現あるけど、体はともかく心ときめく要素が1話にあったか?!Σ( ̄□ ̄)!
※私個人は全話通して攻めにも受けにもときめかなかったが←

「愛人続き教師」などという何かすっごいやらしそうな…どこぞの官能小説とかエロ漫画にもありそうな響きのタイトルしてますが、エロも淡々とした感じでエッロぉッ(*´Д`)ハァハァ♡なんてことはなかったです。

1

内容が無いような…

題名に惹かれて手に取った作品です。
友達の保証人になったことから、借金を負わされて、体で払うというお話です。

おまけに、返済相手の梶山は、長年兄のことを逆恨みしていて…。借金総額は800万円で、そこまで価値がある教師の三咲って、兄の身代わりなのかと思ったらそうでもなく…。
三咲もだんだん梶山にほだされていって、惹かれていくんだけど、梶山のどこに魅力があったのかサッパリ分からず…。梶山の方もどうなのか伝わってこなかったし。
逆恨みしていた兄も登場するけど、800万をポンと返済して終わってるし、アッサリし過ぎで…。
エッチはたっぷりあったけど、毎回無理矢理からの~という感じで、途中から飽きちゃいました。

2

お兄さんが可哀想

当て馬の憎まれ役になるどころか、ただお金を払わされただけ、物語の中でなんのフォローもされなかったお兄さんが可哀想すぎ、と思いました。
ストーリーは、借金のカタとして攻めに買われ、無理やり犯される受け、というよくあるタイプのものです。イヤなのに感じてしまい、好きになってしまい…みたいな。
甘々だし、簡単に両思いになっちゃうし、テンプレの枠をまったくはみ出さないストーリーで、さすがにもうちょいヒネリが欲しいなァと思いました。
とりあえず受けは、心配してくれたお兄さんに感謝の気持ちを伝えて、きちんとお金を返さなきゃダメですぞ。

0

金のカタ→好きに

友人の借金をカタに取られ肉体関係を強いられる事になった教師、でまるごと一冊。
まず、きっかけがベタでそこまで強いるまでに無茶がある。
それに教師の兄への感情が愛まで含んでるのか、とおもいきや否定するだけでハズレ。たんに何故か芽生えた教師の愛の付け合わせに。
そこまで関係が成長した(のか?)な所へ兄登場。借金を払うというドライな解決。そしてあっさり手放される。
オチは・・・まぁいいか。

事実事情は分かるけど誰の心情もピンと来なく、たんたんと犯されてる感じでした。
これでも、もしエロがよければそれなりにいいんですが、なんだろ。バリエーションがない。
顔のどアップ率が高く表情も特に教師がワンパターンで生気がない。たまに映る体もいい感じではなかったです。

そうじていうなら「なぜ買っちゃったかなぁ・・・」に尽きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ