CIEL Tres Tres 2012年2月号(雑誌著者等多数)

ciel tres tres

CIEL Tres Tres 2012年2月号(雑誌著者等多数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
発売日
価格
ISBN

表題作CIEL Tres Tres 2012年2月号(雑誌著者等多数)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

スピンオフって便利だ…

「表紙」
  今月も登場、「スーパーラヴァーズ」のお二人さん。
「ピンナップ」
  タヌキと一緒の受様、ワンコみたい☆
「不思議の国で恋しよう」
  紫色が鮮やかな巻頭カラー♪
「俺の心に踏み込むな!」
  猫たちは、アノ最中を見ていたんだろうか???
「フラチなアナタとはじめてを」
  H以外は、中学生みたいな恋してるよね~
「おぼつかない恋のゆくえは」
  東京漫画社っぽい(?)絵柄ですよね?
「まずはキスから」
  タイトルに反して、キスシーンはラストでした。Hが先…。
「どこが好きとか嫌いとか」
  この雑誌では、よくある展開ですよね、こういうお話。
「純情エゴイスト」
  待ってましたの、エゴイスト登場!
「育メンだって恋します。」
  とうとう最終回でしたねぇ。
「スーパーラヴァーズ」
  「人に優しくしようと思ったら大抵はそうなる」お子様ながら名セリフです。
「愛してると伝えたい」
  ラスト…保健室で全裸とは!
「どうして気づいてくれないの?」
  こちらも…実に「トレトレ」らしい展開…。
「コンプレックス・ラブ」
続き  学園モノって、最近、久しぶりですよね~?
「嫌よダメよも好きのうち」
  教師×教師って、最近の学園モノのメインかもしれない。

今月の目玉は、何といっても「純情エゴイスト」ですよね☆
ファン達の熱い声援に応えるかのごとく登場です。
…が、本当にそうなんだろうか?!
なんとなーく(あくまで憶測ですが…)お話が加速的に盛り上がり、
でも絶体絶命で「どう料理するんだろう?」状態のところで、
連載はとりあえずストップ(←あぁ~焦れったいww)
そこで…思い出したように、スピンオフ話登場☆
で…(スピンオフ組の)前回の伏線回収~ってのが、
王道パターンのようです。
「純情」シリーズのごとく、3組もカップルがあればホントに便利。
…もとい、退屈させてくれません。
ネタが切れたらスピンオフ、なのか?
これからイイところでスピンオフ、なのか?
そのあたりは不明です。
でもでも…スピンオフって、ホント便利ですよねぇ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ