雫 花びら 林檎の香り(3)

shizuku hanabira ringo no kaori

雫 花びら 林檎の香り(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神102
  • 萌×236
  • 萌16
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
28
得点
702
評価数
157
平均
4.5 / 5
神率
65%
著者
川唯東子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
雫 花びら 林檎の香り
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784799710296

あらすじ

何度フラレても大好きな中川にアタックし続けた榛名は遂に恋人に昇格。
そんな中、色々な泣き笑いのドラマがあったけど、取り敢えず今は両想い中。
ところが今度は榛名の営業の仕事に強敵が現れて、さすがの榛名も絶体絶命…!?
感動のラスト&ショート描き下ろし付きで遂に完結!!

(出版社より)

表題作雫 花びら 林檎の香り(3)

蔵元の孫 中川秋作
酒販会社の営業(帰国子女) 榛名睦樹

その他の収録作品

  • あとがき
  • 引っ越し前夜のお話。

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数28

堂々完結‼ またいつか会える日がくればいいなあ〜

本当に名残惜しい最終巻。愛着があった分会えなくなるんだと思ったら、凄く淋しい気持ちでいっぱいです。
本当に素晴らしい、大好きな作品でした。

前巻で2人の間には隠し事もなくなって、やっとラブラブな甘〜い日常が読めるかと思いきや⁉
恋人同士、順調な愛を育む2人の前に…
恋も仕事も一途に頑張るポジティブ榛名の前に…
強敵ライバルが出現する第3巻です。

まず、ライバル登場の前に、久々の逢瀬、酔っ払い秋作(中川)と新婚さんの妻のようなむっちゃん(榛名)の日常が楽しかった♡
酔っ払い秋が、勢いで榛名のうちに行き支離滅裂ながらも、密かな本音をいっちゃってくれてます。
それが、なんて頃し文句なんでしょうと思う位、普段の秋からは想像できないベタ惚れ発言。
しかもエッチは情熱的‼ なんてむっつりスケベさんなんでしょうと萌えちゃいます♡
でもお約束パターンは同じで、酔っ払った次の日の理不尽ぶりには大爆笑でした。

そして問題のライバルは…。
秋に想いを寄せる、可愛らしい従姉妹が出現したり、
若竹と取引しようとする、おじさんライバルが現れたりと、絶体絶命の榛名‼
特に、強敵おじさんライバルには、他の蔵元の取引では負けてしまい、流石の榛名も落ち込み、弱音を吐いちゃいます。

恋愛面じゃなくて、仕事のライバルだったことがとても良かったなあと…。
展開がどうなるかハラハラします。

一度は秋に八つ当たりもしてしまうんだけど、榛名のいい所は、直ぐに非を認めてごめんなさいが言える、素直な可愛らしさです。
その後の、秋の凄く優しい表情とセリフに行動が、榛名に対する愛情でいっぱいだから凄く萌えを感じられます。

でもなんといっても、1番カッコ良かったのは蔵元でした。
無言の沈黙は、果たしてどんな答えを言うのかドキドキだったんですけど、本当に良かったんです。
蔵元の、損得よりも、人と人の繋がりや信頼関係を大切にしたいって言う気持ちに心打たれて、涙ものでした。
Wハルナと一緒にハグしたい位です(笑)
どんな時も、仕事にプライドをもって、甘い言葉にも流されずに、楽を考えたり、要領よく生きようとしない榛名のポリシーや、誠意ある心遣いが伝わっていたからこそなんだろうなあと思います。
ハグされて照れちゃう蔵元も可愛いけど、それを見て、嫉妬心むき出しの秋に笑みでした。
ひょっとして、秋って尻フェチなのかなあとも興味深く思ってもみたり(笑)

最後は、若竹の縁側で2人でまったりしながら、一緒に住む事を決めた2人なんですけど…
この縁側シーンは毎回お気に入りだったから、もう最期なのかと思ったら淋しくなってしまいました。
ここも2人の思い出の場所なんですけど、もう一つ秋の秘密の部屋のソファーも2人にとったら思い出の場所‼
そこでの、最期のソファー勝負は、イチャイチャエロたっぷり、まさかのアクシデントで大爆笑あり、本当に最期の最期まで隙のない、たくさんの愛が詰まった作品でした。

心残りは、カミングアウトのお話が読めなかった事。
きっと、蔵元も春菜ちゃんも、2人を笑って見守っていってくれそうな予感。
そう思わされる位、キャラにも愛情があふれていました。

恋人達の日常を、ナチュラルかつ生々しく、細部に至るまで何気なく描かれた川唯先生は、本当に素晴らしい作家さんだと改めて実感。
もっともっと…いつまでも読んでいたい、ラブラブ甘い恋人達のお話。
またいつかこの物語に会えるといいのになあ…。
雫 花びら 林檎の香り♡ぜひにオススメしたいと思います。

5

大満足

タイトルが文学的な香りがしてタイトル買いしました。

直感にはずれなし。

ストーリーは他のレビューアさんが書いているのであえて省略。

三巻はいつもクールでツンツンツンの秋作くんが、睦月に感化されて少しずつ表情豊かになっていくのが魅力でした。

よっぱらって夜中に睦月の家に行っての会話も萌えました。

雨降って地かたまる。続編がよみたいものです。

完成度高し。BLが苦手な人でもよめそうですよ。

4

萌えすぎてもう神です!

待望の第三巻!

さすが川唯先生!
最初から最後まで大満足!!

もう何度も読み繰り返してます。
この二人の話しをもう読めないのはちょっと寂しいけど...
二人の絡みは最高に萌えました!

3

枕もとに…

置いてあり、寝る前に繰り返し読む大好きなシリーズの最終巻です。
1巻から比べると、秋のデレ具合がたまりません!

本当に、難しい男「秋」をここまで振り向かせた…むっちゃんはスゴイ(笑)

まだまだ、この二人の日常を読みたいなぁ。

3

何度も読み返す

全3巻をまとめて、神評価です。

大好きなシリーズでした。
何度も読み返してしまうんですね。

3巻では、お互いをさりげなく自然に思いやってるのが、たまらないです。
もう、恋じゃなくて愛なんですよね〜〜。

ずーとずーと、二人を見ていたかった。また描いてくれないかな。

3

もうホントに大好きです!!

ついに完結してしまったんですね。
秋×榛名が大好きすぎて何回読み返したことか…

秋がだんだん榛名にメロメロになっていくのが可愛くて、おもしろくて…
とってもキュンとしました!
榛名よかったね!!と何度思ったことか…

終わってしまうのは悲しいけど、きっとずっと読み返すことでしょう。

3

秋作の想いが感じられるシリーズ最終巻!

和風クールイケメン×ポジティブ帰国子女のシリーズ最終巻。
川唯先生は、一冊ごとにエンドマークをつけてきたのが、都度延長されて、3冊になったそうです。
1巻で恋人になって、2巻と3巻は恋人になってからのお話。

恋人になってから二人が関係を築いていく話、好きなのに意外と少なく、さらに良質なものって本当に限られてしまうから、このシリーズは何度も読み返してきました。

二人は相変わらず、睦樹が秋作を大好きで、それに秋作がつきあってやってるテイなんだけど、3巻では酔っぱらった秋作が、「お前はほんとうにかわいい男だな」って本音を漏らしてしまうんです!
しかもその夜の秋作の強引な甘さといったら…
私はすでに秋作に惚れちゃってるけど、惚れ直すステキさです^^
翌朝のトボけっぷりもくすぐったくて好き♪

そして、親戚の中学生女子が秋作に憧れているのを目の当たりにした睦樹は、嫉妬と独占欲から「世界中に秋の恋人は俺だと愛を叫びたい」と無理だとわかりつつ、弱音をはくと、それに秋作は「いいぜ。お前がそれで安心するんなら、俺は別にかまわない」って!
睦樹の大好き攻撃を面倒くさそうにしている秋作だけど、ここぞって時は、睦樹がいちばん欲しい言葉をくれるのがたまらない♪

あと睦樹は酒販売会社の営業なのに、酒がまったく飲めない体質で、そのせいで仕事がうまくいかなくて落ち込んでるときに、秋作は寄り添ってあげる。
シリーズ全体通して睦樹のほうが秋作に惚れこんでるイメージだけど、秋作も睦樹のことをちゃんと見ていて、わかってあげてるんだなって、秋作の想いが感じられるのがすごく良かったです。

酒が飲めない営業 vs 日本酒通の営業の若竹酒造争奪戦で、蔵元おじーちゃんが出した答えも、職人気質なのがかっこいい!
中川家のおじーちゃんと妹の春菜ちゃんもこのシリーズに温もりを添えてくれた大切なキャラクターです。

おじーちゃんと春菜ちゃんにも二人の関係をわかってもらって家族になって欲しいって願いもあるけど、黙ったまま波風立てなくてもいいんじゃないかなって気持ちのほうが強いです。

だって、思いこんだら重いというかある意味一途な秋作と、秋作が大好きーってポジティブアピールをやめない睦樹なら、周りがどうであっても、二人の世界を作っていけると思うから。

シリーズ通して、睦樹が秋作を口説き落とす1巻が一番読み応えがあると思います。
私もどの巻が一番好きか?と聞かれたら、迷わず「1巻!」と答えます。
でも恋人になってからの2巻と3巻は、派手さはなくても、二人の想い合ってる気持ちがほんのり沁み込んでくるのがやっぱり良くて、1巻を読んだら2巻、3巻もセットで読み返してます。
そして読み返すたびに、新鮮な気持ちで秋作に恋して、秋作と睦樹の関係に萌えさせられてます。
きっとこれからずっと大切に読み返していくシリーズです。

2

秋作。ドSだけどいい男

ドラマCD を聞いてから見ました。

ドラマCD は二巻までしか入っていないとレビューを見たので、幸せな二人のその後を見たくて購入。

結果はホントにラブラブな二人を拝めたので、
大満足でした!

中川秋作の事が好きな、いとこの女の子が出てきます。
恋のライバル!?となりそうですが、
そこは秋作、大人の余裕ぶっ混んできますね。
睦樹が嫉妬してる姿を見て、ニヤつく秋作…
ドSですけど、いい男でしたよ…

睦樹は仕事でもライバルが登場しますが、
ここでも秋作がいいパスをしてきます。

…何?この男。いい男すぎるんだけど。

2

もっと続いてほしい・・・

とっても大好きな作品です。

酒蔵が舞台のストーリーも素敵ですが、むっちゃんと秋作さんが2人ともカッコいい!
帰国子女のむっちゃんと辛い過去がある秋作さん。
いろいろありながらも今はラブラブな2人ですが
お互いの過去が気になったり、仕事がうまくいかなくて悩んだり
そのたびに、ぶつかり合って乗り越えていく・・・
最後は2人で暮らすことになり引っ越しを明日に控えたところで終わりますが
もっとこの先が読みたい、そんな余韻を残す素敵なお話でした。

何年かのちに2人が幸せであり
周りのみんなに祝福されている未来が実現できるといいなぁ・・・
と密かに期待しています。

1

読む度BLに出会って良かったーと思う

電子の新装版上下巻で読みました。
合計600ページ強。どんなに面白くても途中でひと息入れたくなるとおもいきや楽しくてページをめくる手が止まらない。ストーリーもお仕事や家族絡めてテンポ良く進むしイチャイチャ頻度もちょうど良くていっときこればっか読んでました^ ^

通常攻め受けどちらかだけでもギュンッッときたら充分(心の)お気に入りBox行きなんです。
今作はこのtheノンケで昭和的古風さを装備したやっかいな(全て褒め言葉)特Aランクイケメン攻めだけでも読む価値あったわーと条件軽々クリアなんだけど受けがまた!!
なんて可愛いのだろう、人間がキュート、チャーミング。攻めにベタ惚れで惚れた弱みで割とお笑いキャラになっちゃってるんだけど心優しいし色気もあって魅力の塊で双方合わせてかなり満足度高い。
エッチの最中マッパでソファから落ちた姿は私も思い出し笑いしてます、かわいいんだもん。しつこく思い出してはにまにまする攻めに「いいけどね別に!理由はどうあれ俺といて楽しんでくれるなら、いっぱい笑って」って…もーそのかわゆさなんなのそりゃあ攻めも思わず抱き寄せるわ。余計なお世話ですけど攻めは一生手離せないぐらい君の事を大切に愛おしく思っていますからね、いつまでもお幸せに!

★電子限定スペシャルショートも新装版には含まれていました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ