10年経っても俺を好きならその時にまた考えてやるよ

キャッスルマンゴー(2)

castle mango

キャッスルマンゴー(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神149
  • 萌×275
  • 萌39
  • 中立17
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
45
得点
1179
評価数
290
平均
4.2 / 5
神率
51.4%
作画
小椋ムク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
木原音瀬 
媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
シリーズ
キャッスルマンゴー
発売日
価格
¥667(税抜)  
ISBN
9784864420600

あらすじ

ラブホテルの息子・万と、悲しい過去を背負うAV監督・十亀の、痛いくらいに真剣な恋、ここに完結――!

花火大会で女の子と一緒の万を見かけて以来、十亀は万と距離を置くようになる。
突然そっけなくなった十亀に不安を募らせる万だったが、そんな折、母が倒れてしまう。
家計に悩みこっそりとラブホテルの経営をするが、素行の悪い客のせいで大切なホテルが焼けてしまい――!?
互いを想う気持ちが大きいほどにすれ違ってしまう不器用な二人の物語、感動の完結!

(出版社より)

表題作キャッスルマンゴー(2)

十亀俊司,AV監督
城崎万,家がラブホテルの高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数45

これで全てがつながる

【リバーズエンド】も小説として、同時期発売となったことで、この【キャッスルマンゴー】の世界が完成したと思います。
両方読まれた方はきっと同じ事を感じられたのではないかと思うのですが、こちらのコミックは高校生の万視点だっただけに非常にBLでした。
小説は、BLと呼ぶにはあまりにそれが薄く、どちらかというと十亀俊司という人間の生き方の話だったと思います。
そんな点を考慮すると、このコミックでは、どっぷりと万視点に入れ込んで、彼の気持ちになって、切なさと健気さを存分に味わうことができる。
十亀はそうなんだ、という裏付けを持っているから、余計に彼等の恋愛が響いてくるものになるような感じがしました。

万の抱えるモノ
十亀の抱えるモノ
それらがスレ違いを産んで、追い詰めて、そしてひとつの到達点に至る。
十亀の元同級生の二宮の存在、十亀の同僚の吉田の存在、
それが彼等の後押しになっているのは、いかに彼等が人を愛すること、愛されることに不器用かという証明でもありましたね。

父を早くに亡くし、父親が大好きだったから、父の宝物であり家族の愛のよりどころであるホテルを存続させたい、盛り立てたいという目標のある万。
彼は、家族を大切に思う気持ちがゆえに、いっぱい我慢をしてしっかりしなくちゃ!と知らない間に気張っている。
それが十亀の出現により、弟を守るためという名目が実はミイラ取りがミイラになってしまう経過をたどってしまう・・・自分でも知らない間に。
直接的に頼っているわけではないけれど、監視という名目の元、彼の元でひと時の安心出来る場所を手に入れていたのです。
それが、夏祭りに友人とダブルデートのような形のダシにされていたことを知らずにもくげきされて、執着の薄い十亀は万を手放そうとして、
理由のわからない万は、不安になっていく。
そんな時に倒れた母の病気の心配と、家の切り盛りの心配。
大人の本音を聞いてしまったがための、さらなる自分で何とかしなくてはならないという重圧に追い討ちをかけるホテルのボヤ。
悟は十亀と親しくしてるのに、自分だけ爪弾きにされているような疎外感。

もう、万視点でずぶずぶに入れ込んでしまって、もういいよ、頑張らなくても。
誰かなんとかしてあげて!
切なさMAXで追いかけてきます。

万が十亀に執着を見せたことで、彼は少しは変われることができたのでしょうか?
万の一途な愛が、十亀の救いだと思えました。
そして周囲の人々のあったかさと。。。

この点がすごくBLだな~と思えた所以です。
恋愛が中心にある。そしていつもの木原小説のように痛い人も登場するにはするが、それは今回のこのコミックの中ではあまり登場しない。
わりと善意の中で展開していくからです。

十亀の執着の薄い理由、そして彼がその後どうなったのか?小説で見届けることにしましょう。
ムクさんの絵柄が、とてもよい雰囲気を出していました。
十亀の無表情と、感情が出たときの差。
ちび絵や、コミカル画風で緩急を取るうまさ。
もうこの絵以外では十亀と万は想像できません。
(悟のかわいさと、吉田の人の良さも注目でしたね♪)

15

たぶん、この絵が必要

ようやく発売になったこの本。
届いてみて、まず普通のコミックスより、ずいぶん厚いのにビックリ。
2,3と分けるか、1冊でなんとしても終わらせるか、迷う分量。
発行が遅れたのも納得。
でも、待っただけのことはある、納得の1冊でした。

万は、整って大人びて見える容姿ですが、実はまだ、高校生の子どもで、
考えていることも世間知らずで、
そして、責任感だけでは、子どもにはどうにもならないこともある。
一方、悟は、まだ身体も小さく、明らかに、まだ守られているべき子ども。

頑なで、甘えられない子どもの万の姿かたちには、この、小椋さんの、大人でもなく、子どもでもない、絶妙なバランスの絵が不可欠だったと、終わってみてつくづく思う。

木原作品ってどれも最終的に、何があっても分かちがたい、番の伴侶を得る物語だと思っているのですが、このキャッスルマンゴーも、とうとう万が粘り勝ちしましたね。
よかった、よかった。

12

待ちに待った・・・

2回も発売日がずれてジリジリしました(汗)
連載されたのを読んでいなかったので、やっと終わりがわかってホッとしてます。
私は最後はハッピーエンドじゃないとイヤなので、この終わり方は大満足です。
(木原作品はアンハッピーが多いという噂なので実は読んでいない・・・。ムクさんの絵が
好きで読み始めた作品です)

最初から二人の擦れ違いが切なくて。。。
せっかく熱海に行こうねーって時にいきなり訳もわからず十亀に突き放された万がかわいそうでした。
小説のほうを後から読んで「なるほど」と思ったのですが、最初万を避ける十亀のかたくなさが
理解できなくて。
相手のことを思いやる・・・プラス、全てにおいてあきらめることに慣れていたのですね。
離れていてもお互いに相手の事を片時も忘れたことはなかったのに。

執着心を見せない十亀に対し、万は自分が十亀が好きだと気づいてからあきらめなかった。
抱きついた身体を突き放されても、知らないうちに引っ越されても。知らないうちに海外に行ってても。

吉田の計らいで、長期ロケから戻ってきた十亀とやっと会えた万。
「8年6ヶ月たっても(十亀が好きという)気持ちは変わらない。」
泣きながら走り去る万をやっと追いかけ、抱きしめる十亀。あぁ、よかったよ(泣)
全てにおいて執着のなかった男と、どうしても離れたくないと思った男と、きっとお互いに必要な存在だったのですね。

ストーリー的には、甘くもなく、萌えも少ないですが、重厚で読んだ後に心地よい疲労感が残る・・・
そんな作品でした。

・・・・しかし・・・・吉田さんって超いい人(笑)8割方この人のお陰で二人がくっついたと言ってもいいと思う!
あと小説にも出てきた十亀の友人、二宮もいい感じで助けてくれました。Wいい人(笑)

コミックには木原さんのミニストーリーがついています。
やっと念願の(?)熱海に行ったお話し。これはちょっとエロいです(笑)十亀の言葉攻めが(笑)
小説にはムクさんのミニ漫画がついてました。万の卒業式の朝・・・かな。ほのぼの~。

万目線の「キャッスルマンゴー」と十亀目線の「リバーズエンド」両方を書き上げた木原さんと
コミック・挿絵を担当されたムクさん。お疲れ様でした!!

12

完結

待望のキャッスルマンゴー2巻です!
私はリバーズエンド本編+プロローグ→キャッスルマンゴー2巻→小椋ムクさんのペーパー→god bless you→木原音瀬さんのペーパーという順番で読みました。

1巻があんな終わり方だったので続きが気になってしょうがなかった!本当はこの2巻をすぐにでも読みたかったのですが、悩んだ末リバーズエンドを先に読みました。やはり、漫画の2巻より先にリバーズエンドを読んで良かったです。
十亀の過去を知った上で2巻を読むのと、知らないで読むのとでは十亀の印象が違うのではないでしょうか。正直、私も小説を読んでいなければ何故あんなにも十亀は諦めが良すぎるのか不思議になるかと思います。そして急に万を避けだす十亀にモヤモヤしていたに違いない!1巻の甘さは何処へやら、という感じですからね。
でも小説を読んで十亀の過去、心の傷を知っているとその行動の訳が分かるので、2巻の展開をより受け入れやすくなる気がします。
実はここまでリバーズエンドの方でも同じ感想を書いています。上記の順番で読んだもので、この2巻の感想を語るには小説の内容も不可欠なのです。

本当に小説を読み終えた直後にすぐにこの2巻を読み始めましたよ。これは時間を空けてはいけないと思いまして。小説で号泣しすぎたので、漫画の方で出す涙は残っていないかと思ったのですが、そんなことはありませんでした。むしろ、十亀の過去を知っているからか余計に気持ちが入ってしまい、読み終えた時のティッシュの残骸は小説の時と同じくらいでした。

この2巻の見所は、何と言っても不器用ながらも頑張っている万の姿ではないでしょうか。十亀に何度突き放されても諦めず気持ちを伝える万に心打たれました。
はっきりと突き放されるのは2度ですね。海外へ行く前と帰って来た後。あそこは胸が痛かった…万の泣き顔に私も涙を堪えられませんでした。

キャッスルマンゴーは万の粘り勝ちですね。決して流されたと言う訳ではなく。十亀にも万を想う気持ちは十分あります。だからこそ「十年経っても~」という言葉が出てきたのだろうし。
でも、リバーズエンド収録のgod bless youを読んで分かる通り、十亀の執着しない諦めの良さは健在です。万が十年かけてこの男を変えてくれる事を願ってます。

あと、個人的にすごく好きなシーンがあります。二宮に十亀の過去を聞かされてショックを受けた万が、その時の十亀に会っていたらと考えるシーン。あれはすごく良かった。万の想いにじーんとしてしまいました。この後の、「キス!?」と我に返るのがまた可愛くてたまりません。

最後に、小椋さんの描くキャラクターが本当に素敵でした。これ以外は絶対に考えられません!

9

沁みわたる~

やっとやっと入手することができました。
そして、待ちに待った分、ページが多く、厚いのが嬉しい。

1巻目から間が結構あいたのですが、全く色あせない物語。
こういうのって、とても貴重なのだと思う。
これは、木原さんと小椋さんの作品なので、良いものに違い無いのですが、
改めて、この作品には、小椋さんでないとならないものだったな
と感じずにはいられません。

万には、女性と付き合えた方が幸せだろうという想いから、
距離を置く、十亀。
万にとっては、急に距離を置かれ、突き放されてしまったことのショックなのですが、
それでも、自分からぶつかっていく強さを感じます。

2人の距離感、離れていたものが近づくことを感じることができ、
心にしみわたる作品でした。

7

ぶきっちょ×ぶきっちょ

見ていてじれったい二人でしたが、最後はハッピーエンド♪
不器用故の成り行きでしたね。

美青年の万くんが、恥じらったり、泣いたり・・・S気がある攻めさんだったら、ガンガン攻められそうですね~なんてちょっと妄想してみたりして(*´∇`*)

まぁ、そんなのは私の頭の中だけ・・・じゃなかったですね。
初版特典の、木原先生著の小冊子にはちら~っと、そんな場面ありましたね。
でもでも・・・可愛すぎて攻めきれてない・・・でも、そんなところも良い!!

正直、木原先生のお話は暗い感じが強くて、少し敬遠していましたが、ちょっと読んで見ようかな?とおもいました 。
ちなみに。小椋ムク先生のイラストは大好きです。
受けと言っても、ナヨナヨした感じが無く、均整の取れた色気があります。
BLは基本、本の中の世界と思っている私ですが・・・リアル男子(格好いい人限定)もありかな?と思ってしまった。

7

ああ、幸せ・・・!!

すれ違い、色んな障害を乗り越えて結ばれる作品が好きな人にお勧め。

親が経営しているラブホテル(お父さんの遺産)を母と弟と一緒に守っている万と、AVビデオ監督の十亀の年の差ラブ。

万は十亀が最初は嫌いだった。でも、十亀がゲイだと知ると、かわいい弟が危険だと思い、十亀を弟から遠ざけるために、とあるきっかけを作り自ら十亀と付き合うことに。
少ししたら別れるつもりでいたのに、一緒に過ごすうちに十亀のことが気になりだし好きになっていってしまう。
万が大人な十亀をだんだん好きになっていく過程もとてもいいんです(^^)
それからというもの、万の方から十亀の家に行ったり、キスしたり、ラブラブモードがしばらく続いていく。しかし、十亀はまだ何も知らない。。

ある日、友人から頼まれ、花火に女の子たちと行くことになった万。楽しそうにしている姿をたまたま通りかかった十亀に見られてしまいます。

それから、十亀は万の将来を思ってわざと万にそっけなくしたり、「高校生なんて面倒くさい」といってますます万を遠ざけてしまいます。

その間、万の母が倒れたり、悪い客のせいでホテルが家事になったり、万も体調を崩したり、お金ほしさにAV男優になろうとしたり、十亀がケニアに撮影に行くことになったり、、、とにかく2人にはいろいろあったのです!

お互いすれちがい、傷つき、色々な障害を乗り越えて。。。。ついに結ばれます!!
Hシーンは美しかったです。全部見せないところがまた萌える(>3<;)
「はじめてだからやさしくしてほしい」と、顔を赤らめながら言う万にも萌え。。
というか、本当に初めてだったのね。。

十亀、万をこれからずっと幸せにしてあげて~~~

期間もあったからか、2巻は分厚いです。
その分書き下ろしがあるかと思いきや、ありませんでした~~(ちょっと残念)が、、
その後のちょっとラブラブな2人が描かれているミニペーパーが付いてました♪♪

6

嘘から出た真

キャッスルマンゴー、第2巻。最終巻。
雑誌掲載時には目にしていなかったのですが、これは単行本で一気に読めて良かったなと思いました。
1巻の終わり方もぐっと息を飲みそうになりましたけど、2巻は最後までじれったくて切なくて。
これを連載時に読んでいたら悶え死んでたんじゃないかと思います(笑)

今回も、思った事を。

前回の時、あれだけ万に肩入れ出来ない自分が居たのに。
今度は「頑張れ万」と思いながら読んでいました。
色んな過去、色んな出来事、色んな経験があって、十亀は人や物に執着しない訳だから、本当に十亀を手に入れたかったら、彼を必死で死ぬほど追い掛ける他ないと思ったから。
しかも自分には十亀に嘘がある訳だし、十亀は自分の思いを掻き消す大人だし。
万は苦しく切なく逃げ出したい思いでいっぱいだっただろうけど、自分のついた嘘が愛情に変わっているのなら、それぐらい頑張れよ!と心底思ったのです。

八年六か月変わらない。
一言で言っても、実際にはとてもとても長い年月です。
でも、今の万には、それぐらい十亀が必要な訳で。
裏を返せば、一年四か月、周りにどれだけ魅力的な人間が居ようとも、万の気持ちは真っ直ぐを向いていた訳で。
不安で押し潰されそうになった夜だってたくさんあっただろうなって思います。
遠く離れた異国で仕事をしている十亀。
身体は大丈夫かな、事故にあってないかな。早く無事に帰って来て。会いたい。
そんな思いを何度しただろうと考えると、胸が痛くなる。

本当の気持ちをぶつけて、十亀は追い掛けて来てくれた。
掴まえてくれた。
もうそれだけで、万の気持ちは報われたぁとしみじみ感慨深くなるなるばかりでした。
(勝手に親心的な・笑)

2人が体を重ねるシーンも、ご飯を作って十亀の帰りを待つ万も、起きて「おかえりなさい」と呟くシーンも、全て素敵なんだけれど。
裸でお互いをギュッとしてる場面は本当に印象的。
人間の温もりを沢山必要としている2人だから、もっともっと温めあって欲しいなぁと思わずには居られませんでした。

怖いシーンなどないのに、ずっと息を潜んで読んだ2巻でした。
2人の幸せがずっと続くなら、万の嘘も、結局は100点満点の働きをしたんですね。

読むのが怖かった「キャッスルマンゴー」。
今となっては読んで良かった、の一言に尽きます。

6

守ってあげたい

 十亀俊司という人は、まるで仏道に帰依した高僧のようだ。
 愛別離苦を知り、怨憎会苦を知り。
 四苦八苦を知り、生老病死を知る。
 生と死が一続きであることを知り、諸行無常を知る。
 何一つ自分の思い通りになることなどないとわかっている。
 そして執着という煩悩が本当は人間をもっとも苦しめるのだと悟っている。

 そういうところが周りの人間にとっては、はがゆく、ときに寂しさを感じさせたりする。それでも。十亀という人は、決して自分の境遇や不運を誰かのせいや社会のせいにしない。すべて自ら飲み込んでゆくのだ。

 十亀のような苦労を一つも経験してない人間に、一体何を言う権利があるというのだろうか。
 万に10年後~と話すとき、本当に静かに10年待ちそうな十亀が悲しい。
 だけどそんな十亀に若さで力いっぱいぶつかっていく万が可愛い。
 そして頼もしい。愛おしい。
 ラストの方のシーンに万の胸に頬をうずめて眠る十亀が切なくも微笑ましい。
 そして彼を守るように微笑む万が素敵だ。
 ここはまさに一巻の車での抱っこと対を成しているんだなと、後で気が付いた。
 年下だから守られるとか、年上だから守るではない。
 対等な関係がそこには確かに或るのだ。
 そして万は十亀を精一杯守って、時には甘やかしていこうと心に決めているようだ。
 頑張れ!万!

 このコミックスのまず表紙が素晴らしい。
 多分、『御所車の部屋』なのではないのかな?と思うのですが、色味が素敵で、金魚の屏風が美しい。
 裏表紙の車での二人がまた可愛い。ボロ車の描写がまたいいんですよね。
 そして折込のカラーもまたすごく可愛い。微笑ましい。
 帯も綺麗なのです。凝っている本作りをしてくれています。
 また各話の表紙がすごくいいんですよね。
 何度も読み返していくと、その意味をまた考え直したりして楽しい。
 
 小椋さんはシリアスの場面の表情も絶品なのですが。
 私は実はギャグシーンの可愛いちっちゃい十亀さんとかすごく好きです。
 シリアスとギャグ絵のメリハリって漫画を描く人にとって実はすごく大切なんじゃないかなと常々思っているのですが。
 小椋さんも間違いなくそちらの才能も豊富だなあと今回しみじみ思いました。
 また、主人公たち以外の脇役の個性も凄く大事で。
 吉田さんや悟や二宮を筆頭に素晴らしいキャラクターたちがこのお話を大いに盛り上げています。
 
 何度読んでも飽きがこない。お手元においてほしい素敵なコミックスになりました。
 そしてぜひ『リバーズエンド』も読んでほしい。
 彼らの愛の行方をこれからも見守りください。


 守ってあげたい。ほかには何一つできなくてもいい。
 守ってあげたい。あなたを苦しめるすべてのことから。
 ’cause I love you
 
 
 
 
 

 
 
 

 

6

焦らしプレイに身悶えました

1作目でこの二人はいったいどうなるんだろうとドキドキの新刊待ち。
発売日が何度も変更になり、焦らされまくる、更に作品を読み始めてまた焦らされる。
AV監督と高校生の恋だもの、焦らされるのは当然と言えば当然だし、
嘘から始まった大人でも子供でも無い高校生が、必死で生きてる姿も、
必死で恋に揺れ動く心も、大人だから相手の為にはいない方がいいのでは?
なんて、自分に言い聞かせるみたいな思いで離れようとする大人。
でも、きっかけは受け様が花火デートしていたのを見たからショックを受けてる。
そんなヘタレ感から始まってる気がする。
確かめ方もやっぱりヘタレ気味だったから、高校生の受け様なんて理解出来ないよね。

でも、何に対しても執着出来なかった攻め様だけど、受け様には言葉以外で
執着が見えてた作品だと思いました。
互いの心が繋がる寸前で、でも攻め様は海外へ撮影に行かなければならない。
受け様に10年後も同じ気持ちだったらなんて言葉を残して・・・
何処までヘタレなんだと!大人って理由じゃ納得出来ない。
それでも、結果的に二人には離れてる時間が必要だったのだと思える。
再会して、変わらぬ思いを攻め様に伝え、おお~またヘタレるのかっ?てところで
攻め様本気モードしちゃってくれます。
随分焦らして焦らしてくれましたけど、納まる所に納まった感があってとても良かった。
そして、甘さ控えめの不足分は番外ペーパーで補充する、やっぱり焦らし作品です。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ