狼は魔法を

ookami ha mahou wo

狼は魔法を
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×219
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
21
得点
190
評価数
51
平均
3.8 / 5
神率
31.4%
著者
夏來ジッポ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784864420617

あらすじ

本当はただひとり、自分を愛してくれる人がいればいい。
男達と体だけの関係を持ちながらも、そう願う永瀬が出会ったのは地味で恋愛にも興味の無さそうな大学の先輩・樋口。
無口で無表情な男だが、接するうちに知る優しさに永瀬はどんどん惹かれていく。
幸せになりたい、愛されたい、樋口への募る想いは果たして・・・。

表題作狼は魔法を

大学の先輩 樋口
大学の後輩 永瀬

同時収録作品枯れた花に恋の水

清掃のバイト 八田
花屋 曹介

同時収録作品狼に魔法を

高校生 女友達の彼氏 井土雅也
高校生 永瀬

その他の収録作品

  • 枯れた花に恋の水
  • 狼に魔法を
  • 狼と魔法を

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数21

特別になりうる出会い

レビューをしないまま神評価をつけた本作、
内容を全く覚えていなかったので再読しました^^;

読んでいるうちに少しずつ思い出したのですが、
〝神〟は表題作に付けたものでした。
最初に収録されているのが同時収録作で、
2作目が表題作なんですよね。
それは、やっぱりとても良いと感じました。

読み切り作品から始まるのですが、
好きだった男に「男の体は無理」と傷つけられてしまう永瀬が切なくて切なくて……
しゃがみ込んで涙する姿が苦しかったです。

ーーそして、その永瀬が大学生になってからの話へと続きます。

タイプじゃない先輩に恋をしてゆっくり築いていく関係がとてもいいです。
どんな出会いでもその出会いを大切にすれば、
それが特別なものになるかもしれないという括り方がとても好きでした。

0

愛されたいだけなのに

『枯れた花に恋の水』
花咲が可哀想。これまでどんなけ傷ついてきたか。
見た目が怖くて中身が違うってだけでここまでの目に会わなきゃいけないの?

八田くんが救いの天使ですね。
好き好き攻撃も可愛いし、実は俺のこともう好きなんでしょ?とかわからせてあげるみたいな、キャッ。以外と強引でギャップがあって萌えました。
花咲を幸せにしてあげてね。

『狼に魔法を』
永瀬が切ないですね。誰かに好きになってほしい、女の子のようにされたい。それがどうしても叶わない。
いいなと思った女友達の彼氏とキスまで行きますが男とはやっぱり無理みたいで。女の子ってだけで何でも受け入れられるのが羨ましくて。

『狼は魔法を』
樋口先輩みたいなひと私も好きだな。
優しくて裏表なくて本当の事しか言わなくて。
無表情なのにマメにメールで励ましてくれたり家に入れてくれて楽しく過ごしたり。
永瀬の傷を思いやってくれて。早く追い付けーーー。

0

恋の話、2篇

2作品収録です。
冒頭は表題作ではなく、花屋さんの話。

「枯れた花に恋の水」
『ヤクザ花屋』と子供にあだ名されるくらい怖い顔の、花咲曹介。
外見のコンプレックスで笑えず、性格も暗く、自信がない。
でもそこにガンガン突っ込んでくる八田。
今までの人格否定されまくりの人生、八田の好意は全く信じられず自分の気持ちも肯定できない。誰にも好意を抱かない事が自分の傷つかない方法。
でも本当は……『信じたい 甘えたい 好かれたい』こんな叫びが隠れている。人も自分も受け入れたい、と。
こんなこじらせ男をがっちり受け止める、可愛い顔して頼もしい年下攻めですよ。

「狼に魔法を」
若さゆえ。
イケメンでゲイの高校生永瀬の、残酷な青春。

「狼は魔法を」
大学生になった永瀬。男という事で拒否された彼は今、体だけの付き合いを中心としたゲイライフも覚えた。でも本当は彼氏が欲しい。
そんな時に知り合った、無口で無表情、何を考えているのかよくわからない樋口先輩。
全くタイプじゃないのに段々惹かれていくこの感じ。誰に対しても裏表のないブレない樋口先輩がどれだけ不安定な自分の支えになってたか。
永瀬君、先輩に恋ができて良かったね。

「狼と魔法を」
先輩目線。何を考えているのかわからないような先輩も、彼なりに外界を感じ考えている。(当たり前だけど)
先輩にとっても、永瀬君は特別。ほんのり恋風味。

0

じんわりしみる

全体を通して繊細さを感じるお話です。

【枯れた恋に~】
ほんわかしました。
こちらは強面な年上受けの臆病な感じとかが描かれていて良いです。

【狼は~】
表題作は高校時代から大学時代にかけての永瀬の話をじっくり描いています。
個人的にはやはりこちらがツボでした。
表紙二人のお話でもあるのですが、印象としてはゲイである永瀬が傷つきながら
ずっと自分を愛してくれる誰かを求めていく様を読んでいく話のほうが強いです。
地味で無口ゆえか攻めの心情が少ししか分からず、描きおろしで補完される感じです。
ですが、もう少し先の幸せそうな永瀬を見たいなとも思うので
収録作品のどちらももう少し先まで読みたいと思わせる作品でした。

1

愛されたい

作家さんデビューコミックス!!
2人のお話しが入っています。

「枯れた花に恋の水」
見た目が厳つく、まるでヤクザみたいな花屋の店主。
自分の見た目にコンプレックスがあり、でもどうしようも出来なくて
いろいろと諦めているおじさんとそのおじさんに恋をした青年の話。

青年は好き好きアピールが凄くて振り向かせようと頑張るんだけど、
それ以上におじさんの心の傷?の方が深くて、なかなか青年を信じられないおじさん。

恋愛をしても、振られてしまい、どうせ自分はこんなんだからと諦めてるのに
好きになってくれた子が若いし、男だしとおじさんが悩みまくってます。

お話し自体は悪くないんだけど、ちょっと印象がうすいかな??

「狼に〜」
表題作はとーーーっても好きでした(*′ω‵*)
主人公はイケメンくん永瀬。
永瀬は、大学生になって、いろんな男と体の関係を持つんだけど、
いつも心の底では、自分だけを愛してくれる人を求めている。
女の子の当たり前が自分には持てない事で、傷付いてしまうくらい
傷つきやすい彼には、自分だけを愛してくれる人なんていない
とネガティブになりながらも、その人を探すのに必死で、
でも、失敗する度に傷付いて、もぅ胸がぎゅーですよ(´Д` )

そんな中で、大学の先輩•樋口と出逢い、無口で無表情で何にでも
興味がなさそうな彼にホモだとバレてしまう。
しかし、先輩は、そんな永瀬を受け入れ、次第に距離が縮まっていくんだけど
読んでると永瀬が可哀想で可哀想で•••

樋口先輩、最後よくやった!!!って感じだよ笑


どちらのお話も、自分を諦めている感じで、
愛されたい想いが伝わってくるお話しでした。

神評価付けたいけど、やっぱり花屋の話はうーんだったので、
神に近い萌えx2で笑

1

若いって罪だな。

黒髪無口、無表情。
この類は結構大好きですが、
今回の黒髪くん。表紙からして
キノコくん。
購入するのを長らくためらったのはこの、キノコくんが好きになれる自身がなかったからでした。

それでも気になりまくり、やっと
購入しました。

キノコは想像よりも表情が動かず、鼻もなんだかおかしく。
目も想像以上に動かない。
でも、キノコ登場までが
あまりに切なかったため
この安心安定のキノコが
どんだけ大きな存在かが
ひしひしと伝わってきました。

見た目で判断してごめんよ。

3

二作品収録

なんでも器用にこなせたらいいのにな、気にしないでいられたらいいのにな、と漠然と感じる人間関係においてのあれこれが身にしみるお話が二編収録されておりました。

【枯れた花に恋の水】
たしかに、「この人すごく怖そう、笑わないし声も低いし」と思うような人、いますよね。そういう人がふと笑ったり、冗談を言うとすごく驚いたりもして。寡黙な人ほど中に抱えているものは大きいんだろうな。
受け(途中までこれはどっちが受けで攻めなんだろう…とこわごわ読んでいました(笑))である花咲さんもそのたぐいの人で、自分のルックスが他人にどう思われて感じられるかを年を重ねるごとに知ってしまい、気が付けば対人関係をやや億劫がるようになっています。
このネガティブな一面を打ち崩してくれるのが、素直でひたむきな八田くんです。彼の裏のない愛情表現が鉄面皮状態の花咲さんを少しずつですが柔らかく溶かしてくれます。
花咲さんの鬱屈した感情、分からないでもないんです。だからこそ読み進めるごとにむなしくなってしまって、目を背けたくなりました。
前経営者である両親が死んだことにより、後を継がざるを得なくなった、そういう風に花咲さんは言っていましたがほんとうは仕事に対して真摯な人なんだなというのも分かります。これでこの花屋の仕事さえも嫌だなんて明確に言っていたらただのネガティブな人ですが、こういう真面目なところもまた、八田くんが花咲さんに惹かれた理由なのでしょう。
八田くんのストレートな感情表現が気持ちいい漫画でした。

【狼シリーズ】
としてまとめます。まず「に」。
ほんとうに井土くんが欲しかったわけではないけれど、今まで諦めていた『同性からの関心』が向けられていることに対して『欲しく』なってしまったんだろうな。
ずっと、好きだと思った対象から恋愛の『選択肢』にさえ入れなかった今までとは違って、明らかに友情とは異なる感情のベクトルを向けれらていると判断したら興味も喜びも膨れますよね。だって、永瀬もまだまだ高校生ですもの。
井土くんとしては、浮気というもののスリリングさ、異性ではなく同性と結んだ関係で感じる刺激、好奇心、それらが混ざり合っていたんでしょう。
永瀬もそうと分かっていたと思います。聡いです。でもどこかで、もしかしたら手に入るかも、このまま頑張れば先に行けるかも、友人から『奪える』かも… 「早く、俺のものにしなきゃ」 というモノローグは辛かったです。そして終わりも、悲しかった。
普通の男女と同じように、彼は恋愛したかった、それだけなのに。

「は」
救われましたよよかった永瀬…! この作品に出てくる樋口先輩が大変良い! 無口の無表情電波系ですが、とても良い!
この作品で気が付いたのですが、永瀬くんちょっと乙女チックなところがあるんですよね。そして、好きになればなるほど自分だけのものにしたくて独占したくてそれでいて愛してほしくなる。いつも諦めているだけに、とっかかりがあって火が付くととても情熱的になるようです。
永瀬が色々ためこんでいたり、誰にも言えなかったことを優しく聞いてときには茶目っ気のまざったレスポンスもしてくれる樋口先輩、惹かれないわけがないですよね。いやもうとても好きです。なので、永瀬が勢いあまって思い告げたときの動揺した表情をほんとうは! 見たかった!

「と」
好かれているということが分かっていると、永瀬も冷静に静かに樋口先輩を待てるのですね。押せ押せな面が目立っていた前二作とは違い、おだやかなふたりを見ることが出来ました。
このふたりが交わる(樋口先輩、ちゃんと勃つらしいので)ときはどういう感じなのでしょう。「先輩ほんとうに出来るんですか?」なんて言っちゃうんだろうなぁ。
ところで、狼とは永瀬のことでしょうか。
狼「に」魔法を「誰かかけて」/狼「は」魔法を「みつけた」/狼「と」魔法を「つつむとき」
とか、そういう感じかなぁと読了後に考えていました。魔法は、恋なのかな。

永瀬くん、花咲さん共に暗かったのですが、お相手の樋口先輩と八田くんの優しさ柔らかさでその暗さも吹き飛んでいました。ちゃんとそれぞれ「水」も「魔法」もつづいているのか、二組の「今」も気になる作品でした。

1

二つのお話し

ヤクザな顔のお花屋さんと清掃のアルバイトをしている八田のお話~
これすごい共感と夢がつまっております(私的に)
強面で自分をうまく表現するのが苦手な受けに対してその良さに気づいて好き好き~とアピールする八田のちょっぴり?受け的にはナイーブなところにつっこんだお話。
もうねぇお花屋さんすごいわかるーー。顔が怖くて勝手なイメージつけられて面白半分で近づかれて勝手に愛想つかされて・・・。私?私じゃーんと共感しながら読めました。
だからこそ、八田の好き好きアピールをうのみにできなくて信じられなくてネガティブな言葉だけが自分の心にすっとはいってきちゃう。
八田が自分を求めれば求めるほど怖くて逃げたくなる・・・・。

------------------------
タイトルの「狼は魔法を」
女友達の彼氏がほしくて・・・・これって男女でもなんでも同じ思考。
女より綺麗で・・・でもゲイだから・・・・・。
過去の失敗からほしがることをやめた永瀬・・・・だけどいつしか樋口を好きになってしまって。
樋口・・・・いいキャラしてるよねぇ。
好きです・・・・人に無頓着そうなのに自分だけにはちょっと特別??みたいな・・・・。
永瀬が気になっちゃうのもわかるし樋口からしたら棚から牡丹餅だよ・・・・。
あぁこの二人のらぶらぶが見たい~。

1

ヤクザ花屋

小学生の「うわーヤクザ花屋だー!」にウケました(笑)
その走っていく姿が昭和の小学生を彷彿とさせますw

同時収録作「枯れた花に恋の水」は強面の曹介が花屋をやっているという見た目とのギャップがネタのお話でした。
見た目のギャップが酷いと逆に話題になって人が来そうな気もします(笑)
でも中身はとってもいい人なんですよね。
八田は曹介のことを一目惚れで好きになったようですが、話の流れを読んでいると、ちゃんと曹介の中身も好きなんだな~と思わされました。
そんなわけで八田の押し押し攻撃もなんかいいな~と思えるのでした。
そして強面年上のほうが受けなんですね~。あらビックリ。


表題作「狼は魔法を」シリーズ。
これは・・・無口攻めキターという感じです。
キノコというかメットというか、樋口の見た目が全然好みじゃないんですが、
でもこのカップリングいいなぁと思いました。

こちらの作品は残念ながら(?)キス止まりなんですが、
あの無口な先輩がピーの時に一体どうなるのか、そこが気になって気になってもう・・・!!
妄想が止まりません(笑)
うぅ、そこのところを描き下ろしで是非見たかったです。

1

ヘルメット先輩

表題作が大好きです。

『狼は魔法を』 樋口先輩×永瀬くん
当たり前のように、当然のように男から愛される“女の子”という存在への嫉妬や、
ノンケ男へのぐるぐるした想いに、切なくて胸が痛くなりました。
自分のことだけを好きになってくれる相手と出会えれば、ただそれだけで幸せなのに、
うまくいかないなんて切ないです。

先輩の気持ちが少しずつ永瀬くんに傾いていくというか、向かっていく描写が
とても丁寧に描かれていて、余韻もほどよく心地よくって、
読んだあとに心が温かくなりました。
永瀬くんが素敵な先輩と巡り会えて、本当によかったです!

ひっっっじょうに続きとその後が気になる作品です!絵柄も好き。
キャラクターもストーリーもとてもお上手で好みなので、
これから作家買いしようと思いますー!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ