「やあ、蜜蜂ちゃんたち♪ 僕は皆の王子様だから安心してね♥」

がんばれ諸星くん

ganbare moroboshikun

がんばれ諸星くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
55
評価数
16
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784199607387

あらすじ

学校中の女子から憧れられ、男子からも一目置かれる学校公認のモテ王子・諸星。取り巻きの目を盗んで静かに一人の時間を楽しんでいたある日、
硬派なクラスメート・塚本のピュアで淡い片想いを知ってしまった!! 一匹狼な雰囲気とは裏腹に、一途な彼の恋を応援したい――。
全ての女の子をお姫様にする王子様による、恋テク伝授がスタートして…!?

表題作がんばれ諸星くん

受け攻め不明・諸星流 モテモテの高校生
受け攻め不明・塚本 柔道部

その他の収録作品

  • 君だけの王子様
  • カバー下あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

塚本のタレ目が好き

前のペンネーム時代の作品では、絵も含めて好きな作風なのになんだか微妙に惜しい感じだった懐十歩さん。
ペンネーム変更後の初コミックスとなるこの本ですが、これは良かった。

誰かを好きになる事、それは一人で始める片思い。
その片思いを、応援したくなる気持ち、これはいったい何でしょう。

高校生男子の、恋する気持ちを丁寧に描いたこの作品、結局最後までエロどころかアクシデントのようなキスぐらいしか描かれませんが、萌が充分に詰まっていて、エロなしでも満足でした。

0

世間知らずの王子様

先生、ペンネーム変えられたんですね。

諸星くんは、超キザな王子様(本人おおまじめ)で女子にもてもて。しかし、唯一の休息場で憩っているところに、突然の乱入者が。。

であった塚本は柔道部の主将(ゴリマッチョ)が好きで、その恋をあの手この手で応援しているうちに、塚本くんを好きになってしまう諸星くん。

最後は塚本くんも諸星くんに心を開きますが、まだ恋にまでは至っていないかな?よく考えるとHなかったですが、ちょっとコミカルなハートウォーミングコミックとして十分楽しめました。

0

健気な王子様

王子様キャラ自体にはそんなに興味がないのですが(ひどい)
恋を知らないまま女の子に愛想を振りまいていたのに
クラスメイト・塚本の片想いを応援してあげる姿がとても一生懸命で
諸星の最初の印象がすっかり変わってしまいました。
「蜜蜂ちゃんたち♪」は無いでしょうよwwだったんですけどね。

この塚本が男らしい感じなのに片想いの先輩にめっちゃウブい反応!!
これは…つられ恋(?)してしまう諸星の気持ちがワカル…。
先輩の言動に一喜一憂する塚本の可愛さは
そのへんの蜜蜂ちゃんたちと比べものにならないくらいラブリー!!

そんな塚本に悲しい顔をさせたくない諸星の葛藤が
とても切ない素敵な作品なんですが
なぜ塚本の片想いの先輩をああいうクセの強いお顔にしてしまったのか…ww
柔道部の主将っぽさを強調したかったのかなぁ。
いくら塚本が顔で恋をしたわけじゃなくてもちょっと……。
物語に集中しきれなかったのは私だけかもしれませんけどww
モテ男・諸星と対極なところに意味があるのかも…??
じーんとくるシーンは沢山あったのですが
主将を見ると「Oh…」となってしまってごめんなさい。
自分でも謎の引っかかりですが
最後まで漢気のある塚本がかっこよかったです!

2

おうじさまの初恋

シリアスとギャグの振り幅が大きい作家さん(だと思っている)ので,どういう雰囲気の話なのか買うまでわからなかったのですが,ギャグは序盤だけで,ピュアな片恋~両想いといったかんじでした.
まず表紙の子が諸星くんです.ここに出てきていない塚本くんという男子が片思いをしているらしいと気づき,恋のキューピッドを買って出たものの――というお話です.
諸星くんの視点で進むのですが,ガチな恋は初心者な諸星くんが恋に落ちて王子様がただの恋する男になっていくのが良かったです.
電子書籍購入特典もぜひ読んでほしいです.

1

ギャグかと思った

表紙からして最近増えてきたギャグっぽいかなと思ったのに全然違った!
ものすごいピュアで、こんな恋愛いいなって感じ。
諸星くんめっちゃ可愛い!
追っかけからあんなに逃げるの上手い王子見たことない笑
もし続いてたら是非読みたい。
王子だけどなんかチャラかなくて嫌味がない。
ほんわかした気分になりました。

主将はマジでアニキと呼びたい。
デザインはもうちょい普通でもよかったかなとおもうけど、それはそれで二人をより光らせる感じで面白かった。

2

こんな王子いたら(ry

う…うーんものすごく申し訳ないことにみちのくアタミ先生風だぞと勝手に思い込んで久々にスター発掘とばかりに僭越ながら手に取らせていただきました。まったくの新人の方ではないようですが作画もお話もキレイなので今後も期待とさせていただきこの評価でございます!1巻まるごと表題作で大変ありがたいです。



以外ネタバレ含みます。

諸星くんは初めから学園の絵に描いたような王子的存在に君臨している一方で事なきを得ながら持て囃されるために裏側で物凄い努力をしていまして。
一方ヤンチャ系受け(仮)の塚本くんは柔道部のブサモブ部長に思い切り甘酸っぱい片想いをして学園アイドルな諸星くんの目に止まります。序盤はふたりの対比が面白く、影の存在でも恋してる塚本くんが王子より圧倒的にまぶしかったりするのですが、そこは諸星くんの王子力でモテスキルを上げまくったり常に可愛い感じです。

やがてふたりは恋・・という風にはあまり最後の最後までならず、その展開への動機もまた不可思議でノリきれないところがあって好みの問題ですかね。諸星くんが元来モテまくりなのもこんなキャラこのご時世いるかどうか置いておいて百歩譲って飲み込めるとしてなぜ塚本くんにばかり釘付けなのかとか塚本くんもどうしてセンセイ君主の序盤に登場しそうなモブ主将にメロメロなのかも訳分からないですしそのあたりのギャグ風な設定を生かすなら最後までギャグに振り切ってほしいところが妙に生真面目さが漂いどんなテンションで楽しめばいいのか難しかったです。

ただ、おそらく好みの問題ですけどギャグBLに振り切ってしまえばお金を出して読みたいかどうかは置いておいて非常に好感が持てて万人ウケするのではないでしょうか。画がすっとしていて読みやすいので作者さまのいろんなタイプのお話を是非とも拝読させていただきたいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ