劣情スイッチ

retsujou switch

劣情スイッチ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×229
  • 萌21
  • 中立2
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
14
得点
236
評価数
69
平均
3.5 / 5
神率
15.9%
著者
西野花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陸裕千景子 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHY文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784813041238

あらすじ

平凡な大学生・依泉には、絶対に言えない秘密がある。
それは未経験のくせにハレンチな自慰動画を何本も配信するネットアイドルだということ。
幸い母との二人暮らし、誰にも知られる心配はない……はずが、
母の再婚で出来た義理の兄・史郎にあっけなく暴かれてしまう。
人に見られて悦ぶ変態だと罵倒を覚悟する依泉。
けれど史郎は罵るどころか、甘く淫らなセックスで依泉の初めてを奪って──!? 
年の差義兄弟のカラダから始まる禁断愛?

表題作劣情スイッチ

両親の再婚で義兄になる 朝比奈史郎 32歳 
自慰動画のネットアイドルをする大学生 雪野依泉

その他の収録作品

  • 彼シャツを纏って
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

変態デロ甘エロバカップル

初めから終わりまでとにかくエロエロまっしぐら、義兄弟ものでも禁忌感は
ほとんど皆無、読み終わった後に感じるのは、このふたりのエロへの探究心。

受けは育った環境の寂しさから誰かに自分を見てもらいたい、かまって欲しいと言う
真相願望が成せる技なのか、自分の自慰姿を映像ブログに載せてる可愛い変態さん。
顔が映らないようにしながらもエロ姿を晒し、それを見た相手からのコメントで
自己満足しているような見られることで快感を得るタイプみたいでした。

そして自分のブログを見てくれるあるコメントをくれる相手に会ったこともないのに、
好感を抱いているのですが、それが母親の再婚で義兄になった史郎だったりします。
初対面から互いに惹かれあっている雰囲気もあり、新しく家族になった4人で
温泉に出かけ、そこで義兄に自慰ブログの主だと気づかれ即エロ突入。

そこには、禁忌感も無く、無理矢理な感じも無く、只々エロに夢中な二人。
依泉が初めての他人から得られる快感に夢中になって、二人の関係を史郎への
恋心で少しだけ史郎が自分を本当はどう思っているのかと悩みますが、
全てはエロで払拭しているような激しさです。

古い言い回しなら長く文通をして心が通いあっていた相手と出会い、
即身体の関係になって互いに相性もバッチリでそこに依泉を狙う輩が現れ
それを史郎が撃退して、またエロになり、やっぱりいつも一緒にいようと
同居して、二人でエロ探求している。

後半の方で依泉が兄弟になったのに~って憂いにも史郎は兄と呼んでと
エロのスパイスの一つにしてしまう、この兄も変態さんです。
エロバカップルと言ったほうがしっくり来ますね。
痛さも切なさも気にならず単純にエロエロ甘いバカップル義兄弟を楽しめる作品。

8

すごいヘキを抱えた美少年

自分の自慰動画をブログにアップする変態美少年(受け様)と、その義兄(攻め様)のお話です。エロ度高め。そして甘め。
弟君とんでもない性癖ですが、そのブログの大ファンだったお義兄ちゃんにもビックリ(笑)
二人は親同士の再婚により義兄弟となるのですが、初顔合わせですでにお互いが好印象。お義兄ちゃんはスマートで人当たりがいいし優しい。ブログのコメントも(その時は未だ身バレしてません)情熱的でステキなんです。不器用な優しさもいいんですけど、やっぱり器用な優しさがいい。純粋に胸がキュンとします。
自慰でお尻でも気持ちよくなっちゃう動画へのコメントで、
「――後始末をしてあげたい」て…w
この一言に激しく萌えました。(笑)
弟もお義兄ちゃんと分かる前から、ブログのコメントに胸をトキめかしてましたから。自分の性癖にコンプレックスがあって自虐的な子には、こういう優しくて包容力のある大人の男が合ってますよね♪
弟君は新しく出来た家族に性癖のことが後ろめたくて、絶対にバレてはいけないと決意も新たにするのですが、秘密にしていた趣味が親睦を深めるための家族旅行でお義兄ちゃんにバレてしまいます。
そこは作者が西野先生ということで、それをネタに脅迫されて無理矢理…みたいな流れかと思いきや!脅すんじゃなくお願いするんですよね、お義兄ちゃんが、自分でしてるところを見せてって。w
弟も、まぁ自分のそういう動画を公開してるだけあって、お義兄ちゃんのお願いに興奮しちゃって見せちゃうんですね。そういう時って、普通は「恥ずかしいから…」…見ないで…、ていう心境になると思うんですけど、この弟君は違いました。
―――「恥ずかしいから…」だからもっと見て欲しい。―――
エッチなシーンでしたが笑ってしまいました。この子スゴイなって(笑)。でも顔は見られるのは恥ずかしいって!どないやねん!(笑)
一人エッチを観賞するだけで終わるはずもなく、なしくずしに最後までやっちゃいます。その後、お互い両思いなのは分かるんですが、ちゃんとした言葉はないまま、体の関係がどんどん深まっていきます。それはもう、お義兄ちゃんが積極的に電車での痴漢プレイや尿道プレイ、さらには二人での営みを動画におさめてしまうのです。お義兄ちゃんもたいがい、紳士の皮を被った変態でしたw
今までは自慰行為しか動画をアップしていなかった弟ですが、お義兄ちゃんとのプレイをアップしたことで、ファンの一人だった男が嫉妬心から暴走し、ストーカー化してしまいます。そのストーカーに暴行されそうになりまが、間一髪、お義兄ちゃんに助けられます。この未遂で終わるところ、西野さんの作品では珍しいんじゃないでしょうか。しかしこのストーカーの一件で、二人の関係は心身ともに深いものになり、めでたしめでたし。最後の仲直りエッチで、「おにいちゃん」と言わせたがったところは、さすがの弟からも変態呼ばわりされ、でも弟も最後はノリノリで「おにいちゃん」連呼する、そんな幸せな変態兄弟でした。

7

あまーくエロい。

エロ度は低いほう…といってもそれはあくまで西野作品の中でのこと。
義兄弟、変態、性癖、などエロを語るにはオイシイ設定がたくさんつまっています。

一見平凡な大学生の依泉は、その平凡さとは裏腹に誰にも言えない「趣味」がある。
それは自慰動画をブログに配信するネットアイドル「コハク」。
レンズの向こう側に、たくさんの人がいる。
そういったもので興奮を覚える自分は変態なのだと自覚しつつも、やめられない。
そんなとき、母親の再婚相手の息子、史郎に自分がコハクだとバレてしまう。
しかも史郎は、いつも丁寧なコメントをくれるinsectで、依泉が密かに興味を抱いていた人物だった──。


まず、自慰動画を撮影している依泉がエロい!その時のイラストもエロい!
これは人気ネットアイドルになるのも頷けるわぁ、と感心してしまいました。笑
話の筋はだいたい読めてしまいます。
史郎がinsectなんだろうなぁということも、終盤出てくるストーカーの相手も。
史郎がinsectなんだから、バレても全然問題なし。
むしろ史郎は「コハク」を気に入っていて、それが依泉だと知るとスイッチオンです。
変態スイッチが。笑

史郎さん、人当たりのいい爽やか青年かと思いきや、なかなかの変態です。
いや、依泉相手だから変態になるのかな…。
いじめたい、可愛がりたい、とろけさせたい、いじめたい。
そんな感じで依泉をいい感じにいじめていきます。

自慰動画配信、尿道プレイにおにいちゃんプレイ。
なかなかクセのあるエロなはずなのに、普通にノーマルとして読めてしまうのはさすが西野さん。
陸裕さんの繊細なイラストもその理由の一因かもしれません。

あまくエロい雰囲気をたっぷり堪能させていただきました。
これは西野作品は地雷が多くて…と苦手にされている方も大丈夫な気がしますので読んでみてください。

4

あまあま

双方変態でよろしい(ノ´∀`*)
レイプ過多なイメージの西野作品ですが、
本作終始イチャコラ×イチャコラ。
ハードプレイ苦手な読者にも優しい一作なのであります。

1人Hをウェブに公開するのが趣味。
自分の痴態を見て喜んでくれる、コメントを入れてくれる。
それが日々の楽しみだった。
そんなある日、親の再婚で兄ができる。
じつはその兄が・・・・!?


変態よろしくやってたら、変態が釣れるというスパイラル。
終始あまあまなのです。
終始エロエロなのです
あの手この手のプレイが美味しく、
自らエロトロにとろかしたケツ穴が最初からモロ感というオマケつきv
ホテルでの窓際プレイうまvv
加えて、最後の「おにいちゃん」プレイ。
これが一番モエでした。
義理のとはいえ、言葉にすると激しく卑猥。
痛いプレイもひどいプレイもなくさらりと読了。
かわいいです。

3

安定のエロス

SHY文庫さんの本を買うのは初めてだったのですが、さすがは西野先生。
安定感あるエロでした(笑)

受け様は自慰動画をブログにあげている大学生。依泉。(ハンドルネームはコハク)
淫乱なのに処女です。
攻め様は依泉の母の再婚相手の連れ子、史郎。義理のお兄ちゃんです。
コハクの自慰動画をみていてファンだった。
設定からして安定感あります。

途中、ちょっと事件がありますが未遂で終わりますし、最後まで安心して読めました。
痛い事とか、怖いこととかないです。
恋愛に慣れていない依泉が不安になったりする部分はちょっと切なくなりましたが。

本編と、ショートで後日談が収録されています。

自慰プレイあり、道具あり、緊縛あり、尿道攻めあり、ハメ撮りありです。
撮影ネタって、ありそうでそんなにないので、個人的には自慰動画を撮影しているところがえろくて萌えました。

内容はエロエロですが、安心してライトに読める一冊だと思います。

2

明るくさわやかにエロを探究するバカップル

エロに特化しすぎた作品というのは、内容のあまりのお粗末さにエロの量がいくらあっても逆に萎えてしまったりするものですが、これはそこら辺のさじ加減が絶妙でした。

ストーリーはとてもシンプルで、先はほぼ読めてしまいます。ご都合やファンタジーで押し切っている部分も散見されます。にもかかわらず最後まで飽きず、萎えずなのは、どこまでストーリーを削ってもいいのか、どこまでファンタジーで押し切っていいのかをよくわかって作ってあるからなんでしょう。うまいなぁと思わざるを得ません。

エロに対して登場人物が悩まないところも西野作品の好きなところです。欲望に忠実で後ろめたさを感じず、明るく楽しくエロに没頭しているから、読後感がいい。「明るくさわやかなどエロ」とでもいいましょうか。まるでお風呂上りのように、「あー、気持ちよかった♡」って言ってそう。そして砂吐き必至のいちゃいちゃに突入するんでしょうね。
なんだか幸せそうで、エロ目的で読んだのに思わずほっこりしました。
羞恥プレイや尿道攻めなど、がっつりエロはもちろん、ラブラブぷりも楽しめて、気軽に読むならなかなかお得な作品だと思いました。


2

あまあまな義兄弟モノ

面白かった!西野さんらしいエロエロ作品ではありますが、義兄弟という禁断の設定ながら不思議とクドさはなく、純粋にオススメだと思える作品でした。

攻の史郎は確かに強気な男性ですが決して傲慢ではありません。あらすじと口絵の印象から、依泉の秘密を知って強引に手籠めにする展開だと思い込んでいたのですが違いました。彼の強気さも大人の男性として備えている自然なもので、男らしい一途さが素敵でした。

主人公の依泉も、序盤ではなんだか掴みどころのない青年だなぁと思いましたが、自分の特殊な性癖を自覚して楽しんでいるところや、あっさりと史郎に頼りきらないところは清々しくて良かったです。

1

エロエロなのに清々しい

普段と比べて2割増しの忙しさ。なのに収入が増えるわけでもないという、なかなかすり切れる毎日の中「こういう時はやっぱり西野さんの本でしょう!」ということで読み始めた1冊。
やはり、疲労回復に西野さん作品は効きますね。
なんか元気になる。

今回の主人公、依泉くんは、自慰をしている自分をネットにあげている大学生。
そうなっちゃった理由は、バリキャリの母と2人暮らしで物わかりの良い子だったという寂しさがあったとか、色々バックグラウンドはあるのですが、でも一番の理由は『見られて感じる変態だから』というのが大きいと思うんですよ。ぶっちゃけて言うと。

で、彼は自分が変態だということをよく解っています。
そしてそのことを後ろめたく思っているんですね。大学の友人らとも一線を引く彼は、常に引き気味で、ある意味、びくびくしている様に見えます。
そんな彼の母が会社社長と再婚し、スパダリの義兄が出来ます。
この義兄がネットの依泉くんの大ファンだった!
それも素敵なコメントをくれることで、依泉くんも以前から気になっていたファンなんです。

ここまではおとぎ話的なドリームなんですけれど、西野さんのお話の面白い所はここからで、義兄(史郎)と恋人になった依泉くんが、今までずっと持ち続けていた『後ろめたさ』から解放されることなんです。
その解放の呪文的なものが、史郎が『依泉くんに輪をかけた変態であったこと』っていうのが素敵じゃないですか!
誰もが認めるスパダリで、自分よりもかなり年上の大人で、とてつもない愛情を注いでくれる史郎の『歪み』を見て、依泉くんは自らが変態であることを肯定的に認められる様になるんです。
「自分は自分でいて良いんだ」って。
変態であることも含めて、自分を愛せる様になるんですね。

『呪縛からの解放』がテーマになっている西野さんのお話は、その開放感が半端ないと思います。
やっていることが変態プレイだというのに、この清々しさ!
プレイそのものもエロエロしいので、大変お得な気持ちになれました。

1

攻めが受けを好きすぎるよ!

いやー、これ大好き! 攻めの溺愛ぶりが最高すぎて、すっごく楽しかった。

ま、攻めの気持ちはわからなくもない。お気に入りでずっと興奮して見てたエロ動画主が、ある日義弟になったら、どんな紳士でも箍が外れて変態化しちゃうよな、と思う。
で、攻めは最初からひたすらデレッデレなので、受けの秘密を知って脅すでもなく、一人でするとこ見せて、とか言っちゃう。
受けも、攻めが熱心に見ていてくれてたファンだと知って、満更でもない。元々見られると興奮する体質なのもあり、そのままなし崩しに抱かれちゃうんだが、この時の攻めは本当に甘ったるく、受けは体だけじゃなく心もすっかりメロメロに。
動画をずっと見ていた攻めは、受けの弱点を熟知しているので、受けは毎回ドロドロに蕩けさせられ、変態同士いろんなプレイを楽しむ毎日。

途中あまりにものめり込んでしまい、自分のような人間とエッチばっかりしているのは攻めには似つかわしくないんじゃないか…そう思った受けへの対応も、溺愛系の攻めとして完璧だった。とにかく攻めはちょっとでも受けの様子がおかしいと、その場ですぐ察して話を聞き出すので、切ない誤解やすれ違いも、この先も起こりそうもない。
ファンの一人がストーカー化して、ハラハラする場面もあったものの、お清めおセッセとばかりにかえって盛り上がる始末。
で、この終盤のプレイがもう最の高。
「お兄ちゃんって呼んでみな」とまさかの攻め様からの斜め上の提案に萌えすぎて、思わず私、本(タブレット)を投げそうになっちゃったよ。
受け「兄弟でこういうことするの?」
攻め「禁断の愛みたいで燃えないか?」
とか、もう笑うしか。そうだよ、お兄ちゃん呼びがないと、兄弟ものは萌え半減だから!  で、気持ちいい、おにいちゃんと叫びながらのフィニッシュw 
なんかもう、ここまで突き抜けてるとスカッとするな。お似合いのバカップルという感じで終始楽しそうなので、読んでてモヤるところも一つもなくて。

SSでは同棲を始めた二人の様子が描かれている。攻めは受けがアップした動画で、オナホプレイがなかったことを疑問に思っている。それには理由があって受けは敢えて避けていたのだけど、まあ当然使われちゃって、すごいことになっちゃったw

いやあ、溺愛はやっぱりいいね。マジで最後までニヤニヤが止まらなかった。続編も読むのが楽しみ。


1

ちょっぴり変態義兄弟

西野花さんがSYH初!?いったいどんな攻め方をしてくるのか興味深々でした。
ところ変われど西野節・・・といったところでしょうか。
まさかSHYでこんなエロ三昧ちょっと変態風味が見られるなんて(笑)
二人の過熱エロが見どころ&萌えどころと見ました♪


自らの自慰動画をブログにアップしてネットアイドル「コハク」をやっている母子家庭の大学生・依泉。
母親が再婚することになり、その家族に対面した時連れ子の息子・史郎に惹かれる依泉。
4人で温泉に行った時に、史郎に依泉が”コハク”だというのがバレるのですが、実はコハクのファンだった史郎。
依泉が好意を持っていたブログ訪問者のHNが史郎と知り、しかも初対面で惹かれた史郎ですから、その時点で二人の気持ちは重なりあう。
自分の為の自慰動画が、史郎が参加したことで熱狂的ファンのストーカー事件を起こしながらも、それはちょっとしたアクシデントであり、二人は我が道を貫いて、依泉はもう自分の為の自慰動画は必要なくなるといった話。


最初の史郎の登場は爽やかな好感度溢れるよい男というイメージだったんですけど、コハクと知ったとたんエロ魔人化しております。
温泉で、自慰を見せろと、生コハクだと。
ずっと動画を見ていたからどこが弱いか知ってるんだよとかのたまわり、依泉を攻める攻めるw
両親が再婚して、二人は一緒には住まないけれど近所に住み、週に二三度泊りあったりホテルを使ったり、使用駅は同じなんで史郎ってば痴漢プレイしてました(爆)

生のコハクを自分の手に入れて、依泉も自慰でなく史郎に愛される事で快感を得られるようになったからもう自慰動画を辞めても良かったのに、ファンの為にと無理矢理upしていたところに、史郎が自慰を手伝う形の尿道攻めなんかをupしたものだから、おかしくなるのです。
これって独占欲の見せびらかしですよね。
ファンにもこんなエロいコハクを見せてやろうと思ったのかもしれないけど大いなる勘違い。自分でやらないで人にやってもらっていたら、もうそれは自慰じゃないですしね。
大体自慰動画を見に来てネットアイドルなんて呼ばれるからには・・・ねぇ~
そう思うと、史郎は依泉を超える変態さんなのかも?

それにより嫉妬した男が依泉へのストーカー行為に及ぶのですが、依泉は史郎に言えないんです。
その理由はわずらわせたくないとか、結構健気。
結局、そのストーカーに襲われてしまいますが間一髪セーフ!あ、凌辱なかったと思ったら、最近の依泉の様子がおかしかったから依泉を見張っていたという、史郎がストーカーになっていたとか(笑っちゃいけないけど笑った!)
最後は「お兄ちゃんプレイ」・・・二人の性の探求は尽きることがなさそう♪

結構シリアス目な進行でありながら、貪欲なエロが展開するのはひとえに史郎ありき☆
HNの時は情熱もありながら優しさが見えていたのに、実物目の前にしたらやりたい放題いじくりたおしで、ちょっぴり鬼畜風味の超強気でしたから。
最初のイメージが逆転したのがすごかったですね。

結局同居することになった二人の話しが『彼シャツを纏って』
依泉の試験休みに1週間、スッポンポンに史郎のワイシャツ一枚だけ、呼び鈴がなって出るなと、まるで監禁プレイのような。
本編の中でもそんな執着を見せていて、依泉もそれが怖いみたいな事を少し思っていましたがそれが実現しちゃう♪
だけど、たまには悪くないと思ってる依泉もいる。
うう~ん、、貪欲な義兄弟だわv

エロエロだけど、結構ライト。面白かったデス。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ