愛欲スイッチ

aiyoku switch

愛欲スイッチ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

26

レビュー数
6
得点
65
評価数
17
平均
3.8 / 5
神率
11.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHY文庫(小説・大洋図書)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784813041481

あらすじ

※発売日が2/6→4/6に変更となりました。

童貞なのにハレンチな自慰動画を配信するネットアイドルだった依泉は、その秘密を暴いた義兄・史郎に本当のセックスを教えてもらった。
そんな絶倫でテクニシャンな史郎と、夜ごと身も心もすみずみまで愛されまくる同棲生活を送る依泉だったけれど、
突然母から見合いを押しつけられ、彼にまた秘密を持つことに。
そして言い出せないまま、史郎に「同好の士」が集まる別荘に誘われて……。
見られると余計感じちゃう依泉は男たちの淫靡な視線に胸が昂ぶり──!?

表題作愛欲スイッチ

朝比奈史郎, 会社員・義兄
朝比奈依泉, 大学生・義弟

その他の収録作品

  • アフターミーティング
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

いちゃいちゃいちゃいちゃ…

エロエロが読みたくなったら西野先生。
その期待は裏切られませんでした。
表紙からして、入ってますか?てな感じですね。

前作「劣情スイッチ」の続編なんですが、くっついた後なのでまぁ〜〜やりまくり(笑)
史郎が出張ときたら案の定の電話エッチ。
バスに乗ればこっそりいたずら。
降りたら即ホテルでやって、目的地に着いてまたエッチ。
えっと…身体休めてますか?(笑)

目的地の同好の士の集まりでの衆人観視でのエッチは、さすが史郎は依泉の性癖をよく分かってます。
見せるだけ〜なので、史郎の独占欲も現れてるかと思います。

見合いの件でもっと一悶着あるかと思いきや、意外にそうでもなく、エッチのスパイス的な感じで(笑)
この義兄弟はこのまま突き進んでいって欲しいな〜。
さらなるいちゃいちゃした続編もまた読みたいです。

0

相も変わらずラブラブ!!

前作『劣情スイッチ』が序の口だと言わんばかりの濃厚さ!
この義兄弟ときたらいたるところで甘く交わってくれていますww
義兄が出張の間もお互い我慢しきれずテレセ、
帰って来たら玄関入ってすぐの廊下で、
夜行バス内では挿入に至らずも指でだいぶ可愛がってくれちゃってますし!
夜行バスを降りたら声も挿入も我慢した分をホテルで存分に味わい…。
目的地は白い洋館のようなレトロな建物で
数時間前に濃く抱き合ったにも関わらず二人だけで。
その後は乱交パーティー(死語)とも言えるような
面識があったりなかったりの同士の前で……。

やっぱり、義弟の依泉は前作で自慰をネット配信していただけあって
見られる事に快感を覚えるタイプなんでしょうね。
それを知っていて義兄の史郎は連れてきたんだろうな。
恥ずかしいのが逆にイイっていう本質を知っているから
いくらでも気持ち良さを感じて欲しい史郎はある意味懐がデカいのかも。
ただ、他人には触らせませんけど。
愛しい恋人の乱れる妖艶な姿は誰にも見せたくないというのが
ごく一般的な感覚ですが
この義兄弟には当てはまらないのですねww
続き

依泉に見合いの話が…!?と言っても
単にお仕置きの前フリでしかないでしょ!!とツッコミたくなりましたが
やはり二人の間に危うさは微塵も感じられないので
安心してド甘でドえろな二人を楽しめると思います。
電動歯ブラシもお仕置きアイテムで出てきましたから……ww

むごい描写がないめっちゃHな話を読みたい時にはおススメです!
やはり今回の陸裕さんのイラストも、とってもHでした!!ww

1

 

自慰動画なんて上げてる人そんなにいるんですね
一応刑法犯(猥褻物陳列罪)なんじゃないのかな? 多すぎて放置されてるのかな
兄弟感はちょっとしかなくて残念、年の差って感じでもないし
今巻はレズビアンカップルもメインで絡むので注意
プレイは、テレフォンセックス、イラスト付きで電動歯ブラシ!プレイなど各種

1

安定のエロエロ

「劣情スイッチ」の続編です。一応前作を読んでなくても読めますが、読んでいた方が背景がわかっていいと思います。

前作で出来上がったカップルなので、あとがきで書かれていましたが曰く糖度3割増だそうです。私的には作品中7割くらいいちゃいちゃというよりエロエロで糖度全開という感じでした。

母親から頼まれて仕方なく見合いする依泉(受け)の話。
史郎(攻め)に誘われて同好の士の集いに行く話。
見合いが史郎にばれて、これからのことを考える話の3つが大きな流れでした。
が、エロエロの中に話が少し混じってるという感じでストーリーというほどではないかもしれません。

同好の士の集いというから乱交だったらどうしようとちょっと怯えましたが、実際他の参加者はそうだったようです(特に描写はない)が、史郎が依泉を誰かに抱かせるわけもなくこの二人のアレコレを皆にみせつけるだけでした。

見合いの話から二人の今後について思い悩み、親にいつまで黙っているかとか、自分の性癖が変態だという負い目もあり史郎とずっと一緒にいられるのか不安になる依泉。
実は平気なふりをしているだけでいつか誰かにとられて続きしまうかもと不安に思っていて独占欲でどうにかなりそうなのに嫌われたくなくてそれを見せないようにしている史郎。
とりあえずの外からの危機は去り、二人が自分の思っていることをちゃんと言い合って、これからは二人で悩もうと誓い合えたので良かったです。
ただ、この二人はヤリ過ぎです。特に、依泉はちゃんと大学行って勉強してるのかしら。就職先は決まっているけど、この先大丈夫なのかしら。おばちゃんは心配です。

ストーリーよりもエロ全開の話だったので、疲れて頭を使いたくないときに読むのにぴったりかも。糖度の高い執着攻めは大好きなのですっごく良かったです。
後、百合カップルが出てきます。ほんのちょっとですが、史郎の友人で感じの悪い人たちではなかったですが、苦手な方はご注意を。

2

糖度3倍増し!

前作の劣情スイッチが、西野先生作品では1番好きなストーリーなので続編が出ると知って楽しみにしていました!

後書きで先生も糖度3倍増し、と書かれているとおり、
前作でくっついた2人は特に大きな障害はなく、
前作に増してあまあまいちゃいちゃw
史郎さんのえっちな言葉攻めはそのままに、
前作とは違うシチュエーションでのエッチを
楽しんでくれてます!ヽ(*^ω^*)ノ
9割エロ、、、?w
そこは西野先生の通常営業ですねw



以下ネタバレです。

個人的にもう少し欲しい!と思ったのが
同好の士の集いのパーティーでのプレイ(*゚ェ゚*)
隠微な雰囲気の中で、史郎以外の人とはヤらないまでも、
何かほかの形で他の人から煽られる受けちゃんを見れたら更に自分の中での萌えポイントアップだったかも、、、!

陸裕先生のイラストは前作よりも断然こちらの方が好きです♫
夜行バスの中でいたずらされちゃうのを必死に耐えるシーンの挿絵には、萌え萌えでした!!!

1

甘いしエロい。

『劣情スイッチ』の続編。前作未読でも所々で注釈が書かれているので、二人の関係や過去について理解はできるのかな…?けれど二人の出会いや恋人になるまでの過程が分かっていた方がより楽しめるかなと思います。

ネタバレ含んでいます。苦手な方はご注意を。





『劣情スイッチ』で義兄弟の関係から恋人へと形を変えた史郎×依泉。
今巻は甘々な恋人同士になったところから話はスタートします。

人に見られることでさらに欲情を高ぶらせてしまう依泉の性癖。
そういった彼の性癖をすべて受けとめてくれる義兄であり恋人でもある史郎に、まさに身も心も預けてしまっている依泉。

自分のすべてを懸けて史郎に惚れこんでしまっている依泉ですが、ある日母親から見合いを打診されて。義兄との本当の関係を伝えることができない依泉はしぶしぶ見合いを受けることに。

それを史郎に伝えることができないまま、史郎から旅行に誘われて…。

というお話。

えっと。
前作もかなりエロかったですが、今巻もすんごく、とってもエロかった…。
すでに出来上がっている二人という事もあって、半分以上、いやも続きっとかな?服を着ていない気がします。

玄関で、夜行バスの中で、「同好の士」の集まりで。
ありとあらゆるところで盛ってますw

夜行バスの中で周囲に人がいる中での行為(挿入まではナシ)もエロかったし、「同好の士」の集まりで衆目の前で事を致していたり。

もともとネット配信で依泉が自身の自慰を配信していたのを史郎さんが熱心に見ていたファンだった、という関係だったこともあり、史郎さん、依泉の身体に熟知してます。依泉の恥ずかしいとより一層興奮してしまう、という性癖も認識しています。
なので容赦なく攻め込む史郎さんがエロいのなんのって…。

「エロ」という点では突き抜けた感のある二人ですが、今巻は依泉と史郎さんの「これから」についても悩むシーンが。
義兄である史郎さんと、こういう関係でずっといられるのか。
母親と義父に隠し通し続けなくてはならないのか。

大人で、色々な経験をしてきた史郎さんにいつか飽きられるのでは?という心配をする依泉ですが、史郎さんは史郎さんで、まだ若く未来のある依泉に捨てられたらどうしよう、と心配していた模様。
もう勝手にやってなさい☆
という気持ちになってしまった…。

お互いべタ惚れで、快楽に弱い二人なので、とにかく甘いしエロい。
その言葉に尽きる1冊だったように思います。

史郎さん、過去はそれは奔放に遊んでいた模様。
そのことに絡めたトラブルとか、依泉の嫉妬とか、そういうシリアスな展開にもっていっても面白かったんじゃないかな。

シリアス度は一切なく、とにかく甘やかされ、快楽を与えられる依泉のお話。

甘々でエロエロなストーリーが読みたいときにお勧めの糖度の高いお話でした。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ