トレインビースト~KAI~

train beast

トレインビースト~KAI~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
6
得点
63
評価数
24
平均
3 / 5
神率
8.3%
著者
西野花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
緒田涼歌 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫black
発売日
価格
¥705(税抜)  
ISBN
9784592851189

あらすじ

宮本佳依が高校時代から密かな想いを寄せていた恩師、吉澤智士。ところが彼は、実はとんでもなく鬼畜で、病んだ嗜好を持ち合わせ、無垢だった佳依を姦淫地獄に放り込み…。痴漢電車シリーズ第二弾!!

表題作トレインビースト~KAI~

吉澤智士,高校の美術部顧問,29歳
宮本佳衣,高校美術部OBの大学生,20歳

同時収録作品続・ビーストな恋人

佐伯陵介,痴漢電車の企画屋
柿崎忍,公務員

同時収録作品愛欲のビースト

吉澤智士,高校の美術部顧問,29歳
宮本佳衣,高校美術部OBの大学生,20歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

えろえろですね!

安全安心安定の花丸文庫BLACKで西野花先生!
トレインビースト第2弾も、どろどろのどえろでございます。

自分の高校の頃の恩師・吉澤(実は長い間片想いしていた)にはめられて、
複数の男性に犯される痴漢電車のアテンドにさせられた佳依が、
快楽に溺れながら、吉澤から真の愛を教えられ新しい自分と向き合う…
簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。
たくさんの人とエッチするものの、心まで幸せにしてくれるのは
吉澤だけ、というところがポイントかと。

このお話はモブ受け前提なので、苦手な人は受け付けないと思います。
本命の前で犯される…というか、攻めが他人に抱かれること受けにを促すので、
愛はどこに?と感じるかと思います。
万人受けしないけど、こういうお話書いちゃう西野さん、素敵です。
吉澤のしていることは、まあもちろん理解はできないのですが(笑)、
佳依のことが好きすぎて少し色んなものが見えなくなったのかな?
と思いました。
個人的には、BL小説ってことで受け流せるレベルでした。
設定がぶっとんでいると、もう、突っ込むのを放棄してしまいます(笑)
モブ受けが大好きな私は、こういう設定大好きです。
心まで満たされるのは吉澤だけなのよ、というところも書かれていますので。
えろ!えろ!!えろ!!!なので、一気に読むと疲れるかもしれません。

前作の2人も出てきて、シリーズものとしてリンクしているのもいいなと思いました。
こういう無茶苦茶な設定でどろどろのエロ、大好きなので、
またシリーズで出して欲しいなあ…なんて思っております。

1

痴漢電車の続編

「トレインビースト」の続編。
主人公は違いますが、前作の2人の話も入っています。

二冊目なので、一冊目を読んだ時のような衝撃は薄れたのですが、エロ度は同じくらい…。「痴漢」を「接待」する子は自分の意思で乗ったわけでなく、嵌められて乗車するはめになり、そこで自分を解放していく…という話のスタンスは前と同じです。
こういう真面目で何も知らない子が調教されていくお話がすごく好みです。

吉澤とカイのカップルのほうが前回の2人よりも恋愛感が見出せたところが、前作より評価できるところでしょうか。
ただ電車だけでなく、他の教え子にカイを陵辱させるという件だけはちょっと萌えられなかったかなー…と。

特殊な「痴漢電車」という環境でエロに特化した作品、という点では前作よりインパクトは多少落ちると思いました。
でもこういうエロエロ陵辱系で緒田さんのイラストを見たことがなかったのでその辺は新鮮に感じたかな。

0

トレイン♪トレイン♪

2作目ですね。表紙で違う人物と読み始めるまで気づかなかった
私は・・・どーしたらいいのかwwというところ。
ともあれ、前作の続きかなと思っていた今作
攻守変わってというところですね。
学級委員長タイプ!まさにですね。
みんなのために頑張ってるのに空回りした挙句
陰口を言われちゃうっていうタイプですね。
そんな子をエロエロに手籠めにしてしまうなんて。。萌えるじゃないか!

設定から流れ、マジメーな受。
全体的には前作と似通ったテイストになっているため
ところどころなデジャブ感が否めない。
違うのは、割と今作の受、カイの方が言いたいことは言ってるかな
という印象でした。
電車で犯され、後輩たちにも犯され。
輪姦され具合はこっちの方がひどいですがww

前作の主人公である忍とのユリプレイあり。
ちょっとエロパターンは多めな今作。
ビッチ化するのはいいんだけど、もう一工夫あっても面白かったかなと
思わなくはないというのが読後の感想。
エロだけで言えば満点なんだけど

ただ、トレイン設定はすごく面白いと思うので
次回は、もう少し毛色の違う受でやってほしいかなーと思いました

0

これも調教かな

トレインビーストの続編かと思っていたけど、スピンオフで別キャラが
あの痴漢電車のアテンダント役でしたね。
スピンオフとしては「ストレイエンジェル ~天使志願~ 」とリンクもしているし
もちろん「トレインビースト」の主役も出てきて短編で前作の続編も収録されていて
前作と今作の受けキャラ二人が痴漢電車でエロエロされるバージョンup展開です。
エロエロどんと来いと言う人にはオススメ出来る西野花エロワールドです。

ただ、個人的な好みの問題で私はあまり好きじゃないのですよ。
エロ嫌いではありませんので、エロはどんとこいっ!なのですが
どうにも、自分の相手を他人に複数抱かせるネトラレとも違う設定が違う。
逆に複数陵辱ものの方がまだ萌を擽るかもしれないと思うのです。

内容は元教え子で生真面目で正義の為には誰に何を言われても頑固に己の正義を
振りかざすような、堅物委員長タイプながら実は人から疎外されたり一人になるのが
怖いような自身の心まで偽って鎧を纏っているような受けキャラです。
対する攻めキャラは優しい微笑が似合う温厚そうな教師、実はかなりヤンデレ気味な
自分の好きな相手を複数の人間に抱かせて自身も加わりながらエロ調教してる
曲者タイプなのです。

鎧を纏った元教え子で好きな相手を子供の頃から抑圧された心を開放するにしては
かなり手ひどい複数ものだと思うのですが、他人に汚された恋人が余計に可愛くて
愛しいと思える感覚がどうにも理解出来ないので単にエロイなで終わります。
まだまだ、この域のエロものには萌えどころを探せない残念な私です。

4

お腹いっぱいです…

書店で買うのはかなーり勇気のいる表紙&タイトルですね。
中身が一目瞭然(笑


受けは大学一年の佳依。
美術部OBで、指導に出かけています。
生真面目で融通のきかない性格。

攻めは、美術教師で顧問でもある吉澤。
30歳前後で、王子様と陰で呼ばれる人気教師です。


あらすじは、吉澤が佳依に「少し柔軟な考えを身につけた方が良い」と言って、痴漢電車へ乗せて調教しちゃうといったものです。
どんな理屈だ…
でも、佳依は吉澤へずっと思いを寄せていたので、なんだかんだと従ってしまうんですね。

わたし前作は未読なので、痴漢電車のシステムが一緒かわからないのですが、軽く説明いたします。
電車のチケットは三種類。
赤が挿入、黄色が挿入以外、青は見学のみ。
うーん、これぞBLファンタジーですね。

まあ、とにかくえっちしかありません。
内容は深く考える必要なし。
さすが、花丸BLACKですね…
痴漢電車の複数プレイから始まり、吉澤単品、後輩複数プレイと多種多様でございます。
後半には別カップルの、佐伯×忍も登場いたします。
こちらも合わせてですと『本当にご馳走様でした、お腹いっぱいです』となります…

SSは二本。
佐伯×忍と吉澤×佳依のそれぞれのものとなります。

2

いつもの爽快感がなくて残念

えーっと……
前作は「陵辱ものなのにやたら清々しい」と思ったのですが……
『しゅみじゃない』の理由を書くためには『チラ見せ』ではなく『思いっきりのネタバレ』を書かなければならないので「ラストまでばらされちゃったら読む気がなくなってしまいます」という方は、ここから先は回避してください。






一言で書いてしまうと、佳衣くんが化けないからなんです。
佳衣くんは、子どもの頃から「良い子でいなければ愛して貰えない」と思い込んでいます。
吉澤は「たとえ君が悪いことだと思っていることをやったとしても、僕は君を愛しているよ」ということを示すためにモブ姦を仕掛けたのだと思っていたんです、途中までは。
なおかつ「佳衣くんには人を惹きつけるエロい素質があるのだから、それを開花させなさい」とも。
でもなぁ、このラストだと佳衣くんの依存の対象が『親に好かれる為に自分が作り出した正義感溢れる自分を保つこと』から『吉澤先生』に移っただけで、依存していること自体は変わっていないと思うんですね。
西野さんのお話の清々しさって『自分の中の禁忌を破って、解放されること』だと私は思っているんです。前作のヒロイン(って言っていいのか?でも受け様というよりヒロインって感じなのですもの)忍の様に『普段は清楚でありながら、いざその時には攻めを喰っちゃう位に化けちゃいました』とはならずに、依存状態が続く本作は「自由になって良かったね」と言えない。何と言うか「ものを知らない幼子を騙している感じ」が漂ってしまうのですもの。

あ、
美術部員による『筆プレイ』ですが、油絵の筆の多くは堅いものなので「あれで感じるんかい?」と笑っちゃいましたが(それともここの美術部はみんな重ね塗り用の柔らかい筆を持っているのかな?あれ、結構良いお値段だよ)忍との『百合プレイ』は素敵でした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ