年下彼氏の恋愛管理癖【BLCD】

toshishita kareshi no renai kanriheki

年下彼氏的恋爱管理癖

年下彼氏の恋愛管理癖
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神108
  • 萌×224
  • 萌6
  • 中立5
  • しゅみじゃない17

183

レビュー数
22
得点
659
評価数
160
平均
4.3 / 5
神率
67.5%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
西川路健太
音楽
川中ゆかり
脚本
外原祥子
原画・イラスト
桜日梯子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
シリーズ
年下彼氏の恋愛管理癖
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販初回特典:キャストトークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4996779022274

あらすじ

研究に没頭すると食事すら摂らなくなる、どこか儚げな研究生の理。同じ研究室に入り浸っている後輩の泉は、自他ともに認める“飼い主”としてそんな理の世話を焼く日々を過ごしていた。
ただ世話を焼いてるだけだったはずが、ある日理が男に襲われた事実を知り、泉の中で理に対しての気持ちが大きく変化することに――。この感情は独占欲、所有欲、それとも・・・?

表題作 年下彼氏の恋愛管理癖

平坂泉 → 前野智昭

小野塚理 → 平川大輔

あて馬
安生高夫 → 森川智之
その他キャラ
立花峰雄[間島淳司]

評価・レビューする

レビュー投稿数22

平川さんの理さんが可愛い

原作既読です。
キャスト発表時に平川さんの理さんが想像できなくて、ん...?と思ってしまったのですが全然そんなことなかったです!!
むしろ予想を超える可愛らしさでした!! 申し訳ない。

平川さんボイスの理さんが最初からもう可愛い。
これは痴漢されても仕方あるまいとか思ってしまうw
そこから段々と淫乱になっていく理さん...エロい。
エロすぎてうわぁぁぁってなりました。
流石平川さん。すごいとしか言えない。

前野さんの年下攻めは別の某BL作品で見かけているので想像できてました。
とても理さんを手懐けている泉くん素敵でした!!
先生に敵意むき出しだったり、嫉妬している泉くん...よかった。
想像通りすぎてそれ以外に何も言えないくらいです。

安城先生も想像通りに大人っぽさを全面に出していてオーラが...オーラが違う...!! となりました。

峰雄くんも可愛かったです♪

2

理さん可愛い

原作から好きな作品でしたが、平川さんが理さんのイメージにぴったりでホンワカ儚げで可愛かったです‼そしてエロい‼平川さんはいつ聞いてもほんとに致してしまっているような(いい意味!いい意味ですよ!)気持ちよさそうな喘ぎでした(*ノωノ)
細かい部分でのSEも入っていることに感動✨
結構いろんな過程をすっ飛ばしてる気もするんだけど何だろう不思議…
原作の描き下ろしも収録されていて1枚でも十分満足できました
ほんの少し出てくる峰雄も面白かった~

2

エロい。

とにかく平川さんの声がエロい。役柄にもぴったりで、どこか抜けているところのある理にはぴったりだと思いました。
泉役の前野さんの演技もいいですね。年下だけど背伸びしている感じでもなく、理想的な年下攻めだったと思います。

それと、水琴窟の音が印象的でした。水琴窟の音って聞いたことがなかったんですけど、今回初めて聞けて良かったです。泉が水琴窟のある家に住みたがるのも分かるなぁーと思いました。

オマケ部分の図書館話も面白かったです。色んな体位の話が出てきたので、思わずググってしまいました。色々と実りの多いCDでした(笑)

1

エロエロしいエロスの極み☆

原作既読の原作スキーです。

これは本当に見事に原作そのままが再現されたCDだと思いました。
ほやぁ~んとして、でもお兄ちゃんぶりたい2番目長男な感を忠実に演技されています。ほんと平川さんが理さん過ぎる。さすがは七色の喘ぎ(笑)と称賛されるだけの事はある。プロってすごいね~♪

全部のキャストさんがぴったりで、朝昼晩ヒマさえあれば聞いてます。

私的に好きなのは峰雄なのですが、今回は『ちょい』ぐらいしか出てこないので残念でした。
でもでも『教えて安生先生!』のタイトルを峰雄役の間島さんが言っているのですが、言い方が私がイメージしている峰雄にピッタリし過ぎてて、ほんと驚きました。
おバカなお兄ちゃんキャラである峰雄。その素直で裏表のない感じをスコーーーーン!と抜けるような声で表現されていて『み、峰雄がいるっ!!』っと感動しました。
また、安生先生の力が入っていない加減もだいすきだし。このCD全部まるっと大好きなんですが『教えて安生先生!』は特別好きです♪
ぜひぜひお試しください。♪

1

どのくらい年下か考えてみました

年下攻めが好きで、原作を買い。
そのまま流れでCDも購入。
2度くらい聴いて放置しておきましたが、
受けがめちゃめちゃ愛されている作品が聴きたいと思って
久々に聴き直しました。

そこでふと疑問に思ったのですが、
理が何歳なのかということ。
大学院は基本、修士が2年で博士が3年
優秀者なら博士論文は、課程修了の3年を待たずに提出できます。
(でも受理されなければ博士号は得られません)

作中、泉は学部4年なんで21歳確定(浪人もしくは留年ならプラス)
理の身分は<研究生>となっていますが、研究生は
修士から博士に上がる前、もしくは博士課程満期の後に
「まだ納得のいく論文書けないけど、研究は必要です」的な
学校に籍を置いて、しかし在籍料以外学費は払わずに
単位もとらないという身分だと私は解釈しています。

理は先生からデータ整理を任されているところかも
博士課程は終わっているだろうと。
学部が最長で8年までしかいられないように、
院も通常在籍年数×2=最大在籍年数(修士は4年、博士は6年)
なので、迷わず理は博士6年満了後に決定!

学部と修士をすんなり出て、博士課程を満期で終了して、
博論待ちで研究生になったと考えると8歳以上は年上!

途中修士で年数をくっていたら、もっと年上!

研究生の身分にもすっかり慣れているようなので、
もしかしたら30代ってことも?!

実際30過ぎの研究生は珍しくないので、
やっほー!!となって萌×2なのでした。

5

声優さんの演技は素晴らしい!!けれど・・・

ちょっと辛口な意見です。
この作品が好きな方はすみません。。。
こういう意見もあるんだなーと思ってくれれば良いですし、
スルーして頂いて構いません。

申し訳ないですが、原作が好きではありません。。。
だけど、BLCDは評価が高く、前野さんが大好き♡
平川さんの演技を聞きたくて、聞いてみました!!


前野さん、低めのボイスでSで強気なんでカッコイイです♡
やっぱり前野さんはこういう俺様キャラがお似合い(*^O^*)
平川さん、おっとりふわふわボイスで、喘ぎ声が上手です!
沢山のBLCDを聞いてきましたが、
平川さんのこういうキャラは珍しいと思います。
お二人とも流石プロ!!って感じでした。

だけど何と言いますか・・・
やはりストーリーが単純すぎたり、エロに特化した形が行き過ぎたのか、
私としてはもの足りなさを感じ、あまり萌えませんでした。。。
確かお互いの気持ちの確認もなかったはず。。。
あったらすみません・・・もう手元に原作がないもので。。。

あとSEが凄い大きくて水みたいでリアル感がなく、逆に萎えました。
SEがもっと大きければ良いのにって思う作品は
結構あったりするんですけど、
大きすぎても良くないんだなと正直思いました。

また、エロシーンが短い気もしました。
濃厚だったし長かったのかもしれませんけど、
お互いの気持ちが盛り上がる過程があまりなかったから、
感覚的にそういう風に感じたのかも知れません。
あんなにエロいはずなのにあまりエロく感じない・・・不思議です。。。


最後に、BLCDのみに収録されてるお話について。
「ある日の図書館事情について」
前野さんの低いS声にゾクゾクしちゃってこのまま本番突入!?とか
期待したけど、なくて正直残念でした。。。
でも安生先生良いキャラしてますね(笑)

「教えて安生先生!」
まさか安生先生(森川さん)が体位を解説してくれるとは
思ってもみなかったですが面白かったです(笑)


まとめると、上記の理由によりあまり萌えなかったので、
声優さんの演技とBLCDのみに収録されているお話の評価で、
「中立」とさせて頂きました。。。
ごめんなさい。。。。。。

5

初心者には刺激が強すぎた

原作未読です。
ちるちるさんもそうですが、どこに行ってもとても評価の高い作品ということで、わくわくしながら再生。
……したのはいいのですが、どういう位置付けにするかによって評価の変わる作品ということなのかな。

研究以外は色々と抜けてる理(平川さん)と、そんな先輩を甲斐甲斐しく世話する後輩の泉(前野さん)が、ひたすらラブイチャする話です。
これを聴いた時は、BLCD経験値が低く右も左も分からない状態だったのですが、あまりにショッキングで思わずイヤホン引っこ抜きました。
トラック1からいきなりエロい……。
吐息も喘ぎも水音も多め。
というか、水音がちょっと不自然で思わず笑ってしまってから、なかなか内容が頭に入ってこなくて困りました。
エロに特化した作品として聴いたら、平川さんの演技がとても艶っぽく素晴らしい。
あれだけの分量の絡みをこなしてるのに、おざなり感がないのにプロ意識の高さがうかがえました。
前野さんも、年下攻には外せない、焦りと余裕のなさがよく出ていてとても良かったです。
我慢できずにがっつく攻が好きなので、こういった所は満足できました。

ただ、ストーリーに関して言えば、中身が悲しいくらいになかったという印象です。
原作を読んでいないのでなんとも言えない部分もありますが、嫉妬した攻が受を襲ったり、当て馬に脅され身体の関係を求められた受が危機一髪助けられたり。
どのトラック再生しても金太郎飴状態のエロが続いてます。
ここもエロ、あそこもエロ、こっちもあっちもひたすらギシギシ。
とにかくエロで満たされたい、という方には真っ先におすすめする作品ですが、骨太を求めてる方は避けた方がいいと思います。

3

エロくてかわいくてエロい

お世話好き×生活能力なしが好物な私の萌えツボをきっちり抑えてくれた作品でした。
その上久しぶりに平川さんのエロい声が聴きたい&高評価ということで聴く前から盛り上がってました。
期待はずれだったらどうしよう…と思いつつ。。。期待以上でした!!

それにしても平川さんすごいです。
噂に違わず最高のエロい声で煽ってくれました。
出演作品は多いですが、平川さん史上これ以上のエッチシーンは過去にないんじゃないでしょうかね。
呼吸困難になりそうな長くて激しいシーンでした。1度ならずも2度3度。
ただ泣きわめいたりはあはあ言ってるだけの長時間えろは多々ありますが濃厚でたっぷり聴かせてくれる喘ぎは芸術品でした。
もちろんそれ以外も理の儚げなかわいさや抜けているけど時々鋭いところなどをしっかり伝えてくれる素晴らしい演技で、平川さんありきのドラマCDだったんだと思いました。

初エッチの時、半ば無理やりっぽく始まったけれど、理もノリノリになって「イク?泉君。イクんだね?ようし…」の台詞にやられました。
和泉君ばっかしずるいじゃないかって、彼もやっぱり男なんですね。

理が泉に触れてもらえないことで後悔しているのかと不安に思っていた時
本当は泉が自分の野獣振りにわれながら反省して我慢していたと知ったときの「そっか、そっか」の台詞が甘くてかわいくてよかった。

ブラック森川具合もまた素敵でした。
森川さんは相変わらず安定感のある演技で締まりますね。
安生は二人の仲を引き裂く嫌なエロ教授だと思いましたが、彼も辛い過去を抱え八つ当たりしながらも二人の仲を試しているみたいなところが切なかったです。
やってることは酷いんですが、受けた理が深刻にならないところや根っからの悪人じゃないみたいなところで救われた感じでした。

豹変する泉君を好演していた前野さんもよかった。飼い主なのにわんこ、ときどきSな年下彼氏でした。

西島先生役の小池謙一さん、いい声でした。BL作品にメインで出演することはないかもしれませんが攻めで聴きたい声でした。

先っぽ?先っちょ? 理さんはそんなこと言っちゃダメ!!ですよね。うんうん。

江戸期の体位を表した冊子見て見たいです。
もちろん学術的に、まじめに、、、なんてね。
いい声で解説してくださった安生先生ありがとうございました。

5

ああっ、平川大輔さまぁぁ

あなたは何をやらせても期待以上のものを返されますね。
もう平川さん無しではBLCD界はなりたっていかないでしょう。
この色っぽさは誰も追いつけないのでは?

続編は峰雄がメインのお話みたいなので素敵エロボイスが聴けないのかなぁ。寂しいですぅ。

前野くん攻めてもとてもいいですね。年下攻めガチです。

お二人相性よろしいですね。もっとたくさん聴きたいです。これからも頑張っていただきたいです!

このお二人の演技に神つけさせていただきます。

10

エロエロ

別の某サイトでもかなりのレスがあったので購入。
色んな人たちがコメントしている通り、エロかった。って言うかエロしかない。
ストーリーはぺらっぺら。受けが脅迫されていいなりにエロいことして・・・恋人のためだからって、頭悪すぎる。
声優さんたちには深く同情してしまうけど、そこはプロ。きっちり仕事してて尊敬する。
うっす~いストーリーなのに続編もCD化されると聞いてビックリ!!
最近、エロばかりで内容のない話が多くて残念。個人的には続編は聞かないかな。
声優さん目当て、エロ目当ての人向き。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ