小椋ムク先生推薦帯付き!

Call me,Call.

call me,call

Call me,Call.
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×221
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
15
得点
180
評価数
50
平均
3.7 / 5
神率
30%
著者
梶本レイカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥667(税抜)  
ISBN
9784864421478

あらすじ

ススキノにあるゲイ向けデリヘルのやり手スカウトマン巣我は、就職浪人中の生真面目で善良な陸に声をかける。
誰かに必要とされたいと願う陸の気持ちを利用する巣我だったが、時と共に温もりを帯び始めて陸との関係は、やがて巣我にとって忘れたい過去を呼び起こさせ――?!

表題作Call me,Call.

荻野陸,23歳,ゲイデリヘル
巣我博,ゲイデリヘルのスカウト

その他の収録作品

  • あとがき
  • ・「マコちゃんまだ懲りない」(裏表紙)
  • ・「陸クン 夜の帝王」(裏表紙)

レビュー投稿数15

世の中は厳しかったり優しかったり

◾︎巣我博(ゲイデリヘルのスカウト)×荻野陸(23歳〜解雇されてアルバイト)

ミ・ディアブロを読んだ後なので、陸くん逃げて〜〜世の中優しい人ばかりではないのよ〜〜〜って気持ちで…でも陸くんは予想外にたくましかった。
ピュアでスレてなくて健気なのに身をやつしていく様も好きですが、陸くんが前向きでまさかの巣我救済ルートだとは。幸せにして欲しいと言うより、幸せにする、幸せになろうって人物のほうが断然好き。

あとがきの、巣我がお姫様に妙に納得。そしてリバ!!!陸くん再登場から抜群に雄みがアップしてましたし、巣我は姫だし、アリアリのアリだど思っていたところのリバ。感謝。カバー裏も必見。

萌2〜神

0

どうかこの2人を守って欲しい

 梶本先生の作品は『高3限定』『コオリオニ』と闇が深過ぎるものから先に読んでしまっていたので、この作品の爽やかさ(※梶本作品比)に本当にこのまま幸せを掴む2人をただ見ていてもいいのだろうか、とそれこそ巣我のようにびくつきながら読み進めていました(笑)。でも、梶本先生のこういう雰囲気の作品、いいですね。前述した作品達はどうしても痛々しい描写や読む人を選ぶ壮絶な展開などに焦点を当てられがちですが、この作品を読んで、本来梶本先生はどの作品でも愛を追求していて、先生自身も愛に溢れた方なんじゃないかと思いました。

 読む人をまったく選ばないかといえば、そうではないのだけれど。荻野も巣我も、過去を引きずって生きています。特に巣我の過去は重い。彼の生き辛さは『コオリオニ』の鬼戸を彷彿とさせました。一見荻野を救えるような陽の人間に見えるけれど、過去を掘り下げてみると実は彼の方がずっと人生に彷徨っていて、陰で生きているんですよね。彼の過去を辿れば納得の嵐でした。

 彼はきっと、自分を傷付けた人間を根っからは恨めない性格なんでしょう。こんな母親、恨んだっておかしくないのに、彼はずっと心のどこかで自分を責めている。なんて優しい人間なのか。荻野もすこぶる人がいいけど、それに負けず劣らず巣我も悪者になりきれない純粋な人なんだなと感じました。どんな仕事をしようと、他人に何を言われようと、けっして心まで穢れない2人。この相手となら、きっとこれから心穏やかで豊かな人生を送れるだろうと、希望を持てるカップルでした。

0

読みごたえがありました

絵が良かったです。感情が伝わります。
読みごたえのある回があるので、物語に入りこみます。
陸君が良い人です!陸君のおかげで最後巣我さんよかったね!って思いました。

描きおろしの巣我さんがツボでした。可愛い…!

1

面白かった、でもBLとしては好みじゃなかった

面白かった、漫画として面白かった
でもりっくん(表紙左)が健気で頑張り屋で可哀想で途中すごい辛かったです
苦労した就職した会社で下手をして傷心の所に優しくされて
舞い上がって惚れてしまった男(巣我・表紙右)に騙されて
知らない男のペニスを咥えさせられて吐いちゃって
そんな事があったのに巣我に褒められて必要とされて嬉しくて
尻尾振って売り専ボーイになっちゃって
巣我に似てる客に抱かれて感じてしまう…
就活に売り専の仕事にと頑張り過ぎて倒れるわ
必死で好意を伝えても捨てられるわ
辛すぎ…頑張り過ぎでしょ
でも最後まで読むとこの子しぶとくて頑張り屋で凄いなって思います
しかもセックスは全然トラウマになってなくて
最後はエッチ大好きネコタチどっちも行けます!朝までやりましょ!
な淫乱ちゃんになってるし…(笑)
芯が強い子でした

巣我はオヤジですが繊細でめっちゃ面倒臭い性格してます
それもそのはずの過去が詳細に描かれてるので納得します
そりゃあこんなに面倒臭い性格になっちゃうよな…なヘビーさ
これはちょっとBLを気軽に楽しみたい派としてはヘビー過ぎました
あと人間的にそんなに好みじゃなかったです

説得力があるストーリーで読み応えがすごくある作品でした
評価はBLの好みとしての評価です

0

読みやすい(当社比)

梶本さんの作品は絵、ストーリーともにかなり深層えぐってくるエゲツないものが多いと思うのですが、その中でもこの作品は大分読みやすいです。
読みやすいと言っても、重い過去背負った売り専スカウトマンとノンケなのに売り専やりはじめる事情あり青年の話です。
出生と環境、素質と才能、諦めと足掻き、それらから生み出される現状
が鮮烈に描かれているのは他の作品同様なので、痛み重みのバランスの良い作品だと思います。
絵柄も他の作品にくらべたら大分デフォルメも線もスッキリしてます。
今連載中のモノは昔以上にすごいので、あえてこの線なんだな、と。
巣我さんも陸くんも普通にイケメンなんで読み始めは驚きました。登場人物がイケメンで驚くっつーのもなかなか…
陸くんの心身、性のポテンシャルの高さ好きです。
不採用した会社の人事どもはどこに目をつけてんだよ!この子はやればできる子なんです。褒められて伸びる子なんです。そして黒子。あー黒子は萌え。
書き下ろしとカバー下で大円団ありがたい。
梶本さんの作品の最初の一冊として良いと思います。是非ここからgo to hellしましょう。

1

目に見えるものだけが痛みじゃない。

人の幸せ、不幸せは他人には到底分かりえない。
どんな傷を抱えて、今を笑っているのか。
どんな希望を夢見て、今日まで生きて来たのか。

でも、そんな他人同士が何故か惹き合う瞬間があるのです。
陸君も巣我ちゃんも、出会うべくして出会った
そんな気がします。

目に見える傷や怪我だけが痛みじゃない。
見えないものの中にこそ、痛みがあります。

この作品は痛いです。
すごくすごく痛い。

それでも報われる喜びと安心感と希望がここにはあります。
だからこそ愛しく、優しい気持ちになれるのです。

ただこの痛みは、恐らく、傷のない人には分かりえないもので、
そんな人には正直、どうにも刺激が足りないのかもしれません。
でもそれは幸せな証拠です。

梶本先生の作品は、今を生きる、同じ何かを抱える人たちの希望です。
きっと寄り添ってくれます。
だからもっともっと色んな人にこの作品に出会ってほしいな…

2

ネタバレ注意

自分的にゴールまでが長い印象をもちました。
ストーリーはしっかりしていてお互いちゃっかりしているキャラという感じでした。
レイカ先生の作品はコミック化された分は全て読みましたが今回はラリる事も無くエグい事も無くただただ大人の恋愛物で安心して読めました。

最後のおまけ?書き下ろし?のその後の話がありましたがこれがまたムフフデウフフなのですよwwww
ribaなのですよwww
おっさんが受けって破壊力やばいです。

1

儚くも美しい愛の物語

最近、高3限定で有名な梶本レイカさんの本ですね。
私は梶本レイカさんの本を読むのは初めてなのですが、ちょうど高3限定読んでみたいなーと思っていた時にたまたまこの本を見つけ、衝動買いしてしまいました。
内容もシリアスそうだな、どんな物かなと多少は覚悟して読んだのですが、いろいろと予想の斜め上を行きましたね...

巣我の過去の話はとても胸を打たれますし、ラストで再会するまでのくだりも切ないです。鮮やかなピンク色の表紙も読み終わった後に改めて見るとその意図が伝わってきたりと、読み終わっても複雑な余韻が長く残りました。

終わり方については良かった・悪かったなど個人差がかなり出るような終わり方で、私はまだ良い方の終わり方だと思っています。狭い世界の中でもがきながら生きていた二人がやっと見つけた幸せですから、生まれた幸せに縋り付くような不器用な愛でも充分美しいと私は思います。これは梶本作品ならではなのでしょうか、胸に引っかかるものを残しつつも終わってしまう物語が儚さを感じさせました。
また、登場人物の繊細な表情も良いと思いました。巣我の愁いを帯びた表情や陸の必死な顔、この内容だからこそより笑顔が画面に栄えて綺麗に見えましたね。

心臓の奥を抉るような深い内容で読む人を選ぶ本だと思うのですが、何か考えさせられるBLもいいのかなぁと。これを期に他の梶本作品や高3限定にもチャレンジしてみたいです。
長文失礼しましたm(_ _)m

3

変われない恐怖

梶本レイカ先生は初読みです。
高3限定を雑誌でチラ読みした時、絵が苦手かも?と避けてましたが。
思ったほど気になりませんでした。
食わず嫌いはあきませんね☆
このお話の主人公達には、それぞれに強く共感する部分がありました。

陸くんには、人前ではかなりのあがり症なところ。
何社も受けて落ちて、自分に自信がないところ。
子供の頃に、病気の子供扱いを受けた事など。
あ~わかるわぁ、あるあるそういう事、私もあった同じ同じ。
なんて思いながら。
それでも、この真っ直ぐで純粋なところは見習わなければ!とつくづく思いました。

巣我さんには、目の前のツラいことから逃げる弱さだとか。
人とどこか距離をおきながらも、一人にはなりきれないところ。
まわりの変化を眺めつつ、何も変わらない自分に嫌気を感じるところ。
自分を好きになれないところも。
程度の違いはあれど、深く共感する部分ばかり。
人にいいように扱われるお人好しさは、純粋ですごく好感が持てます。

二人の人とのかかわりの中での変化を読んでいて、なんだか刺激された気分です。
な~んにも変わらない自分に、恐怖さえおぼえる時。
それは、何かが変わるタイミングなのかも?
陸くんと巣我さんは、距離を保ちながら近づいて。
近づきすぎたら突き放して。
でも再会したら、さらに近づく。
そうしているうちに、陸くんは欲張りになり。
巣我さんは肩の力が抜けていく。
すごくバランスの良い、素敵な関係だと思います。

余談ですが。
「波長が合う」人と出会う瞬間。
会って間もなくても、すごくうちとける事が有りますよね。
巣我さんの事情を細かく知っている店長は、巣我にとってすごく波長が合う相手なんやろうなぁ。
キャバ嬢やった女の子とかもきっと。
恋愛だけではない、人との繋がりの空気感。
この二人は、そんな人達に恵まれた環境にいる。
ホント、素敵な二人です♪

4

愛で育つ

デリヘルのスカウトマンと、その彼がスカウトした就職浪人の男の子の話。

誰かに必要とされたいと願っていた陸は、巣我の言葉に救いを見いだし、やがてそれは、巣我自身に対する恋情だと気付きます。
一方巣我は、15の頃、背負いきれずに逃げ出した過去に囚われ、愛というものに後ろ向き。
好きだという気持ちをぶつけてくる陸からも、また逃げ出します。
そして二人は一度離れてしまうのですが、偶然再会し、、

大切にされたい、
必要とされたい、
愛されたいと願いながら、15歳のまま蹲っていた巣我の心は、陸の愛で少しづつ成長していきます。

このお話、最後の書き下ろしで巣我×陸から陸×巣我に逆転しますが、結局の所、このお話って、魔法の呪いに囚われていた姫(巣我)を、逆境から王国を再建した王子(陸)が、見つけ出し、呪いを解いて妃に迎える話だと思えば、この展開で、この落としどころは、すごく納得できる。
絵も全体にロマンティックになって、読みやすかったです。
リバが大丈夫でしたら、梶本さん初読みの方や、「高3限定」がギブアップだった方にも充分オススメできます。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う