factory! ファクトリー! 香鹿と糸島の場合

factry

factory! ファクトリー! 香鹿と糸島の場合
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×212
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない27

--

レビュー数
28
得点
216
評価数
77
平均
3.2 / 5
神率
40.3%
著者
阿賀直己 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ぱち 
媒体
小説
出版社
ルナマリア(星雲社)
レーベル
発売日
価格
¥1,100(税抜)  ¥1,188(税込)
ISBN
9784434190834

あらすじ

俺のバンドが解散しても、橋本さんの腰痛が酷くても、東原さんの化粧が濃くても、糸島が可愛くて我慢のぎりぎりでも、とりあえず世界大恐慌でも起らない限り、俺たちは職場で、また月曜日に会えるのだ。
俺の職場である、糸島塗装興業株式会社で。

香鹿優人は、アルバイトで生計を立てながらバンドでのメジャーデビューを夢見る優しく気遣い屋のいたって普通の青年だ。ある日、彼が働く糸島塗装工業に副社長の息子、糸島薫が現れる。イケメンと形容できる容姿にかかわらず、暗く無愛想で仕事もできず、パートのおばさんたちに煙たがられる糸島が香鹿は気になって仕方がない。
頑なに心を閉ざしていた糸島だったが、香鹿の甲斐甲斐しい努力の末、少しずつ心を開き始める。そんな折、香鹿はバンドのメンバーの一人が別のバンドでメジャーデビューするという話にダメージを受け、部屋に遊びに来た糸島を衝動的に押し倒してしまい……。
中編3編のオムニバスストーリー。巻末には書き下ろしスピンオフを収録。

表題作factory! ファクトリー! 香鹿と糸島の場合

香鹿優人
糸島薫

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数28

じっくりじんわり。

人と人とが出会うこと。
人のことを知りたいと思う気持ちや知ろうとすること。
ちょっとだけ勇気を出して動き出すこと。
ひとりじゃなくてふたりでいること。
ただそばに寄り添っていること。触れ合うこと。
同じ物を見たり、聴いたり、食べたり、同じ時間を共有すること。
一緒に考えること。
一緒に悩むこと。
一緒に解決すること。
一緒にがんばること。
一緒に泣くこと。
一緒にわらうこと。
一緒に生活すること。一緒に生きること。
毎日の生活の中で当たり前のようにしていることでも、ほんとうは当たり前なんかじゃなくて、それは周りの人たちの支えや思いやり、愛情の上に成り立ったとても尊いことなのに、単調に繰り返される毎日の中に埋れてしまう。そんな気持ちをハッと思い出させてくれるようなお話。
工場で働く人たちがしっかりと生きている。ちっとも煌びやかなところがなくて地味だけれど、その分人肌を感じるようなあたたかい作品です。
こじかちゃんは糸島くんの目の前に現れた王子様みたいだ。ふつうの男の子なんだけど、ふつうでいることは、ときどき、むつかしい。ふつうであることは、ときどき、いたい。ふつうな人を見ると、ときどき眩しい。こじかちゃんは眩しいひと。(糸島くんとわたしにとって。笑)
お互いが出会うことで、お互いの世界を少しずつ変えていく様子がちょっとくすぐったくて、いいなぁ...、愛おしい時間だなぁっておせっかいおばさんにでもなった気持ちで見守りたくなる初々しい2人が織り成す香鹿くんと糸島くんのラブストーリー&成長物語。
今もこの世界のどこかで2人が未来に向かって生きているのだと思うと、わたしもなんだかがんばろうってパワーがわいてきます^^
やっぱり阿賀さんのお話がだいすき。

14

好きなんです。

連載されていた時から、私の中では阿賀先生の作品で一番好きな話でした。
派手な人は誰もいませんが、ほっこりと心に残る作品だと思います。

職場の人間関係も、『あるよね〜』と思ってしまうおばちゃん達の普通さも好きだし、香鹿くんの優しさ、でも糸島くんをひとりじめにしたい悶々としたところがたまりませんでした。
糸島くんも過去や家族の秘密がありながらも、本当は誰よりも人と繋がりたかったんじゃないかな?と思われるので、香鹿くんとの出会いが一筋の光になったようなお話です。
楽しみにしていたスピンオフもハッピーなそんの後の二人(ようやく少しHな感じ)にまたやられてしまいました。

9

ほっこりしました

ファクトリー!書籍化おめでとうございます。
コジカちゃんと糸島くんのゆっくりゆっくりと進む恋愛にむずむずしながらも、ほっこりしました。コジカちゃんの必死のアプローチ…コジカちゃんの頑張りの完全勝利ですね。そして今回はスピンオフカードも手に入れることが出来たのでそちらも読んで、思わずにやりとしました。糸島くんの貴重なデレ…2人の未来はゆっくりだけど明るいものだと感じました。そして風子さん目線のお話が切なくて大好きです。タンスにずっとしまってある黄色のワンピース、叶うことはない恋だからこそより切ないですし、風子さん自身そう思っているところがまた胸をきゅっと締め付けられます…。
工場にいる人達も癖がある方が多いですが、別に特別悪い人はいないな〜と感じました。人付き合いは難しいものですが、人間他人と関わらないで生きていくことは不可能なので私も人との繋がりを大切にしたいと思いました。
何度も読み返したいと思います。

8

一生懸命恋をする話

表紙の雰囲気が好みだったので購入しました。
「BL要素どれくらいあるのかな~……?」と思いつつ。
帯にも書いてある通り工場が舞台になっていて、はっきり言って設定はちょっと地味目です。笑
でもそこが現実味があってよかった。
格好いい男の子がいっぱい出て来て、恋のライバルが居て試練があって……というハラハラドキドキするようなBLではなかったけれど、
「自分も恋愛してる時ってこんな感じで空回ってるなあ」と、ちょっとイタタと思いながら頷けるような、共感できる恋の話でした。
恋以外にも、「仕事って大変」「人間関係って面倒くさい」という部分でも共感できました。

主人公の香鹿(攻)がとにかく糸島(受)ラブなのが、なんか「頑張れよ……」って言いたくなります。
続編があったら、香鹿にもうちょっといい思いさせてあげたい。。。笑

8

おすすめです♡

BLっぽくない表紙ですが、BLです。
が、主人公のふたりが魅かれあっていく姿があまりに自然なので
読んでいて、男同士で恋愛感情を持つことが当たり前のように思えました。
へたれだけど、下心も含めて純粋に糸島が好きな香鹿と
少しずつ心を開いていくけど、素直じゃない糸島。
主人公ふたりの不器用さが可愛くって仕方ないです。

ほのぼのとして、胸がキュンとなって、そして元気になれる。そんなステキなお話です。

7

頑張れば世界は変わる

そこで働く人達にどんなことがあっても、世界大恐慌でも起きない限り動き続ける工場が舞台の物語です。

主人公であるコジカちゃん、糸島くん、風子さんも、今までのように平穏に過ごしていれば、この工場のように何事もなく時間は当たり前に過ぎていったはずです。
でも、三人とも、ほんの少しだけ頑張った事で世界が変わって行く、そんな物語だと思いました。
頑張ってもどうしようもない現実ももちろんあるし、特に過去やそして現在も色々あって、殻に閉じこもっていた糸島くんにとっては、現実を変えることはとても難しいように思えます。

この小説を読んでいると、自分自身の考え方や行動を見つめ直すことって大事なことだなと気づかせてくれます。
コジカちゃんは糸島くんに恋をして、糸島くんもそれをちゃんとわかって考えようとしてくれて。
コジカちゃんが暴走してしまったりもしますが、男の子同士の恋愛に誠実に向き合おうとしている二人がとても素敵です。
風子さんの物語は自分に当てはまることがたくさんあって、とても共感させられました。

読み進めて行くうちにじわじわとして読み終わるときゅんとする、そんな小説でした。
特に番外編は葛藤しながらも2人の距離がどんどんと縮まっていく様子が愛おしかったです。
糸島くん、頑張れー!って応援したくなりました。

2人がゆっくりじっくり育んでいく愛のその後がとても気になります。

7

普通の恋愛

パートのおばちゃんが圧倒的な力を持つ工場内で
明るくみんなに可愛がられるコジカちゃんと真逆な糸島君 
周りを全く寄せ付けない糸島君に興味を持ちながら
ドンドン惹かれていくコジカちゃん
そしてちょっとずつ距離が縮まる二人
進展したかと思ったらまた後退してってもどかしいような
でもそれが嫌じゃない
普通に恋愛ってこんな感じで進んでいくんだろうなぁ~って
本当にすんなり入ってくる 
人を好きになるって臆病にもなるし大胆にもなれる
好きな人を守ってあげたいけど実際には無理かもとか
そんな細かな心理描写が誰でもある事のようで読んでて
わかる~って思う事ばかりでした
意地悪に見えるパートのおばちゃんにもそうなるよねって
共感しちゃう自分にも笑えてしまった 
読み終わった後に もう少し先にすすんだ二人も読んでみたいって
思える小説でした。

6

おススメします!!

普通に工場で働く、香鹿と糸島…好きになった人がたまたま同性だっただけ。という物語です。2人の中の葛藤および生きてきた背景など細かく描かれ、とても引き込まれます。共感できる部分がたくさんあり(もちろん同性なんだけど)心がギューっと締め付けられ泣ける部分もありました。この2人のこの先がとてもとても気になります!!
BLに少し抵抗がある方も、この作品ならすんなり読めるのではないでしょうか。おススメです!!

4

レビュー

レビューやランキングって、ホントありがたいです。
ランキング上位で この作品の表紙を拝見し、そのまま移動したレビューのページでの評価も高く、気になって購入しました。
今となっては、お気に入りの作品となり、毎日読み返しています。
この作品を手にしないまま、この先も阿賀先生の作品を知らずにすごしていたら・・・と思うとちょっとゾッとします。
コジカちゃんや糸島君と出会えて本当によかったです。
コジカちゃんとともにいれば、糸島君は幸せになるほかないと思えるのが、本当に本当にうれしいです。
少なくとも、もう二度と、糸島君が絶望の中で「神さま助けて」なんて言わなくてよさそうなのが嬉しい。
そして、コジカちゃんの誠実さ、忍耐力は凄い!!
こんなに いい子がいるものなのかと、柏手打ちたいくらいの驚きです。
自分がコジカちゃんの立場だったら、きっと度々大量の鼻血を吹いて倒れてます。
死ぬのも時間の問題です。
コジカちゃんと糸島君のおかげで「優しくてタフで鈍い」は、天然じゃなく、神の形容だと気付きました。
もちろん褒めてます。
大絶賛です。

4

さらりと読めます

あっという間に、最初から最後まで読んでしまいました。
糸島くんの、ゆっくりと、それでも着実に、香鹿への想いに近づいているのがとても良く分かりました。
その後の話では糸島くんが真正面から香鹿と向き合っていることに、とても嬉しく思いました。
両方の愛しい気持ちがたくさんつまった話で、絡みが少なくても十分です。
そしてまた、工場で働くこと、糸島くんが少しずつ、誰かのために働いてみる姿に、私も明日からまた仕事をがんばろう、と背中を押された気がしました。
香鹿と糸島くんが、ずっとずっと、大好きでありますように。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ