大学教師×売り専ボーイ

ごまかしきかないまがいもの

gomakashi no kikanai magaimono

ごまかしきかないまがいもの
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×216
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
152
評価数
43
平均
3.7 / 5
神率
25.6%
著者
梅松町江 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784829685549

あらすじ

何となくそんな気分で、相手を探すのも億劫な夜、
ゲイ向けの出張風俗を利用してみることにした大学教師の勇作。
そんなに期待はしていなかったものの、
部屋に訪れた売り専ボーイのミズキは可愛い上にエロく、大満足の一夜を過ごした。
しかし後日、勇作が教壇に立つと生徒の中にミズキの姿が。
昨夜関係を持った子が自分の生徒だと判明し……!?

表題作ごまかしきかないまがいもの

平石勇作,大学教員,34歳
長崎秀明(ミズキ),売り専ボーイの大学生

同時収録作品バイセコージャーニー 前後編

浅野泰宏,旅行中記憶喪失に
清水潔,大学の友人?

その他の収録作品

  • ままならないのはいつだって
  • マジメなキミのいうことには
  • ごまかしきかないかわいいひと(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数13

恋に落ちちゃう大人の可愛げ

【ごまかしきかないまがいもの】

大学教師の勇作がウリ専のボーイを呼んでみたら、生徒の秀明(ミズキ)だったという。

えっちも、側に居ても心地よい秀明(ミズキ)を気に入ってずっと呼ぶんですな。
でも大学構内は他人行儀。
いつの間にか、ウリ専も辞めていて秀明(ミズキ)に逢いたさがつのっていくのです。
とうとう、大学で秀明(ミズキ)を掴まえ気持ちを伝えるんですね!
勇作が好きすぎて必死。
でも、秀明(ミズキ)もちゃんと勇作が好きになっていましたよ❗

まあねハピエンですよ。その後も同棲まで誓ったりとラブラブしちゃいますよ❤️

ただですね~
ウリ専していた時には、勇作以外の客に出くわしてしまったりと、秀明の将来を勝手に心配しました。
社会人になってからは昔の客に出くわさない事を願います!

【バイセコージャーニー】

旅先で記憶喪失になった浅野。

一緒にいた男、清水は何か知っているくせになにも言わない。
浅野が作った旅のしおりに「別れ」なんて書いてあったり。

記憶喪失になりつつも、意外に明るく旅行をする浅野。清水と過ごすうちに断片的に思い出していく過程が、面白かったです❗️

ゲイカップルのお別れ旅行かと思いきや、ラブ展開で締めました❗️
捻りが効いていて良かったですね~

梅松町江先生の作品をまだまだ読んでみようと思っております。

0

再読して評価があがった

二作品収録されています。

【ごまかしきかないまがいもの】【ままらないのはいつだって】【マジメなキミのいうことには】
デリヘルボーイを呼んで熱い夜を過ごした翌日、教室で見かけたのは昨日のミズキ…。
かなり早い段階でミズキのことを気に入って自分のものにしたいと思うようになった勇作と、徹底的に彼のことを避けまくるようになるミズキ。
客というか先生相手に普段は結構ハッキリした口がきけるし生意気なそぶりを見せているくせに、肝心の恋には臆病で駆け引きすらできないミズキがかわいい。

その後の【ままらないのはいつだって】は2ヶ月の二人の様子が、【マジメなキミのいうことには】は2年後の様子が描かれていて、私は最後の【マジメなキミのいうことには】が一番好き。

就職活動がままらないミズキに、卒業したら同棲しようと話を持ちかけるも「今すぐ考えられない…」と言われてしまった勇作。
ショボン…どころか、ミズキはまさか別れを考えているのか?!?!とジタバタして大人気なくなっていく勇作がかわいい。最初の【ごまかしきかないまがいもの】で登場したときの、大人〜といった余裕はいずこへ(笑)

そしてミズキが同棲を持ちかけられた時、色よい返事が出来なかった理由が、しっかりとしたいい子というかいい男になった成長の証に思えて嬉しい。
最初は客&ウリ専ボーイというまがいものの関係で始まった二人。
その後も先生と生徒、そして大人と年下の可愛い恋人というどこか立場の差や年齢差を感じていた二人が、年月をかけて対等なパートナーとして並び、愛に変わったなと感じさせる終わりが好きです。

これ私の記憶の中の勇作は、翌日に大学でウリ専ボーイを見かけた際、源氏名で呼びかけちゃうデリカシーのなさとか、本人が嫌がってるのにいつまでも源氏名で呼び続けてるところなどが嫌だなと感じ、なんかいけ好かない男…という印象が強く残ってたんです。

表紙を見て「いけ好かない大学講師とちょっと強気なウリ専ボーイのお話」と記憶してたけど、今回読み返して見たら、優作がこんなに途中からどんどんヘタレていくというか可愛げが増してく男だったとは…と認識新たに読めて、この作品が好きになりました。読み返して良かった。

【バイセコージャーニー】
記憶喪失モノ。目覚めると病院で、大学の友人だという清水と沖縄旅行中だったと言われるも記憶なし。
そして自分のカバンからはコンドームと「お別れ旅行のしおり」という意味深なタイトルのお手製しおりが出てきて…

切なく意味深な感じで進むけど、そのお別れかい!と笑えます。
先が読めそうで読めないところが好き。

1

余裕ある「風」な大人が恋をすると

こんなに可愛くなってしまうものなのか!

大学教授と売り専ボーイの恋。
余裕のある大人 vs 手練れの若者の駆け引き戦なんてものはここでは見られません。
相手を想えば想うほどぶざまでかっこ悪くなる。
だけどそれがいとおしい。
そんな作品です。

勇作(34)とミズキこと秀明(20)の年の差14歳のカップルの話です。
3話構成で1話目では出会って付き合うまでのどきどきを、2話目では付き合ったからこそ感じるやきもきを、3話目では付き合いが続いたからこそ起こるすれ違いを楽しめます。

相手を探しに行くのが面倒で呼んでみた売り専ボーイがあまりにもタイプでかわいい。自分の講義まで受講している学生だと分かっても呼んでしまう。「オレの中で今、ミズキが流行ってる」なんて言い方をしているけれど、そういう目的ではなく食事やただのお出かけだけでも楽しいなんて、惚れてしまっているのは明白なんですよね。「ハマっちゃいけない」「笑えないぞ」と自嘲めいた牽制を何度も自分自身にするのも既に惚れているからなわけで。「まだ大丈夫」と思っているのは本人だけ。
勇作目線なのでミズキこと秀明の気持ちは分かりません。分からないのがいいのです。情報だけ入ってくるので、後から事実が分かったときに「あー!」ってなります。これがパズルのピースがきれいにはまっていくようで気持ち良い!

付き合ってからの2人の温度差がまた絶妙で。
「嫉妬される=愛されている」と考える秀明はまさに若さゆえ、という印象。歳を取ると相手の気持ちをいちいち探らなくなるというか、若い頃は一番難しかったはずの「信じること」がすごく楽にできるようになる気がしませんか?むしろ信じていれば余計な気苦労をしなくて楽、くらいのテンションに。感情も歳を取るのだなあ。それだけに余計、やきもきする秀明が可愛く見えるのかもしれません。
「秀明の前では常にかっこつけていたい」と考える勇作も、秀明から見たらひと回り以上年上ですごく大人と思えるかもしれないけど、大人じゃないんですよね。34才、まだまだひよっこ。カッコ良く遊ぶことには慣れていても、カッコ良く恋愛なんてそうそうできるものじゃない。どんなときも取り繕って冷静に、大人の余裕を、大きな愛で年下くんを包み込んであげよう、なんて思ってる時点で間違ってる。
結局ぶざまな自分をさらけ出してしまうけれど、それこそが秀明が見たかった勇作なわけで。自分の思い描く理想と現実って全然違うよね、と微笑ましいのです。

これからもいろいろな人に出会うであろう秀明と、きっとこれが最後の恋になるであろう勇作ではこの関係にかける必死さが違うと勇作は思っているけれど、恋をしたときに「次は」なんて考える人はいないですよね。それも分からないくらい秀明に夢中。自分の方が想いが強いと思い込んでいる勇作の空回りが切ない。
一方の、恋人との将来をしっかりと築いていくために準備を重ねて、すべて終わったら相手に言いたいという秀明の考え方も嫌いじゃないというより、好きです。元売り専と言っても真面目な子なんですよね。ただ最後に相手を喜ばせるぞ!という計画を進めている段階って言葉少なになるし、下手なことを言ってバレたらサプライズ失敗みたいになるし、誤解を生みやすい。それが分からない秀明もいとおしい。

とにかく2人とも不器用。だけど愛せてしまう。可愛い2人なのです。

同時収録もすてきです。
沖縄で旅行中に怪我をして記憶喪失になった泰宏と、一緒に旅行していたという清水。
毛色の違う相手に「清水とオレって本当に友達なのか?」という違和感がありつつも、旅行を続けるうちに出てくるいろいろなヒントと自分の中に芽生えた気持ちに戸惑う泰宏の心理描写が卓越してます。
記憶喪失設定はわりと見かけるものの、この作品はその中でも特に好きです。ぜひご一読を。

0

年の差ならではの

表題作

たまたま売り専の男の子を呼んだら、その子は勤め先の学生で…というよくありそうなお話ではありますが、梅松先生ならではの読ませ方で、とても楽しく読みました!

売り専のかなり年下の子を好きになってしまった葛藤や、そういう仕事をしているのに、お金で繋がっている事により苦しくなってしまうミズキの様子がとてもリアルでした。

年上は年上でカッコ悪い所は見せたくないし、余裕ぶりたい気持ちもわかるし、年下の方は余裕な相手の態度で自分の事は本気じゃないんじゃないかと思っちゃいますよね。
二人の気持ちにすごく共感できました。

ミズキも可愛いけれどちゃんと男として、勇作のパートナーになれるように努力しているのに好感が持てました!

同時収録作

「バイセコージャーニー」
表題作も良かったですが、私はこちらの作品の方が好きです。

記憶喪失ものはいくつか読んだ事がありますが、
なんだろう、すごく新鮮な気持ちになりました。

こちら連載で読んだ時は前半だけ読んですごくヤキモキした記憶がありました。
潔は憂いを帯びているし、ちゃんとハッピーエンドになるか心配でしたがちゃんとラブラブハッピーエンドです。

こちらの作品はあまり事前知識なしに読まれた本気がより楽しめるかと思います。

「バイセコージャーニー」は大好きで何度も読み返しています!

0

どっちの作品も好みでした

大学生と同じ学校の講師の歳の差カップル。
出会いは売り専ボーイの秀明を一晩買うという健全なものではないんですけど、そこから純愛が育っていく過程はとても萌えました。

学校ではお互い知らないふりして、プライベートでは客と売りボーイ。
付き合うまでと、ちゃんと気持ちを確かめあうまで、そして卒業後の進路のお話と三話入っていて綺麗に完結しているのが良かったです。

売りといっても金のためとか不幸な境遇とかではなく、趣味と実益というライトなノリで読めるのも良かった。付き合う事になった一話目は、売りボーイを好きになってしまったという勇作の葛藤と、客を好きになってしまったという秀明の葛藤、でもお互いに両思いだったという最後はあまり捻りのないお話だったのでさらっと終わっちゃったなあと思いました。
ですが、そのあとが良かったです。

梅松さんのお話を何冊か読んで、ほんとに取り留めない地味なカップルでもとても引きこまれるような描き方をするなぁと思います。
秀明が年相応の大学生、勇作が年相応の中年(?)男性というのもとても自然に描かれていました。

売りをしてる、体を売ってる男性てBLに出てくると大抵可愛いこだとか綺麗でちょっと女性ぽい・・・という偏見があったのですが、秀明はとても普通の大学生で、男らしい。
しっかりしてるのにちゃんと歳下のかわいらしさもあります。
勇作も、落ちついていて若すぎず、年甲斐もなく若い恋人に浮かれている(でも顔には出さない)というのがなかなかリアルな感じでした。

後半「バイセコージャーニー」
記憶喪失モノです。こちらもスッゴく好みでした。
旅先で事故にあい記憶喪失になる主人公。旅行は続けるのですが、一緒に旅行に来たという友人のことがどうしても思い出せない。

最初はせつないお話なのかと思うんだけど、オチは意外です。このオチがものすごく面白かった。ネタバレになるので多くは書きませんが、この話好きだ!て思えるお話でした。

3

あえてなのか?

梅松さん9作目かな。嬉しい。
大学講師が軽いノリで呼んだデリヘルの子が、教え子だったとあとで気付き、それでも呼び続ける内に絆されていくという表題作と、友人との旅行中に一時記憶障害を起こしてしまうお話の二本立て。
表題作は、互いに同じ想いだとわかったとこで終わり、2話目は喧嘩したあとに仲直りして終わり・・・なんもせんのかーい!となりました。
ふつう盛り上がるだろーそこはー!朝チュンですらないってどゆことよ。
記憶障害の話を挟んで、ようやくそんなシーンだったけど、なんかとってつけたようでモヤッとしました。

0

なんか読み返したくなる

電子で『ショクドー・ディナーショー』『さよならチキン』を読んで好きな作風だったので、これからはコミックスで買っていこうと思っている作家さんです。
絵はちょっとだけ個性的かもしれませんが、私は好きです。
63ページくらいの前後編を除いて、残りはすべて表題作なので満足感があります。

ゲイ向け出張風俗を利用した大学教師×売り専ボーイで生徒。
遊びのつもりがどんどんハマっていっちゃうお話です。
ボーイの生徒の方が、先生のことを好きになってしまって、望みがないと思い先生を避けるようになるんですが、結局先生に捕まって泣きながら告白します。
ちょっと冷めてるように飄々と振舞っていた分、ギャップが可愛かったです。
先生の方もかなりハマってしまって、同棲しようと言い出す程ラブラブです。
生徒の方も実家に帰省して男性と付き合ってると報告しに行く。(先生の勘違いによって先送りになるけど)
お互いに二人の未来を真剣に考えています。
幸せ〜な終わり方でとても良かったと思います。

私はお互いのことが大好きで嫉妬したり空回ったりという王道ハッピーエンドが好きなので、このお話はとても好きです。
安心しながらアッサリ読める感じもあって、何度も読み返しています。

2

年の差のこういうとこが好きだけど…

梅松さん、時々きゅんっ!が不意打ちでくるので
読んでしまう作家さんですw

初めて利用した売り専の男の子が
自分が教壇に立つ大学の生徒だったのにも関わらず
意外にも律儀で真面目でウブな面を見るうちに
だんだん好きになってしまいます。
ただ会いたいが為に、呼んでもHしなかったり、
恋人のような感覚になりながらも
若い子にハマる自分を抑えたくても儘ならず…。

先生は34歳、源氏名・ミズキは20歳。
年の差って埋められないものがありますし
出会いが出会いなので難しいのはわかりますが
ミズキ視点の『ままならないのはいつだって』では、
先生の余裕さに耐えきれなくなるミズキに
なんでそこまで思っちゃうかなぁ…と先生の味方になってしまいましたw
束縛されたい気持ちもわからなくはないけど
愛されてるってもっと自信持てばいいのに…。
いちいち行動やら携帯やらチェックされる方が嫌に決まってるし
自由にさせてくれるのは信じてるからって事じゃないかな?
好きになり過ぎての不安なのかもしれませんが、贅沢な若者だなw
実際言わなかったけど嫉妬したりモヤモヤするのは当然です。34歳でも!w

『マジメなキミのいうことには』
ミズキ(私も先生のようにこっちが言いやすいw)が就職活動をしていて
なかなか内定をもらえず気の毒でした(そこ!?)
まだまだ人生これからの若者の未来を自分の為に使わせてしまってよいのか
苦悩する先生に感情移入しました。
それでもミズキはミズキなりに考えていて、
本当に真面目な良いコだよ!!先生も幸せ者だね!


『バイセコージャーニー』前後編
男二人で沖縄の離島に旅行中、一時的に記憶をなくしてしまった泰弘は
連れだと言う、大学の友人と名乗る清水と旅行を続けます。
泰弘のなかなかの能天気さに救われつつ、
カバンから出てきたゴムと“お別れ旅行のしおり”を見た動揺は
こちらもどっきんとしました!
詳しいことを話そうともしてくれない清水ですが、寂しそうで……。
ちょっとー!!悲しいENDはイヤだよ!!と思ったら
そこはやはり漫画なので(?)泰弘の記憶が戻ります。
お別れ旅行の意味に「それかーい!!」とツッコまずにいられませんでしたが
良かったよぅ、君達幸せにね!ってほくほくしました♪

以前も思ったのですが、
梅松さんのお話は好きなのですが、
どうしても背景が白いのが気になってしまうんです……私だけでしょうか;;
なんっかこう、勿体ないなぁ!!なんて思っちゃって、
生意気を申し上げてすみません…。

6

おなじみのシチュエーションを一味違った展開で…

『ごまかしきかないまがいもの』シリーズ3作
1話目が攻視点で、売り専ボーイと客として出会ってから本気になって付き合うまで。
2話目が受視点で、つきあうことになってからのお話。
3話目が攻視点で、2年後のお話。
あとがきによると、当初2作完結のつもりが3作になったとのこと。
【お金を払ってセックスする関係から本気になって付き合うことに】という個人的に大好物なシチュエーション!なのですが、ちょっと物足りない感じが…
1話目が攻め視点で、受が何考えてるのか、「大学の先生で出張風俗の客」の攻にどうして本気になったのかがちょっとわかりづらく、両想いになるまでの展開がちょっと急な感じがしたからかもしれません…
両想いになってからの話がむしろメインになっているのが、似たシチュエーションのものによくある感じwとはまた違っておもしろかったけれど、
両想いになるまでの部分も、もっとじっくりよみたかったなと思いました。

『バイセコージャーニー』前後編
BLではおなじみの記憶喪失もの…!ですが、旅先で一時的な記憶喪失になってそのまま旅行して記憶を取り戻していくという、ちょっと変わったシチュエーションで、おもしろかったです。
記憶をなくす前の2人の具体的な進展度とか、旅行に来た目的が最初は明かされずに徐々にわかっていくのでドキドキしながら読めました。

2

年の差ほどの温度差を

 先月上旬に出された『銀座カクテル恋慕譚』に大いに萌えたので、こちらの作品も楽しみにしておりました。大学教師×売り専ボーイの話と、記憶喪失の話。よくある設定ながらもやっぱり独特な雰囲気が漂っていて、個性が光る1冊でした。

◆『ごまかしきかないまがいもの』
 めんどくさいので、ネットでお手軽に買える愛を買ってみた大学教師の勇作。デリヘルボーイとしてやってきたミズキは大学の生徒だった―。客×男娼であり教師×生徒である2人のまがいものの愛が、本物へと変わって行く物語です。
 恋人という関係になれば、その愛は本物なのか? 2人の関係が恋人になったところで終わりではなく、その後の話も読めたのが良かったです。

 年を重ねると愛情表現の方法も変わって、そこに温度差を感じてしまう。その差が埋まって行く様子が面白かったです。自分の尺度をもって「愛されたい」と期待すると不安や焦りばかりが募るけど、相手の尺度を知ると「愛されてる」と実感できて幸せになれる。
 体の相性も大事ですが、話し合う事も大事というお話でした。

◆『バイセコージャーニー』
 若い男の、2人旅。記憶を失った泰宏。
荷物の中から出て来た「ゴム(0.03mm)」と「お別れ旅行のしおり」。
「お前の記憶が戻らなきゃいいのに」と言う潔。
 先が読めず切ない予感しかしない展開にハラハラソワソワ。
 急展開を見せたラストは何だか上手くいきすぎて拍子抜けでしたが、ハッピーエンドだったので良かったです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ