厄介な連中(8) にぎやかな遺産

yakkai na renchu nigiyaka na isan

厄介な連中(8) にぎやかな遺産
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
柏枝真郷 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
如月七生 
媒体
小説
出版社
角川書店
レーベル
シリーズ
厄介な連中1 雨かもしれない 厄介な連中01
発売日
ISBN
9784048735049

あらすじ

「厄介な連中」にまた会える!今回、ついにあの2人が…!?

桜の降りしきる夜に出会ったふたり。さまざまな謎が絡み合ったなかで彼らが辿り着いた『関係』とは―!? 超マイナーミステリー作家・遠野遼一郎と、自殺癖の美青年・宮城篤史。廃屋同然の洋館で繰り広げられる“厄介な日常”に訪れた、その『事件』は、思わぬ波紋を広げることになり……。『厄介な連中』シリーズ!! それは、間違いなく愛情だった― 武蔵野の原野に立つ、廃屋のような洋館で、自殺癖を持つ美青年・宮城篤史が、鋭い美貌を持つミステリ作家・遠野遼一郎に、時にはサディスティックに弄ばれながらも一緒に暮らし始めてから、二度目の冬。遼一郎の息子・美雪との、微妙な三角関係に戸惑っていた篤史だったが、その美雪の出生に、遼一郎の叔父が関係していることを知ってしまい……!?

表題作厄介な連中(8) にぎやかな遺産

遠野遼一郎,マイナーミステリー作家
宮城篤史,遼一郎のイラストレーター

その他の収録作品

  • 愚者の贈り物(The Gift of the Crank)

レビュー投稿数1

やっとここまで来た

柏枝真郷さんの「ホーリー・アップル」シリーズが大好きで、その後の「厄介な連中」の同人誌で16年後の攻めのドイルが登場するので、その関連同人誌も全て購入したのにずっと積読になってたのです。

私はこの「厄介な連中」シリーズはNYシリーズほどなかなかハマれなくて唯一、遼一郎のNY過去編で5巻の「イレギュラー・クリスマス」だけ秀逸だと思ってましたが、商業最終巻の今作でやっとそこに繋がり、過去の色々が全て解明されました。長かった!

柏枝さんはNYを舞台にした作品の方が、主要キャラも脇キャラも生き生きしていて魅力的に感じます。今シリーズは攻めの遼一郎も自殺未遂常習犯の受け・篤史もタイトル通り厄介な連中であまり好きになれなかったのです。しかし今回あの「BABY FOOD」の本が登場してあの本をずっと持っていたハリーを思い出して切なくなりました。

遼一郎はハリーより6歳も年下の攻めだったけど、頭が良くしっかりしていて、ハリーの純情を弄び、最後は年上のハリーに甘えさせてもらった、という認識だったのですが、美雪の出生の秘密やその母親の不憫さを知り、遼一郎も若いのに大変だったんだなと思いました。

遼一郎の伯父の友人が美雪と血縁関係だったんだけど、伯父さんも遼一郎もはっきり言って何の義理もないのに、遼一郎は医者の道を捨てて美雪の人生を救い、売れない作家となり廃墟のような洋館に自殺を繰り返す美青年と住んでいてなんの後悔もないようにみえる。冷酷に見えて実は不器用で1番優しい人なのかもしれない、と思いました。ハリーも当時は辛かったけど結果的にはドイルという素晴らしい恋人に出会えて幸せになった訳だし。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う