悠久の時を超えて求め合う、呪われた皇帝×運命の花嫁の至上の愛!

千年皇帝 ~最後の花嫁~

sennen koutei

千年皇帝 ~最後の花嫁~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×216
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
122
評価数
30
平均
4.1 / 5
神率
26.7%
著者
月東湊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
六芦かえで 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
ISBN
9784041025819

あらすじ

突然やってきた皇帝の使いに、花嫁として皇城に迎えられた青藍。ところが当の皇帝は、体に化け物を宿す半妖だった。皇帝は「醜い姿でも愛してくれる人間を見つけなければ解けない」呪いをかけられていて…?

表題作千年皇帝 ~最後の花嫁~

炎火,煌翼国の皇帝
青藍,村の診療所の三男ながら皇帝の花嫁に,18歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

千年の孤独…

月東湊さんの書かれる健気な受けの子が好きです。今回の受けの青藍も健気で一途で、一人で頑張っちゃうような子でした。

両親亡き後、兄弟のために必死で生活をしているところへ、突然皇帝の花嫁だと迎えが来ます。最初は訳も分からずにいるのですが、覚悟を決めると自分にできることを一生懸命にやろうと努力します。

前世の青藍と自分が違う人物で、自分は必要とされてないのではないかと葛藤している場面では切なくてキュンとなりました。千年の時の中で、世界を守ることが青藍を守ることにつながると幻獣に乗っ取られる覚悟で戦っている炎火にも…。最後に、いつも吹いていた「星空の詩」が前世で炎火を想って作曲した曲だったことが分かり、じ~んときました。

恋愛面だけではなく、謎がだんだん解き明かされていくのに本の中に引き込まれて一気に読みました。全部がハッピーエンドではなかったけど、読後はホッコリとした気持ちになりました。

8

みんなに愛される シンデレラボーイ

受け様、「青藍」は けなげな子。
両親の死後、家族を支えてきた。
突然の「皇帝」からの花嫁指名にも 心配したのは、家族のことだった。

聖獣に守られている 煌翼国 の城は、聖獣の秘密を守るため、
城へ入ったものは 2度と外へは出れない。
不安を抱えながら、入った城では、皇帝をはじめ、
皇族3人も、「青藍」を歓迎してくれた。

「青藍」はついに 聖獣の秘密を知ることになる。
そして「青藍」もう一人の「青藍」の存在。
「皇帝」炎火の 呪いの完成まで あと少し。
突然始まった戦争がその完成を後押しする。

最初は???ではじまった ストーリーでしたが、
だんだん引き込まれていきました
けなげで、一生懸命な「青藍」にとても魅かれます。
なんで 一人で苦労を背負うのかなぁ

皇帝さんの呪いは解けたけど、まだ3人 
解けていないのですよね

2

理想の国王

タイトルが“千年皇帝〜最後の花嫁〜”なので、私は最初千年生き何度も結婚と死別を繰り返した皇帝が最後の伴侶を得る話だと思っていました。でも、本当は“最初で最後の花嫁”という意味だったんですね。偽装結婚的なことはしてたっぽいですが、800年も一途に想い続けた皇帝に感動しました。過去のストーリーがちょっと曖昧なままだったので、その辺が気になります。陽と白秀と泰平の呪いを解く伴侶もいずれ現れるのかなぁ。なんとなく続編がありそうな気がするのですが、どうなんでしょ。
それと新月の正体には驚かされました。親指の爪て…。

1

不憫健気といえば受ですが……

中華風輪廻転生もの。
時を超えての恋の成就って浪漫ですよね、大好きです。
しかも中華! 皇帝! 幻獣! なにこれ好きのてんこもり!
設定だけでも萌えるような言葉が飛び交うのですが、中身がこれまた良かったです。

受は800年前に攻と友人だったのですが戦によって命を落とし、攻が身の内に飼っていた幻獣と契約をすることによって受の魂を遥か未来に飛ばしてしまいます。
その代償として攻は色々と苦労することになるのですが、1000年の時を生きてようやく愛しい受との再会を果たすのですが、もうホント攻が健気で泣けます。
私は受の不幸は蜜の味、常日頃から不憫健気を見てはぐへへへへ、と喜んでるんですが、今回のこの話は受よりも攻が不憫健気。不憫健気の鏡のような素晴らしさでした。

過去の自分を思い出せないことで葛藤する受と、受は受なのだからとその全てを包み込んで愛してしまう攻。すれ違いながらも勃発した戦によって、改めてお互いが唯一無二であると確認し合う様は胸がじんと痺れました。
攻を失いたくないと、必死で攻に掛けられた呪いを解こうとする受の姿はいじらしく、切なくて、ほろほろと涙が……。
そして攻を大切に思う仲間の絆もとても良かったです。

ラストは非常に綺麗に纏められてめでたしめでたしなんですが、幻獣の足の爪である新月がこれまた良い味を出していて本当に可愛い。
モフモフ成分まで堪能できるだなんてお得です。
ドキドキハラハラしながらも絶対安心のハッピーエンドなので、後味の良い甘いお話が好きな方にはおすすめの1冊です。

1

ある意味人外攻め?

幻獣に転じて国を守る健気な炎火、優美な青藍が可愛いくて一気読みしました。
最初、体に浮き出る幻獣の目玉が不気味でしたが悪いモノではなく可愛げのあるモノだと分かってから好きになりました。攻めである炎火も最初何を考えているか分からず戸惑いましたが、身を挺して国を守る崇高な精神に触れる内に好きになってました。登場人物に感情移入できたので面白く読めました。

0

時を超えた再会物

作者様曰く中華風ファンタジーです。
謎が段々と解けていくのは面白かったのですが、なんだか伏線が回収されているような、そうでないような部分もあり、のめり込めませんでした。
そもそもどうして受けが転生させられたのが800年も先だったのか、1000年近く生きていて普通の人間のような心情を保っていられるものなのか。。
作品中に書いてあったのかもしれせんが、ちょこちょこ気になってしまいました。
そのせいか2人の結び付きにあまり感情移入できませんでした。
幻獣がころっとイイ奴になったのもご都合主義に見えてしまいました。
幻獣も実は受けのことが好きだったとかあるんでしょうか??
毎日のように寝言で話しかけちゃうなんて。
そうなるとますます800年が何故という疑問。
面白かったし、切ないシーンもありましたが、個人的にあまりBLらしいキュンを感じられなかったので萌評価で。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う