呪われた黒獅子王の小さな花嫁

norowareta kurojishiou no chiisana hanayome

呪われた黒獅子王の小さな花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神71
  • 萌×219
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
15
得点
450
評価数
101
平均
4.5 / 5
神率
70.3%
著者
月東湊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
円陣闇丸 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010316

あらすじ

呪われた孤独な王の元に、太陽のように眩しい
小人族の青年が輿入れしにやってきた!?
黒獅子王と小人族の青年の、種族を超えた
ラブ・ファンタジー!!

黒獅子頭を持つ王子のお前に、相応しい花嫁を
用意しよう――呪われた息子を厭う王が
指名したのは小人族。人間の半分の背丈しかなく、
娘のいない我らに一体なぜ…? 困惑する中で
立候補したのは、族長の息子・リラ。王宮で
孤独に生きるダルガート王子の味方になりたい――
戦から村を救われて以来、密かに王子に憧れていた
リラに、ダルガートは「私の運命に巻き込んで
すまない」と告げてきて!?

表題作呪われた黒獅子王の小さな花嫁

ダルガート,20歳,ガルムザール王国の王子
リラリルカ,18歳,小人族の長の三男

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数15

シリアス、でもハートフル。

作家買い。
月東さんの新刊はモフモフ&ファンタジー。今作品のモフモフはちょっぴり切なくって、でも温かい、そんなハートフルなお話でした。







ガルムザール王国、という国が舞台。
この国の第一王子・ダルガートは、黒獅子の頭を持って生まれてきた。「呪い」と言われ、彼の両親である王と王妃ですら彼を厭い、何とか亡き者にしようと策略している。それ故に彼は常に孤独で、食事に毒を入れられたり、厳しい戦況の戦に行かされるがダルガートは何とか生き延びてきた。

が、この国では第一王子が次期国王になるという法があるため現王ですら彼を差し置いて次男に王を継がせることができない。何とかダルガートを失脚させるために王たちが思いついたのは、ダルガートに「男」で、かつ「小人」を后としてあてがうこと。それに反意を示したら、それを反逆罪としてダルガートを処刑することができる。

そう考えた王たちによって、ダルガートのもとに小人族のリラが輿入れをするためにやってくるが―。

というお話。

もうね、ダルガートが気の毒で気の毒で。
彼が黒獅子の頭を持って生まれてきたのは彼が呪われているから、と言われていますが、これ、実は違うんですよね。序盤で彼が黒獅子頭で生まれてきた理由は書かれていますが、彼には全く非がないんです。

と、とにかく薄幸攻めさんなわけですが、彼のもとに嫁いでくるリラがね、もう最高に可愛いの。彼は彼自身望んでダルガートのもとに嫁いでくるわけですが、ダルガートが王宮で迫害されていることもあって、彼ら二人ともかなりひどい嫌がらせをされます。

ダルガートの薄幸さと、彼らへのひどい扱いもあって、ベースとしてはかなりシリアスなものに分類されると思うのですが、意外なほどコミカルでほのぼのベースで展開していきます。

それはなぜか。
リラという男の子がめちゃめちゃ明るく、前向きなんです。
彼はとある理由からダルガートに心酔していて、彼を尊敬してるんですね。ダルガートがネガティブな感情になっている時でも、リラは彼の明るさでもってダルガートをサポートしていく。このストーリー展開がめちゃめちゃ可愛くって、気持ちがほっこりするのです。

今作品にはターニングポイントがいくつかあります。

まず一つ目は、ダルガートの獅子頭はどうなるのか。という点。
彼はそのビジュアルから王宮でも、国民たちからも一歩引かれている。見た目で怖がられ、気持ちわるがられてしまうんですね。彼自身、そのことを気に病んでるんです。

その頭が、もしかしたら人間に戻ることができるかも?という希望が出てくる。
ダルガートが、人の頭に戻るのか、戻れるのか。ここが、まず大きなキモになっています。

そしてもう一点。
リラは小人族なんですよ。身体が小さいんですよ。
ということは、つまり、彼らは身体を繋げることができない、ってことなんですね。

えー、どうすんのかな?
とか思いつつ読み進めたのですが。

ほほう、なるほど!
という展開を見せます。上手いです。さすがベテラン作家さまです。
さらに身体を繋げられない(挿入できない)彼らがお互いを慈しむシーンがめっちゃエロい。なめてみたり、擦ってみたりね。

月東さんの圧倒的な文章力で、読んでいてこの作品が映像として目の裏に浮かび上がってくる、っていうのかな。
リラの体つき(エロい意味じゃないですよ!)とか、彼が太陽のもとで踊るシーンとか。
ダルガートのつやっつやの毛を、リラが毛づくろいするシーンとか。
そして、彼らが慈しむシーンとか。
もうさすがとしか言いようがないです。

薄幸で、過酷な環境の中にいた攻めさんが、明るく一途に想いを寄せる受けさんと出会い、そして幸せになりました。という、シンデレラストーリー(と言って良いのかな)なのですが、とにかく様々な伏線がまかれていて非常に読みごたえのある作品でした。

彼らが最後に選ぶ道も、すごくカッコよかった。

で、円陣さんの挿絵がね、これまた最高なんすよ。
可愛いし、綺麗だし、カッコいいし。
表紙の黒獅子さんなんて、黒獅子なのにイケメンなんですよ。
ダルガートが人の姿になるシーンがあるのですが、ヤバいくらいカッコいいのですよ。

ストーリー良し、キャラ良し、挿絵良し。
萌えと優しさが詰まった神作品。

読後、ほっこりします。文句なしの神作品でした。

17

奇跡の出会いに心から感謝!リラは百人力!

初めましての作者さんでした。
すごかった!文句なしの神です!

呪われた巨漢の黒獅子頭の王様と小人族の青年。
二人が出会えた奇跡にひたすら感動と感謝です。

孤独なダルガートがリラによって様々な感情を知っていく様子。
また忌み嫌われ口も聞いてもらえず蔑まれ続けても、腐らずまっすぐたくましく二十歳まで生きてきて。

呪いの理由を知ってもリラがいてくれたから…。

お話も巧みですね。
ダルガートが王として認められていくところに、こちらもグッときます。またリラがダルガートを照らすところ。
本当に最高の二人です。たった一人の従者も。

そして東の隣国の皇帝もいい人物でした。

心配だった体格差は逆に萌えの宝庫でしたし、そうくるか!な展開もあったり。
リラが優秀な戦士だったり。

孤独だったダルガートに絶対的な味方が現れて支えてくれて。ダルガートとリラはお互いの太陽ですね。

愛しいという感情、嬉しい楽しい泣きたい守りたい、全てをリラによって知ることができて本当に良かった。

最初は離宮でリラの存在が落ち着かなかったダルガートが、最後にはリラがいて心が落ち着くのも。

12

2人の愛しかたがとても素敵でした

とても楽しみにしていた作品でしたが、想像以上に良かったです。

人一倍逞しい黒獅子王と幼児くらいの大きさしか無い小人族が、プラトニック以外にどうやって愛し合うのかと疑問でした。

でも読んで行くうちに身体の関係とかどうでも良くなって行く面白さがありました。(でもちゃんとそうしたシーンはあります)

リラのどんな事があっても自分だけはダルガートの味方であろうとする愛し方がとても素敵なんです。
そしてそんなリラと出会った事によって、どんなに辛くて気持ちが堕ちそうになっても、立て直すダルガートの気持ちに涙が出ました。

リラがダルガートに腰入れした事によって、全てが上手く回り出す様子がとても読み応えがあるんです。
リラがダルガートの為に怒る姿も好ましくて、何度もスカッとしました。

忌避される存在だった呪われた黒獅子王から、皆が徐々に慕って行く伝説の黒獅子王になるまでがとても見事でした。

雑誌掲載分も面白かったですが、書き下ろしがあっての完成形だと思います。書き下ろしに登場する人物達がとても魅力的でした。

10

受け♡

ファンタジーは選り好みが激しく冒険しない読者なのですが、月東湊先生のファンタジーだけは必ず拝読しています。毎回人間味溢れるキャラクターがとても魅力的で、ストーリーもサラッと読めるけれどしっかりと説得力がある。わたしがファンタジーに望むものを諸々満たしてくださっているので、裏切られることがありません。

なんといっても受けが理想的なんです。本作においてもリラのちっちゃくて可愛いのに男前!なところにメロメロでした♡

呪術師による呪いのせいで黒獅子の頭を持ってこの世に生まれたダルガート。実父はもちろん、継母、義弟、果ては臣民からも忌み嫌われていました。二十歳になったダルガートは小人族の族長の息子を妃に迎えることとなり、リラと出会います。実はリラの方は以前から彼のことを知っていて…

ストーリーは相変わらず無駄なく起伏に富んでいて、時にしんみりとさせられながらも楽しく読み進められました。王国ものらしく領土をめぐる争いや隣国との交流を背景に、国王となったダルガートは王妃リラと手を携えて「呪い」に対峙していくことになり……その先はどんな展開が?ドキドキです!

歴史ものとメルヘンが見事に融合しているんですよね(ウットリ…♡)

個人的に受けも攻めも好感度の塊でしかなくて、しかも円陣闇丸先生のイラストがピッタリ‼︎ 麗しい‼︎ 凛々しい獅子頭のダルガートがなんとなく可愛らしくて、リラが惚れ込んじゃう気持ちがよ〜くわかります笑

読後は、優しい気持ちと強い気持ちの両方を分けていただいたような気分になれました…。ファンタジーの受けは"漢"であって欲しいわたしとしては、今回も大満足です!

雑誌掲載作品がこのような完成形で刊行されたのは、ひとえに当時の読者様のお陰だと思います。感謝の気持ち、お伝えしたい‼︎

10

ポカポカする

陽が出たら踊ってみようか!と、思えるほどに、その情景が楽しく想像できてしまう。

ずっと暖かく優しい陽射しに包まれているような気分で読み終えました。

ダルガートの心根の美しい事。
悪意にさらされ続けても誰もかれもが歪んでしまうわけではないと思うのですよ。
ダルガートの様なキャラには心から幸せになって欲しいと願いながら読み進められました。

そしてリラの天真爛漫さも馬鹿っぽいというタイプでは無くて良かったです。心地よい明るさと前向きさで、ダルガートと一緒に私を安心させてくれました。

2人ともとにかくかわいいんです。

適度に厚みがあるんですけど、一気読みしちゃいました。
これは良い買い物をした!って思います。

10

呪いを解くか解かないか

先生の作品はファンタジー好きな人間としては何冊か読んではいましたが
面白いのに正直いまいち自分と合わないなぁと感じておりましたが本作はとても面白かったです

父のせいで呪いをかけられ
でもその呪いは赤子本人のものであるとされ
王宮で一人で生きてきたダルガート
物語は彼が彼を崇拝する小人族の王子リラを妻に迎え
己が己の呪いに掛けられていることを知り
呪いの内容を知り
呪いを解くかとか解かないかを決める
という流れと
王子の愛も何も知らない透明な世界がリラに出会い色づき変わっていく
父に命を狙われるという劣悪な環境でいながらも赤子のように無垢な魂でいれた奇跡

彼が偉大な王になって行くであろう予感に満ちた一冊でした

この2本の流れがとても自然で
彼に賭けられた呪いとその作用のチートささえすんなり受け入れられました
エチの度に使うのではないことも
魔法の実も使い方によってはご都合主義になったと思うのでこのくらいで抑えてくれて良かったと思います

個人的にはリラがダルガートの孤独の影を知るたびに心と体で抱きしめるように手を伸ばすところが大好きです

切なくキュンキュンできて魂が生まれる愛に満ちた素敵なお話

敦国へのお話やリラが伝説になって行くであろうお話や弟が名宰相になっていくところも読んでみたいです!

9

好き

月東先生だし円陣先生だしマストバイ。優しくってとても嬉しく和むお話だったので神にしました。疲れている時でも読めます!先生、ありがとうございました!と感謝の気持でいっぱいな雑誌掲載作160Pほど+その続き200Pほど+あとがき。ファンタジー大丈夫な方でしたらぜひぜひ!!

黒獅子の頭を持って生まれたダルガード。古来から悪の象徴とされた黒獅子であるため、国王、国民から恐れられています。第一王子が次代国王と決まっているため、命を狙われもするのですが、父王が亡くなったため国王に。やむを得ずあてがわれた王妃は全く体格が異なる小人族、しかも男で・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ゼグ(国王の唯一の親衛隊員)、ダルガードを呪った呪術師とその弟子、国王夫妻、ガルグル王子(攻めの異母弟)、隣国皇帝ぐらい。ゼグがナイスアシスト、隣国皇帝はコワいコワい。

++良かったところ

攻めが本当にほったらかしにされていた第一王子で、教育不十分なまま国王になってしまうのが、王道から外れていてビックリしたところでした。呪いにより戦には強い&死なない(ナイス)のですが、駆け引きがからっきし出来ないところが、「おお」でした。人との触れ合いが無かったので、めっちゃ不器用、コミュ障だし感情というものがあまり無かったのが、だんだん育っていく(ほんと育つ)のが良かったです!

そして何より好きだったのが、受けの小人族リラ!本当に小さな太陽。全てをポジティブに捉え、ダルガードに全身で大好き!と敬愛の念を伝えていくのです。前向きな暖かい感情って、読んでいるだけでこちらが浄化され温められる心地になるので、メンタル落ち込んでいるこの時期に読めて、本当に嬉しかったでした。

ファンタジー、王国ものとして王道なお話の一つだとは思うのですが、キャラ(特に受け)がまぶしくって、めちゃくちゃ嬉しいお話でした!落ち込んでいる時にはとても良いのでは?と思います!(中の挿絵には人の頭になった攻めの姿もあり、めちゃんこカッコよし!です!)

7

貴方だから愛しい

今回は黒獅子頭を持つ世継ぎの王子と
花嫁に指名された小人族の族長の三男のお話です。 

受様が攻様の得難い伴侶となるまでタイトル作と
攻様が受様と共に良き王となるまでの続編を収録。

攻様は大陸南端の広大な王国の第一王子として誕生しますが
父王の不用意な言動によって呪術師に呪われ、
黒獅子の頭を持って生まれます。

黒獅子は古来から悪の象徴とされた王国で
獅子頭の攻様を産んだ王妃は心を病んで自死、
攻様は王室内で疎まれて育ちます。

しかも王国の法は第一王子が王位継承権を有し
父王と新たな妃は第二王子を跡継ぎにすべく
攻様を亡き者にしようと画策します。

毒を盛り、暗殺者を放ち、13才で出陣させ、
18才で他国の侵略を防ぐ為と単隊で前線に送られても
攻様は死なず、常勝して王城へと戻るのです。

そこで王妃は攻様に無理難題を押し付け
反抗するなら謀反の疑い有りとして処刑をと
王に耳打ちします。

そこで父王は20才となった攻様に
成人の半分にも満たない小人族との婚姻を求めますが
攻様はそれにも「御意」と応えるのみでした。

通達は小人族の族長にも届けられますが
今の族長には娘はおらず「王子でも良い」という一文から
攻様への嫌がらせの婚姻な事は明白でも
断ればどんな災難が降りかかるかもしれません。

そんな中で「自分が良く」と声をあげたのが
現族長の三男である受様でした♪

受様は2年前の戦で攻様が
小人族の暮らす地を守って戦ってくれた時から
攻様を英雄として慕っていたのです。

誰も味方のいない攻様の唯一の味方になれるなら
嬉しいという息子に族長も折れ、
受様は攻様の元へと輿入れる事になります。

王城に上がった受様は攻様が思った以上に
孤独でし抱けられている事に驚き、
それを当然と受け入れている攻様に憤ります。

しかも外国の来賓を招いての婚礼の式で
攻様を超えた蟹罵った父王が心臓発作急逝、
攻様に次の王冠が受けたがれる事になるのです。

果たして孤立無援な攻様は無事に王位につけるのか!?

雑誌掲載作のタイトル作に続編を書き下ろしての文庫化で
黒獅子の頭で生まれて孤独に生きる攻様と
普通の人の半分の小人族の受様との恋物語になります♪

自分達を救ってくれた攻様の強さと優しさを信じ
攻様にとって唯一の味方である事をこそ誇りの想う
受様の前向きな強さと真っ直ぐさが

疎まれる事を仕方がないと受け入れ
他人と対することの無かった哀しい攻様の心をほぐし
攻様の真摯な姿と民を思う心が少しづつ少しづつ
周囲をも変えていきます。

そして獅子頭の解呪の方法も見つかりますが
それはさらに辛い事実を攻様に突きつけるという
全てが良き事ばかりでないところが
さすが月東先生だなと思いました。

タイトル作は雑誌掲時に読んでいましたが
孤軍奮闘していた攻様が受様と言う導き手に得て
閉じ込められていた自室を出て城の外の世界と関わり
攻様の呪いの解呪という希望を見つけた終わり方とは言え
攻様の意識が変わっただけという感じが強く

攻様を取り巻く状況はあまり変わらず前途多難、
その後が気になり過ぎる終わりでしたので
「萌2」な感じでしたが

今回文庫化してついた続編は
王となった攻様とともに受様も大きく成長し、
他国と関わり、臣下や民の気持ちをも変えていくという
これぞ大団円という幕引きとなっていて
合わせたら文句なく「神」なお話でした ヾ(≧▽≦)ノ

円陣先生のイラストもとっても素敵です♪
攻様は獅子頭のもふもふだけでなく
受様は小さな小人姿だけでなく人姿のイラストもあり
いろいろと楽しませて頂きました。

6

辛く苦しい思いをしてきた王子に幸あれ!

雑誌掲載で読んで、ずっと続きが読みたいと思ってました!ボリュームありますが、わかりやすくイメージしやすい描写や展開のテンポがよく、世界に入り込んであっという間に読み終えてしまいました。王道ファンタジー系が得意な先生なのかな。

悲しく辛い黒獅子王の話からリラと出会い王子が変わっていく、感情や愛を知っていく描写が好きでしたが、王子としての成長や仲間も増え、周りも変えていく様子は読んでいてほっこりします。終わり方もよかった。

円陣先生のイラストが美麗で本当に素敵!!
コミカライズして欲しいです。
黒獅子がかっこいい!皇帝もかっこいい。これがまた訳ありで、スピンオフを期待してしまったりして(欲張り)
続きを書いてくれてありがとうございました。

4

圧倒的多幸感

読んでよかった、買ってよかった。
表紙の可愛らしい受けの見た目に、読むことを躊躇するかたもいるかもしれませんが、ぜひ読んでほしい。

攻めのダルガードも、受けのリラも、置かれている境遇は不憫でしかたないけれど不幸ではない。
2人が共にいることで、確かな幸せを得ることができます。

リラは最初から相手への好感度がカンストなので、出会ってからはただひたすら、心と愛情を注いでいきます。
小人族ゆえにままならないこともありますが、頭を使って適応していく姿は逞しい。
見た目は可愛らしいけれど、男前な受けです。

ダルガードは、リラと出会って自分の受けてきた仕打ちがいかに酷いものかを理解します。
この徐々にわかっていく過程がつらく、悲しい気持ちになりますが、リラがいてくれたからこそ彼は救われます。

本当に2人が出会えてよかった。
究極の体格差だと思いますが、愛し合う過程も美しく尊い。
心が浄化される物語でした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う