葛生先生と塩本くんの問題のある実験室

kuzuusensei to shiomotokun no mondaiaru jikkenshitsu

葛生先生と塩本くんの問題のある実験室
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
菊屋きく子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ソルマーレ編集部
レーベル
Ficus
発売日
価格
ISBN

あらすじ

大学で美科学を教えている葛生は、“クールビューティ”と評判の教え子・塩本に男性ホルモンの実験の手伝いとして、●●をお願いされてしまう。これも研究のため、かわいい教え子のため……と引き受けてはみたものの、塩本の要求が日に日に高まっていき……。
ダメだダメだと思うほど、とまらなくなっちゃう! この研究は病みつきです!? 天然さんとツンデレ美人の問題ありまくりの実験、スタート!!

表題作葛生先生と塩本くんの問題のある実験室

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

これ、続いてほしいなあ

美科学研究の大学研究室の話です。

あらすじを読むと塩本(学生)が葛生先生に次々といろいろな要求をして攻め込んでいくドSキャラに見えますが、要求はエスカレートしません。
ペアを組んでの実験で、先生をペアに指名して、爺(お察しください)によるホルモンと肌の関係データを取っているだけですので、「白衣であんなことやこんなこと…」と期待して読むとがっかりするかもしれません。

ただ先生の心の変化は短い中できっちり描かれているので、1話で終わってしまうのはもったいないなあと思いました。
当て馬イベントもこれで済むようには思えない雰囲気もあったし、クールビューティな塩本が先生にだけどんなに崩れるかを見てみたかったなあ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ