カジノディーラー×監視員の駆け引きラブ!

駆け引きのインサイド・ベット

kakehiki no inside bet

駆け引きのインサイド・ベット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
25
評価数
8
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041031162

あらすじ

ディーラーの竜崎に片想い中のカジノ監視チームのケイン。ある日、強盗事件の内通者として疑われた竜崎を尾行していたところを見つかり告白じみた言い訳をするが、竜崎は「じゃあ寝てみるか?」と誘ってきて…。

表題作駆け引きのインサイド・ベット

竜崎隆博、語学力も腕もたつカジノのディーラー32
ケイン、カジノホテルの監視チームサブリーダー28

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

意外と真面目な事件モノ

表題作はケイン(受)の視点です。
表紙イラストですとコミカルな印象だったのですが、ケインも竜崎(愛称「リュウ」)も真面目な思考のキャラでして、意外と真面目にストーリーは進みます。

竜崎が賭けに負けたケインを騙すように抱くのかなって思っていたので、ケインが竜崎の尾行がバレた理由を問われて好きだと告白する場面はビックリしました。こういう予想を外す展開って大好きです!

強盗事件の前段に、窃盗未遂、裏カジノという小さな事件があり、竜崎がただのディーラーでないと臭わしたうえカッコイイ。さらに事件解決のカギとなる登場人物を出しておく。ミステリ好きには嬉しい内容でした。

犯人の逮捕時にケインを守っておきながら、竜崎は仕事を辞めて去ろうとするという最後まで目が離せない展開でした。ケインの母親とボスとの恋愛話もありますし、牛詰めで楽しい作品でした。イラストでは、ラストのタガが外れた場面がお気に入りです。

0

ラスベガス舞台の事件もの

ラスベガスでディーラーをしている日本人×カジノ監視員の日系アメリカ人。
事件もののわりにエロシーンにはそこそこページが割かれていたのですが、そのせいかいろいろ書き足りていないところがありました。攻めの書き込みが特に足りなかった印象です。ページ数の少ない文庫だし、受け攻め以外に物語にかかわってくるキャラが10人くらいいるので、もう少し数を絞ったほうがよかったかな、という気はします。ちと事件ものとしてもBLとしても中途半端な気がしました。
受けは、尾行がヘタでダメっ子っぽいのに、仕事はできるし腕っ節は強いしでかっこよかったです。でもなぜ攻めに惹かれていたのかはよくわからなかった。

高崎ぼすこさんのイラストは美麗だったのですが、32歳攻めも28歳受けも20代前半くらいに見えました。もう少し大人っぽい容姿に描かれているとよかったな。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ