雪兄に愛されなければ死んでしまう

Dear,クレイジーモンスター

Dear.crazy monster

Dear,クレイジーモンスター
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×223
  • 萌10
  • 中立5
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
13
得点
257
評価数
72
平均
3.8 / 5
神率
36.1%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS Baby comic
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865890570

あらすじ

兄への異常な執着心
常軌を逸した兄弟愛!

隼人と雪は異父兄弟の高校生。
母子家庭だが、母親は夜の仕事をしながら男の家へ入り浸りで、兄弟は2人だけで支え合うように生きてきた。
しかし面倒見のよかった雪兄がある日を境に突然隼人を避けるように。
なぜ、どうして?
寂しさと疑問はやがて兄への異常な執着心に変わっていってーー

盗聴盗撮、拘束、監禁。
雪兄を繋ぎとめるために暴走する弟の犯罪級のラブ!

表題作Dear,クレイジーモンスター

隼人、父親違いの弟、高校1年生
雪、兄、高校3年生

その他の収録作品

  • you are my モンスター

評価・レビューする

レビュー投稿数13

お兄ちゃんが…

隼人(高校1年生・弟)× 雪(高校3年生・兄)
の兄弟モノのお話でした。

初め、表紙だけをみた時はもっと可愛らしいお話かと思っていたのですが、実際は共依存の兄弟といったような感じでした。

感想を言いますと、
私的にお兄ちゃんがどうにも好きになれないな、と思いました。最終的に昔の男を全部切ったのは弟、恋心(なのかはわかりませんが)を自覚し自分から好きだと迫ったのも弟、雪も辛かったのかもしれませんが逃げているだけで何もしてなくない?むしろ逃げてしかいないよね?となりました。
弟がここまでなったのに、弟にここまでの思いをさせたのに普通に笑ってられるの?と思ってしまいました。

ただ、弟とお兄ちゃん本当の兄弟の共依存の話、とっても好きなので面白かったです。

1

兄が、足を引っ張る。

ヤンデレ・執着系は大好きです。この弟くん、イイよ。それイケ!もっとやれ!
だけど、兄の方……なんだろうか……
自己完結が過ぎやしませんか?ネガティヴ思考からのセックス依存にしか見えない。
兄の行動全て、見ていて気分が悪い。
結局ハピエでよかったね。弟の努力の賜物で、兄は何もしていないし、好きだった弟ともくっつけて良かったことだらけだ。
かわいい弟くんの好感度にて、萌!

0

相思相愛?共依存?

表紙にハマり買いました。

兄弟モノですが、弟くんの執着心や独占欲に狂気を感じました。(ちょっと引きました)
ただし絵が可愛かったのでok•••

結局、共依存なのか愛なのかしっかりとはわからいまま終わりますが、そこがまたいいと思いました。

2

病んでる弟よりもを病ませたのは兄の方が気になった

1冊丸ごと1カプのお話しでした。

隼人(高校1年・弟) × 雪(高校3年・兄)

あらすじは先の方が書かれているので感想だけ。

うーん。これはハッピーエンドなんだろうか?
私は二人が愛し合っていていれば多少病んでいてもオッケーなんですけど、普通のハピエンとは違いますよね。
雪は隼人が好きだけど、隼人の好きは実際どうなんだろう。
隼人のモンスターは、愛を求める寂しい隼人が雪を離さないようにするために生まれたものです。雪が隼人の想いを受け入れることで消えてしまいましたが、隼人は本当に雪でないとダメな愛なんだろうか?このまま一生二人で愛し合っていけるんだろうか?

結局、最後は雪の独り勝ちだったように思います。隼人は手に入ったし、要らなくなった人は全部隼人が切ってくれて。
最初に弟に欲情してショックで切なかったでしょう。弟が女性と付き合ったりもしているところを見たりもしてたんじゃないかな。隼人も男は初めてって言ってたくらいだから。でも、性欲は外で発散してたみたいだし、隼人を好きだってことを理解したうえで、名前まで呼ばせてくれる代わりになってくれるセフレがいたりそんなにしんどかったようには見えない。
それよりも、何もわからずいきなり突き放された隼人の方がかわいそうだしモンスターになってしまったのは仕方ないんじゃないかと思ってしまう。モンスターにしたのは雪なんだから。
愛があれば不法侵入とか盗聴とかを犯していいかといわれるとそんなことはないけど、雪の方が隼人を好きだし今回は私的にはセーフです。
一番かわいそうだったのは、セフレの田村君です。雪のことが好きだから代わりをしてあげていたみたいだし、好きな相手を抱けても代わりじゃ切ない。せめて自分だけならまだしも、援交してるのも止められないし。最後は散々殴られたあげく用なしで、しょうこりもなく隼人から逃げようとしたときに伸ばした手は握ってもらえなかったし、最後まで報われませんでした。
彼にちゃんとした恋人ができますように。

いつもは受けの方に感情移入してしまうんだけど、今回は自覚なく2人を振り回してる雪を受け入れられなかったな。

これが、ハピエンだとするならば、雪が隼人の愛を再び疑ったりして逃げたりせずにずっとそばにいて、隼人の愛がただの行き過ぎた家族愛で別に好きな人ができたなんてことにならないことを心から願っています。
私は主人公たちが幸せならそれでいいので。

あと気になったのは、雪がしょっちゅう飲んでた痛み止めの薬です。何かのフラグかと思ったけどそうでもないし、なんで飲んでたんだろう。痛み止め飲まないと耐えられないくらいヤッてたのかなぁ。


2

愛ゆえに

某サイトで作者さんのことは知っていて絵がとても好みだったので、ずっと買おうとは思っていたんですけどなかなか買えず、最近手に入れ読んでみると、声に出してうわあ。って言ってしまう程の弟くんの兄に対する闇が凄いなと!笑でもそこが何故か可愛いと萌えてしまいました!兄弟ってのがまた離れるに離れられない関係でこれは家族愛なのか本当の愛なのかっていう狭間がとてもいい感じに萌えて私的にはとてもよかったです!愛ゆえに兄に引くくらいの行動をしてしまう弟にハマりました!笑

1

かわいさで中和されたえぐさ

表紙がかわいくて買いました。

中の作画や表情もかわいく、お姉さん向け少女漫画系の絵柄・キャラデザが好みな人におすすめです。

が、内容はなかなかにえぐいです。
暴力表現などはそんなにないですが、ストーカーブラコンものですので、そういうのが好きだったり耐性があったりという方でなければちょっと引きます。(ちょっと引きました)
ただしそこは絵のかわいさで割と受け入れられてしまうのがすごいところです…。

そういう趣味の人には文句なしの一冊だと思います。

そこまで束縛属性のない私としては、個人的にはもう少し隼人くん(攻め)の成長まで見たかったところですが…
狂気の中にあるピュアさが一応の軸となっているので、うまく拾えれば普通にかわいいです。

1

共依存でも何でも

ハッピーエンドはハッピーエンドです!お互い想いが通じ合ってラブラブという意味でね(笑)

兄が訳あって弟を避ける様になるのですが、最初のうちは弟もただ避けられるから何となく嫌で追いかける…みたいな感じなのですが、兄の援交現場を目撃してからは兄に対し嫌悪感を持ちつつもその反面自分の知らない兄の事をもっと知りたいと思う様になり徐々にモンスター化していきます。

兄の友人に「ガキくさい依存」と言われるのですが、周りからしたらそう見えるのかもしれません。
でも孤独で寂しがりやのモンスターは愛に飢えているのです。
兄がちゃんと弟と向き合い、弟も気持ちを受け入れて貰えた事で満たされモンスターとさよなら出来て良かったです。

依存か愛か。まぁ本人達は愛だと信じている様ですし、お互い好きで幸せならどっちでもいいんじゃないかと思います!

しかし弟が割とガチな犯罪犯してたけど絵柄が可愛いせいか嫌悪感は全くなくむしろイイゾモットヤレと思ってしまった(笑)
愛ゆえのモンスターっぷりは可愛いです!

2

本当に怖いのはこの結末を作家様がハピエンだと思われているところ

結末に少々引っ掛かるものを感じながら読み終わって、あとがき読んでゾッとしました…
もしかしてmottekeさんご自身、この結末が共依存エンドだと自覚してらっしゃらない??

病み系も歪み愛も大好きだから狂った兄弟愛の行き着く先が共依存だろうが破滅愛だろうが全然アリなんですが、でもそれは作家様が意図して“そういうものを描かれた”場合であって、ハピエンというていで描かれているのであればナシです。
中にはこの二人のような関係を相思相愛だと思ってしまう読者もいるんではないでしょうか。

先日読んだ森世さんの「みっともない恋」のレビューに【人間の狂気と愛情はまさに紙一重】なんてことを書きましたが、奇しくも同日に同レーベルからその紙一重の匙加減を違えてしまっている作品が出ていたとは…

病みモノとしてなら正直結構楽しく読めたので「中立」でとどめてもいいかと思ったのですが、熟考の末、敢えてここはハッキリとした評価にしておきます。

逆に、共依存エンドだと解ったうえで読むのであれば、意図されていない分本当の狂気が味わえると思います。

4

いかにも当世流

この作品を完全にフィクションとして読める方は
良い意味で浮世離れされているかと拝します。
カバーをどう読み取るかで視点はかなり変わるで
しょうね。

当世の環境・感情を取り込んで成立している故の
迫力はおそらく否めないでしょう。
そう言う意味合いでは下手な創作より嫌悪感の方が
先に立つだろう諸刃の剣でもあります。
正直評者も黙殺しかけました。
それでもなお最後が気になったと言う事は、
それだけの力を持つ作品なのでしょうと
受け止めています。

この作者さんのしっかり刻まれた1ページです。
原点になるかどうかは余人に知る術はないですが。

3

ガツンときた(いい意味で)

えい、神にしちゃう。これはおもしろかったです!

弟くんの執着がすごいですね。萌もあちらこちらに散らばっててもう最高です。
また読み返したくなります。

帯見た瞬間、弟の行き過ぎたギャグが入ってる兄弟ものだと思ったのですがギャグはそんなに無く、むしろ弟がガチすぎて読者が狂気を感じるほどにどんどん兄に執着していく様はもう圧巻です。
弟の心の変化が見事なんですよね・・・。
ん?変化というかもともと持ってた感情が表に広がっていく様?というのか。

先が気になる展開でドキドキしながら読みました。
ラストの雪兄がいなくなったら死んじゃうとぽろぽろ泣き出すシーンはぐわああこれは反則やばいいい(私が)と悶えました。

いろいろありますが、最終的には甘いですよ。
かわいい2人でした。
こんな兄弟ものもよいですね。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ