四十八手アンソロジー 秘宝館

hihoukan

四十八手アンソロジー 秘宝館
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
4
平均
2.8 / 5
神率
0%
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

《表紙:雨宮かよう、並榎 雫》
四十八人の作家が四十八手の体位を華麗に描いた、超豪華アンソロジー!
「秘宝館」と「宝物庫」にそれぞれ24体位を収録しました。超キュートなSDキャラ体位一覧や、気分に合わせたオススメ体位診断チャートも掲載。体位の数だけ愛がある! カップリングがある!! きっとあなたのお気に入り作品もみつかるハズ!!!

◆秘宝館◆
おしながき
「01.岩清水」星名あんじ
「02.浮き橋」夜崎
「03.鶯の谷渡り」真生るいす
「04.うしろやぐら」藤村綾生
「05.押し車」平喜多ゆや
「06.雁が首」水渡ひとみ
「07.菊一文字」輝庭直輝
「08.首引き恋慕」志々藤からり
「09.御所車」ワタナベナツ
「10.こたつかがり」山佐木うに
「11.こたつ隠れ」かむ
「12.碁盤攻め」さがのひを
「13.しがらみ」並榎 雫
「14.時雨茶臼」ロング
「15.獅子舞」果桃なばこ
「16.しぼり芙蓉」鴨川ツナ
「17.締め小股」雨宮かよう
「18.撞木ぞり」大月クルミ
「19.宝船」紙屋メモ
「20.抱き上げ」ミサキコウ
「21.抱き地蔵」トワ
「22.立ち鼎」一夏/ちぃ
「23.立ち花菱」鷹丘モトナリ原案:碧井アオ
「24.立ち松葉」じゃのめ

その他の収録作品

  • 星名あんじ「01.岩清水」
  • 夜崎「02.浮き橋」
  • 真生るいす「03.鶯の谷渡り」
  • 藤村綾生「04.うしろやぐら」
  • 平喜多ゆや「05.押し車」
  • 水渡ひとみ「06.雁が首」
  • 輝庭直輝「07.菊一文字」輝庭直輝
  • 志々藤からり「08.首引き恋慕」
  • ワタナベナツ「09.御所車」
  • 山佐木うに「10.こたつかがり」
  • かむ「11.こたつ隠れ」
  • さがのひを「12.碁盤攻め」
  • 並榎雫「13.しがらみ」
  • ロング「14.時雨茶臼」
  • 果桃なばこ「15.獅子舞」
  • 鴨川ツナ「16.しぼり芙蓉」
  • 雨宮かよう「17.締め小股」
  • 大月クルミ「18.撞木ぞり」
  • 紙屋メモ「19.宝船」
  • ミサキコウ「20.抱き上げ」/トワ「21.抱き地蔵」/一夏・ちぃ「22.立ち鼎」/鷹丘モトナリ原案:碧井アオ「23.立ち花菱」/じゃのめ「24.立ち松葉」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

おたからさがし

いや〜かなりな読み応えでした!
アンソロジーって、お目当てのもの、好きなものが一つだけであとは……(ムニャムニャ…)みたいな結果になることがあって、あんまり手を出さないようにしておりました。
でもこのアンソロジーは満足感アリ!
作品を読んで知ってる先生あり、初めての先生あり、色々な先生方の絵柄をたくさん見ることができました。
ほとんどの作品が、元のストーリーがあってその登場人物の番外編的な?物語になっているように感じましたが、どうなのでしょうか。
真生るいす先生の「日報群雲浪漫」の2人など、思いがけずに会えて嬉しかったです。
私が知らなかった先生でコレハ!と感じたのは、雨宮かよう先生。まず絵柄が好みで、美しき香道の師範?がsexで鬼祓いをするという設定もソソります!
果桃なばこ先生、じゃのめ先生の作品も好みでした。

…とここまでは良かった感想。
もう一息!と感じるのは電子ならではの不満です。つまり、全部の体位の説明が冒頭にあるのですが、読み進めていてそのページが見たくなっても戻るのが超面倒くさい。(まあそれは私が電子慣れしてないせいもあります)
次に、四十八手と言いつつ似た体位が多いですよね。(これも仕方なし)
最後に、その冒頭の体位説明図が着衣デフォルメ絵です。可愛いけれど非常にわかりづらい。

という少しの不満もありつつも、総合的には「萌x2」です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ