僕のカラダも心も橘くんにしか反応しないんだ!!

イケメンの先輩が実は童貞で純情でした

ikemen no senpai ga jitsu wa doutei de junjo deshita

イケメンの先輩が実は童貞で純情でした
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×241
  • 萌24
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
355
評価数
96
平均
3.8 / 5
神率
24%
著者
野花さおり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784047308749

あらすじ

サラリーマンの斎条さんと後輩の橘くんは恋人同士。
斎条さんはイケメンで、会社の女の子に大人気だけど、実は童貞だった!!
そこで、脱・童貞すべく二人でいろいろ試してみるけど……!?

表題作イケメンの先輩が実は童貞で純情でした

斎条伊吹,28歳,イケメン王子のリーマン
橘大和,26歳,恋人の後輩リーマン

同時収録作品なきむし色のとなり

諫山慎二,大学生,カフェでバイト,恋人
孤嶋ソラ,大学生,同じカフェでバイト

その他の収録作品

  • 斎条さんと橘くん
  • 斎条さんと橘くんのはじまりとワンチャンス
  • 斎条さんと橘くんのステップアップ
  • 斎条さんと橘くんとトラブルメーカー 前編
  • 斎条さんと橘くんとトラブルメーカー 後編
  • イケメンの先輩が実は童貞で純情でした(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

レビュー投稿数14

残念なヘタレイケメン攻め

タイトル通りイケメンの先輩が童貞で純情でした(笑)
リーマンカプです。

攻めの斎条さんは誰にでも優しく、イケメンで仕事もできる男なのですが実はヘタレで童貞、つい見栄をはって皆の理想の自分を演じてしまっていましたがふとしたきっかけで橘くんに本当は少し無理をしていることを告げてしまい、橘くんはそれを受け入れてくれます。すごくヘタレですごくかわいい。

受けの橘くんは会社ではおとなしくしているのですが元ヤンで、かわいいのですが斎条さんがあまりにもヘタレすぎて焦れて襲い受けしたり、会社で斎条さんの陰口を聞いてしまった時等にチラリとヤンキーの面が出たり、という男前受けです。ヤンキー描写がもっとあっても楽しかったな~

後半に出てくる橘くんの後輩の雀くんは橘くんのヤンキー時代の仲間で、当て馬なのかな?と思っていたのですがまさかのドMのバリネコという設定でメインカップルには無害でよかったです(笑)ほどよいちょっかいでした。
書き下ろしは最終話直後の後日談でちょいエロです。

読みきり「なきむし色のとなり」は
カフェバイトの大学生幼馴染カップルで、人前ではケンカをしているが実は付き合っていて、バレないようにするために人前では中の悪いフリをしている擬似ケンカップルのお話。
こちらはシリアスめですが、カバー下のノリがかわいかったのでじゃれてるところをもう少し見たかったです。

好きな作家さんなので前作も読んでいましたが、前作がシリアスめだったのに対して今作はコミカルめ。
斎条さんも橘くんもいいキャラで楽しいお話でした!

雀くんもいいキャラだったのでできればスピンオフも読んでみたいです!

7

安定のヘタレ加減

あーもう最高です。本当に買ってよかった♡斎条さんが橘くんを本気で好きな様子が手に取るようにわかる描写が多くて最高です。橘さんは斎条さんキラーなんでしょうね。たまに発する一言とかすんごいかわいいのに元ヤンというギャップがたまらなかったです。斎条さんは思ったよりヘタレで好感度高かったです。結構こういうヘタレ設定って読んでいくにつれて「あれ、こいつヘタレじゃなくなってる!」っていうパターンが多く感じるのですが、斎条さんは安定のヘタレ。とてもお似合いの2人だと思います。めちゃくちゃおススメです。すごい癒されたい時とかに読むと心がホッとなります。

3

楽しい~~♪♪♪

ヘタレ攻めのラブコメがお好きな方には、
ぜひぜひ読んでもらいたいな~と思う1冊です☆

タイトルにある、
童貞で純情というイケメンの(会社の)先輩とは、表紙左の攻めのこと。
この攻め、
仕事はできるし、人望もあるし、王子様というあだ名がつくほどで、
一見非の打ちどころのないキラッキラなリーマンなんですが、
童貞で、しかもヘタレで早漏~~

付き合っている会社の後輩(受け・表紙右)と、
いざエッチ!となっても、
ベッドの上で正座して「ご…ごめん、この後何すれば…?」だし、
受けに胸を触られただけで真っ赤になるし、
フェラされたら即イキだし、そのショックでその後は何もできないし…w

そんなヘタレな攻めと、後輩の受けとの現状紹介からお話は始まって、
どうして2人が付き合うようになったのか、
記念すべき初エッチに至るまでの様子、
(あまりの攻めのヘタレダメぶりに、受けがキレて乗っかるw)
その後は、会社に受けの知り合いの男が入社してきて、
攻めは敵視されているようで…!?と展開していきます~~

お話のスタートから2人は付き合っているので、
全体的に甘めで、ほのぼのコミカルです。
受けが元ヤンで、基本は素直で可愛い後輩なんですが、
素のヤンキー気質が態度に出たり~持ち物に出たり~なのが可笑しくて、
それにタジタジになる攻めも可愛いです♪

ルックスが王子様の攻め & 地味顔の受け のはずの2人の外見が、
そんなに大差ないように感じちゃうのが少し残念でしたが、
お話はすっごく楽しくて大好きな1冊になりました☆☆☆
エロシーンもそれなりに回数があります~

同時収録作品「なきむし色のとなり」は1話のみの短いお話で、
エロシーンもないのですが、最後がすっごくキュン♡
小中高が一緒、家も隣り、バイトも一緒の大学生の2人は、
いつもバイト先でケンカをしているけれど、本当はお付き合い中。
でも、同じバイトの女の子が攻めに告白をするのを知って、受けは…
よくある男同士ゆえの葛藤と展開ではあるんですが、
後半の盛り上がりとセリフがとても素敵で心満たされました~

かなーーーりツボに入ったので、
前作のデビューコミックも探して読みたいなと思います、
神寄りです☆☆☆

6

攻めのトロ顔にキュン

サラリーマンの斎条(攻め)は、王子と呼ばれる超イケメンだが実は童貞。そんな彼は、会社の後輩・橘(受け)と付き合っている。タイミングが合わなかったり、暴発しちゃったりでなかなか本懐が遂げられないふたりだったが…。


イケメンサラリーマンだけど童貞の攻めと、地味だけど実は元ヤンの受けの話です。
回想で付き合う前のシーンはありますが、最初から恋人同士として付き合っているカプです。なのですれ違いと言ってもさして切ないものではなく、どちらかといえば微笑ましいすれ違いです。童貞だし、おっとりしてるし、なかなか誘われていても気付かない攻め、頑張って誘っているのに気づいてもらえなくて襲っちゃう受け。そのやり取りが可愛いやら笑えるやら。どちらも好感の持てる、とても可愛いキャラでした。そして、ようやく本懐、というときの攻めのトロ顔にすごく萌えました。

続編では当て馬が出現。受けのかつての仲間で、受けのことが大好きで攻めに絡むキャラです。
彼もいい子だし、実は〇〇というギャップも素敵だし、この当て馬くんが主役のスピンオフが出たら読みたいです。

別の短編が1本収録されていました。
こちらももうすでに出来上がっているカップルで、ふたりの関係を隠すためにバイト先などでは仲の悪いふりをしている設定です。
受けくんが健気で可愛かったし、攻めが無口だけど男前で、こちらの話も楽しめました。でも短編じゃなく長編で読みたかったかも。
全体的に絵がとても綺麗で、キャラクターの表情も生き生きとしていて、上手い作家さんだなぁと思いました。

5

ヘタレで鈍くさい斎条さんと格好良い橘くんが好き!

タイトルに惹かれて読んだ本でした。

イケメンなのに童貞?しかも純情?
それって読むしかないじゃん!と、タイトルのみで購入を決めたのは初めてでした。
そして、本当にタイトル通りの攻めさんで、本当にほんとーに少しずつ成長はしているのですが最後までヘタレなとこや情けないとこが、憎めないキャラでもあり初めてヘタレ攻めという設定の人物を好きになりました。
本当に橘くんを好きで好きで仕方がなく、たまに言う一言が格好良くてきゅん!ってさせられて、そういうところが好感を持てるヘタレ攻め斎条さんなんだろうなあ‥と思います。
一方、かっこ可愛いの代名詞と言ってもいいのでは!?というくらいに、男前ででもたまに見せる仕草や照れる様子が可愛くて‥斎条さんをリードしようと恥ずかしくても頑張る橘くんが健気で格好良くて本当に好きです!
元ヤンの片鱗が垣間見える時がたまにあり、その度に笑っちゃっいました(特に雀と斎条さんとの三角関係か?!ってとこは‥笑)。
このお話はそれぞれのキャラが読めない行動をしてくれるので、笑いながら応援したくなるとても個性のある可愛い2人でとても好きなお話になりました。

短編として載っていた「なきむし色のとなり」
こちらは、私個人の好みとしてあまり受けさんのキャラが好きではありませんでした。
健気な受けは好きです。でも、攻めさんの気持ちを勝手に予測してマイナス思考一直線で攻めさんの為に身を引く‥という健気さは、正直少女漫画でなら読めても、男の子の性格として読むには受け入れれません。
攻めさんの男前さは凄く好きですけど!
ただ、最後のシーンはじーんと感動するものがあったので、まあこれはこれでアリな設定なのかな?と、今では思っています。

出来れば、またどこかで斎条さんと橘くんを見れたら嬉しいです!
少しは成長してるのかな?斎条さん。
やっぱり格好良くリードしてるのかな?橘くん。
と、相思相愛のバカップル2人は読み手を明るく幸せにしてくれるので、また違うお話でいつか会えることを楽しみにしています(^ω^)

4

これがヘタレ攻めか!

サラリーマンの先輩後輩カップルのお話です。

イケメンで仕事も出来てみんなに優しい王子様な斎条と新人の橘

橘が斎条の優等生キャラをしんどそうって言ったところから斎条は本性を晒してそうなんだよぉって怒濤のごとくぶちまけます。
この時は先輩に向かってなんて失礼な後輩だ!と思ったけど、橘がこっちの斎条さんの方が好きですよニコっ、てなって斎条はズキュンとやられました。

斎条には橘がかわいく見えてるのですが元ヤンです。ヘタレで童貞な斎条は中学生並のデートで満足しちゃってます。
ついに橘が動くが斎条は早漏で。

仕切り直して橘のお家デート。橘が迫ります!四の五の言わずに抱いて下さいって男前です。

これがヘタレ攻めかあと開眼した気持ちになりました。ようやく脱童貞だね!
もう斎条が可愛くて可愛くて。感情豊かでおろおろしたり泣いちゃったり。守りたいのに橘に支えられて。でも見せる時は見せます!

しかし、だから童貞なんですよって何回も言わなくても…。橘気が強い。

トラブルメーカーは橘の地元の連れが新入社員として現れやたらと橘になつきます。
色々ひっかき回されますが雀はドMで二人は対象外でした。

なきむし色のとなりはお隣さんで小学校からバイトまで一緒の大学生の幼なじみカップル。二人の仲を隠す為に毎日ケンカしてます。慎二がバイト先の可愛い女の子に告白されてからの同棲宣言。ずっと一緒にいるよって。

絵がきれいでカップル二人とも可愛くて応援したくなるお話でした。

1

受けクン世界一かっこいい

元ヤンの受けクンこと橘くんがまぁ〜~~~~男前でとても良かったです!!
ヘタレ童貞年上イケメン攻め×男前平凡系年下受けみんな好きなやつじゃん。ねぇ。
肋骨砕く橘くんの手癖()にニコニコしちゃいました。
元ヤン時代もっと掘り下げても良かったのに!

全く攻められなかった子がちゃんと攻められるようになる姿は見守ってきたものとしてはグッとくるものがありました。
ぜひこのまま清く正しく時々えろく二人の関係を育んでいってほしく思います。

1

コミカルなリーマンカプ☆

社内では誰もが認める仕事の出来る王子こと斎条は
実は相当なヘタレ……って本当に度を超すヘタレでした!
素の自分を見せられないのは
多少優柔不断な面もあるかもしれませんが
斎条の場合は気遣いの塊のような気がしました。
DTなのもまぁ納得と言えば納得…ww

橘くんは元ヤンとは言いながら
普段は物腰が柔らかいので根っからの、という感じではないのかな。
あまりにも斎条がモタモタしてるからキレたのは
元ヤンは関係無く誰だってじれったくなりますよ!w
橘くんを思いやる気持ちにも限度が…いや、優しい方がいいですけども
キメる時はキメなきゃ!!
それでも橘くんは斎条のどんなところも愛してくれて
斎条も橘くんの優しさに惚れて
ノンケ同士の壁をさくっとこえていたので
葛藤もとっぱらった甘めのコミカルな作品でした。

橘くんの後輩・雀、当て馬きたーと思ったら
取り合うとかじゃないんだ!?ww
ちょっと拍子抜けしてしまいましたが元ヤンは情が深そうですからねぇ…。
(斎条の心の声の「むしろ今も!?今ヤン!?」はおかしかったw)

私は橘くんがもう少し短気な感じの方が嬉しかったです。

『なきむし色のとなり』
幼馴染同士が、口喧嘩していないと付き合ってるってバレる…??
ソラの思い込みですがそれにしても「嫌いだ」って言われると
私だったら悲しくなります…。(フリでも)
ソラがいわゆるツンデレなんですが
慎二の気持ちをおいてきぼりにして空回ってしまってるような…。
そりゃ好きだからこそ相手の将来は考えますけど
長く一緒にいる分、もっと慎二をわかってくれても良かったんじゃないかなって
生意気にも思ってしまいました。すみません。
でも優しい攻めは好きです!

4

残念イケメン王子と元ヤンカップルのラブコメ

スピンオフである二作目の「幼なじみがドMでツンデレなんですが」が面白かったので一作目のこちらも読んでみる事にしました。

「幼なじみがドMでツンデレなんですが」はドMでツンデレなんだけど、実は・・・でした、といった、隠された部分を読むのが楽しかったけど、
こちらは「イケメンの先輩が実は童貞で純情でした」とあるように、「実は童貞で純情」の部分を丁寧に描いたラブコメです。

社内でも有名なイケメン王子・斎条(攻め)と地味顔サラリーマン・元ヤン(橘)との組み合わせ。

受けは、気長にリードしつつ優しく待つ事もできる男前キャラなのですが、あまりにも攻めがトンチンカンな事をしでかしたりすると、時々元ヤンの本領発揮で、あ”?!と黒いオーラを放ってキレそうになる時があってその様子が笑えます。

受けが「いい加減待てないから早く挿れろっっ!」と切羽詰まって叫んでいるにも関わらず、いまだ悠長に乙女なことを言ってモダモダしている攻めのずれっぷりなど笑えるポイントが幾つもあって楽しい。声だして笑っちゃいます。

途中、当て馬のごとく登場した雀ですが、二作目を先に読んでるので心かき乱される事なく読めてしまって残念・・。読む順序間違えた。

攻めは基本ヘタレなんだけど、私自身はヘタレというよりも奥手といったほうがしっくりきました。そして優しくて気遣いの人だし、すれてなさがおっとり品の良さに繋がってとっても好感度高いです。
それに、ただのほんわか純情王子なだけではなく、ノンケだけど男が好きだという気持ちに引け目を感じず、受けにも改めて好きな気持ちを伝える事ができたり、当て馬(だと勘違いしている)雀にしっかり釘をさせるところも素敵なんです。

受けが地味顔設定でしたが、さほど地味顔には見えず、王子との対比があまり感じられないのがちょっと残念でした。
ラブコメなのでパーっと王子のオーラを放つとき、もっと突き抜けたキラキラ感というか花背負ってる(時代錯誤・笑)くらいの無駄なオーラがあっても良かったかも。

2

またリベンジしてみたけれど…

※ネタバレ、辛口レビュー注意です

この方の作品を読むのは2度目になります。
前に読んだ作品で絵と内容に「うーん」となってしまったのですが、こちらは評価も高いし再度挑戦してみました。
ですがやはり絵、内容ともに自分には合わないようです…。
好みの問題なので仕方がないのかもしれません。

内容についてお話させて頂きます。
こちらの受けちゃん(橘くん)は凄く良い子なのですが実は元ヤンという設定があります。
私は受け受けしくない受けちゃんが好きなので、この設定は凄く良かったと思います。
ただ、今はほぼ普通の子になってしまってるので、あまりキャラに魅力が感じられませんでした。
時々垣間見える受けちゃんらしからぬ雄み…欲を言えばもっと見たかったです。
私は「ヘタレ×強気」は嫌いじゃないはずなんですが、なぜかあまり響かず…正直「ヘタレ×強気」というより「純情×純情」に近いかも?

それから橘くんに想いを寄せる(と思われてた)ライバル(?)の雀くんという子がいます。
この子、嫌いじゃないです。
何か企んでるような表情とか凄く魅力的です。
ただあそこまでいろいろしておいて、斎条さんにも橘くんにも興味が無いというのは「えっ」となりました。
違和感がお仕事しちゃいますので、そこはもう思いを寄せていたで良かったのでは…?

総評です。
全体を通して平和で幸せなお話なのですが、それゆえにあまり感情が揺さぶられるようなことはありませんでした。
静かな海を眺めている感じです。
バッドエンドが好きな訳ではありませんが、恐らくハッピーエンドにしかならないだろうなと予想出来てしまう作品。
タイトルにもあるくらいなので、「童貞」がお話の中心なはずですが、それも活かしきれていません。
ハッピーであることが、この作者さんの作品の良いところなのかもしれませんが、もう少し毒気があってもいいな〜というのが個人的な感想です。
ただやはり元ヤン設定は大好きなのでその部分で萌1です。
エッチを重視なさらず、「純情×純情」のほのぼの平和な雰囲気が好きな方にはオススメです。

いつもながら辛口になって申し訳ありませんが、ここまでお読み頂きありがとうございました。
ご参考になりましたら幸いです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う