北上家の恋愛指南 長男編(表題作 恋なんてしたくない)

kitagamike no renai shinan

北上家の恋愛指南 長男編(表題作 恋なんてしたくない)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×211
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
68
評価数
17
平均
4 / 5
神率
17.6%
著者
可南さらさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
花小蒔朔衣 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784344836600

あらすじ

美形三兄弟の長男・雅春は、かつて恋人としてすごした後輩・柴田と再会し!?北上家シリーズ第3弾全編書き下ろし完結編。

表題作北上家の恋愛指南 長男編(表題作 恋なんてしたくない)

柴田貴文,高校時代の後輩で社長子息
北上雅春,大手商社の営業部勤務,三兄弟の長男

同時収録作品北上家の恋愛指南 長男編

瀬川匡,高校生,祥平の幼馴染で恋人
北上祥平,高校生,匡の幼馴染で恋人・北上家次男

その他の収録作品

  • 純情と恋情
  • あとがき

レビュー投稿数3

振り回される王子様攻めが素敵

美人三兄弟シリーズ、第3巻。
完結編となる本書の主人公は、弟想いの心優しい長男・雅春。
弟たちとその恋人も登場しますが、既刊未読でも問題なく読める内容です。

大手商社に勤める雅春(受け)は、高校時代の後輩・柴田(攻め)と社員寮で再会。
柴田に手料理を振る舞ったり、弟たちのことで相談に乗ってもらったりするうち、恋心が芽生え…というようなほのぼのラブストーリーです。

高校3年生の頃、男にモテすぎて苦労していた雅春は、2年生の柴田に3ヶ月間だけ"偽装彼氏"としてボディガードをお願いすることに。
一緒にお弁当を食べたり、屋上で天体観測したり…と仲良くやっていましたが、卒業後は疎遠に。
再会後、ますます良い男になった柴田に惹かれていきますが、恋愛経験ゼロの雅春はなかなか気持ちを打ち明けられず…という展開。
柴田は柴田で高校時代から雅春に片想いしているのに、ピュアな雅春に遠慮してなかなか手が出せず。
雅春視点ですが、柴田の本当の気持ちは読者にはバレバレ。雅春の天然に振り回される柴田にニヤニヤが止まりません。
作中で「王子様」と言われるだけあり、どこまでも紳士的(そして一貫して敬語!)なキャラクターがとても素敵でした。

雅春がピュアすぎるため、恋人となった後もなかなか挿入には至らず。
表題作後の番外編でようやくガッツリラブシーンが出てきますが、雅春の無自覚な誘い文句にいちいち大打撃を喰らう柴田が面白すぎて、やはりニヤニヤが止まらない内容でしたv

シリーズの中では本書のカップルが一番キャラ的にとっつきやすく、読みやすいのではないかと思います。
といっても、次男の彼氏も本書ではすっかり溺愛攻めに様変わりしており、次男の幸せそうな姿が見られたことは良かったです。

あとがきで書かれているようにこれで三兄弟の血は完全に途絶えてしまいますがw、それぞれに可愛らしい三兄弟と、それぞれに素敵な彼氏とのラブラブを堪能できる良いシリーズだと思います☆

12

長男編が一番アオハルしてた気がする

北上家シリーズ本 第3弾 長男編。
発売順は【次男→三男→長男】
時系列は【長男→次男→三男】
ですが、どこから読んでも単体で読んでも大丈夫です╭( ・ㅂ・)و ̑̑

次男・三男編の登場シーンはほんの少しで名前がチラッと挙がる程度だった長男。
個人的には一番存在感がなく思えて印象薄めだったかも(;´Д`)
シリーズを意識せず単体として一番フラットで読みやすい本です。
弟のほうは既に恋人関係になっているところから始まっていましたが、
長男編は恋が始まるまでの道のりや片想いの焦れったさなどが楽しめました。


さてさて。
北上家長男・雅春は家庭環境や母親への嫌悪感も相まって
恋愛に対する興味も必要性もなく未経験のまま社会人に。。。
唯一高校時代に恋人の演技をしてくれた後輩の存在だけは甘酸っぱく心に残っています。
その後輩・柴田と偶然社員寮で再会してーーーと展開します。

高校時代の回想シーンがめっっちゃ萌えました(´///`)
恋がはじまる少し前の浮き足だった感じがむずがゆくキュンキュン////
雅春が天然で鈍いから始まらなかったけれど一歩近づいてたらと思うとニヤニヤが止まらないw
ニアな雰囲気で青春しててとても良かったです。

そして柴田ほうは雅春のことが好きなのが見え見えで、
年下攻めスキーとしてはこれまたグッときます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
再会後も、あーこれは絶対偶然とかじゃないんだろうなーと思えてw

無駄に格好つけてた高校時代と、
ようやく再会できたのに拗らせてしまう現在と。
なかなか上手く進まない関係がとにかく焦れったかったです。

雅春は思った以上に天然でちょっとビックリしました。
ウブにもほどがあるで…;
祥平を傷つけたシーンは正直イラッとしましたが
長男として今まで背負ってきた重責から出た言葉というのがシンドイ。
がんばって弟を守ってきたお兄ちゃんの苦労が悲しかったです。
柴田は年下だけど頼りがいも懐も広そうなので、
お兄ちゃんの看板下ろして安心して身を委ねられそうな相手で良かった!

社会人にしては可愛すぎるかな?と思う部分があったので萌え評価ですが、
ワクワクしながら3冊一気に読み終えて満足でした(∩´///`∩)
面白かったです♪

0

お兄ちゃんの恋のゆくえ

北上家シリーズ3作目。
どの巻から読んでも大丈夫だと思います。
最終巻の今作は長男・雅春編。
印象としては、こちらの雅春編が1番読みやすかったかも。
他2作ではちらほらとしか登場せず、若干影の薄かったお兄ちゃんですが、実はお兄ちゃんが飛び抜けて無垢で可愛らしい人でした。

サラリーマン×サラリーマンの再会もの。
合間に回想シーンが入り、関係性的には高校時代の先輩後輩…と、特別大きなインパクトはないけれど、オーソドックスな良さがあるお話。

次男・三男とは少々年齢差があり、青春時代の全てを弟達に捧げて来た雅春。
長男の雅春視点だからこそ見えてくる北上家の図があるといいますか…
この両親ならば三兄弟がブラコンになるのも分かるというか、全員お相手が男性になるのも納得というか。
三男の忍は母親によるネグレクトのトラウマが強い傾向にありましたが、長男の雅春はもっと強く母親の影響を受けていたかな。
恋に奔放だった母親の姿を幼い頃に見てしまい、恋愛に対しては否定的なものがある。
父親は愛情深い人ではあるものの、仕事に夢中でほとんど家には寄り付かず、その代わりにお兄ちゃんの雅春がずっと弟達に寄り添って家事をこなして来た。
なんだか健気で痛々しい。
うーん、これは父親もなかなかだなと思います。

自分は恋とは無縁。
むしろ、母親の姿を見ては恋なんてしなくていいと思っていた雅春だけれど、皮肉にもその母親譲りの外見の美しさから好意を持たれることも多くて。
そんな高校時代の雅春の擬似恋人として、少しの間側にいて助けてくれたのが後輩の柴田で。
こちらの柴田がまた良い攻め。
決して押しは強くなく、無理強いをしないですし、敬語で話す年下感もありつつ、あくまでも紳士的な態度なんです。
擬似恋人期間の途中で、柴田が海外へ留学してしまうまでの間のやり取りに青春を感じる。
再会してからは、どう見ても好意丸出しの柴田になかなか気が付かない天然なお兄ちゃんにじれじれ。
お相手の柴田がじっくり距離を縮めながら待てる人だったので、大きな問題もなくくっついた感じでしたね。
柔らかい雰囲気の柴田ですが、実はちょっと策士っぽかったり、雅春が気が付かないくらいの独占欲をチラつかせるところも好きでした。
柴田の手によって、雅春の凝り固まった部分が少しずつ解けていくのが良いんだなあ。
やっとお兄ちゃんにも身体をポンと預けられるような安らげる場所が出来たのかな。
想いを自覚し付き合ってからの、雅春の初心で天然ポヤポヤならではの無意識振り回しっぷりが可愛かった。
これからはたくさん柴田に溺愛されてほしい。

と、スタンダードさが良かっただけに、途中の脱字がすごく残念。
一文字抜けているだけでこうも気の抜けたセリフになってしまうのか…

三兄弟全て読んだ結果、三男・長男CPが好みでした。
次男CPは、家族が居るのを知っていて家でやっちまうのはどうなんだろう…

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う