きゃっつ ~四畳半ぶらぶら節~

cats

きゃっつ ~四畳半ぶらぶら節~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
214
評価数
49
平均
4.4 / 5
神率
63.3%
著者
羽生山へび子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784813031093

あらすじ

其処は大江戸、柳町。
煩い大家の長屋の一角に住まうは、仕事もせずぶらぶら過ごし、隙あらば色仕掛けしてくる居候・弥源治と、そんな弥源治を養う人気魚売りの清二だ。
けれどある日、弥源治が子猫を拾ってきて?

表題作きゃっつ ~四畳半ぶらぶら節~

清二,もてもて魚屋
弥源治,居候にーと

その他の収録作品

  • (描きおろし)弥源治、身から出た錆を食う

レビュー投稿数10

笑いあり涙あり

人気者の魚屋・清二と居候ニート・弥源治の、柳町を舞台に繰り広げられる大江戸猫BLです。
清二と弥源治と登場する仲間たちがめちゃくちゃ楽しくて可愛かったです!
(特に子猫達は連れ去りたいくらい可愛いかった…)
続き物で、メインカプが結ばれる所までいきません。
個人的に清二が分かりづらく、お互いを想い合う甘さやイチャイチャは薄めだと思いました。
徐々に2匹の間に意味深さが入ってくるので恋愛要素が薄いとは思わなかったですが、笑いあり涙ありの人情物として堪能した部分が大きかったです。
猫のコミカルさも残しつつ、生活や所作が洗練された人間そのものなのでそんなに獣っぽくは感じませんでした。
そして、柔らかい曲線がとても色っぽくこの猫達のエロも読んでみたいかも…と思いました。

情に流されやすくあまり物事を深く考えない弥源治の軽さが面白かったです。w
弥源治の清二に対する恋情は分かりやすかったですが、清二は分かりづらかった。
彼は一見クールだけど情に厚く優しい猫なので、弥源治に対する愛情もまだその範囲内のように見えました。
しかも無表情な上に猫なので表情が読み取りにくい(笑)
弥源治を意識し始めたのは分かりましたが、もっとデレて良いのに!と思いました。頑張れ弥源治。

笑いや可愛らしさの背景に、登場人物たちの過去や世間の世知辛さもしっかり盛り込まれているので、そこはかとなく泣けてきたりもします。
清二も弥源治も、弥源治に拾われた子猫のぼんも素性は明かされていません。
訳アリそうな所に不穏さはありますが、それでも3匹で一緒にいられるように奮闘する弥源治やそんな弥源治を理解している清二を応援したくなります。
このまま3匹で仲良く暮らしていけますように…

表紙や扉の一枚絵がとても素敵で持っているだけで嬉しくなる装丁でした。
素敵な装丁に加え、描きおろしやカバー下のおまけ漫画もあるのですでにWebで読まれている方も買って損はないと思います。

11

ほのぼのな表紙に騙されてはいけません☆

ちるちるさんの作家インタビューでお見掛けして、なんと可愛らしいことか!と思って読んでみました。
いやごめんなさい。ねこちゃんの、ほんわかびーえる(帯の『えどかわいい 猫びーえる物語』の文句が最高に可愛いと思うのです)かと思ってました。
ところがどっこい、笑いあり、人情ありのすんごい奥深い作品でした。

ストーリーは、義理人情に厚くしっかり者で若いお嬢さんたちにも人気の高い魚屋さん・清二と、いろんなところがゆるゆるなニート・弥源治の二人(ほんとは二匹だけど)を中心に進んでいきます。

捨てられていた子猫(命名・ぼん)を弥源治が拾ってきて、その子の通う手習い所の話や、義賊なんかの話を通して、世間の冷たさ、けれどそれに反するような人の人情や子どもの成長の喜びなんかもきっちり描かれています。

それでいて羽生山さんらしいギャグも健在。
笑いや、切なさが程よくマッチしていてすごく良かった。

この『程よさ』を生み出している大きな要素の一つは主要キャラの清二と弥源治のふたりの性格。
まじめで、義理人情に厚く、自分の感情を表に出すのが苦手な清二。
ちゃらくて、あほ丸出し(←褒めてます)、なのに情に厚い弥源治。
何かというと事を致そうとする弥源治をぴしゃりとやり込める清二の掛け合いはもうお約束のようになっていて、二人がいちゃこらするシーンは最後までなし。なので、これが「BLか」と問われたらちょっと微妙。
なのに二人の間に漂う感情が何とも色っぽい。それがとても良い。

清二やぼんの過去や生育環境は謎のままだし、清二と弥源治のふたりの今後も気になる。続編をぜひ…!

表紙の絵柄も、紙質もとても好き。すごくセンスのいい表紙だなあとちょっとほれぼれしました。

とにもかくにも、文句なく、神評価です。

8

BL苦手な人にも勧めやすいかも

最近、動物同士のBLに興味出てきてたのと好きな作家の作品ということで買いました。
WEBでちょっと読んでいたのですが読みづらくて単行本出るの待ってました。
以下感想。
面白かった。
読めば読むほど後半にかけてどんどん面白くなっていきます。
各話、温かい話にいいねぇとほっこりします。そして後半にちょっと暗い影が除く・・・
動物同士で果たして萌えられるのかしらと思ってましたが割とすんなり受け入れられ・・・というか本編2ページ目の2匹が縁側に座ってしてる会話と絵にもう掴まされました。
恋愛感情はまだまだお互いに薄いか無自覚か、ちょっと意識し出し始める所という感じですがふざけてイチャイチャしたり片方がビッチなので色目使ったりがあったり、それ以外にも物語の面白さで読ませてくれるので気にならずに楽しく読めます。
この漫画では猫ばかり出てきますが狸の話が1話入っててその話もすごく好きです。これだけだと全然BLじゃないんだけどお母さん(?)の優しさにああ、いいなあと思いながら読んでました。

最後に、2巻出たら絶対買います!

7

ガチ猫BL ちょっとネタバレ

すごい読みごたえあります^ ^

ヘビ子さんの単行本はほぼ読んでいますが、登場人物が猫だろうとヘビ子ワールドは全開〜!!
表情がなんとも絶妙で隅々まで見て、読んで、とても楽しめる作品です。

多くは語らず懐の深いイケメン猫の清二と、
いつもふらふら定職につかずオス猫にすぐ色仕掛ける猫の弥源治が、捨てられた?子猫のぼんを育てていくお話です。
近所には色々なキャラクターの猫達がいて、掛け合いのテンポが良くとても面白いです。
BLとはちょっと違うかもしれませんが、すごく楽しいので是非読んでみて下さい。

5

読んだらわかる面白さ!

 webで読んでいました。まさかコミックス化されるとは思っていなかったので、嬉しかったです。猫で江戸?って思っている方。これめっちゃ面白いからね!
 男前と色男と愛くるしい子供。萌え要素がてんこ盛りです。猫だけどw 最初、犬派の私は「もしも犬だったら」なんて思いながら読んでいたんです。いやいや、これは猫じゃないと成り立たないお話ですね。猫の姿のまま二足歩行してもなんて自然なんだ(笑)しかもちゃんと男前に見えてるし、色っぽいし、可愛いし、そしてべらんめぇがやたらと似合っている。
 清二と弥源治のやりとりは笑えて、恋愛要素はないのにふとした台詞や表情になんとも言えない雰囲気が漂う。上手いなぁ~。猫ってところがものすごく効いています。最初の縁側に並ぶ二人のほのぼのした佇まいと、「あいつぁろくでなしだ」という清二の台詞に、沢山のものが込められている気がして、すっかりハマってしまいました。猫好きはもちろん、ストーリーを楽しみたい方にもお勧めできます。もうすぐ連載も再開されるとか…果たしてBL展開は来るのか!?楽しみですっ!

4

てやんでぇい!歌川国芳に見せてやりえぇ!!!

もうね本作品読了後、まずは『羽生山へび子』というお名前を見たらソッコーで『神』つけときゃ間違いない!というフレーズが頭に浮かびました。
それどころか、読む前から電子コミックの作品紹介でしたが"えどかわいい猫びーえる"、"居候にーと"なんて文字におもしろそーと、ドキドキがとまらなかった。こういう時に救心飲むのかしら?

しかし、今回も羽生山先生、BL街道ぶっちぎり走行、他の追随を許さない!
BL擬人化というと"猫"が1番多いんではないかな?(ま、ネコいなきゃBLにならないですもんね)と思うのですが、ステージが上?異次元というのかな?とにかく独創的で本作品もピシッと羽生山節が背骨に入ってるんですよ。
擬人化?ケモノ耳?モフモフ?最近流行ってるらしーじゃねーか!こちとらそんじょそこらのとはワケがちがーやい!とこれ合ってんかしら?という江戸っ子べらんめぇ口調がもうちょっとで口に出てきちゃうくらい。

しかし、先生のインタビューで
「好きなもの詰め込みました」とありましたが、そうすると
へび子先生は猫飼ってらっしゃるのかしら?時代劇がお好きなのかな?落語もお好きかな?
と色々妄想が止まらない。だってこんなに独創的な作品を書く方がどんな方が知りたい!どんな生活してるのかしら?どんなものがお好き?と簡単にストーカーのハードルを超えちゃいそうな自分が怖い。

そういえばガンダムの主要セリフを言える方にお会いした事があって『すげーなー、そんな好きなものがあるなんてさー』と羨ましく思ったものですが、
私も羽生山作品ならイケますねぇ。それくらい好き。
有名な感動的なセリフは他の方々がピックアップ済みなので、脱力系セリフというのかな?あげてみますと、
「僕の〜」なら、サーターアイカギー
「わかば荘〜」なら、ひねるとジャー
「きゃっつ〜」なら、おっと俺ぁお手元…
かな。
他にも声出して笑うの止めなきゃ!と力いれてたら、みぞおち差し込みきちゃうようなセリフが羽生山作品にはキラ星のごとくありますけど。

そして最後に言いたいのは、この"えどかわいい猫BL"猫浮世絵で有名な歌川国芳にも見せてあげたいなぁ!
「平成の御世になると猫の漫画ってこんなに発展してるんですよ」って。
きっと唸るでしょうね。BLには驚かないでしょうが。

3

猫で時代劇!最高か!

時代劇が好きで、猫が大好きなので、ずっと気になっておりました。
いや、でも猫+時代劇は良くてもBLでなくてもいいんじゃ?むしろ、猫BLはどうだろう無理だなあと悩んで読まずにおりましたが、ぼんがあまりに可愛いのでつい購入。

こ、これは!

正直BLでなくてもいい気もしますが、ノマカプ(?)だったらきっとダメだろうなあという絶妙なバランス。
ああ、何故今まで読まなかった!?
BL展開はほぼないですけど、個人的にはこのままそういう展開はなくていいなあと思います。微妙な感じのまま、のらりくらりという空気がたまらないのです。ずっと三人もとい三匹でいて欲しいなあ。
BLというより時代劇人情コメディーで、にゃんこはどうでもよくても時代劇好きならきっと萌えられると思います。
出てくるにゃんこが全て愛おしい。たぬきもかわいい。
なんか続いてるみたいなので、続き出たら買いますとも!

1

江戸が舞台の猫時代劇

江戸の柳町で魚売りをしている清二の居宅には、ぶらぶらしていて定職にも就かず、時おり清二に色仕掛けで迫ってくる、色気のある年増男の弥源治が居着いている。長屋の大家や近所の人間に結婚しないのか、弥源治は仕事をしないのか、などと口を出されながらも2人暮らしていたが、ある日弥源治が捨て子を拾ってきて…。


江戸が舞台の、なぜか登場人物が猫である時代ものです。BL…っぽい雰囲気はありますが、とりあえず受けと攻め(暫定)のあいだに本編中には身体の関係はありません。
受けに言い寄る当て馬がいたり、攻めには女の恋人がいるようなのがほのめかされていたり、でもすごく江戸の情緒的なものは味わえる不思議な作品です。

話としてはとても面白かったです。でも受けと攻めの関係性がよくわからなかった。なぜ居候しているのか、身体の関係は本編ではなかったけど以前にはあったのか。続編があるのかな?
攻めは寡黙な男前。いなせで粋な江戸男です。なぜか受けを自宅に住まわせ、面倒を見ています。受けは色気のある年増男。昔はぶいぶい言わしてただろうけれど、ちょっと年齢がいってきて若い子には負けるような、でもまだまだイケてる猫。
そのあいだに捨て子が入ってきて…という展開です。捨て子ちゃんは素直でとても可愛い子でした。

登場人物が猫だというのは面白いけど、あまり猫である必然性が(個人的には)感じられなかったというか、むしろこれ人間だった方が断然萌えられただろうなと思ってしまったので、神ではなく萌×2です。
猫だからいいんじゃない、猫だからこそ神! と言う方もいらっしゃると思うので、あくまでも個人的な好みの問題です。

2

下地は上々

単なる獣化ではなく、それぞれの特性を
取り込んだ上で仕立て上げたと言う所が
今作の捻くれた所。
そこでどうしても躓いてしまうなら無理せず
読みたい気持ちを寝かせて時と機会を
待った方が得策です。更に美味しくなる
でしょうから。

時代劇の中からお武家さんの彼是ではなく
街中の彼是を取り出した、と言うのが
味わい深いですね。
お武家さんはお武家さんで色々BL的に
美味しい要素が転がっておりますが、
江戸の街中にも大概そういう要素は転がっていて、
紙一重まとって別の名前で呼ばれていたりする。
それを変にべたつかずに描き上げたのは、流石です。

1

ネコ好きなら喜ぶと思う

コメディでした。
犬派なので、猫ばっかりみてゲンナリしてしまった。私には、合わなかったけれど、猫派なら凄く楽しめると思います。
あとがきに、猫の落書きを見た担当さんが作品かを勧めた、とありました。

ヘビコさんは、かなり浮世絵の画法を取り込んでいたことが分かる作品です。
背景や、遠近法、題材の選び方など、和風な猫にマッチしている。
猫の魚屋がイキ。これを犬にしたら、多分合わない。魚を腐らせるかもしれないアハハ。
江戸時代の下町・大江戸、柳町・日本橋界隈から東の海沿いが場面。
魚売りの清二は、ブサ猫。

三毛猫の居候・弥源治は、隙があれば狙ってサカってくる。
弥源治が清さんを誘惑するときの背景画が春画で、何故か猫じゃなく人間版のもの。なんか奇妙なちぐはぐで笑っちゃう。
ある日、同居人が、子猫を拾ってくる、人情話。

柔らかい仕草のネコの体って、色っぽい。
場面場面がしっとりしていて、江戸東京博物館で観た様子を思い出してしまう。
流しの都都逸、猫芸者が、素敵。
あとがきに「続きはWEBで」って書いてます。
作者のHPは、先生没後の今も閲覧可能です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う