夜明けのブルース

yoake no blues

夜明けのブルース
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神55
  • 萌×219
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
23
得点
375
評価数
83
平均
4.5 / 5
神率
66.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
花丸コミックス プレミアム
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784592720461

あらすじ

男運の悪いスナック・マスターの前に現れた全開バリバリ願望のリーゼント野郎カッチー。店で働くことになったカッチーは男気の恋を実らせる事ができるのか? 昭和テイスト・ラブロマン!

(出版社より)

表題作夜明けのブルース

バイトすることになったモテないヤンキー カッチー
男運の悪いマスター ヒロ

その他の収録作品

  • かきおろし 6shot VSOP
  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:「官能猫漫画 またたび番外地」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

二人で化学反応

昭和感あふれる表紙に過去に傷を持つ男たちのお話。うーん、味がありますね。

ただのアホヤンキーじゃないカッチー。好きな人の為に殴って守ると決めた日。上京しても相変わらず腐ったミカン。
でもマスターに出会って変わります。

恋人とバーをやってたのに騙されて相手は結婚子供もいて。戻ってくると嘘を聞き流して。お店の状態も悪く売る売らないで既婚友人もなんだかマスターをほっとけないのか気があるのか。

時間をかけて色々あってカッチーとマスターがかけがえのない存在になるのが良かったです。
カッチーの明るさマスターの気だるさ二人が揃うと化学反応?お店もなんとかなりそうで。

ねこのヤーさんが面白かったです。

こういう下町?路地裏?で一生懸命生きてる人のお話はいいですね。

0

あぁ、日本ていいなぁ。

最初はバカにしてました。(すみません)本を読み終えた瞬間、そんな自分がバカだったと 今まで手をつけなかった事を後悔し、次の瞬間 即刊されているへび子さんの本を全て買いました。本当に衝撃を受けたんです。
不良物はすきだけど、表紙も題名もお試し読みしても最初はダメで。
絵で躊躇している方、だんだん艶っぽさが出てきます!!嘘みたいにはまります。心あたたまる話が読みたい方、是非お手に取ってみてください。

若いからこそ鍵のかかった心に土足で入り込む事ができる力強さ。
優しさと熱さで凍った心を溶かしていく様。
お金が絡むと、若いだけではどうにもならない現実。
そんな中で夢をみさせてくれる二人。
もう、昭和の映画を見ているよう。
美しく儚く でも楽しくてほっとする。
本当に素敵な作家さんと出会えました。

1

いつものリーゼント!(笑)

「僕の先輩」から羽生山へび子さんの大ファンになってしまったので、迷わず購入しました。
裏町の人たちや、昭和歌謡が似合いそうな雰囲気は本当にさすがです!(笑)読んでいて楽しくなってきます。
おバカな猪突猛進なリーゼントの攻めとお色気系の酒屋のマスター、特にちょっと古めのヤンキーをこんなに魅力的に描ける人なんて他にいないんじゃないか?なんて思います。
ただ、ギャグも萌えも同先生の他作品の方がよかったなぁ~と思ってしまいました。

0

爆笑できる切な系BL

ギャグがこれでもか!ってくらい入ってるのにしっかりせつない。
とても面白かったです。まずギャグのセンスが素晴らしい。BL読んでこんな爆笑する事ないですけど、思わず笑ってしまいます。
一番面白かったのはやーさんの登場シーンです。猫怖すぎ(笑)そのあとマスターに抱かれて某キャラクターの顔になるところもめっちゃおもしろかったです(笑)

マスターがカッチーを呼ぶときたまに『おまえさん』と呼ぶのがなんだかすごく雰囲気が合っていいなぁと思いました。

クライマックスでお互いを探す時のもどかしさがすごく出ててドラマを観てるようでした。再会のシーンが冒頭の出会うシーンとデジャブってるのも感動的ですごく良かったです。

0

ブルースだな。ほんと。

良い。とても良かった。
カッチーとにかく気に入った。
イラストには相変わらず抵抗がありますが
ちょっとの表情や動作など
読むうちにはまっていきます。

ヤンキーあがりというか
まだ若いから現役ヤンキー?
のカッチーがまっすぐで
不快感がない。
こんなに自然に人を好きになることってあるのだろうかと
思ってしまった。

あ、でもカッチーはカツアゲをしようとしていたのだった・・・
すっかりそれ忘れていた・・・

メインキャラだけではなく
お客さんもとっても魅力的なのも
読んでいてたのしい重要要素だなぁ

1

純情の在り処

人生に対してかなり不器用な人達が泥臭い恋模様を
展開する…と言う道具立てだけを見れば自分には
関わりが無いから映画でも観るつもりで楽しもうかなんて
気楽になれそうなもんですが…。
なんだかねえ…この人達は自分の片想いについては
変に要領よく真っ直ぐなもんだから傍で見ていると
どうもハラハラしてしまう。
まあ良くしたもので脇を固める人達がひと癖ふた癖
ありながら暖かい人達なもので物語に安定感が
加わってるんですが。

純情の在り処を知ってみたいなら、読んでみて
損はない一冊ですね。カバー下も含めて。

2

貴重だ

この、青年誌っぽい懐かしいタッチの絵が素敵。
お話も、金髪リーゼントのヤンキー(それも博多っこ)と、都会(気分は京浜)の場末のバーの三十路マスター。
あー、これは映画で見たいなぁ。
昔の日本映画の空気感だなぁ。
ワケアリ物件だと自覚しているマスターが、若いカッチーの圧力に迷いつつ、迷いつつ、
持っているのは若さの熱情しかないカッチーが、大人達の事情に打ちひしがれつつ、
お互いに少しずつ距離をつめていって、
ようやくなだれ込んだセックスのガッツキ感が凄く幸せそうで、
ちゃんと未来に希望がある結末もいい。

そして、カバーしたのヤーさん一人語りマンガ!!
でも、ヤーさんって、、、♀?

2

カッチー!!

田舎からでてきたヤンキーとバーのマスター羽生山節さくれつなノスタルジックなお話です。

もー。笑いあり涙あり萌えあり満足満足な一冊ですよ。
マスターのいろけ半端ないです。同級生の川崎というちょいライバルも現れ(こいつ既婚者?指輪してっけど)素直なカッチーはマスターを思って田舎に帰っちゃうけどやっぱりマスターがすきーと
戻ってきてマスターと再会してHにもつれこむのですが
コメディ調な中にこの切羽詰まった感や色気やどうやってだしてんだよーーーってくらいキュンキュンします。
あんな可愛い年下から迫られたらマスターだってやぶさかじゃないてかカカッテコイ!!(笑)

羽生山さんのブログでマスターとはじめのコラボ絵があって可愛かったぁ。

0

相変わらずな満腹感

ギャグはもちろん面白いけど、ストーリーも凄く読み応えが合って期待を裏切らない面白さでした。
どことなく醸し出されている荒々しさもあって、いつもそこにドキドキします。
へび子ワールド炸裂というか、万人受けはしないだろうけどハマるとめちゃくちゃ楽しい作家さんだと思います。

ストーリーは、カッチーとマスター、2人がそれぞれ抱えこんでいるものが切なくてとても引き込まれました。
でもカッチーのまっすぐな未熟さとマスターの厭世的な諦めは、お互いにとって良い方向に向かいそうで安心感があり読後感が凄く良かったです。
カッチーは良い男になるために俄然頑張るだろうし、マスターはカッチーに刺激されてどんどん純粋さを取り戻すのだろうなと想像ができました。
めちゃくちゃ素敵なカップルです。
というかマスターはカッチーじゃないと幸せになれなさそう(笑)。

羽生山作品は個性的なタッチも面白いけど、なによりも読後感の良さが半端ないです。

0

博多弁に萌・・・

彼氏に振られて、やけくその気晴らしにカツアゲしようとしたカッチー。
しかしその被害者になる筈だったマスターの店で、バイトをする事になってしまう。
一緒に過ごすうちに、マスターに惹かれて行くカッチー。
でもマスターは大人で、彼氏と訳ありな感じで・・・
そんな時に、マスターが彼氏に乱暴されているのを目撃、
ブチ切れたカッチーは彼氏を追い払い、その場の雰囲気でマスターとキスしちゃいます。
そして、全開でマスターに恋をする決心をします。

カッチーが、とにかくマスター一途で一生懸命です。
ただ、頭悪いし世間知らずだしガキですが・・・
でもそんなカッチーに少しずつ絆されていくマスターが、なんかすごく魅力的。
カッチーがマスターに夢中になる気持が分かります(笑)

私は本当は、頭悪い上に暑苦しい男は好きではありません。
ましてやヤンキーでリーゼントなんて、NGど真ん中!あり得ない・・・
でも、何故だろう、カッチーには凄く惹かれるんです。
カッチーの不器用な一途さと真面目さに、魅力を感じます。
でも、カッチーの現実味の無いガキみたいな夢を、マスターに気のある同級生の川崎が、
「気持はわかるが、俺らは真剣にやってる。水を差すな、迷惑だ。」と諭します。
私も、川崎の意見に一票。
カフェのバイトで店一軒買おうなんて、世間知らずのバカにも程がある。
でも、最後にはマスターが川崎ではなくカッチーを選びます。
その気持、すごく分かります。理屈ではないんですよね、好きになるって・・・

少しずつ二人の距離が近くなっていく様子が、凄く良かったです!
笑いのツボも、私にはピッタリハマりました(笑)
そして何より、マスターがステキ!モロ私の好みのタイプです。
カッチーもドキッとする程男らしい時もあって、ステキでした。
ヤンキーでリーゼントでなかったら、間違いなく『神』だったと思います。
あと、個人的に猫のヤーさんはツボでした(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ