やだわ、アタシ……恋でもしてるみたい。

家に帰って一人で泣くわね

ie ni kaette hitoride nakune

家に帰って一人で泣くわね
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
37
評価数
12
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784829626115

あらすじ

ゲイでオネエの高坂は、会長令嬢に憧れている同期の佐々木に、女心のレクチャーをすることに。上昇志向が強く仕事では優秀な佐々木だけど、恋には不慣れで野暮ったさが目立つ。そんな彼にレクチャーして、いい男に変身させるのは楽しかった。だけど、佐々木の純粋さにときめいても、傷つく恋ばかりしてきた高坂は自分に言い聞かせる。惚れちゃダメよ、ノンケなんだから──と。

表題作家に帰って一人で泣くわね

佐々木博,中堅専門商社勤務
高坂,ゲイでオネエの同期,会長秘書

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

オネエ様を応援し隊

タイトルが印象的。
上手い(≧ω≦)b

高坂さんがほんっともう健気だわ、いじらしいわ…幸せになってくれて良かった。
正直ね、ナヨナヨした受けは苦手です。
男の娘とかも苦手です。
なので〝おネェ受け〟ってことで、最初はどうなのかなー?って躊躇った。
躊躇ったんだけど、そんなの吹き飛ばしてくれるぐらい素敵なおネェ受けでございました。

対する佐々木の夢も切ない。
幼い頃から苦労したんだなーってのが窺える夢。
が、攻めとしてはイマイチ魅力に欠けました。
最初の頃の朴念仁っぷりは面白かったけどねwww
憧れの女性(社長令嬢)への接触計画、話し掛けるタイミングが分からずひたすら無言で後を着いて行く…「ストーカーか!」という高坂さんのツッコミと私の脳内ツッコミが被ります(´^ω^`)ブフォwww
高坂さんレクチャー無かったらやばいわwww
令嬢へのメール返信文案もビジネス対策会議並だし。

ラストの〝夢の絵〟の変化にほっこりする。
そうだよ、変わるんだよー!
何も夢は一つじゃないんだよー!
高坂さん良かったねー!!!

0

たくましく恋するオネエ様

オネエ受け!?って思ってたんだけど受けが健気すぎて切なくなりました(´;ω;`)


バーバラ片桐さんの作品はドラマみたいな展開で面白いですね!

メインカップル以外のキャラクターも素敵です。

高坂の元彼は典型的な当て馬だけれど人間味があって私は好きです。
恋愛奥手の佐々木が恋するレズビアンの美人社長令嬢も色気ある感じで素敵でした❤️

何よりこのご本を手に取った時「家に帰って一人で泣くわね」ってタイトルがすでに切ないですよね。
泣くなら誰か見ているところで泣きなさい。なんて言われることもありますが、人知れず傷つき失恋を封印しようとするオネエ様にいたく感動いたしました。

普段完璧に取り繕っている高坂が元彼の暴行を受けてボロボロになって(ひげが伸びかけていたり)いる自分の姿を佐々木に見せたくないと思う気持ち。たまらなく切なかったです。

こんなに思われたら幸せですよね!!

1

オネェ様を応援しよう

健気なオネェを応援したくなる。
脇役やら、お手伝い要員やら、囃子要員としてよく用いられるオネェ様ですがそんなオネェ様も苦悩やらなんやらで一生懸命生きているんです!
恋愛を達観されているように見えがちなオネェ様とノンケ童貞の恋愛模様が胸に刺さる秀作だと思います。
『惚れちゃダメ』と自身に言い聞かせてことがすでに惚れてるんだろー!!!とか恋愛の王道フラグをそつなく回収していってもらって安心して読み切れた作品でした♡
オネェ様に嵌まりそうです。

2

健気なオネエ受けに萌

ノンケ攻め×オネエ受けで、ほぼ受け視点の片想いモノ。
世慣れているようで意外と純情なオネエ受けの魅力が詰まった一冊です。

あらすじ:
中堅の専門商社に勤める佐々木(攻め)は、ある夜バーで別れ話をするゲイカップルに遭遇。
カップルの一人は同じ会社の先輩で、もう一人は同期のイケメン・高坂(受け)でした。
女性経験のない佐々木は、高坂に女心のレクチャーを依頼し…。

職場では王子様、プライベートではオネエな高坂が良いキャラ。
会長令嬢に憧れる佐々木に、服選びからデートコースまでレクチャーしていくのですが、そのときのきめ細やかなアドバイスがオネエならでは!って感じで面白かったです。
女なんてロクなもんじゃない、等キツいことも言いますが、佐々木を好きになってからは、女に生まれたかった…と悩む繊細な一面も。
自身が男であることを弁え、佐々木が会長令嬢とうまくいくようアドバイザーに徹する姿が健気でした。
タイトル通り、人前では殊勝にしていても家でひっそり泣いているような、いじらしく辛抱強いキャラクターだったと思います。
欲を言えば、仕事モードの高坂ももう少し見たかったかな。

佐々木は、貧乏な子ども時代を送った苦労人で、結婚して温かい家庭を築くことを夢見る一本気な人物。
高坂のアドバイスを参考に会長令嬢とデートを重ねるも、いつの間にか、いつも親身になってくれる高坂のことが気になりだし…と、わりと流され侍的なところがあるキャラクターです。

攻め受け共に男前で、好きな系統のカプではあるものの、ストーリーは会長令嬢中心に展開するためやや物足りなさも。
特に、物語後半のすれ違い展開。
高坂に乱暴された、という令嬢の嘘を見破れない佐々木は鈍すぎるし、
その嘘に乗る高坂もお人好しすぎて、
切なさを出すため無理やり二人をすれ違わせているような強引さを感じました。

また、令嬢のキャラが濃すぎてメインカプの存在がやや霞んでいる感も。
過去に男に乱暴されたことでレズビアンになったとか、外国人の美女に入れ込んでいるとか、そこまでの情報は必要だったのかな?
彼女絡みのシーンより、もう少し二人きりのシーンにページを割いてほしかったです。

クライマックスの絡みは、肉食系なのに肝心のところでは乙女な高坂が可愛くて良い感じ。
温かなラストも良かったですが、恋人になった二人のやり取りをもう少し見たかったかな。

萌×2寄りです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ