ふれてはいけない~他人×俺×弟~

furetewaikenai

ふれてはいけない~他人×俺×弟~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
7
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784801908079

あらすじ

「君がイイ顔で、最後に呼ぶのはどちらの名前かな…」国語教師の榊彰一は、過去の過ちが原因で、弟の翔には、何があっても逆らえない。束縛したがる翔によって、雁字搦めにされている彰一の前に、妖しい魅力を秘めた、保険医の北見が赴任してくる。ある日、北見の手管に捕まり、付けられた『秘密の痕』を、翔に見つかってしまって…。弟の獣のような独占欲。同僚の狂おしい辱め。どちらを選んでも手に負えない相手に、彰一は―。国語教師が二人の男とタブーを犯す、甘苦しい禁断ラブ。

表題作ふれてはいけない~他人×俺×弟~

榊翔、水泳コーチ、23歳 北見真一郎、校医、32歳
榊彰一、中学校教師、28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

その欲望って愛なの?

タイトル通り、弟×兄の近親相姦にもう一人の攻めが絡んでくる3Pもの。

実家から独立して一人暮らしをしている中学校教師の兄・彰一を、過去に起こした傷害沙汰を盾に束縛し続ける水泳コーチの弟・翔。
彰一は、特に他人に触られていないかと毎晩執拗に翔のチェックが入るのに日々怯えている。
そんなところに、彰一と同じ中学校に北見が校医として赴任してくる。

彰一が北見とあっさりと関係を持って、それがバレて逆上した翔にも強姦紛いに陵辱されてって展開になっていくのだが、何故だか私の脳内では、翔=束縛したがる旦那、彰一=それにウンザリしている妻、北見=それを察してちょっかいを出す間男って変換されてしまったのだった。
正直、男の三角関係として萌えなかった。

翔は執着心、北見は征服欲、彰一は欲望に溺れてみたい願望が強いって印象だ。
官能押しな内容で、エロ描写も冴えわたっていたが、どうも今回の三人からは愛情を汲み取ったり解釈したりってのは難しい。

それに、翔が兄に対して見せる監視や干渉はどうみてもストーカーそのものでドン引きしてしまう。
翔か北見、どちらかを選べない彰一も、両方好続ききって愛情が溢れている訳じゃなく、己の欲望が最優先な感じで、そこからキャラクターを好きになれる要素が見いだせない。

個人的にエロエロは好きだが、『3Pカップルは三人とも好きになれないと』って絶対条件は譲れないんだなぁ。

1

これは始まりなのでは

まず最初の印象としてページが少ないなということです。そのため物語としては駆け足で進んだ印象でした。兄に執着する弟や物腰が柔らかながらも怪しげな同僚という素敵な設定だったので分量が少なく残念でした。

それでも萌え評価なのは弟への愛憎がにじむ主人公と、執念とも呼べる弟の関係に萌えたからです。同僚の存在によってついに一線を越える所は激しさも感じられる描写でドキドキしました。


読む前は早々に3人で~になると思ったら、きちんと独立したエッチシーンがあります。主人公の感じ方も違っているので表紙の印象とは異なりました。この一冊で終わりなのでしょうか。最後もまだまだ続くと言えるような「歪な関係の始まり」だったので消化不良です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ